goo

JAL123便墜落事故-真相を追う-悲劇から25年そして講演会その後

本日8月12日で、あの日航機事故からちょうど25年が経過しました。

犠牲になられました乗客乗員の皆様におきましては、謹んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

また、一切公式の記録に残されることなく、同じ日、同じ場所で他界された名も知れぬ皆様にも、お立場の違いにかかわらず、安らかに神の御許に迎え入れられますようお祈り申し上げます。


■講演会その後

早いもので講演会から3ヶ月が過ぎようとしています。その間、「何をしていたのだ」とやきもきされた読者の方も多かったかと思います。また、知人からは安否を心配する声を多数いただきました。

お詫びの言葉に代えて、私が今、この日航機事故もとい「御巣鷹事変」を調査する中で最大の壁に突き当たっていることをここにご報告いたします。


■オレンジ色の怪光

写真1をご覧ください。乗客の小川さんが撮影したものです。すでに「折れなかった垂直尾翼(1)」で触れていますが、○内の黒いシミのような点は、実際の写真ではオレンジ色の発光体として写っています。この情報は小川さんのご遺族と接触したイギリス人日航機事故研究家(本人の承諾を得てないので匿名とさせていただきます)とのやり取りで判明した事実ですが、何と、今月発売の「週刊現代」8月14日号に、オリジナルの写真が掲載されたとのことです。


写真1:小川さんの写真に写りこんだオレンジ色の発光体

これについては、とりあえず以下の点を疑問としてあげて起きましょう
・小川さんの写真が公表されたとき(1990年)、なぜオレンジ色の情報が消されたのか?
・何故、今になってオリジナルの画像がマスコミで公開されたのか?

5月の講演会で、私は、怪光の招待は、123便撃墜に向かった戦闘機(状況から考えられるのは旧ソ連のMIG25)を誘導するするための「発光弾」もしくは、「曳航式の発光体」だったのではないかとの仮説を提示しましたが、実は、その説明がかなり苦しいものであることは、私自身も自覚していました。国際軍事評論家B氏の意見もこの仮説に関してはかなり否定的です。

それでは、この怪光の正体は何だったのか・・・・

この3ヶ月、新しい資料がほとんど出てこない状況でありましたが、何とかその答え(またはその片鱗)を見つけつつあります。しかし、残念ながらまだ皆様に論理立ててご紹介できる状況ではありません。そこで、今回は、私がこの怪光を理解する上での最重要資料と思われる画像を、最小限の説明を付けて掲載いたします。


写真2:黒い焦げ跡。事故現場近くの傾斜地にてS氏撮影
    直径1m程度の真円
    地中数10cm深く掘り進んでも炭化の状況は変わらず 
    そばに寄ると強いめまい
    現場周辺に複数の同様の焦げ跡
    ADGRAVATA AUTEM EST MANUS DOMINI SUPER AZOTIOS ET DEMOLITUS EST EOS ET
    PERCUSSIT IN SECRETIORI PARTE NATIUM AZOTUM ET FINES EIUS


写真3:事故現場で見つかったバナジウムを多量に含む金属片
    POSUIT QUOQUE IDOLUM LUCI QUEM FECERAT IN TEMPLO DOMINI


写真4:事故現場で見つかった特殊な部品
    AMEN AMEN DICO VOBIS ANTEQUAM ABRAHAM FIERET EGO SUM


■日航社内で根強いUFO撃墜説?

以下は日航に縁のある知人から伝聞情報なので、確実といえるような情報ではありません。しかし、それなりに意味があると思われるのでここでご紹介いたします。

「日航社内では123便の墜落の原因について主に2つの説が囁かれています。それは(1)米軍機に撃墜されたとする説、そして(2)UFOに撃墜されたとする説です。」

(2)のUFOによる撃墜などというのは、私も本ブログ「気になる怪説」シリーズですら取り上げなかった珍説奇説です。しかし、事故当事者である日航社内で今もってそんな奇説が語られ続けている事実に大きな意味があります。「人は何を知覚したとき、それをUFOと認識するのか?」その問いを突き詰めれば、オレンジ色の怪光は無視し得ない追求の対象となり得ます。

* * *

私がオレンジ怪光の正体を自信を持って説明できるとき、そのとき初めて「御巣鷹事変」の本質が人々に理解され、また私が「国営テロ集団」と呼んでいる組織の正体、そして、なぜ日本国政府や超大国が本件について沈黙を続けているのか、その真の理由が明らかにされるだろうと確信しています。



管理者 日月土
コメント ( 134 ) | Trackback ( 0 )
« 5/16 講演前の... JAL123便墜落... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (kokage)
2010-08-14 02:48:19
何故かこのサイトに辿り着き過去エントリーから一気に読ませていただきした。
今更ですが日航機事故は単なる事故ではなかったんですね。色々と考えさせられました。

ただ現地物証に基づく推察については少し気になりました。

真相を知られたくない側が取る常套手段として、真実ではないものを紛れさせて真実から遠ざける手法があります。
これは推察の方向を逸らすのみならず、読者にも疑念を抱かせて、情報発信者そのものを遠ざけることも出来るので、かなり有効な手段です。

ブログ主さんやSさんが頻繁に入山されて現地調査をしていることが既に分かっていて、関係者達がほぼ毎日入山している状況であれば、撹乱物品などいつでも仕込めますからね。

過去のエントリに、時間の経った情報ほど操作されやすい、と書かれていましたが、20年以上経った後の物品、まさに操作されているかもしれません。

勿論これは今までの情報や推察の中に隠したい真実があるからこその撹乱作戦なんだと思いますが。

以上、私が感じたことを書きましたが、これからも感性で情報の取捨選択をしながら読んでいこうと思います。
微力ながらご健康と無事故を祈っております。
 
 
 
Unknown (なりちゃん)
2010-08-14 11:16:38
再開してびっくりしています。

日航機123便の事件は、911テロと一緒で政府が嘘を公式発表し、大手マスコミがそれを支えているのでどうにもなりません。

また、謀略を暴くふりをしつつ妙な方向へ人々を誘導するサイトもあるくらいで、ネットによる真実の追求も一筋縄ではいきません。

是非こちらのサイトもご覧になることをお勧めします(さらに紹介されてるサイトにネットサーフィンしていくと真相に近づけるかと思います)↓
http://20060912.blog89.fc2.com/blog-entry-141.html
 
 
 
8月1X日の写真ですが、これは誰かがどこかから持ち込んだものでしょうか? (123)
2010-08-14 14:16:55
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1485.jpg
8月1X日の写真です。重要な残骸が写っています。
これは誰かがどこかから持ち込んだものでしょうか?
違うでしょうが。
 
 
 
8月1X日の写真です。重要な残骸が写っています。 (123)
2010-08-14 14:44:51
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1486.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1487.jpg
 
 
 
40番の残骸は何でしょうか。 (123)
2010-08-14 16:29:05
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1488.jpg
 
 
 
123便は操縦レバーが勝手に動いていた(遠隔操縦) (123)
2010-08-15 08:32:35
日航ジャンボ123便の高濱機長が
「何でこいつ動くんだ」
http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_2641.wav
と述べておられますが、
これは、操縦レバーが遠隔操縦で勝手に動いていたことを如実に示しています。

「重たい」
というのも、遠隔操縦で勝手に動くレバーを人力で戻していたため、かなりの怪力を必要としたためです。
 
 
 
自動ピアノ類似の技術です (123)
2010-08-15 08:33:25
補足しますと、自動ピアノ類似の技術です。
 
 
 
闇経済が無くなれば、弱者は軍隊に入るしかない (123)
2010-08-16 15:41:16
闇経済が無くなれば、弱者は軍隊に入るしかない

うーん。
http://20060912.blog89.fc2.com/blog-entry-145.html
http://alternativereport1.seesaa.net/article/159343307.html
http://alternativereport1.seesaa.net/article/159465914.html
2年ほど前の記事をオルタが再掲載ですか。

