カリコミ日記

『karikomi photo』おうちスタジオ撮影。
『karikomi class』子連れカメラ教室。

図書館で選ぶ本 ~小学生男子~

2019年03月02日 | 
産科クリニックでの撮影中、子供たちは近くの図書館で待っていました。

帰りにに迎えに寄ると…

3番目「お母さんのために、いい本を借りたから!」
ママ「へ~、なんだろ?」
3番目「ほら、男の子がわかるから、読んだ方がいいでしょ。」
ママ「…」

キミ…キミだよ…色々するの。笑

そして、末っ子も教えてくれました。
末っ子「うんこのしりとりがあった!」
ママ「…うんこ、スキだね。」
末っ子「うんこ、いっぱいあるよ!」
ママ「…」

末っ子の頭の中は、うんこ、おしり、おなら…?笑

男子たちのセレクトする本は、オモシロイです。

3番目君は、ず~~~~っと「1発ギャグ」を練習中。笑

男子たちのやるコトは、オモシロイです。笑
コメント (2)

剣道の本 『勝ち続ける技術』宮崎正裕

2018年06月04日 | 
本の移動をしているときに、パパの剣道の本が目に止まりました。

『勝ち続ける技術』

剣道日本一を6度為し遂げ、指導者としても4人の日本一を育てた『平成の宮本武蔵』という説明書き。

パラパラとまえがきを読むと…

何やら小学校時代はやめたかったらしい。
何やら中学校時代は初段審査で5回目に合格したらしい。

「全日本優勝6回という戦績…は…初段の不合格のように見えない『負け』に基づいている。」

日本一になる人は、最初から勝ち続けるのかと思ってました。

そうではなく、負けたからこその色々が勝ちに繋がっているようです。

何やら希望が見えてきます。
何やら勝てそうな気がしてきます。笑

中学3年の先輩たちと出る試合も残り僅か…お兄ちゃん以外のレギュラーは全員引退です。

この5人の後ろ姿を見れるのも、あと少し。

今までの練習が、
今までのがんばりが、
カタチになりますように。


『mugi』ママの知り合いがやっている剣道防具屋さんのInstagram…熱いです。笑

でも、Tシャツに書かれている通り…恵まれた友情という太陽を浴びてグングン成長しています。

悔いのない剣道ができますように!
コメント (6)

『よつばと』ホットケーキ

2018年04月12日 | 
図書館から『よつばと』というマンガを借りてきました。 

『よつば』という幼稚園ぐらいの女の子の日々が綴ってあるマンガです。

『よつば』がホットケーキを作ろうと奮闘する場面を見て…

末っ子「ホットケーキつくる。」
ママ「どうぞ。」
末っ子「『よつばと』みたいに粉からつくる。」
ママ「どうぞ。」
末っ子「ママはてつだわないで。」
ママ「どうぞ。」

ということで、小学校から帰ってから作り始めました。

計ったり、混ぜたり…は問題なし。
フライパンに生地を広げる…のは意外と難しい。
生地のプツプツを判断する…のも意外と難しい。

さて『よつば』の苦労してた場面。

末っ子もひっくり返しきれず、端っこがクルンと丸まりました…『よつば』も泣いてましたが末っ子もポロポロリ。

いっぱいいっぱいマンガ読んだから、
何回も何回もマンガ見たから、
できると思ってたから、
出てきた涙。

泣きながら、
ホットケーキをかじりながら、
どうしたら成功するか、
二人で考えました。

小さくすればクルンとならない?

小さい丸でやってみると、ひっくり返せました~!!!

初めてのホットケーキ体験。

やってみたい、
やってみる、
やってわかる、
色々。

初めてのホットケーキ体験はポロポロリで良かったです。

回を重ねる毎にスムーズにできちゃうでしょう…それも良し。

『よつばと』のおかげでオモシロイ経験ができました。

『よつばと』は、電車の中で読んじゃいけないマンガです…声に出して笑っちゃうから。笑

でも、なんか…お薦めです。笑
コメント

むかし話ですよ ~五味太郎~

2018年02月06日 | 
図書館で五味太郎さんの『むかし話ですよ』という絵本を借りました。

フツーの『むかし話』かと思いきや、現代風にアレンジされてて…ツボ。笑

桃太郎が入っているであろう桃が、川を流れてって…
どんどん流れてって…
どんどん…
どんどん…
海に出ちゃって…
鬼ヶ島で拾われちゃって…

という感じの話が、色々と載ってます。笑

五味さんワールドが味わえる絵本。

明日から3番目のクラスが学級閉鎖…図書館の本が活躍しそうです。笑
コメント

読み聞かせの絵本選び

2016年06月14日 | 
今年も、小学生3人の『読み聞かせ』をすることになった。
この前は、おねえちゃんの4年生クラス。
何を読もうか、図書館でウロウロしていたら…気になる絵本があった。

『ひともじ』(作:こんどうりょうへい 福音館書店)
→ホントに人がやっちゃってるよ(笑)

『うまれたよ! カメ』(作:関 慎太郎 岩崎書店)
→おぉ~リアルだ…

『まかしとき!』(作:くすのき しげのり フレーベル館)
→関西弁で、楽しそうだ~

というわけで、直感で選んだ(笑)

読み始めると、人のやる『ひともじ』に食い付き…関西弁の『まかしとき!』に笑い…リアルな『うまれたよ!カメ』に吸い込まれてた。

自分が楽しいと思ったら、みんなも楽しいらしい。

さて、次は…おにいちゃんの6年生クラス!

何を読もうかな~

コメント