イルチブレインヨガ成増スタジオ  ILCHI Brain Yoga

脳科学と東洋の伝統を融合したホリスティックヨガです

新生活 応援します!

2019-04-10 | お知らせ
英語の格言に「Cool head, Warm heart」というのがあります。

日本語にすると、「頭脳は冷静に、心は温かく」という意味です。
人として優しい気持ちや深い愛情を持ちながら、常に冷静な思考を忘れないように、という心がけを説いています。

Cool headを直訳すると「涼しい頭」です。日本語では、頭の回転が速くなっているとき、「頭が冴えている」なんて言いますが、これが、英語でいうところのCool headに近い表現かも知れません。

日本では昔から頭寒足熱が健康に良い状態だと言われています。

東洋医学でも、「水昇火降(すいしょうかこう)」と言う言葉があります。
を涼しくして、健康生活~水昇火降で脳と体を活性化しましょう

水昇火降とは、人間の心臓にある火のエネルギーが下に降り、腎臓にある水のエネルギーが上に昇ることです。ちょうど、自然界で、太陽の熱が下に降りて、海水が水蒸気となって空に上昇するのと同じです。

水昇火降の状態だと、人は頭が涼しなり、気分がスッキリします。下腹は温かくなり、内臓の動きが活発化し、疲れにくくなります。

イルチブレインヨガは、この水昇火降の考え方をトレーニングの基本原理の一つにしています。

体を動かすことで、脳を涼しい状態にして、記憶力や思考力をレベルアップさせます。血液やエネルギーが滞りなく循環するようになります。

なぜヨガで水昇火降の状態にできるのかというと、体と脳が密接につながっているからです。

体の筋肉を動かすと、全身にはりめぐらされた神経を通じて、脳も刺激を受けます。脳が冴えわたる「涼しい頭」の感覚を味わうことができるのです。

★ ★ ★





お問い合わせ・ご予約はこちらまで
↓↓↓
●○●○●○●○●○●○●○●○
イルチブレインヨガ成増スタジオ
TEL03-3976-2288
受付時間:9:00~22:00
板橋区成増1-31-5弥生ビル4階
http://ilchibrainyoga.com/studio/tokyo/narimasu/


コメント

冬の健康自給自足講座

2019-02-19 | 体操
冬の健康自給自足御講座 






いつもご好評をいただき、ありがとうございます、腸デトックスヨガ講座


ご案内です


腸をほぐすデトックスyoga体操、セルフケアに最適なへそヒーリングの実習

体温 代謝 免疫力アップしてアンチエイジング。腸内環境を整えて、体の活力アップ。
ダイエット。心と体がリラックスし、呼吸が深まります。


健康が気になる方、体の活力をアップしたい方、精神的にリラックスしたい方・ダイエットしたい方など、
是非、お試しください!


3月3日(日)、10日(日)、16日(土) 14:00~16:00



参加費:1000円



お問い合わせ・ご予約はこちらまで
↓↓↓
●○●○●○●○●○●○●○●○
イルチブレインヨガ成増スタジオ
TEL03-3976-2288
受付時間:9:00~22:00
板橋区成増1-31-5弥生ビル4階
http://ilchibrainyoga.com/studio/tokyo/narimasu/


コメント

話題のセルフヒーリング法「BHP」体験できます!

2019-02-09 | 薬膳・漢方クッキング


BHPってなあに?イルチブレインヨガで「セルフケア」


現代人はさまざまな体のトラブルを抱えています。その一方で、メンタル面でも様々なストレスにさらされ、「やる気」「集中力」「安定感」などが失われがちです。

こうした心身のトラブルが悪化するまえに、ふだんから自らのセルフケアをしっかり行いたいところ。

それは、現代的な生活のなかで弱くなった自然治癒力を呼び覚まし、強くしていくためのプロセスでもあります。

日常の中で自分自身をヒーリングする方法がわかれば、毎日のストレスを軽減し、イキイキとした日々を送ることができます。

今、新しいセルフケアの方法として注目されているのがBHP(Brain education Healing Pint)です。

BHPは頭と手足から自分のヒーリングポイントを見つけ、指で押すなどしてケアするセルフヒーリング法。

人間の脳には、自分自身をヒーリングできる力がもともと備わっています。そして、その脳に信号を送るスイッチが頭と手と足にあります。


イルチブレインヨガでは、やさしい動きのブレイン体操、独自の呼吸法、ブレイン瞑想などのトレーニングを行っています。

また、イルチブレインヨガ独自の健康法、BHPにトライしていただけます。ご自分の身体のヒーリングポイントの探し方をご案内します。

老若男女どなたでもOK。お気軽にお問い合わせください!





皆様をお待ちしています


お問い合わせ・ご予約はこちらまで
↓↓↓
●○●○●○●○●○●○●○●○
イルチブレインヨガ成増スタジオ
TEL03-3976-2288
受付時間:9:00~22:00
板橋区成増1-31-5弥生ビル4階
http://ilchibrainyoga.com/studio/tokyo/narimasu/



