建築設計と健康

設計者のライフスタイルを気儘に記載、
健康が一番!


スモーキングキッス

2014年06月01日 | 映画

いよいよ6月です。

映画「慕情」

ウィリアム・ホールデンとジェニファー・ジョーンズの浜辺での喫煙。
火の点いた自分の煙草の先を触れ合わせて火を点ける有名なラブシーン。
(く~~っ 泣けてくる)556

↑  ネットから

大学時代に観た「慕情」

マットモンローの唄がいいっ・・。彼はいろんな歌を歌ってます。

彼、モンローの歌声はフランク・シナトラと声質が似ていたので

(英国のシナトラ)と呼ばれ、世界中の多くのファンを魅了した。

「 ロシアよりを愛をこめて 」( 『 007危機一発 』の主題歌 )、

「ウォーク・アウェイ」、「野生のエルザ」(原題『Born Free』)、「イエスタデイ」等等

そして、有名な映画のシーン(・・と編集者は思っている)

浜辺のスモーキング・キッスのシーン。

これから、編集者は二人のファンの一人になった次第です。

なぜ、思い出したかといえば時々散歩仲間と寄る同級生の店

『俺達はまだスモーキング・キッスの前なんだよ。』

『そこまで、いかないんだよ。』

全然映画と違うムード・・あったりまえだよ。ヤニ臭いだけじゃん。

皆、アルコールがはいるとにこやか仲間たち・・。

この日、左端の彼とタケノコ掘りだったのです。

右三人は中学の同期、後ろは割烹着のママの娘。

 

竹林は、市内の旧家の敷地

たけのこ掘りからうどんやさんへ、そしてスモーキング・キスへ。

バラード歌手 マット・モンローが唄います。下記クリック

↑ YouTubeから借用です。

コメント (8)

永遠の0

2014年04月12日 | 映画

                               

二回も観てしまった、 読んでしまった《 永遠の0 》

編集者在住近辺のイオン・シネマ

小川栄太郎氏の『永遠の0』と日本人

小川氏曰く、映画『永遠の0』は

350万部を超える大ベストラー小説『永遠の0』の

緊張感のない単なる引きうつしではないと語ってます。

書物と映画が互いに互いを補う、

これは表現の世界で非常に稀なのだそうな。

小説を読んで感動!

そして映画の桁はずれの美と独創

当然のこと、特殊撮影が素晴らしい

限りなく美しい空戦シーン・・納得納得。

美の極致をいくVFX

VFXとはコンピューター上で画像を作り、

それを実写映画としてリアルに再現する特殊撮影とのこと。

いずれいしても

映画も小説も素晴らしかったに尽きました。

以前も記載です・・↓

http://blog.goo.ne.jp/franknonitora/e/e0ca3e487742c48a52252beeda463d04

コメント (4)

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

2013年02月24日 | 映画

 

 

ここのところ、更新をサボリ気味

目下、ある物件の設計計画中、

発注者さんと何度も打合せ、変更を重ねながらも、

いい風合いに納得し図面に向かってます。

そんな時・・・音楽は癒やしのひととき・・。

チャイコフスキーのバイオリン協奏曲 

You Tubeから仕事のあいま聴いています。

 http://www.youtube.com/watch?v=jyxtWUsvBBM

あらすじは上記をクリックしてください

先日、TV放送でも放映・・過去に2,3度観ました。

仕事のムードが良いときホッ・・・・

観て・・聴いています。

クールなキャラの方も感動するのでは。

観客は感動のスタンディングオベーション

私は力を貰い・・・また、仕事へ・・。

時間に余裕のある方、下をクリック下さい。

13分のラスト・・・・・・です。

 http://www.youtube.com/watch?v=5v5x6vEU5PI

コメント (4)

優しい嘘と贈り物

2013年01月25日 | 映画

日記@BlogRanking 

いつも上記にクリックありがとうございます。

皆様のクリックは、更新の励みになってます。

宜しくお願い致します。

日記 BlogRanking

・・・をクリックされ、頁が変わりましたら

投票

・・・をクリックされれば、OKです。

ありがとうございます。

映画、レ・ミゼラブル等を観て感動的でしたが

劇場にいかなくても・・・、ワインでも飲みながら

我が家で、充分・・BSで鑑賞、いい映画あり

 

『優しい嘘と贈り物』です。 

 

上  主人公の彼と妻です。ナイスカップル

二人には男女の子供、幸せな家族でした。

そして、彼にやってきた『老い』・・・・『認知症』

彼は、過去を忘れ、一人暮らし風・・。

You Tube でご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=9rYh8h_oVfo

 