日航ジャンボ123便の問題というのは
・神器(御巣鷹の件)
・搾取宇宙憑依勢力との闘い(伊豆の件)

この2点にスポットをあて、すすめていかないと解決しないのです。
闇経済が無くなれば、弱者は困窮し軍隊に行くしかなりません。
それこそ地獄の戦争の世となります。
 
 
 
<以下引用>日航ジャンボ機墜落事故から25年、日本は未だに責任追及型の事故調査の体制のままで、これでは再発防止の真の原因追求はできないままだ (123)
2010-08-16 18:34:55
日航ジャンボ機墜落事故から25年、日本は未だに責任追及型の事故調査の体制のままで、これでは再発防止の真の原因追求はできないままだ
http://kuwadong.blog34.fc2.com/blog-entry-1752.html
http://kuwadong.blog34.fc2.com/blog-entry-285.html
http://kuwadong.blog34.fc2.com/blog-entry-138.html
 
 
 
日航ジャンボ機・墜落事故の真相 (Unknown)
2010-08-16 21:03:28
http://alternativereport1.seesaa.net/article/159465914.html
 「日航ジャンボ機墜落事故当時、横田基地に配属されていた米空軍の輸送機U130のパイロット、マイケル・アントヌッチ中尉は以下のように証言する。

『事故当日、空中戦の演習を行っていた米軍練習用戦闘機から事故が起こったとの緊急無線が入り、一番近くを飛行していた私のU130輸送機が事故現場へ救出のため急行した。
 
 
 
UFO(当時はステルス機もUFOとされた)又は日本の古代兵器等を隠す目的ではないでしょうか (123)
2010-08-17 06:02:15
↑のアントヌッチ中尉談話ですが、


・相模湾沿いの各都市で多数目撃された「オレンジ色の閃光」との整合性がありません。

従いまして、何か、もっと大きな案件(UFO又は日本の古代兵器)等を隠す目的ではないでしょうか。


この意味においては、今回のこの記事の管理人様のご指摘のように、発光体が、フーファイターなのか、F19とラプターを併せたような岐阜の航空実験体の実験なのか、デュートロンやれんだいこ等の日本の超古代兵器も関わっているのか、等を、よく検討しなければなりません。
 
 
 
JAL123便コックピット内でのもうろうとしたやりとり、JAL123便乗客の遺書の字がひん曲がっている、航空自衛隊JFS71便の乗組員に記憶障害が発生している (123)
2010-08-17 17:43:54
・JAL123便コックピット内でのもうろうとしたやりとり、
・JAL123便乗客の遺書の字がひん曲がっている、
・JAL123便尾部にオレンジ色の閃光が走った頃、付近を飛行していた航空自衛隊JFS71便の乗組員に記憶障害が発生している。(18:25頃に明瞭な交信で聞いた高度を18:28頃に再度確認している)


以上、どれをとっても、単なる誤撃等では済まされない重大な案件が潜んでいるのである。
 
 
 
「是非ANAに乗り換えてください」では何も解決しない。  JAL経営陣が黒塗りの車に乗っていたらANAに乗り換える、では何も解決しない (123)
2010-08-17 18:36:59
「天空の星達へ」の人たちの結論は
「是非ANAに乗り換えてください」ですか。


<以下引用>
http://www.magazineland.jp/tenkuu/
木元康介 より:
2010年8月8日 21:52
<中略>
JALは反省してないことが明らかで、JALのGlobal Clubの会員ですが、ANAに乗り換えたくなります。

返信
青山透子 より:
2010年8月12日 01:48
<中略>
黒塗りの車がほしいとのこと。あきれるばかりですね。
是非ANAに乗り換えてください。私も今のJALには一切乗りません。

 
 
 
自衛隊が、在韓米軍烏山基地のC-130を撃墜した (123)
2010-08-17 19:41:26
ところで、「U130輸送機」というのが当方、恥ずかしながらよく解らない。

もちろん、C-130輸送機は理解している。

御巣鷹U字溝付近に在韓米軍烏山基地の救援塗色のC-130が落ちているが、
123便の時に、自衛隊が、在韓米軍烏山基地のC-130を撃墜したから、
その後の
・日米関係
・日韓関係
が悪くなっているのではなかろうか。
 
 
 
安全啓発センターの40番のオレンジ色の残骸は在韓米軍烏山基地の救援塗色C130ではないか (123)
2010-08-17 20:05:34
安全啓発センターの40番のオレンジ色の残骸は在韓米軍烏山基地の救援塗色C130ではないか。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/586.html
 
 
 
慰霊登山道模様等から在韓米軍烏山基地所属の救援機が御巣鷹界隈の地に散ったことが裏付けられるのである (123)
2010-08-18 01:09:46
慰霊登山道模様等から在韓米軍烏山基地所属の救援機が御巣鷹界隈の地に散ったことが裏付けられるのである
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/597.html
 
 
 
巷で言われている墜落時刻は18:56分30秒であるが、国の事故報告書を見ると18時56分50秒まで (123)
2010-08-18 01:10:57
巷で言われている墜落時刻は18:56分30秒であるが、国の事故報告書を見ると18時56分50秒まで
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/596.html
 
 
 
報告書にも「異常外力の着力点」  運輸省航空事故調査委員会JA8119号機 JAL123便事故調査 (123)
2010-08-18 01:11:52
報告書にも「異常外力の着力点」  運輸省航空事故調査委員会JA8119号機 JAL123便事故調査
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/595.html
 
 
 
ヤスが作戦に携わる時間帯に、決してロンが、起きていることのないように・・・「米国が寝ている間に」と。 (123)
2010-08-18 11:17:18
何故、「123便」でなければならなかったのか?
それは、ヤスが作戦に携わる時間帯に、決して
ロンが、起きていることのないように・・・
「米国が寝ている間に」と。

しかし、目には目を、でJALも黙ってはいなかった。
元、自衛隊パイロットで、操縦の腕も日本で5本の指に入ると絶賛された、
高濱機長をJAL123便に搭乗させた。

自衛隊の謀略には、身内を乗せてやれ、という作戦であった。

高濱機長は、その驚異的な手腕を遺憾なく発揮し、JALの期待通り、相模湾でのアクシデントの後もジャンボを飛ばし続けた。

これにあわてた自衛隊は、中曽根総理に撃墜許可を迫り、
「なんとかしろはなんとかしろだ」
という命令を引き出した。

そして、自衛隊は横田へのJAL123便の着陸を阻止し、隠蔽に都合の良い「日本のチベット」と言われた御巣鷹にJAL123便を誘導した。

ところが、優秀なJAL123便の高濱機長は、長野県川上村付近の高原レタス畑に不時着しようと試みた。

自衛隊は、高濱機長の巧みな操縦に、さらに恐れをなした。

そして、自衛隊は不時着寸前のJAL123便に対し、核ミサイルを発射した。
国民保護の役割をみじんも感じさせない愚行であった。

しかも、自衛隊はさらに
・米軍機
・米国政府機(U2)
・在韓米軍救援機
を撃墜した。

米軍の救助は日本国政府が断った。

米国、韓国は、日本のあまりにもクレーイジーな様子に、猛烈に怒った。

かくして1985年8月12日に
・日米戦争
・日韓戦争
が勃発した。

第二次中曽根内閣は、「JAL123便墜落事故」から40日後の1985年9月22日に米国の圧力に屈して「プラザ合意」を呑むハメとなった。これを契機に、この日本は急激な「円高」と進み、「日米構造協議」の絨毯攻撃に晒されることとなった・・・
自衛隊の愚行に端を発した
・日米戦争
・日韓戦争
は、主に経済戦争として今尚継続しており、日本国民はJAL123便の際の自衛隊の愚行により疲弊することとなった。
 
