建築設計と健康

設計者のライフスタイルを気儘に記載、
健康が一番!


熊高の森 育樹祭

2010年09月28日 | 友人・知人・同窓生・学校

 第三回となりました。今年も熊高の森育樹祭に参加です。   

 

主催者側の挨拶です。

 校歌にうたわれた荒川の水源の地に

 悠久の森づくりを行うことにより熊高に学んだ

卒業生、在校生など多くの人達が集い、

交流を図ると共に、地球環境の保全や水源涵養等に

 寄与することを目的とします。   

 

 

  校長先生も参加(OBです)PTA会長も参加(OBです)

 今回は在校生も参加、生徒会長のメッセージ・・。  

 

  羽生支部のTさんが記録撮影です。しっかり、ナイスショットをとらえてます。 

  

  育樹開始・・・。 

   同期のOさん、初参加なので育樹でなく、植樹です。  

 

  

在校生、PTA会長の奥さんもしっかり、植樹です。

前回は竹下景子さんがいました。

今回はいません。そんなわけで、彼女をショット  

 

  作業も終わり、ホッ・・・。

山から下りてきて、宝登山神社にて参拝。

 ここの宮司さんもOB。 

 お賽銭箱に・・ 10円の人50円の人100円の人500円の人1000円の人

それぞれの器量で()入れてきました。 

 10000円の人いたかなあ・・。

育樹に来れる健康に感謝 参加した同期の仲間5人。

    やはり校歌を歌わなくては・・・。

芋煮汁、カレー、旨い酒、ビールにて芋煮会終了。 

 昨年の育樹祭  

  

    

本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。

私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・

パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて検索しますと、

 努力の結果、 和風住宅・・・にてクリックすると、

 30万件検索中トップに表示されるようになりました。 

 2010.9.16 和風住宅  

 応援クリックお願いしまーす 

更新のはげみになりまーす

   日記@BlogRanking   

 

 

 

 

コメント (6)

T邸・・・庭園充実

2010年09月25日 | 建築設計





1992年
T邸 平成4年完成の鉄骨3階建、車庫併用住居
南西からの撮影、玄関入り口です。



空から見ると・・、黒線で囲まれた部分。

>


T邸 東からみると・・、敷地は四つ角の南西です。



庭園は、ヤシの木等楽しい南国ムード



T邸 南東からみると・・

不景気のご時世でも仕事を伸ばし、
敷地拡張、庭を楽しんでます。


二枚とも、南東からみた景色です。

オーナーの住居、ご両親の住居
そして事業所・・・・関わりました。



北西からみると・・・・敷地は、
こちらも四つ角に面してます。


以前、ブログに記載です










本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
30万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.10.25

和風住宅


↓ 応援クリックお願いしまーす

更新のはげみになりまーす

日記@BlogRanking
コメント

ハイキング・・鬼怒川

2010年09月22日 | ハイキング






2010.9.24 ネットから借用



↑ 昨年完成の鬼怒楯岩大吊橋

今年は散歩仲間5人で鬼怒川へ
東武鉄道主催の
渓谷美の鬼怒川6橋めぐりハイキング

これまでは鬼怒川温泉の街を
流れる5橋めぐりでしたが・・・・・
壮大な、楯岩大吊橋ができて、
約10㌔の6橋めぐりハイキング。



宇宙人二人・・元気元気、
朝の散歩仲間のKさんと。



鬼怒川温泉駅から歩いて・・、
終点は東武ワールドスクウェア近辺・・。

何パーセントの人は、そのまま
東武ワールドスクウェアへ・・が、
主催者の企画・・??

私のように世界旅行のできない人間は
当然回遊してみるべし・・ということで、

全て1/25の・・・模型、
世界の遺跡と建築文化・・。

これはもう一度じっくり時間を
かけてみるべし・・と、ひとごこち。



ノイシュバシュタイン城
古城を撮影する彼を・・・
その彼と城を撮影する・
彼女をナイスショット・・・



上の城は・・ドイツのノイシュバシュタイン城
こんな厳しいところによくぞ建てたの感あり。


この城は1869年9月5日に建設が開始され・とのこと。
141年前・・・どんな設計図なのか、みてみたい・・。



オー桂離宮ではないの・・。
書院は「古書院」「中書院」「新御殿」の3つの部分に分かれ、
このうち古書院の建設は1615年頃と推定される。400年も前。
柔らかく、風雅な屋根・・・。



鬼怒川駅前の足湯で
帰路の電車待ち。

帰りは空いていてゆったり、
温泉で癒やした足を延ばし、
ビールのおかわりを楽しみ、
2時間、窓外を眺め極上のひととき、
残念、写真なし

昨年の東武健康ハイキング








本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
32万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.9.13


和風住宅



↓ 応援クリックお願いしまーす

更新のはげみになりまーす

日記@BlogRanking
コメント (6)

日曜料理人 66

2010年09月19日 | 料理






楽しげに・・TV番組『男子ごはん』

おいしそうに、ぱくつく
ケンタローさんに国分くん。

ご存知、料理家の小林カツ代さんと
ケンタローさんは親子です。







2010.9.5放送をみて
やってみようっ!