小さな町に一人で暮らす老人ロバートは、孤独な日々を過ごしていた。そんなある日、メアリーという美しい女性に出会い、彼の味気ない日常は心ときめく日々へと変わっていく。しかし、実は彼が恋した女性は自分の妻であり、認知症で記憶をなくしたロバートを家族が見守っていたのだった……。

 

認知症で記憶をなくした老人が、彼を気遣う家族に見守られながら

改めて・・・・・・・・・自分の妻に恋をする姿を描いた人間ドラマ。

主人公の老夫婦を、共にオスカー俳優のマーティン・ランドーと

エ­レン・バースティンが演じる。妻から夫へ、娘・息子から父へ、

ロバートを愛するがゆえの優しい嘘が胸に迫る。

 

 

 
コメント (4)

戦場のピアニスト

2011年02月25日 | 映画


2011.2.23(水)

また、観てしまった・・感動の映画のTV放映

《戦場のピアニスト》

  

解説によりますと・・・

第55回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の感動ドラマ。

実在のピアニスト、シュピルマンの実体験を綴った回想録を基に、

戦火を奇跡的に生き延び、その生還に関わった人々の姿を、

過剰な演出を抑え事実に基づき静かに力強く描く。

自身もゲットーで過ごした過酷な体験を持つ

ロマン・ポランスキー監督渾身の一作。

見ごたえ、感動大・・・でした。

詳細は・・・↓

 http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=3295

 

生き延びて・・ 廃墟の中の一室・・、

実在のピアニスト、シュピルマンと独将校ホーゼンフェルト

彼は、シュピルマンの演奏に身を委ね、食料も与え、

去っていった。

 

 ホーゼンフェルトは、第二次世界大戦の末期、

1945年1月17日にソビエト軍の捕虜となる。

軍事法廷で戦犯として、25年の強制労働を宣告された。

ホーゼンフェルトの活動から、彼を弁護する

多くの人々の証言にもかかわらず、ソ連軍当局によって、

ホーゼンフェルトの不起訴と刑の執行猶予は拒絶された。

過酷な労働のため何度かの脳卒中を起こし、

精神に異常を来たした末に、

スターリングラードの戦犯捕虜収容所で

1952年8月13日に死亡した。

----------

  
 

↓ 応援クリックお願いしまーす

更新のはげみになります。

 

  日記@BlogRanking

 

 蓮舫大臣は・・二位でもいいのでは・・と言ってます。

でも、登録したからには、一番でなくては 

日記・BlogRanking

 ・・のマークを押して頂ければ、

このブログは1位なのです。

目下埼玉で467中で1位です。

宜しくお願い致します。

コメント (4)

沈まぬ太陽 TV放送

2011年02月15日 | 映画

「本当にたくさんの方にお集まりいただいてありがとうございます。

3時間22分がどういうものなのか、みなさんと体感しようと思いまして…」

と途切れ途切れに語る渡辺さんの頬を熱い涙が伝う。

「自分の(出演した)映画に感動して泣いてるんじゃないんです。

ここまで来るのに、どれだけみんなが大変な思いをしたか、

どうかご理解いただければ…」と言葉を搾り出し、

さらに劇中に出てくる御巣鷹山での飛行機墜落事故で失われた命と

その遺族に思いを馳せた。

上記はネットの記事から・・。

2011.2.11(金) また観てしまった、沈まぬ太陽。

恩地元氏のモデルは小倉 寛太郎氏・・東京大学法学部卒。

人事異動で、社内規定を大幅に越える約10年間の

海外勤務(カラチテヘランナイロビ)での勤務。

1985年日本航空123便墜落事故後、会長室部長に抜擢。

伊藤淳二会長率いる新体制の下、社内改革に力を注ぐ。

その後再びアフリカへ。

その後自然と人を愛する同好の士を集めて

「サバンナクラブ」を発足させ、事務局長。

2002年10月肺癌で死去。

この山崎作品は、半ノンフィクション・・・とのこと、納得です。

久しぶりに、感動した映画でした。

 

 

以前にも記載です。ワーナーマイカルで観たのです。↓

http://blog.goo.ne.jp/franknonitora/e/edc8cae04108b51ec26525e4285e30f0

http://blog.goo.ne.jp/franknonitora/e/395889f776f301530b8d23dfdcc9711d 

 

 
 

↓ 応援クリックお願いしまーす

更新のはげみになります。

 

  日記@BlogRanking

 

 蓮舫大臣は・・二位でもいいのでは・・と言ってます。

でも、登録したからには、一番でなくては 

日記・BlogRanking

 ・・のマークを押して頂ければ、

このブログは1位なのです。

目下埼玉で467中で1位です。

宜しくお願い致します。

 