 
 
高濱機長が当日、急遽乗務が決まったことからも「嵌められた」のでしょう (123)
2010-08-18 13:21:50
高濱機長が「教官」となっていることも重要です。

通常の乗務になりますと、自由な立場で動くことが出来ない。
「教官」
ならば、
操縦していても
通信していても
計器を確認しても

問題ありません。


がんじがらめの運行規定に縛られる事は無いのです。



事実、高濱機長は、極めて、高度な操縦技術を遺憾なく発揮しました。

JALは事態を事前に察知し、最善の陣営で臨んだのです。

これは、福田航空機関士が、JAL123便乗務の前に同じJA8119号機で
JAL363便、JAL366便にて福岡を往復して、機体に異常がないか
確認させている念の入れようでした。
なぜ羽田ー福岡間往復確認かということですが、
8月12日朝に、定期JAL151便(羽田7:45→大阪8:50)にて愛知県河和付近で強い乱気流遭遇があったため、JAL123便に乗務する福田航空機関士を近傍を通るルートに往復乗務させ万全を期したのです。

さらに、JALは万全を期しました。JAL123便よりも1時間前のJAL121便(羽田17:00→大阪18:00)は、通常通り河和付近を通る飛行ルートで飛行しました。しかし、河和近辺の様子はまだ情報が入っていない時間帯でした。
JAL123便ブリーフィングでは河和付近のレーダーエコーが完全に消滅していないことから南へ迂回するルートを高濱機長は要請、承認を受けました。

JALは、いろいろと問題はささやかれるようではありますが、
愛すべきJALなのであります。何より、
社員が優秀である、
という強みがあります。

また、スチュワーデス物語にもありますように、
人を育てる、
ことに関しても、熱心な会社であり、
飛行機に対するあこがれ、ブランドイメージを形作っておりました。

そしてまた、ビジネス利用はもとより、
子供連れ客等、その場で利益をうまない利用客へのサービスも
真心がこもっており、顧客満足に多大な貢献をしておりました。
 
 
 
高濱機長?は、事前に何かを察知していたのか、それとも通常の問い合わせなのか、羽田空港17時36分、JAL羽田航務部に「121便の route の information 何か入っていますかね」と問い合わせている。 (123)
2010-08-18 13:59:24
当日、1985年8月12日朝に、別の機体で飛行した定期JAL151便(羽田7:45→大阪8:50)にて愛知県河和付近で強い乱気流遭遇がありました。
(運輸省JAL123便 JA8119号機報告書 22~23ページ↓)
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-01.pdf

JALの対策としましては
・河和の近くを通る羽田ー福岡便(JA8119号機 363便 366便)にて福田航空機関士を乗務させ、現場近辺の状況を確認しました。
・1時間前の別の機体の羽田→大阪JAL121便を通常の河和ルートで飛行させ、河和付近の気流の状況が安全かどうか万全を期しました。

高濱機長はJAL121便からの河和付近の気流の状況が知りたかったと推測されます。
しかし、JAL121便は17:36時点では、まだ河和に達していなかったと推測されます。



以下は当方の所見ですが、
高濱機長は、自衛隊出身ですから、当然、軍事的な要素もある程度は理解していたと思われます。
朝の河和付近の乱気流のエコーが、まだ、17時過ぎまで残っている。
これは、同じところに、ずっと乱気流が発生している事を意味します。
1985年8月12日は、西日本は荒天でしたが、梅雨時でもありませんので、
同じ所にエコーが朝からずっとあるのは、客観的に見ておかしい。
(気象兵器の疑い)

それで、現場の気流の状況が知りたいため、前便の状況を問い合わせたのですが、
まだ情報が無かったため、大事をとって、南側のルートをとったものと推測されます。
 
 
 
愛知県河和付近に乱気流の焦点をあわせた気象兵器がスタンバイしていることを高濱機長は懸念していたのでしょう。 (123)
2010-08-18 14:21:39
高濱機長は明らかに愛知県河和付近の飛行を避けている。

123便が河和付近を通る際には乱気流で攻撃する準備が整っているであろう。

ボイスレコーダで
(東京ACC)「名古屋に着陸するか」
との問いに
(JAL123便 高濱機長)「羽田へ戻る」
と答えているのです。
名古屋に着陸するためには、愛知県河和を通らなければならない。
乱気流の気象兵器がスタンバイしている危険があるとなると、
この交信もうなずけるわけです。
 
 
 
闇の一味が123を名乗ってるよ! (ガセネタにはだまされん子)
2010-08-18 14:23:35
偽の123さんは、撃墜した犯人を自衛隊にしたいみたいですが。やっぱり、米軍の特殊部隊か、イルミナティ(民間の軍隊=ナチス?)の犯行としか考えられません。多分、ステルス戦闘機だと思われます。ステルス戦闘機はUFOとあまり変わらないんじゃないでしょうか?超高速で飛んでいる時には、オレンジ色の発光体に見えるのかもしれません。もし、そのイルミナティの戦闘機を日本人か韓国人のような傭兵が操縦していたとしても、確かに自衛隊の内部にもイルミナティのような部署があるのかもしれませんが、最終的に後ろで操っているのがウィンザー朝ということには変わりありません!イルミナティの様々な利権(松下電気の技術者や不二屋の社長などの殺害やエリザベス女王の個人的な嫉妬による悪魔カルト的な願掛けも兼ねているのが、この日航ジャンボ123便事故です。亡くなられた犠牲者の方々には心からのご哀悼の意を捧げます。また、生存者の方々の健康とかPTSDなども心配されます。国や日航はそういったことにも、きちんと対応する必要があると思います。
 
 
 
警視庁ヘリも自衛隊に撃墜された (123)
2010-08-18 14:48:30
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/49/6a/e4d95669c7f752991b6edff87e9bad2f.jpg
から数メートルの所には、なんと

警視庁ヘリ

の残骸が突き刺さっている。警視庁ヘリに搭乗されておられたであろう遺品も出てくる。

自衛隊のクレージーな愚行は、
・米軍機撃墜
・米国政府機撃墜(U2)
・在韓米軍救援機撃墜
にとどまらず、

・警視庁ヘリ

撃墜にも及んだ。

さらに、JAL123便には、グリモリ捜査の警察庁、公安庁、の優秀な人材も搭乗していた。
しかし、驚くべき事に、御巣鷹の尾根では、自衛隊による生存者の無差別な虐殺が行われていた。

警察、公安もクレイジーな自衛隊に殺された。
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/669.html

日航ジャンボ123便は警察と自衛隊の間にも軋轢を生んだ。

これら自衛隊のクレイジーな行動の数々は
・国民保護という立場がみじんも感じられない
・警察、公安、の人たちをも平気で殺す自衛隊の狂気は、どんな凶悪殺人事件よりも凶悪的であり、一国民として涙を禁じえない。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2010-08-18 16:10:22
>闇の一味が123を名乗ってるよ!