メニューは『ヤンソンさんの誘惑&れんこんとチキンのガーリックトマト煮』

・・・・・・・・・
二品調理は止めて

れんこんとチキンのガーリックトマト煮・・一品のみ。




なかなか旨くできた・・

きゅうりは自家菜園・・・。

いい具合に漬かっている。
あとは、いかの刺身にビールで十二分。

■ レシピは・・・

(2人分)
 れんこん:1節、鶏モモ肉:1枚
 にんにく:4~5片
 ホールトマト缶:大1缶
 オリーブ油:適宜
 バジル(ドライ):小さじ1
 塩・こしょう:各適宜

■ [ 作り方 ]は・・

1、  レンコンは皮つきのまま一口大の乱切りにし、
酢水(分量外)に3分さらす。
鶏肉は余分な脂身を取り除いて一口大に切る。
にんにくは木べらで潰して皮と芽を取り除く。
ホールトマトはキッチンバサミでザクザク切る。
2、       フライパンを熱してオリーブ油をひき、
にんにくを弱めの中火でじっくり炒める。
焼き色がついたら取り出す。
3、   水気を切ったれんこんを加えて強火で焼く。
全体 に焼き目がついたら取り出す。
4、         続いて鶏肉を入れて強火で焼く。
両面にしっかり焼き目をつけたら
2、3、ホールトマト、バジルを加えて混ぜる。
蓋をして強めの中火で5分煮る。
味をみながら塩、こしょうでととのえる。
オリーブオイルをかける。


失敗・・
最後にオリーブオイルをかけるのを
忘れていた・・。








本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
30万5000件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.8.19

和風住宅

↓ 応援クリックお願いしまーす


更新のはげみになりまーす

日記@BlogRanking









コメント (4)

永遠の0(ゼロ)

2010年09月16日 | 読書





「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。

そう言い続けた男は、なぜ0戦に乗り命を落としたのか。
終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を
調べていた。天才だが臆病者。想像とちがう人物像に、
とまどいつつも、一つの謎が浮かんでくる-。
記憶の断片が揃う、明らかになる真実とは。

「俺は絶対に特攻に志願しない。妻に生きて帰ると約束したからだ」
「真珠湾に参加するとわかっていたら、結婚はしませんでした」
「零戦はかつて無敵の戦士でしたが、今や――老兵です」
「私には妻がいます。妻のために死にたくないのです」
「私は帝国海軍の恥さらしですね」

このような解説が文庫本の裏表紙に記されています。




心に響く感動

『永遠の0』を読んだ、一気に・。

永遠の0は、ある0戦パイロットの
人間として、究極とも思える尊厳と
愛を貫いた男のイキザマ・・・・・。
思いっきり心を洗われました。

清々しい感動で、魂を浄化してくれました。


「永遠の0(ゼロ)」、
「0」は「ゼロ戦」。
この戦闘機に搭乗したある戦闘員。

随所に戦闘シーンや戦況がこと細かに描き出され、
このお話しがいわゆる“戦争もの”なんだと思い入る。

深層に流れているのは人間愛。
「涙が止まらない」とまでは至らなかったけれど、
孤高の搭乗員、宮坂の姿に感動した。

戦争があろうとなかろうと、
結局「人間は何の為に生きているのか」
そんな根源的なテーマに向かって語られている。

単なる“戦争もの”・・・でない感動を得た。

太平洋戦争に巻き込まれた我々日本人は、
軍人は、国民は、その間にどのように戦い、
どのように生きたのか。

国を守るために戦わなくてはならなくなった
若者たちの心とは・・、
彼らを戦場に送り出した、エリート将校たちの
心は・・・、

なまじの歴史本などより、はるかにわかりやすい




真珠湾奇襲!!
『日本人は卑怯な騙まし討ちをする民族』

当時の駐米大使館の高級官僚のミスのお陰で・・、

国際的には、真珠湾奇襲は
日本人のだましうち・・ということに

失敗、ミス・・・の場合、
一般兵士、下級将校・・連隊長クラスは・死・、

しかし、高級将校たちは責任不問

もう一度、戦記ものを読み直さなくては・・。







本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
30万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.10.16


和風住宅



コメント (6)

日曜料理人 65

2010年09月13日 | 料理







日曜料理人・・継続です。
夏は、サラリと麺類・・・。
ということで、そうめん。

それだけでは、ということで
散歩コースに肉屋さんがあり、
鶏のから揚げにやきとり・・。

そして、我が家の茄子、おくら、ピーマン
これで旨いっ!
夏は茄子といろいろで炒めが最高っ。







本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
32万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.9.13


和風住宅



↓ 応援クリックお願いしまーす

更新のはげみになりまーす

日記@BlogRanking
コメント (4)