 

コメント (14)

映画 オーケストラ

2010年10月22日 | 映画

 

 演奏が終わり、感涙する二人、

館内の客も感涙です。

久しぶりに、映画鑑賞です。
トム・クルーズと・・・の007モドキのスパイアクションは
やめにして、オーケストラを観賞、見ごたえありでした。

 


流れる曲はチャイコフスキーのピアノ協奏曲
ストーリーの思いをこめて・・
ラストの12分間の演奏、素晴らしかった。

 

ストーリーは
滅茶苦茶な展開で苦笑い、
一流のヴァイオリニストが
ブランクの長いオケとのリハーサルなしに、
これまで弾いたことのない楽曲を
ぶっつけで演奏・・
そんなバカな?

ボロボロのオーケストラの不安定な演奏が始まり
観客がざわつくけれど、
ソリスト・ジャケが冷静にソロを弾き始める。
彼女の出す音に楽団員の本能が
目覚めさせられる瞬間。
ざわついていた客席が静まる。

  

ソリスト。ジャケを演じる
まりあ
知らない女優でした

 



↓ 応援クリックお願いしまーす


更新のはげみになりまーす



  日記@BlogRanking







本来の和風住宅の設計は難度が高いのです。
私は日本人の心に響く和風住宅の建築を研鑽してきました。

そしてホームページのタイトルは・・・
パソコン、ネットの中で最大手のグーグルにて

和風住宅・・にてクリックすると、
139万件検索中トップに
表示されるようになりました。

2010.10.22







 

コメント (4)

終着駅

2007年12月07日 | 映画




ストーリイは・・

夫と子供をアメリカに残して、

ローマに来た人妻メリー(ジョーンズ)が、旅先での

つかの間の不倫の恋を清算して、ローマ駅から帰国

の途につこうとしている。汽車が発車するまでの一

時間半,恋の思いをたち切れず、駅に追ってきた恋

人のイタリア青年(クリフト)の、ひたむきな情熱に

メリーの心も乱れる。恋する男女の決断を迫られた情

炎のゆらめきを、リアルな緊迫の名演技で見せる2

大スター。名匠デシーカの情熱ドラマ。



終着駅というネーミングと

モンゴメリークリフトと

ジェニファージョーンズ

の、名前に惹かれて観てみたけれど・・、

特別、感動無。

往年の名作・・・ということで、

期待したけれど・・、

旅先で出逢って、になって、

そして別れ・・。

私のノウミソに・・、余りピンときませんでした。

これが個人差あり・・かも。

ジェニファージョーンズなら・・

先日観た《哀愁》を、

また、みなおすかも・・。

《慕情》をさがさなくては・・。


《終着駅》はこれで終わり・・・です。














日記@BlogRanking


応援クリック ↑お願いしまーす




コメント (6)

哀愁

2007年10月19日 | 映画



『ほら、ごらんなさいよ!言ったとおりじゃないっ!!』
『やっぱり建築家に頼んで正解だったでしょ!ハウスメーカーや工務店では、こうはいかなかったものね・・』

業者選びは数社を競争させ低廉で堅実なところに決定、設計料は余分だという感覚は消えることでしょう。総合的に安価になります。狭小な土地、広大な土地、ローコストに考える住宅、贅沢に考える住宅、様々なご要望に対応致します。リフォーム等も、お気軽に指名下さい。設計者は一見して硬そう、無愛想に見受けられますが、意外や面白、オカシイ?多様な性格かも・です。いろんな要素がないと建物に面白みが加わりません。もちろん便利にそして瀟洒に、かかった費用を上回る出来栄えになります。
 当事務所は和風住宅のみでなくリフォーム等も十分にご満足いきますよう対応してます。また美しい建物と表記しましたHPは639万件の検索の中でトップになりました。お時間のある方は美しい建物という文字を書き込み、検索してください。


 

今朝の新聞で・・(2007.10.19)

映画「地上(ここ)より永遠(とわ)に」「王様と私」などに出演した
往年の人気女優、デボラ・カーさんが16日、英国で亡くなった。
86歳。パーキンソン病を患っていたとのこと。

先日、ケーリーグラントと共演の(めぐり逢い)を観たばっかりです。
最近は・・ビビアン・リーの、(哀愁)を観ました。



いいなあ・・ビビアン・リー



そして・・ロバート・テーラー




ネットの解説によりますと・・

まさかこの映画をみたことがないという人はないだろう。
ロバート・テイラーとヴィヴィアン・リーという美男美女による、
ハリウッドのメロドラマの代名詞的存在である。

 特筆しておきたいのは、モノクロ映像の深みと美しさである。
絵に描いたようなメロドラマであるにもかかわらず、
名画たりえているのは、
その美しい映像がもたらす緊張感ゆえであろう。