123は偽じゃありませんよ。
事実がどうか知りませんが少なくとも123氏は自衛隊がやったと証言してます。
直接本人に確認してますので間違いないです。

ちなみに私は工作員ではありませんので。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2010-08-18 16:13:23
ここの主、投稿者のgooID集めて何してんでしょうかね・・・
当然一つしかないですが。
 
 
 
日航ジャンボ123便の近くを飛んでいた「岐阜の航空実験団 EC-1」 (123)
2010-08-18 17:01:57
> 高濱機長は当日、相模湾上空を含めて軍事演習が行われていることを察知していて、問い合わせをしたのかも知れない。
> また気象庁の「東京レーダー・スケッチ図」(18時及び、19時)には、弱い対流性エコー(気象兵器が人工発生させたもので、「スクリーン」とする為の人工積乱雲)が、伊豆大島上空付近に発生している。
> この伊豆大島上空付近で発生した積乱雲は、伊豆半島東海岸河津町住民によって、午後6時25分頃目撃されている。



http://www.intecjapan.com/blog/cat18/
のあたりでも述べられていますが、
日航ジャンボ123便の相模湾の際に、
自衛隊岐阜航空実験隊のEC-1
が同空域を飛行しているのです。
これは、愛知~相模湾付近で、なんらかの実験を行っていたと見るのが妥当でしょう。
1985年8月12日朝のJAL151便の愛知県河和での乱気流遭遇は、
気象兵器の効果を実験したものと推測すると辻褄があいます。


とにかく、この「岐阜航空実験団EC-1」
これを記事にしているのは
http://www.intecjapan.com/blog/cat18/
しか見た事がありません。
当方は、ヤスが岐阜の航空実験団を使って米国(ロン)の眠っている間に企てた武装蜂起であると認識しています。
 
 
 
御巣鷹の尾根に行くと、まず最初に西川博之氏の無念があります。 (123)
2010-08-18 18:09:23
日航ジャンボ123便ですが、早い段階では200人近くは生還できる
状態で生きていただろうということです。


一番悲劇的なのは、
自衛隊「西川博之」氏28歳 でしょう。若いですが、結構格が上の勲章をつけています。(新)日本の黒い霧、にも、西川氏について書かれた記事があったと思います。
墓碑の場所と、JAL123便座席表からして、当初生き残っていた可能性が高い。

さて、運良く生き残った。

自衛隊が来た

喜んだ

わけも分からず殺された
http://www.asyura.com/09/lunchbreak27/msg/669.html



御巣鷹の尾根に行くと、まず最初に西川博之氏の無念があります。

最下段、右側に、西川博之 氏の墓碑が。

仲間が救助に来たと思ったのに。

いかに無念であっただろうか。

自衛隊には仁義も敵味方も存在しませんでした。
 
 
 
生存者が救出されたスゲの沢が光って写っていた。燃えていないのに。 (123)
2010-08-19 00:07:51
1985年8月13日各紙朝刊には、炎上する御巣鷹の尾根が1面に大きく報道された。

ところが、実際には、
・燃えていないところが光っていた。
・燃えたところは写っていなかった。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1536.jpg


まず、1985年8月13日、御巣鷹から生存者の川上慶子ちゃんが救助されたテレビの生中継は、感動ひとしおであった。
http://file.ascensionnote.blog.shinobi.jp/631f4e2c.jpeg
さて、生存者4名が救出された御巣鷹の尾根は、もちろん、燃えていなかった。
しかし、前夜夜間の上空写真では光って写っている。


一方、雑誌各誌で多数報道された焼け焦げた地点。まるで広島長崎を思わせる惨状が広がっていた地点である。
だが、不思議な事に、前夜夜間の上空写真では写っていない。

↓8月12日夜間の米軍撮影カラー写真と、8月13日頃の各誌報道写真を比較してみた。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1536.jpg
 
 
 
生存者落合由美氏「夕方の感じなのです。」 (123)
2010-08-19 20:29:40
日航ジャンボ123便 生存者落合由美氏「夕方の感じなのです。」 闇夜のスゲの沢が、それほど暑くもないのに光っていたのです
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/629.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 ・川上慶子さんらが救出されたスゲの沢 燃えていないが光っていた ・燃えたところは写っていなかった。)




生存者の落合由美様の証言にも
「すぐに目の前に何かあるんですが、ぼやーっとしか見えません。灰色っぽい、夕方の感じなのです。」
http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai.htm

とあります。夕方程度の明るさが闇夜のはずのスゲの沢に存在したのではないでしょうか。


燃えていないのに光っている様子。1985年8月12日夜間カラー写真等比較↓
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1536.jpg  
 
 
 
悪質な脅迫文が来ました。 (123)
2010-08-20 05:53:32
吉野です。お世話様です。

悪質な脅迫文が来ましたので添付します。

当方は、米軍のような果敢な動きで闇に立ち向かうのが売りですから、
このような脅迫文には左右されません。

逆に、24日~25日に動かれるとなにかまずいのでこのようなのを送ってきたのでしょう。


脅迫文であることの考察
・生年月日がわからないようなことが書いてある。

当方は、youtubeで免許を堂々と公開している。
免許には生年月日も書いてある。

各ブログでも、当方の免許が引用されている例が多い

柳田ファーム云々を当方が書いていることを理解しているということはコメントを相当読んでいる。
それで、当方の運転免許の動画、又は引用画像を見ていない可能性は極めて低い。



・よく、2ch等で書き込みをする工作員の文体である。
・これだけ長文でおくってきておいて、名前を述べない。
・豊田市は鉄道の駅もなく無名。岡崎市の方が有名(東海道線の新快速等も停車)。有名な岡崎市の説明をするのに無名な豊田市を持ち出すのは極めて不自然


以上からみても、極めて不自然で異常な文章であり、JAL123便を首謀した者界隈からの脅迫文であろう。


<以下引用>




初めまして、突然の失礼を、お許し下さいませ。

数年間以上に亘る、真相解明への道…。
頭が下がります。

柳田ファームの土壌肥料やエナジー水を使用する為に、準備しようと、準備中です。

私は岡崎市に住んでいます。
豊田市の南隣です。

トヨタは、元々は、(旧の挙母町)から始まりました。
トヨタが大きくなり、豊田市と為りました。
本社住所は創業以来、変更無しです。
支社や工場は、他所の町にもありますが。
名古屋は、本社では無いんです。名古屋の方が港も近く、市としても大きいのですが。

岐阜の自衛隊基地、知りませんでした。
小牧には自衛隊基地が1980年には、既に有ったと思います。
小牧飛行場もあります。

吉野さんが、来年の天体の動き、特殊な配列を、お知りに為りたい旨を、拝読しました。
その情報は既に、入手されましたでしょうか?

宜しければ、お知らせ下さいませ。
ホロスコープ調べてご報告させて頂きます。
私は干支九星気学と万象学(易もしますが、使用しません)を主に使用する、鑑占家として生かして頂いてます。

来年盤なら、直ぐに答えられますが…。
若い女性に問題が起こり易い。恋愛問題多い。
食料不足
こずかい不足
等の事象多し。
又、七赤が中宮の歳は、以外と地震被害が多い。
多分、雨に恵まれ過ぎ易い為に、土が緩み崩れ易いせいかと。
本日は七赤中宮の日です。
東海は大雨だそうです。
盤もその様に出てます。

今月の24日、25日は良い盤では無いです。
吉野さんの生年月日を知りませんので、しっかりと申せませんが、この2日は、安全行動で、お願いします。
宜しければ、是非、生年月日をお知らせ下さい。
勿論、無料で拝見させて頂きます。

お忙しい所を夜分に、お時間を取り申し訳有りませんでした。吉野さんの発信の殆どを信じております。
今後、益々のご活躍を。
但し、お身体も労って下さいね。
失礼しました。
 
 
 
もしやウンモ星人が電子メール進出か (123)
2010-08-20 06:21:46
うーん。

当方は宇宙人出て行け、とは述べておりますが、

来年の天体配列云々の話を書いた事はありません。
当方、搾取宇宙人反対の地球勢力ですから天体配列云々言い出しません。

こりゃ、ユミットの手紙にも書いてある、ウンモ星からのメールか(笑)
郵政民営化(郵便はウンモ利権 国鉄が、郵便列車を改造して123系と銘銘したのはJAL123便の件はウンモ星ということのリーク。諏訪湖のほとりで123系が残っているのはJAL123便の際に生存者救出につながった長野県警レスキュー隊の人道的ユダヤ勢力の名残)でウンモ星もついに電子メール進出の可能性?
 