ブログランキング

2010年09月12日 | Weblog





私のPCは、南側の窓に面し、明るい快適な場所に
鎮座しています。
窓の外は緑いっぱい、疲れ目を癒やしてくれます。



PCのある仕事場の上は2階の屋上です。
下から、ノーゼンカズラやあけび、モッコウバラが
這い上がってきて・・ごく自然のまま・・です。


ブログ【blog】

《ウェブ上の記録を意味する「ウェブログ」の略》
個人の日記などを、簡便な方法で作成し、
公開することができるウェブサイトの総称。

私のブログは、2005年1月にスタートしました。
好き勝手なことを記載して・・・5年経過です。

そして、ブログランキングに参加、
埼玉県で1位に・・・60代で全国で12位に・・・。
遊びに来ていただいた皆様、感謝いたします。



これからも
下記の要領でお願い致します。





↑ ① 頁下のブログランキングをクリックします。
そうしますと下記のようになります。





② 投票・・・をクリックします。
そうしますと・・・。
カテゴリーと地域別が表れます。







③ そして、年代・・の60代をクリックしますと12位
埼玉県をクリックしますと、下記のように・・。




・・・最近1位にランキングです。

④ 33の数字の左 詳細、Reportをクリックしますと








これは、2010.9.10のランキングです。

皆様のクリックにより、
上がったり、下がったり・・です。

これからも記録、PR・・・・として
楽しく書きつづっていきますので
宜しくお願い致します。

編集している間に・・・36になりました。







やはり、好きな歌は
甲子園は・・・感動!!です









本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
30万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.9.10


↓ 応援クリックお願いしまーす
更新のはげみになりまーす

日記@BlogRanking

コメント (2)

うだつが・・・なくなる

2010年09月09日 | 建築設計





日本のことわざに・・うだつがあがる
うだつがあがらないなんて言葉があります。

そして、
うだつがあがらない・でなくて

うだつがなくなる





近郊に、巨大スーパーができ、
この近在の小売業は衰退
この建物はコンビニへ。




市といっても、人口57,000・・小さな町です。
同じ県なのに、県南の人で羽生の名前すら知らない

その町の中心地に、角地に・・、
うだつのある建物は建ったのです。

街の中心部に
住居と店舗兼用の建物は
設計も難しいのです。

洗濯物その他住居の雰囲気が
見えないように努力・・。

建築主さんにご理解を頂き、
建物は20数年余を経ました。
ご愛用を感謝する次第です。

しっくい壁、海鼠壁(なまこかべ)、
左官屋も頑張りました。
昨今、海鼠壁を本格的に施工する
現場はないのです。

詳細は下記をクリック下さい。

http://blog.goo.ne.jp/franknonitora/e/19b80c5db6217f305bee307911508b01









本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
30万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.9.10

和風住宅


↓ 応援クリックお願いしまーす
更新のはげみになりまーす

日記@BlogRanking
















コメント (6)

世界一、人が集まる国、日本へ

2010年09月06日 | 友人・知人・同窓生・学校






世界一、首相が変る国、日本
でなくて
世界一、人が集まる国、日本

先日、友人から日本経済新聞に

高校の先輩であり、先日主催した
講演会で、講師でもあった、

http://blog.goo.ne.jp/franknonitora/e/b1f0291957a78770386cd40bee4a0566


大塚陸毅JR東日本会長さんの提言が
載ってたよー・・・と、その頁が
送られてきました。

我が家は取っていないのです。

1ページ全面に・・広告でなく、
未来・・ということで
連載・コラムというジャンルの中の未来面です。

経営者からの提言・・東大の伊藤教授と対談です。

『観光産業のすそのの広さを生かし、
海外からもっと人を集めて、
日本の内需拡大を図っていくべきだ』
・・・との考えで一致とのことです。

http://www.nikkei.com/news/topic/archive/n=96948D808D9F9B80939B8D8D8D8D

上記を開き、
世界一、人が集まる国、日本へ
・・・をクリックして下さい。









本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
32万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.8.12

和風住宅


↓ 応援クリックお願いしまーす

更新のはげみになりまーす

日記@BlogRanking









http://blog.goo.ne.jp/franknonitora/e/88452a817fd85ca21c6e137156fb6950

コメント (4)

散歩・・・葵の御紋

2010年09月03日 | 散歩









こんな田舎まちのたんぼの中に
葵の御紋・・門、へいが・・。
門には、文殊院と彫られている






散歩仲間に誘われ、違ったコースへ。
早朝散歩、我が家から約40分
いつもの利根川と似たような距離です。







寺の名称は文殊院。
ネット検索したら、
徳川御三卿、田安家の祈願寺の由。

徳川御三家、
そして御三卿、
そして田安家・・・。

なぜ、ここに祈願寺があるのでしょう。
確たるいわれが・・不明でした。

伺って住職さんにお聞きするしかなし。


ところで、熊谷にも文殊院あり・・・、
当事務所が設計監理にて関わりました。









本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて
検索しますと、努力の結果、
和風住宅・・・にてクリックすると、
32万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.8.12

和風住宅


↓ 応援クリックお願いしまーす
更新のはげみになりまーす

日記@BlogRanking









http://blog.goo.ne.jp/franknonitora/e/88452a817fd85ca21c6e137156fb6950
コメント (4)