ストーリーは一流とは言えないのに、
映画としては一流である。

フムフム

私は、観てなかったようです。
ビビアンリーの
風とともに去りぬは
もちろん
観ましたが・・・、

彼女は、やはり余裕のある
家庭で育ち、女優へ・・・とのこと
納得・・・です。





今は往年の名作、
いくらでも観れる時代です。
DVDを買い込み鑑賞です。

秋の夜長、

・・といっても、早朝散歩の私は
比較的早寝(Zuuu)
DVDやら・・
本もいいし、
なかにし礼作《戦場のニーナ》、
読み終わりましたので、
記載せねば・・。

そしてビビアンリーは

 エリザベス・テイラーとともに、美辞の代名詞的存在であるが、彼女は1913年、インド・ダージリンの生まれ。父親が英国軍人で、インドに駐屯していたのである。家は裕福で、上流社会の教育を受けて育った。ロンドンの演劇学校で学んだが、19歳で結婚。しかし女優になる夢を断ち切れず、舞台出演をへて、35年に映画デビュー。37年『無敵艦隊』で共演した名優ローレンス・オリヴィエを追って渡米し、ハリウッドで「風と共に去りぬ」のスカーレット役のオーディションに参加。このオーディションにはキャサリン・ヘップバーンらベテラン女優も参加していたが、見事主役のスカーレット・オハラ役を獲得。一躍、世界的スターになる。『哀愁』はその翌年に制作された。オリヴィエとは40年に結婚した。ハミルトン夫人とネルソン提督の不倫を描いた『美女ありき』(1941)は結婚後の唯一の共演作である。59年、オリヴィエと離婚し、その精神的なノイローゼやアルコール中毒、美貌の衰え、肺結核に悩まされ、人気は50年代に入ると急激に下降し、晩年には不遇となり、1967年に53歳という若さで亡くなった。『風と共に去りぬ』(1939)と『欲望という名の電車』(1951)でアカデミー賞主演女優賞を受賞。
(上記、ネットから・・)


やはり美女薄命・・
53歳でなくなるなんて

コメント (6)

コキーユ 貝殻

2007年04月11日 | 映画



BSで時々面白い映画を放映してます。
昨夜、観てしまいました。

『コキーユ・貝殻』

 結婚に失敗し、娘と故郷に戻ってスナック
「コキーユ」を開いた直子。

そして同窓会で浦川達也と30年ぶりに再会した。
 平穏な家庭生活を送るまじめな浦川だったが、
直子との再会が彼の心に大きな波紋を呼び起こす。

2人はあのころを懐かしむかのように甘い感情に身を委ねるが…。
現実を生きる切なく辛い大人の恋です。

以下はある人の感想を引用です。

コキーユ・貝殻

中原俊監督 小林薫 吹雪ジュン 益岡徹 金久美子 1999年

 私の耳は貝の殻
 海の響きを懐かしむ
 ( ジャン・コクトー)

 若い昔の時にタイムスリップしたいと思ったことはありませんか?
 そんな時は、同窓会を開くといい。

 最初はおずおずと顔色を窺いながら話していた同級生とも、
30分もたつとすっかり昔の仲間に返っているのだから。

そして、
最初はなんて老けているんだろうと思っていた同級生の顔が、
みるみるうちに
昔の小学、中学、あるいは高校生の顔になっていくのだから、
これは一種の魔法である。
 
そうなると、もう目尻のシワも、頭の白髪も気にならない。
いや、気にすることはない。何せ、同級生なのだから。

 そんな同窓会で、
昔恋心を抱いていた二人が再会したらどうなるのだろう。
 
「友情」、「封印」、それとも「冒険」?
 当たり前だったら「友情」だ。
「封印」だったら、つまらない。
残るは……、危ない、「冒険」。

 郷里で平凡な家庭を持っている純朴なサラリーマンの男、
浦山(小林薫)と、離婚して都会から郷里へ戻ってきた女、
直子(吹雪ジュン)が、同窓会で再会する。
 
女は男に、子どもの頃から好きだったと打ち明ける。
男とて、満更ではなかったのだが、当時は気がつかなかった。
そういえば、思い当たる節があると、思いを甦らせる。
 
そんな二人が、子どもの頃の、あるいは思春期の頃の
想い出に耽りながら、その後逢瀬を重ねる。
知ってか知らずか、「冒険」を選んでしまう二人。

 そして、段階を踏み乍ら、遂に、肉体関係を持つに至る。
 
彼女は呟く。「浦山君に会えて、よかった。
だって、浦山くんと恋愛ができたんだもの」

 映画では、素朴で美しい田舎の風景の中で、
中年のカップルのひとときの愛が描かれる。
あたかも少年・少女の愛のように。
 それは、純愛なのだろうか、それとも、
危険な不倫なのだろうか。

