羽ばたき飛行機製作工房

小型羽ばたき機(オーニソプター、Ornithopter、Flapping Wing)専門の研究開発サイトです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

micro:bit羽ばたき機の新しいテストフライト動画2本

2018-05-27 15:30:00 | Video Clips(羽ばたき機)

ゴールデンウィーク中に撮影して公開していましたが、こちらのブログで紹介するのを失念していました。芝生のうえで気持ちよく飛んでいます(画像クリックで動画にジャンプします)。

 

 

コメント (1)

独Festo社の新作飛行ロボットBionicFlyingFox

2018-03-30 17:30:00 | 関連情報(羽ばたき機技術関係)

生物の動きを巧妙に再現したロボットを毎年発表しているドイツのFAメーカーFesto社が、今年はオオコウモリ型の飛行ロボットBionicFlyingFoxを公開しました。

今回の新作は、これまで発表された飛行ロボットの集大成ともいえる内容で素晴らしいです。複雑な機構を組み込んでいるため、翼幅2.3メートル、自重580グラムとサイズと重量がかさむのは致し方ないところ。実物のコウモリのうちでも小型のものは自重わずか5-9グラムであることを考えると、こと小型化に関してはまだまだ研究の余地があります。

Festo社発表資料はこちら

これまでに発表された飛行ロボットの数々:
精密な鳥型の羽ばたき機SmartBird
トンボの飛翔を完全再現したBionicOpter
自律飛行するロボット蝶々eMotionButterflies

コメント

micro:bit羽ばたき機のテストフライト動画を公開しました

2018-03-25 07:00:00 | Video Clips(羽ばたき機)

近所の公園でmicro:bit羽ばたき機のテストフライトを行いました。風にあおられながらもよい感じに飛んでいます(画像をクリックするとYouTubeにジャンプします):

機体は本日開催のNT京都2018で公開予定です。お楽しみに!

コメント

micro:bit羽ばたき機2号機、3号機完成

2018-03-21 17:30:00 | 製作記事(羽ばたき機)

初号機がうまく行ったので、続けて同様の要領で2号機、3号機を製作しました。この2機は、初号機とは異なりツイスタータイプです。よい動画が撮れていませんが、テストフライトにも成功しています。

実機および詳細は3月25日のNT京都で発表予定です。お楽しみに!

コメント

micro:bit羽ばたき機を作りました

2018-03-11 14:30:00 | 製作記事(羽ばたき機)

 

たいへん久しぶりの投稿になってしまいましたが、このところ取り組んでいたテーマで進展があったので報告します。お題は「micro:bit」です。

micro:bitとは、イギリスのBBC(英国放送協会)が主体となって開発された教育向けのマイコンボードです。英国では2016年に、100万人の小学生に無料配布されました。日本では、2017年秋から正式に販売が始まっています。

micro:bitの外観(公式サイトより):

micro:bitについての詳しい説明は公式サイト(日本語)等を参照いただくとして、本ブログでは当然ながら羽ばたき飛行機への応用を探りました。

で、デモンストレータとして作成したのが写真の機体です。送信機としてmicro:bitを使用。操縦は、micro:bit本体に内蔵されている加速度センサを利用し、送信機を上下左右に振り動かすことで、上昇下降や操向の信号を機体に送信します。micro:bitには無線通信機能があり、micro:bit同士や、スマホやタブレットとの通信が可能です。

機体の外観:

機体は以前製作したmbed羽ばたき機と同様、小型のサーボで羽ばたき翼をダイレクトに駆動します。各部のパーツは、筆者が所属するファブラボ北加賀屋の3Dプリンタで出力しています。

機体前部のアップ:

羽ばたき飛行機は軽さが命ですので、通常のmicro:bitではなく、micro:bitに搭載されているMCU(マイコン)チップだけを取り出したような小型の基板を使っています。見かけは異なりますが載っているのは同じ品番のチップなので、micro:bit向けに書いたプログラムがそのまま動きます。書き込み用の端子も引き出してあり、機体に載せたままでの再プログラミングが可能です。

受信機:

まずは室内でテスト(動画)を行い良好な結果でしたので、近々屋外で本格的なテストフライトを行ってみる予定です。

また、3月25日に開催されるNT京都2018に、ファブラボ北加賀屋メンバーと一緒に筆者も出展します。当機体も展示(あわよくばデモフライトも)予定です。お楽しみに!