コメント

へそヒーリング

2019-01-09 | ダイエット

寝たままダイエット~へそヒーリング






お正月過ぎて、普段のペースに戻ってふと体重が、、、。
気になる方いらっしゃると思います


へそヒーリングは、寝たままでも運動をしたようなメリットが得られて、

ダイエットになるのが大きな特徴。「寝たままダイエット」として人気上昇中です。

へそヒーリングをやってみた方々からは、「ウエストが10センチ細くなった」

「10日で体重が2キロ減った」などの嬉しい声が次々と寄せられています。


へそやその周りを刺激するへそヒーリング。楽な姿勢で座ったり寝たりしながらできるので、

気軽に続けることができます。


初めて聞いたとき多くの人は「ところでなんで、へそなの?」と思われるようですが、

実は、へその周辺には神経やリンパ節、内臓が集まっています。



美容や健康にまつわるツボも集中しており、生命の中心点ともいえるポイントです。

そんなへそを心地よくほぐすことで、お腹周りの臓器に直接的な刺激を与えるとともに、

短時間で血流アップするのがへそヒーリング。少しやるだけで冷えていた体が温まり、

代謝がアップしていきます。



東洋医学では、私たちの体は「気・血・水」の3つの要素で構成されると考えられています。

この3つのうちのどれかが滞ると、健康上のトラブルが起こりやすくなります。


ダイエットにおいても、気・血・水という3つの要素からアプローチすることがとても大切。

へそヒーリングでは、下腹部から下半身の冷えを解消して「血」のめぐりを良くするとともに、

リンパ節に働きかけて「水」の循環を改善。



体内に溜まっている老廃物をスムーズに排出できるようにしていきます。

さらに、へそ周辺のツボも刺激されるため、「気」エネルギーの流れも滑らかになります。

「なぜか体重が増える」「お腹のポッコリを何とかしたい」という方は、

ぜひへそヒーリングを試してみてはいかがでしょうか?



お問い合わせ・ご予約はこちらまで
↓↓↓
●○●○●○●○●○●○●○●○
イルチブレインヨガ成増スタジオ
TEL03-3976-2288
受付時間:9:00~22:00
板橋区成増1-31-5弥生ビル4階
http://ilchibrainyoga.com/studio/tokyo/narimasu/



コメント

あけましておめでとうございます

2019-01-05 | お知らせ
 

「健康自給自足プロジェクト」始動!2019年、イルチブレインヨガで新しいライフスタイルを!



1月は入会金が半額になる“新年お年玉キャンペーン”


イルチブレインヨガは1月、入会金が半額になる「新年お年玉キャンペーン」を実施します。通常8,000円の入会金が4,000円になります。イルチブレインヨガでは2019年、「健康自給自足プロジェクト」を提案。習慣を変え、生活の質(QOL)を高め、自分で自分を健康にできる新しいライフスタイルをサポートします。

■寿命と運動
人間の寿命のバロメーターとして注目されている「テロメア」。テロメアは私たちの体の一つ一つの細胞の中に存在している粒子で、年齢を重ねるごとにサイズが縮小していきます。このテロメアが長い人は病気になりにくく、寿命も長いという傾向が明らかになっています。また、これまでの研究では、日常的な運動がテロメアの縮小を防ぐのに役立つことが分かっています。



こうしたなか、2018年11月下旬に注目すべき研究成果が発表されました。欧州心臓病学会誌に掲載されたドイツのザールラント大学のクリスティアン・ヴェルナー博士らの論文によると、運動の中でも、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が、筋トレに比べてテロメアを長くする効果があるという結果が出たのです。



この実験では、30~60歳の男女124人に「筋トレ」「ウォーキングとジョギング」「高強度インターバル・トレーニング(HIIT)」の3種目のいずれかを割り当て、半年間にわたり週3回続けてもらいました。その後テロメアを測定したところ、「ウォーキングとジョギング」と「高強度インターバル・トレーニング(HIIT)」ではテロメアが長くなりました。高強度インターバル・トレーニング(HIIT)とは、やや激しめの有酸素運動と、軽い運動(または休憩)を交互に行う有酸素エクササイズです。一方、「筋トレ」では効果が確認できませんでした。



こうした結果から、健康寿命をのばすためには、スポーツジムなどでバーベルを持ち上げるような重量トレーニングよりも、ウォーキングやインターバル・トレーニングなどのような有酸素運動が良いということが伺えます。瞬間的に筋力に負荷を与えるようなトレーニングよりも、しっかりと呼吸をし、体内に酸素を取り込みながらじっくりと体を動かすことが、長寿の秘訣の一つだということです。

■習慣を変え、生活の質(QOL)を高める
テロメアの劣化を防ぐには、運動のほか、バランスのとれた食生活や普段のストレスケアも大事だとされます。すなわち、生活習慣が健康寿命に深くかかわっているのです。



自分の健康を自給自足する生活習慣の重要性は、どれほど強調しても足りません。習慣を変え、生活の質(QOL)を高めることが健康寿命にも大きく関わってくるのです。イルチブレインヨガの提案する「健康自給自足プロジェクト」では、自分の体質を変えて健康度をアップし、さらには家族などの周囲の人たちや社会をより健康的で明るくしていくことを目指しています。

押すだけ!簡単セルフヒーリング法「BHP」
健康自給自足プロジェクトの一環として、全国のイルチブレインヨガスタジオで「BHP(Brain education Healing Point)」を行っています。人間の脳には、自分自身をヒーリングできる力がもともと備わっています。そして、その脳に信号を送るスイッチが頭と手と足にあります。BHPは頭と手足から自分のヒーリングポイントを見つけ、指で押すなどしてケアするセルフヒーリング法です。






ストレスなどで崩れたバランスを取り戻し、心身のゼロ点を回復するBHPは、全国のイルチブレインヨガスタジオで体験できます。入会金が半額になる新年お年玉キャンペーンをぜひご活用ください!


イルチブレインヨガ成増スタジオ


予約・問合せ:03-3976-2288



皆さまをお待ちしています


コメント