 あなたなら、どれを選びますか?
 「友情」、「封印」、それとも「冒険」。

 冒頭の詩は、二人を冒険に立ち向かわせるきっかけになる、
少年・少女時代の想い出の詩。

 ロマンチックな詩は、冒険へ誘うのだ。
そして冒険は、危険の裏に甘い香りを潜ませている。

ドラマとしては・・冒険かも・・だけれど、
我々普通人は「友情」てなところかしらん。


率直な話、不倫の話です。
でも、「失楽園」や「時雨の記」のように
ベタベタした話ではないところがまだ救いでした。


コメント (4)

忘れじの面影

2007年02月19日 | 映画



 
She - Charles Aznavour




上の写真

ルイ・ジュールダン

(フランス、マルセイユ生まれ)Louis Jourdan

 品の良い俳優で、気になる存在であるが、
『カンカン』(1960)『恋の手ほどき』(1958)では
モーリス・シュヴァリエの、いかにもフランス男らしい、
粋な楽天主義者のキャラクターの前では影が薄く感じられた。

『予期せぬ出来事』(1963)でも、
リチャード・バートンに目が向けられて行くような
ストーリーだったので、損な役割だった。
ただ、ラスト・シーンで過ぎ去る二人を見詰める姿は心に残った。
そういう訳で、彼が際立つ作品にお目に掛っていなかった。

そんな時に『忘れじの面影』(1948)のことを知った。
これこそ、はまり役と思う。
ジョーン・フォンテーンがドアを開けてやるシーンがある。
この時の「Thank you.」という発音の響き。
表情のなんと素敵なことだろう。うっとりしてしまう。

上記は・・NETでの評・・記載文です。




ほとんどビデオを観ない私ですが、
先日知人との待ち合わせ場所が、本屋さんでした。
そこに世界名作映画集のDVDが並んでいたのを見つけたのです。

忘れじの面影」です。

以前、ネットで探してたのですが
ビデオとしてはなくて、諦めていた映画でした。

京都の、あるビデオショップにレンタルでありましたが、
ちょっと遠いので諦めていたのです。

DVD主流の今・・世界名作映画集にあったのです。

普段、余りビデオやDVDのコーナーは
なんとなく通り過ぎてたので、
頭に無かったのですが、
今は・・・なんでもあり・・・、
500円、1000円で
名作集が簡単に買える時代、

なんとなく、ありがたみも
遠のき・・・です。

ルイ・ジュールダン



ジョーン・フォンテーン・・も、いいなあ・・。
私は、ファンの一人です。

市内の本屋さんで注文、
17インチのパソコンで
ウイスキー飲みながら鑑賞、

モノ黒、字幕のこの映画、お薦めです。

忘れじの面影
あらすじ・・URLは・・・以下です。


http://homepage3.nifty.com/mylittlevillage/ftheater2.htm




ルイ・ジュールダン・ ジョーン・フォンテーン

コメント (2)   トラックバック (3)

カサブランカ

2007年02月13日 | 映画










↑ 苦悩するリック・・。




二人の男性に愛されるバーグマン・・。

下記はカサブランカのURLです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

12日の休日・・、
昼下がりは「ノッティングヒルの恋人」を観て、
夜は名作「カサブランカ」鑑賞・・・。
9時から11時まで、

結局、眠るのは11時半・・、
そして5時に起きて
ウォーキングへ・・・。

健康でなくては・・
TVも楽しめない・・・です。

それにしても
感動の「ラ・マルセイエーズ」

「カフェ・アメリカン」で
我が物顔で軍歌を歌うドイツ軍将兵に激昂して、
当時は対独抵抗のシンボル的な曲であった
フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を
ドイツ軍将兵以外の全ての客と従業員とともに歌うシーン・・・、

大いに感動しました

何度観ても飽きない映画です。

コメント (2)

ノッティングヒルの恋人

2007年02月12日 | 映画








以下、あらすじ・・です。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31517/story.html


又、観てしまった《ノッティングヒルの恋人》。
先日も観たのに、たまたま休日の午後・・BSで、
再放送・・・。
タイミング良く・・・テレビの前。

ジュリア・ロバーツが・・お気にいり・です。

URLは下記です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%84
コメント