なお、micro:bitについての情報は主にインターネットから入手できますが、書籍としてわかりやすくまとまった入門書「micro:bitではじめるプログラミング――親子で学べるプログラミングとエレクトロニクス」がオライリー・ジャパン社から発売されています。オススメです^^

機体スペック
全幅                 600mm
全長                 270mm
飛行重量                11g
(50mAhLi-po電池含む)

  製作年月   2018年3月

コメント

メイカーズバザール大阪2017に出展します

2017-06-24 12:47:48 | 案内(イベント)

2017年7月8、9日に大阪南港ATCで開催される「メイカーズバザール大阪2017」に、ファブラブ北加賀屋メンバーとして出展します。

お題はいつもの羽ばたき飛行機ですが、今年は「タケソプター2017」という、過去2世代のタケソプターをハイブリッド化した新しい機体の完成品を会場特価で販売予定です。お楽しみに!

コメント

「小学生のための理科の王国」に参加しました

2017-06-24 12:32:12 | 報告記事(その他イベント)

017年6月10日(土)に枚方市立明倫小学校で開催された「小学生のための理科の王国 OSAKA GATE 2017」にファブラブ北加賀屋メンバーとして参加し、「羽ばたき飛行機を飛ばそう!」というイベントを実施しました。

当日の会場の様子です:

保護者の方を含め200名以上の方に、ゴム動力羽ばたき飛行機「タケソプター」の飛行体験を楽しんでいただきました。

なお、当日使用したのは「タケソプター2017」という、過去2世代のタケソプターをハイブリッド化した新しいデザインの機体です。この「タケソプター2017」を、2017年7月8、9日に大阪南港ATCで開催される「メイカーズバザール大阪2017」で販売します。告知には「組み立てキット」と書いてますが、調整済の完成品として販売予定です。お楽しみに!

コメント

Make:でタケソプターが紹介されました

2016-12-23 16:00:00 | 報告記事(メディア掲載)

2016年前半にリリースした3Dプリント羽ばたき飛行機キットタケソプターを、あのMaker Faireの開催母体でもあるMakeの日本版Webサイトで、「竹ひご羽ばたき飛行機のレシピ」として紹介いただきました。

誰でも作れるように、作り方やSTLデータをFabbleで公開していることをご評価いただいたようです。どうもありがとうございます。

Fabbleでは、材料を竹ひごからプラストローに置き換えた改良版タケソプターNEOのレシピも公開していますので、そちらもどうぞ!

コメント

タケソプターNEOの新しい動画を公開しました

2016-08-27 15:00:00 | Video Clips(羽ばたき機)

よく晴れた夏のある日、所用で訪れた某所でタケソプターNEOのよい動画が撮れましたので公開します。青空をバックに芝生の上で気持ちよく飛んでいます。

コメント

タケソプターNEOのデータとレシピをFabbleに公開しました

2016-07-23 16:00:00 | 案内(新製品)

タケ(竹)+オーニソプター(羽ばたき飛行機)=タケソプター! が進化して、タケソプターNEOになりました。3Dプリンターで出力したパーツとプラスチックストローを組み合わせてゴム動力の羽ばたき飛行機を作ります。 少ない部品数なので簡単に組み立てられ、ワークショップアイテムにも向いています。

このほどFabbleにタケソプターNEOのレシピを公開しました。CADデータを自由にダウンロードして、製作いただくことができます。夏休みの工作にどうぞ。

コメント