 
 
ウンモ星→ロシア (123)
2010-08-20 06:30:31
補足です。

なぜ、
・自衛隊
・ロシア
と書いておいて、ウンモ星か。

ロシアにウンモ星人憑依体が

自衛隊や中曽根に憑依、命令


JAL123便は人間勢力の敗北
搭乗者、損をした国、から分析して、
・アメリカ、米軍は敗北(ナチ、ユダヤ共に敗北)
・日本の愛国者が敗北

それで、奴隷人間牧場搾取宇宙憑依勢力の言うことを聞く者ばかりとなり、地球は地獄の様相へ変貌。

JAL123便解明は重要
 
 
 
諏訪エコー、というのも人道的ユダヤ勢力からのリーク (123)
2010-08-20 06:36:17
なぜ、123系が諏訪エコー
との愛称で親しまれているのか。

これも、JAL123便の時に生存者救出につながった長野県警レスキュー隊の人道的ユダヤ勢力の名残で、この界隈からの親切なリークである。

エコーというのは、超音波兵器。

よって、天狗太鼓、
超古代兵器の れんだいこ が、ここで出てくるのだ。
 
 
 
Unknown (123)
2010-08-20 09:30:03
>何故、「123便」でなければならなかったのか?
日本の国益はアメリカの国益である。
当時、米軍のステルス機の電波吸収塗料(ラバー材)すら、日本企業に開発が委託されていた。
JAL123便に松下電器の優秀な技術者が複数搭乗しており、
この事故によって松下の技術陣が完全にダメージを受けたという話を
聞いたこと(あるいは読んだこと)がある。

で、「日航123便」「松下電器」で検索してみたところ、
2ちゃんねる掲示板に一箇所だけそれらしきものを発見した。

---------------------

601 :大人の名無しさん:2010/04/27(火) 20:52:17 ID:5QKc/89s
日航機123便墜落事件で亡くなられた方

◎脳の可塑性の世界的権威 塚原仲晃博士  ←  
○ハウス食品社長             ←

○偽名で搭乗して死亡したといわれる
グリコ・森永事件の実行共犯者      ←

◎搭乗していたといわれる松下電器の
日本版WindowsOSの開発技術者       ←

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cafe30/1215342573/l50

---------------------

どうやら日本版WindowsOSの開発技術者らしい。

あんまし事故とは関係の無いような気もするが、こうした日米の進歩に関して
ソ連は遅れをとっていた。
これ以上、日米同盟とソ連の格差が開くと、脅威である。しかし、技術力も人材もソ連には無い。
ソ連は考えた。開発者ごと、死亡させ、日米同盟の足を引っ張りたい。ロン(アメリカ)が眠っている時間帯にヤス(中曽根)をそそのかして、JAL123便を飛行機後と葬り去ろう。
ロン(中曽根)の自衛隊を使ってJAL123便を攻撃すれば、もし万が一バレても日本国内からは自衛隊が批判の対象となり、日本の軍事力が削がれればソ連には好都合である。
ソ連はグリコ・森永事件で日本を不穏にさせようとしていた。しかし、身代金等の収奪が失敗に終わった。ソ連は警察・公安関係者を殺害して口封じをしたいと考えた。

とにかく開発技術者は関係なくとも、
大韓航空007便にマクドナルド下院議員が乗っていた。マクドナルドという名前は、マクドナルドハンバーガーのように、アメリカを代表するブランドである。マクドナルド氏が死亡したとなれば、アメリカの面子は丸つぶれであった。
誰かレベルの高い人が乗っていたからソ連が事故を起こした、あるいはソ連に撃墜されたのではないか
と私は思うのだ。

もちろん、ソ連に都合の悪い人間だ。


これに対抗して、アメリカの支援の下、
橋本龍太郎総理は、ロシアのエリツィン大統領に、JAL123便をネタに北方4島の返還を迫った。
 
 
 
ステルスラバー材すら日本に開発委託。米軍は最先端技術を日本に依存していた (↑の改定版) (123)
2010-08-20 10:05:07
>何故、「123便」でなければならなかったのか?
日本の技術力向上はアメリカの国益である。
当時、米軍のステルス機の電波吸収塗料(ラバー材)すら、日本企業に開発が委託されていた。米軍は最先端技術を日本に依存していた。
JAL123便に松下電器の優秀な技術者が複数搭乗しており、
この事故によって松下の技術陣が完全にダメージを受けたという話を
聞いたこと(あるいは読んだこと)がある。

で、「日航123便」「松下電器」で検索してみたところ、
2ちゃんねる掲示板に一箇所だけそれらしきものを発見した。

---------------------

601 :大人の名無しさん:2010/04/27(火) 20:52:17 ID:5QKc/89s
日航機123便墜落事件で亡くなられた方

◎脳の可塑性の世界的権威 塚原仲晃博士  ←  
○ハウス食品社長             ←

○偽名で搭乗して死亡したといわれる
グリコ・森永事件の実行共犯者      ←

◎搭乗していたといわれる松下電器の
日本版WindowsOSの開発技術者       ←

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cafe30/1215342573/l50

---------------------

どうやら日本版WindowsOSの開発技術者らしい。軽いOSが日米同盟で開発されてしまったら、米軍機の機体姿勢処理能力は一段とアップし、ソ連軍機がおもちゃのように落とされてしまうではないか。ソ連は困った。

あんまし事故とは関係の無いような気もするが、こうした日米の進歩に関して
ソ連は遅れをとっていた。
これ以上、日米同盟とソ連との格差が開くと、脅威である。しかし、技術力も人材もソ連には無い。
ソ連は考えた。開発者ごと、死亡させ、日米同盟の足を引っ張りたい。ロン(アメリカ)が眠っている時間帯にヤス(中曽根)をそそのかして、JAL123便を飛行機ごと葬り去ろう。
ロン(アメリカ)にナイショでヤス(中曽根)の自衛隊一派をこっそり動かしてJAL123便を攻撃すれば、もし万が一バレても日本国内からは自衛隊が批判の対象となる。日本の軍事力が削がれればソ連には好都合である。日本の技術力が削がれれば、米軍の開発にダメージを与えることができる。
また、ソ連はグリコ・森永事件で日本を不穏にさせようとしていた。しかし、身代金等の収奪が失敗に終わった。ソ連は警察・公安関係者を殺害して口封じをしたいと考えた。

とにかく開発技術者は関係なくとも、
大韓航空007便にマクドナルド下院議員が乗っていた。マクドナルドという名前は、マクドナルドハンバーガーのように、アメリカを代表するブランドである。マクドナルド氏が死亡したとなれば、アメリカの面子は丸つぶれであった。
誰かレベルの高い人が乗っていたからソ連が事故を起こした、あるいはソ連に撃墜されたのではないか
と私は思うのだ。

もちろん、ソ連に都合の悪い人間だ。


これに対抗して、アメリカの支援の下、
橋本龍太郎総理は、ロシアのエリツィン大統領に対し、JAL123便をネタに北方4島の返還を迫った。
 
 
 
長野県側(南相木ダム三川付近)飛行中のJAL123便にピカドンが発生し長野県南相木村にバラバラ遺体が散乱した (123)
2010-08-20 13:07:27
南相木ダム奥(蟻ヶ峠裏)付近には、自衛隊が殺到してきていた


長野県側(南相木ダム三川付近)飛行中のJAL123便にピカドンが発生し長野県南相木村にバラバラ遺体が散乱した、という方の記事ですが、
自衛隊が殺到してきたということのようです。
少ない記事情報ですが、転載させていただきます。



