leaf*

ナツノの日常のことを書いています。
しばらくの間コメントお休みさせてくださいね…by ナツノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12がつのうた

2017-11-21 | 短歌

朝日さす駅へと続く坂道をそれぞれのことそれぞれのひと

 

木枯らしに背中押されて昨年のままのにおいのマフラーを巻く

 幼子が風がいるよと指を指す先の梢がそこだけ揺れる



色あせた薄紫のランドセル制服に袖通す日近く

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

秋のうたろく

2017-10-13 | 短歌

 

◎そのうたを聞けば見知らぬなつかしさ今夜も流し答えを探す

◎包まれて眠る幸福秋の夜二人きりだね月と私と

 



◎先生の言葉暖かく診察後ホットココアのボタンを見ている


◎夏が行く百日紅の花飾り付け信号待ちの青い車に

 




◎秋風に誘われるままはりきって踊る洗濯ぼんやり見てる



◎曇り空止まった記憶手探りで金木犀の香り頼りに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わりに五つ

2017-09-05 | 短歌

 手を止めて洗濯物の揺れる音風と一緒に飛んでゆきたい

午前中静かな夏の子供たちひとりふたりと木陰を歩く

通学路今日は遊びに向かう道キラキラお目目夏休みだね

夏の子ら見え隠れする昼下がり焼け付く暑さ平和を祈る

熱孕む風に散る散る百日紅コロコロ夏の日が暮れてゆく

誰もいない熱い風吹く通学路そうか今日から夏休みなんだ

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

七月の真夏日に

2017-07-12 | 短歌

 

お昼前校庭の子らの歓声が真夏日の街にキラキラ流れる

 

夏空に雲湧き上がり校庭の子らの歓声半夏生咲く

 

 

 なじめない抹茶味今日はなめてみる猛暑逃れる薬のように

 

川沿いの空に大きなシュークリーム暑さに呆け自転車をこぐ

 

 

 

暑さに気を付けてお過ごしくださいませ。

    

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の季節に四つ

2017-06-02 | 短歌

 

校庭の子らの無邪気な声を背に迫る黒雲早足になる

 

ささやかな安堵を胸にかえりみち揺れて迎える紫陽花の花

 

 

梅雨前の真夏の風にあおられて小学生の私がわらう

 

いそいそとめくるカレンダー紫陽花の花六月を彩り飾る

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

五月にいつつ

2017-05-17 | 短歌

 

のぼりきり空を仰いで思案中 クレマチス風にひらひら揺れて

  

マイナスの幾つかなどはいさぎよく 風の合図ではなびらと散る

 

ぴちぴちとフランネル草順番を 待ちくたびれて初夏花ラッシュ

 

母が居るうす紫の細い肩 緑の陰に五月の庭に

 

母思う五月は長く卯の花が 咲きバラが散り今年も過ぎる

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

春のうたななつ

2017-04-26 | 短歌

 

むべの花遠くから来た風に散り木戸のまわりに記憶ただよう

 

制服の丈合わぬ間にハナミズキ咲く八重桜静かに散りて

 

みているよ花散り今は青葉です何年先も校門前で

 

やえざくら急ぎ散りゆく子供らのランドセルの音お守りにして

 

春風がカレンダーめくり新入生男の子らは群れ登校す

 

八重ざくら散らししめった灰色の風が今年の五月はこぶよ

 

青空にぬける清風あおられて連休来るよと背中押される

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

かすみとひかり

2017-03-14 | 季節

三月も半ばになりました。

梅の次はハクモクレンに木瓜、あんず…

春の順番待ちは、

少しずつ、着実に進んでゆきます。

散ってがくの残った梅に

まだヒヨドリがいます。

メジロがチョンチョン、あんずの枝を渡ります。

チイチイ、

耳を澄ますとかわいい声が聞こえます。

シジュウカラもやってきます。

空は

春らしい薄い灰色をしています。

春がすみ、

なのでしょうか、

街は少し湿った柔らかな空気に包まれています。

お散歩は

冷たい風が心地よいです。

啓蟄のころ、

土にしとしと春の雨が降り、

虫たちや草たちもうるおいます。

 

いつの間にか

空の隙間から、うっすら日差しが下りてきます。

しずかな午後です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

駄菓子屋さん♪

2017-02-17 | 暮らし

あっという間に

節分、立春、バレンタインがすぎて、

スーパーには

お雛祭りのお菓子が並びます。

 

 

今日は気温が上がり

春一番が吹きました。

 

ワンコと散歩していると、

いつもの駄菓子屋さん、

今日は子供たちで満員でした。

 

 

かいし金曜日の放課後だし…

あちこちから子供は

お店に集まって

駄菓子を選んでいます。



その風景に

なんだか私はホッとします…

楽しくね…  

車に気をつけてね、

と思いながら通りすぎました。



私の叶わないですが、

夢の1つは

駄菓子屋さんを開くことです、

駄菓子屋さんのお婆ちゃんに

なりたいなあと、よく思います。



どこの町にもあるような

小さな古い駄菓子屋さんです、


そこで子供たちを見守れたら…

なんて夢みるのです(^-^)









この記事をはてなブックマークに追加

かえりみち

2017-01-16 | 音楽

午後の太陽がやさしいかえりみち、

今日はどんな自分だったろうと思います。

 

あたたかなバスに揺られて

ぼんやりと

隣に並んだトラックのタイヤをながめ

会話にうまく答えられたかなとか

自然な笑顔ができたかなとか…

 

みなさん、自分の毎日を

しっかり歩かれていて、すごいなぁと思いつつ、

なんだか

取り残された気持ちになったりもするのですが

 

自分は…

そんな人たちの姿に

元気をもらっています。

呼吸とともに

何かを吸い込んでいるようで

 

そのあとの自分は

少しだけ変われているのかもしれない と思い

また、頑張ろうと思います。

バス停で降りたら

まだ固いつぼみの桜の木の並ぶ

川沿いを歩いて帰ろう、と思います。

              

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加