<以下引用>
http://www.melma.com/backnumber_171644_4936867/
25年前の今日、群馬県御巣鷹山(長野県側では別の名称)の尾根に521名の乗員乗客を乗せて
日航ジャンボ機が墜落しました。助かったのは島根県川上慶子さんただひとり。奇跡です。
「上を向いて歩こう」の坂本九さんはじめ多くの著名人も犠牲となりました。
エベレストを中国側ではチョモランマと呼ぶように長野側では御巣鷹山とは言いません。
長野側の至近距離のキャンプ地で我が家の家族6人が事件の8時間前までいたことは毎年書いてます。
隣家の家族は不幸にも現地に残っていて墜落を目撃、ショックで子供は高熱でしばらく寝込みました。
殺到する自衛隊車両の中を命からがら帰ってきました。
すぐ近くまで遺体の一部が散乱してたようです。
 
 
 
御巣鷹の尾根は三日月型の尾根であります (123)
2010-08-21 16:26:41
御巣鷹の尾根 は
・弓型の尾根である
・三日月型の尾根である。

すると、
ユミット(ウンモ星人)と
月人
が出てくるわけです。


あと、トルコ国旗の反対を考えれば、
123便のおおまかなところが分かるわけです。
 
 
 
見上げてみると高度200~300メートルをジャンボ機のマーク(鶴丸)がはっきりと見える位で、南側か (123)
2010-08-21 17:51:01
日航ジャンボ123便 見上げてみると高度200~300メートルをジャンボ機のマーク(鶴丸)がはっきりと見える位で、南側か
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/657.html


> 南相木村三川地区住民の方の目撃談です。
> 「畑の上空で、凄いエンジン音がしたので、見上げてみると高度200~300メートルをジャンボ機のマークがはっきりと見える位で、南側から北に向かった。
> まもなく「ドーン」と凄い音がしました。東の空がオレンジに染まっていました。ニュース等で群馬県だということで、私共は帰ってきましたが、
> 今思うとなぜ、もっと早く発見できなかったのかと残念に思います」。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1570.jpg


三川の「畑」
というのは、三川集落から1km程度上流です。

三川畑の位置 画像↓
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1570.jpg


三川の畑から、「東の空」と言いますのは、
南相木ダム付近に相当します。
長野側であり、群馬側ではないです。



「ジャンボ機のマーク」がはっきり見える、
ということは、鶴丸がはっきり見えていたということになります。


JAL123便のJA8119号機は、前夜に8時間に及ぶ「整備」を受けており、
この際、遠隔コントロール装置が装着された、
JAL123便の近くを飛行していた国内で1機しかない自衛隊岐阜航空実験団のEC-1が、なぜか飛行していた。
http://www.intecjapan.com/blog/cat18/
自衛隊の遠隔コントロール実験で御巣鷹に向かわされた、

とすると辻褄が合います。





 
 
 
小沢一郎はウンモ星人 (123)
2010-08-21 21:23:00
ここからは、今のところ仮説であるが、書き込みさせていただく。

日航ジャンボ当時の警察公安の実力者、小沢一郎。

小沢一郎にウンモ星人がクオークインした。

ウンモ星は地球への移住をたくらんでいる。

日航ジャンボ123便に、Do(デュートロン)を載せ、東京を廃墟にし、移住しよう、と。

こうして、日航ジャンボ123便が発生した。



以上仮説と、アメリカが小沢一郎を執拗に叩くことと、辻褄が合う。
 
 
 
ウンモ星人(残忍 凶悪的 ニセ神 偽善 無機質 非人道的)が暗躍 (123)
2010-08-22 06:38:43
日航ジャンボ123便 ウンモ星人(残忍 凶悪的 ニセ神 偽善 無機質 非人道的)が暗躍。→対宇宙でも日米同盟は重要なのだ
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/662.html

根本的にはJAL123便はウンモ星人が暗躍していると見ています。(小沢一郎、中曽根大勲位、自衛隊ロシア派への憑依含む)
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4198608946
http://ummo.oops.jp/ummo/
http://ummo.g.hatena.ne.jp/iwaman/20100628/1277721403
から見ても、ウンモ星人は
・残忍、
・凶悪的、
・ニセ神、
・偽善、
・無機質、
・非人道的、
といった性質があることが分かります。

こんなとんでもない隣星人が、地球への移住を計画しているのです。
大変な地球人類の危機です。


日航ジャンボ123便は、地球乗っ取りへの第一歩としてのウンモ星人による、ホロコーストであったのです。



<以下引用>
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4198608946
宇宙人ユミットからの手紙

本すべてが、矛盾とプロパガンダの連続。
彼らは宇宙と自然の掟を、やぶっています。心があって科学ですから、科学的に考察して科学の、いきつくところに行っても、何もありえません。科学から心に、もどってくると思います。科学・物理・化学全体でしょう。結局、心を失います。哲学・教育・環境・平和以前でしょう。根本的に、なぜ人間世界すなわち、地球というガイア=有機生命体に介入するのか。彼らに、そのような資格が義務がありえましょうか。宇宙全体が神であるわけですからウンモ人自体が彼ら自身、ユミット族達が彼ら自身を深く還り見て反省心を持ち自覚しなければならないのです。人類を、わからないように抹殺、統制下におくのは許されません。抹殺と統制自体が絶対的に許されません。それを神と思ったらいけません。神は力のみになってしまうでしょう。すなわち彼ら自身が今だに彼ら自身を理解し得ないのです。かれら自身が悟りがありえません。そのようなユミット族のユミットが残念ですが実在するでしょう。合理主義にいきつくまで、本が事実ならば矛盾を経験したのでしょうか。合理主義では心を失います。人格の転換や人体を壊すのは許されません。相交えない以上に相交えないなら、なぜ?介入開始したのでしょう。いけません。よって最低の評価です。ジャンピエール・プチ氏は、きずかないのでしょうか。  
 
 
 
習志野空挺団の小林 (123)
2010-08-22 08:57:49
埼玉県熊谷市付近で国産核ミサイルを製造?
http://planz.blog62.fc2.com/



日航ジャンボ123便 というか、習志野空挺部隊の小林というのが123便にミサイルを打ったんでしょう
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/228.html

習志野空挺部隊の小林というのが123便にミサイルを打った
 
 
 
埼玉県熊谷市付近で国産核ミサイルを製造?(当方が出したメールより転載) (123)
2010-08-22 15:18:10
当方は、現地調査が主体ですので、状況観察が主な情報です。

熊谷ナンバーの車が、非常に多数、長野の最奥地に詰めている、
というのは、どう見ても変なわけです。

また、先日8月5日には、南相木のオレンジ色の破片の場所をplanz様と見に行きました。

昨日の池田様(JAL123便は自衛隊に撃墜された、の本の著者の方)から、
南相木の三川地区住民の目撃情報を承りましたが、ほとんど、同じ場所でした。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1581.jpg

123便自体は、北上し、北相木役場、北相木小学校辺りで東へ向きを変え、
(先日、A様から、北相木小学校の目撃情報を承りました。夏祭りの準備をしていて目撃、という情報です。)
御座山方面から、御巣鷹山方面を通り、御巣鷹の尾根、へと至りました。


さて、8月5日の状況ですが、この、長野側南相木のオレンジ色の残骸というのが、
自衛隊熊谷にとって、大変都合の悪い物である、ということが伺えます。

planz様のブログを、先ほど見ました。
http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-194.html#cm

「南相木ダムの話でしょうか。
あれは発電所付近などではありません。行ってみれば分かります。
2チャンの方はその程度の認識で、人をテロリスト呼ばわりし、通報だの言われても困ります。
テロリストかどうか私のいたって普通の生活を見せてやりたいくらいです。
まあ、何を言ってもキチガイあつかいされるでしょうが。
私もそんな中で不安を感じながら記事を書いているわけです。
それを仮にでも「逮捕されても」とかは笑えません。私は逮捕されるような事をした覚えはありません。そんな冤罪に掛からないようにギリギリの間を開け、表現にも気を使っているつもりです。」

とあります。
管理者のみ公開コメントで、また脅しが寄せられているもようです。
清水様の返事からして、南相木ダム周辺を散策するな、という脅しだと推測されます。

もちろん、2Chから、というのは、嘘でしょう。清水様に2ch情報を見られたくない
(123便と核の件について2chにはいろいろと情報がある)ので、
黒幕(自衛隊熊谷)が得意とする、嘘と脅迫による分断工作でしょう。


吉野です。お世話様です。

先日ごいっしょさせていただいた、オレンジ塗料残骸の場所と、すぐそばの三川地区目撃記録からJAL123便の飛行経路です。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1581.jpg

ほぼ、飛行経路のすぐそばだということがわかります。

なるほど。南相木界隈を歩いているとテロリストなのですね。
熊谷界隈らしい発想です。妙に納得してしまいます。

逆に、やはり、JAL123便への核攻撃は、熊谷界隈で製造した国産核が使われた可能性が大きいと言えます。






吉野です。お世話様です。

8月5日にご同行させていただいた際、
警察のパトカーと何回かすれ違いました。

あれは、やはり当方指摘の通り、
熊谷ナンバーを監視しているパトカーです。

(新)日本の黒い霧 でも、さんざん出てきている、熊谷、
ですが、小型核で、いろいろとテロを行っている人たち
(先日、何回も通って説明させていただいたR299十石峠の先のがけ崩れの道路付け換え部分も熊谷の核実験で崩れた)
ですので、国、アメリカ、といったところは、大変に頭を悩ませている人たちなのです。


機密費(官房機密費)の半分を持っているところですので、
あれだけの車を出してきますが、性質の悪い人たちです。





吉野です。お世話様です。

先日ごいっしょさせていただいた、オレンジ塗料残骸の場所と、すぐそばの三川地区目撃記録からJAL123便の飛行経路です。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1581.jpg

ほぼ、飛行経路のすぐそばだということがわかります。

なるほど。南相木界隈を歩いているとテロリストなのですね。
熊谷界隈らしい発想です。妙に納得してしまいます。

逆に、やはり、JAL123便への核攻撃は、熊谷界隈で製造した国産核が使われた可能性が大きいと言えます。






吉野です。お世話様です。

8月5日にご同行させていただいた際、
警察のパトカーと何回かすれ違いました。

あれは、やはり当方指摘の通り、
熊谷ナンバーを監視しているパトカーです。

(新)日本の黒い霧 でも、さんざん出てきている、熊谷、
ですが、小型核で、いろいろとテロを行っている人たち
(先日、何回も通って説明させていただいたR299十石峠の先のがけ崩れの道路付け換え部分も熊谷の核実験で崩れた)
ですので、国、アメリカ、といったところは、大変に頭を悩ませている人たちなのです。


機密費(官房機密費)の半分を持っているところですので、
あれだけの車を出してきますが、性質の悪い人たちです。
 
 
 
在日米軍司令部が日米同盟50周年のまんがを作成したようです。↓ (123)
2010-08-22 16:52:18
在日米軍司令部が日米同盟50周年のまんがを作成したようです。↓
http://www.usfj.mil/Manga/Vol%201/Index.html

注目すべきは、
・「にんじん嫌い」
という点です。

これをアメリカンジョーク(アメリカ式のリーク方法)として解読すると、
・日航ジャンボ123便の時のオレンジエアはなんだったのでしょうか。
ということになります。

1960年の日米同盟から25年目あたりの1985年にJAL123便オレンジエアが発生し、
また25年程度経って、50周年を迎える。
感慨深いものがあります。
 
 
 
1945年8月14日の熊谷空襲で「新型爆弾」が投下された (123)
2010-08-22 16:55:05
これは、地元でないと、もう情報が無いと思われますが、
太平洋戦争の終戦前夜、1945年8月14日に、熊谷空襲、という大規模な空襲がありました。
当方が学生時代に見た資料によると、
この大規模な空襲では、「新型爆弾」も投下された、
ということなのです。

広島長崎の他の「新型爆弾」ということになるかと思われますので、
御巣鷹の核のことなのかもしれません。



一応、自衛隊熊谷界隈、といいますのは、
旧日本軍の残党勢力になります。
ですから、核兵器等、つくっていても、日本の国防上、
まあ、作るいい分も分からないでもないのですが、
日航ジャンボ123便の件、といい、
その使い方が、
・中国ロシアの手先となった日本国内におけるテロ行為、
に限定されるため、日本のためではない。
日本人のために動かない国家転覆勢力であるからには表にさらされるべき部署なのです。

当方が日航ジャンボ123便にこだわりがあるのも、
JAL123便のことを声高に言い続けていないと、
また、自衛隊熊谷界隈が同様の日本人大虐殺を発生させかねないからです。






>
>熊谷ナンバーにつけられる
> 熊谷の篭原に基地がある
> 基地のまわりにある煙突
>
> から熊谷で製造を疑う余地があります
>
>
> これは偶然でしょうか
>
>http://www.city.kumagaya.lg.jp/kakuka/somu/syomu/oshirase/20060701hikakuheiwa/index.html
>
 
 
 
自衛隊熊谷界隈というのは、単純に表現すれば、権力、嘘、脅し、無謀、で塗り固められた旧日本軍憲兵隊の残党 (123)
2010-08-22 18:49:14
自衛隊熊谷界隈というのは、単純に表現すれば、権力、嘘、脅し、無謀、で塗り固められた旧日本軍憲兵隊の残党
http://www1.ocn.ne.jp/~hotsuma8/ht996.html
特徴
・第二次世界大戦の際に、日本の若者を大虐殺するような作戦(南方戦線、特攻隊等)を立案、日本人の大規模なホロコーストが行われた。
・残党は、小沢一郎を筆頭に、脈々としており、中国・ロシアと手を組み、日本国内謀略組織と化した。赤軍等もこの流れであるが、特筆すべきは、やはり、日航ジャンボ123便である。日本の飛行機、JAL123便を国産核ミサイルにより撃墜した。

旧日本軍というと、日本と名前が付いているので、一見、日本人のための軍隊と勘違いする。
実態は、日本人を虐殺し、外国の言いなりで動く、謀略部隊である。
 
 
 
ガラスの壁 → コロイド状態? (123)
2010-08-23 13:59:12
鏡面物質(反物質) プラズマ兵器(ウンモ星人)

瀬能あづさ:ずっとあなたを探してた(CD音源)
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=tKUzonXcIFY
で、「ガラスの壁」が出てくる。

これは、日航ジャンボ123便の御巣鷹の尾根の際の鏡面物質爆弾(反物質ノーティエンス爆弾 プラズマ兵器)のリークである。
「ガラスの壁」が御巣鷹界隈に存在するのだろう。
当方はまだ確認できていないが時間が無いようなので、話だけ先に上げて置きます。あるとしたら、南相木、御巣鷹の尾根、秩父のガク沢上流、のどこかだろう。


この瀬能あづさのCDのタイトルが、クリスタルアイである。これとあわせるとノストラダムスに出てくる、コロイド状態というやつだろう。

今後のプラズマ兵器時代に向けて、大変重要な調査課題であろう。
 
 
 
<以下引用>横田基地に着陸したWC135「気象観測機」(1985.8.3撮影) (123)
2010-08-23 16:04:46
18年も前の話。1985年ころ、横田基地にはWC135がよく飛んできていた。垂直尾翼にWEATHERの文字。航空雑誌を見れば、気象観測機と書かれている。マニアに聞くと、WはWeatherの意味で、台風の目の中に飛び込んで行って気象データをとるとのこと。台風も来ないのに横田にはよく飛んでくるな、という感想は持ったが、当時はそこまで。航空雑誌の記述もマニアの説明も、それはそれで正しかったのだろうが、核実験などとの関連は考えもしなかった。
古い写真を引っ張り出してみたが、やはり空気採り入れ口は今と同じ位置に付いていた。今と同じ機能は持っていたのだ。当時の飛来の意味は、今となっては調べる術もないが、知らないと言うことは、恐ろしいことだと今更ながら感じさせられる写真の一つだ。
http://www.rimpeace.or.jp/jrp/okinawa/wc135yokota.jpg
 
 
 
WC-135はやはり落ちている (123)
2010-08-23 17:11:28
御巣鷹で不思議なのは、
ボーイングっぽい飛行機で、ちょっとB747のJA8119号機よりも年代が古いんじゃないかな、という残骸が散見される点である。

WC-135
http://ja.wikipedia.org/wiki/WC-135_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
とすると非常に辻褄が合う。ボーイング707の改造である点、ブレードの小さい破片、等からして、巻き込まれ御巣鷹に散ったのである。横田のWC-135であろう。


なお、
wc135は核実験のキノコ雲からフォールアウトを検証する飛行機である。
JAL123便の核は、フォールアウトが発生するタイプの核兵器であったことが伺える。
 
 
 
JAL安全啓発センター展示の緑色の座席であるが (123)
2010-08-23 17:27:30
間違っていたら申し訳ないが、安全啓発センターに展示されている緑色の座席はWC-135の座席ではなかろうか。


当方は、父の実家が苫小牧だったため、
羽田ー千歳、間を帰省によく利用した。
ジャンボ機が特にお気に入りで、全日空も利用したが、JALのジャンボ機がほとんどであった。東亜国内航空は2~3回程度しか乗ったことがない。

さて、座席の色なのであるが、赤っぽいのと青っぽい色の2種類であったと記憶している。

はてさて、緑色の座席はジャンボの物だろうか。操縦席は火炎放射器で焼いたように焼けていたということだし。
 
 
 
ファーストクラスは緑だったか (123)
2010-08-23 17:46:13
↑だが、ファーストクラスは緑だっただろうか。となると123便の物だと思われるが。
 
 
 
やはり、堂々と展示してあるのではないかなあ。 (123)
2010-08-23 18:15:33
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1591.jpg
日航ジャンボ123便 JAL安全啓発センター展示の緑色の座席であるがいっしょに御巣鷹に散ったWC-135の座席ではないか
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/683.html
 
 
 
なりちゃん様ブログ「まず、われわれを出迎えたのはカエルではなく、なんと糞虫であった!エジプトではスカラベといって神の使いとも言われている。」 (123)
2010-08-23 19:26:34
なりちゃん様ブログ「まず、われわれを出迎えたのはカエルではなく、なんと糞虫であった!エジプトではスカラベといって神の使いとも言われている。」

神の虫は、スカンクワークスの件を述べているわけです。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1592.jpg
当時、F-19はUFO扱いであったわけです。それで、御巣鷹に落ちたステルス機について検閲が必要となったのです。

御巣鷹は神の山です。暗示するようなできごとが出てくるのが特徴です。
 
 
 
よって、糞→スカンクワークス と ウンウン(ウンモ星人)、の2つを同時に、あらわしているのです。1つの事象で複数を暗示できるのが神の成せる業です。 (123)
2010-08-23 19:32:02
「キ」と「ミ」は一時期はウンモ星にいて、ウンモ星人を指導していた。
ウンモ星で、キリストのような考え方が流行っているのも、当方らの名残である。

それで、ウンモ星は、まずまずよい星となったのですが、けしからんことに、ウンモ星で環境破壊が起こったから地球に移住しようだなんだと企てているようだ。

まあ、言ってみれば、ウンモ星人に高度な文明を教えたがために、ウンモ兵器で123便が落とされた、ということですから、まあ、当方らも全く無関係というわけではないわけです。

御巣鷹の尾根でウンモマークの物体を見た時は、あんにゃろう、と思いましたけどね。地球とウンモ星は双子のようなもんですから、地球環境が悪くなれば、ウンモ環境が悪くなる。要は、地球環境をよくすればウンモ環境もよくなるのであって、地球に移住しようという、今のウンモ星人らの発想は、解決にはならない。だめである。ユミットは、複合発酵の柳田ファームでも見学して、ウンモ星で複合発酵を行い、再び、環境を回復し、地球乗っ取り計画を白紙に撤回すべきである。


よって、糞→スカンクワークス と ウンウン(ウンモ星人)、の2つを同時に、あらわしているのです。1つの事象で複数を暗示できるのが神の成せる業です。
 
 
 
5月15日にジムバーネット氏死亡  5月16日公演会前後には壮絶な攻防が発生していた (123)
2010-08-28 03:36:57
御巣鷹の尾根、スゲの沢のささやき、の石碑で毎度おなじみのジム・バーネット氏が5月15日に62歳で亡くなられた。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1635.jpg

これは、(新)日本の黒い霧 
http://blog.goo.ne.jp/adoi
公演会の5月16日の前日であり、ジムバーネット氏は62歳でまだ若かったことからも、なんらかの攻防と想定した方が賢明であろう。

ソマチッド等で、初期の御巣鷹に長時間滞在してフォールアウトを吸ったからといって、決して死んだりはしない。不自然な早死にである。

薬物で殺害されたとすれば、日本側による殺害だろう。515ということは五・一五事件を彷彿とさせる。


五・一五事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E3%83%BB%E4%B8%80%E4%BA%94%E4%BA%8B%E4%BB%B6
五・一五事件(ご-いち-ご じけん)は、1932年(昭和7年)5月15日に起きた大日本帝国海軍の青年将校を中心とする反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが
 
 
 
これはどうしたもんですかね。 夜通しで生存者を自衛隊が殺害していたのが事実なのですが。乗客 乗員 軍人 かわいそうでなりません。<以下引用> (123)
2010-08-29 00:54:20
http://8005.teacup.com/suzan/bbs
自衛隊を弁護したい。 投稿者:N・M 投稿日:2010年 8月28日(土)00時41分5秒 softbank219023066019.bbtec.net
F19さんへ
 著書「疑惑」の40ページをご覧下さい。そこには「8時49分 V107ヘリで第一空挺団73人が現場上空着。約1時間を要して全員リベリング(懸垂降下)。現場一番乗りを果たす」とあります。あなたは8月26日に「自衛隊員が生存者をアーミーナイフで殺害した」と投稿しておられますが、その投稿はとんでもないことであり、不眠不休で救助活動をしてくれた自衛隊に対する大変な冒涜ですよ。地に伏して謝罪すべきです。即ち、あなたが投稿しておられるネタは、隊員の現場一番乗りの時刻が一致せず、ガサネタだと云うことです。

 群馬さんへ
 自衛隊は罪な奴ではありませんよ。
 なお、私は放射能があるとはいっておりません。再度、HPをご精読願います。
 http://www.geocities.jp/tenmeinochinjyo/
http://www.geocities.jp/tenmeinochinjyo/



--------------------------------------------------------------------------------
自衛隊は罪な奴 投稿者:群馬 投稿日:2010年 8月26日(木)20時13分43秒 p5204-ipbf305akatuka.ibaraki.ocn.ne.jp
F19様はもっと多くの方の命を救う事が出来たと証言しております。僕もそれを信じたい あと当時の道がどのような道か知りませんが 7時間位かかったとおっしゃっております そんなにかかりましたすか???それは信じ難いです よく死ななかったですね放射能があるとNMさんは言ってますよね? んーーー よくわからなくなってきた 僕は真実を知りたい、それは今でも生きている「520」名のために・・・ 死んでなんかいるもんか


--------------------------------------------------------------------------------
日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた 投稿者:F19 投稿日:2010年 8月26日(木)04時47分20秒 h221173.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
司会:それでは、Mさんよろしくお願いします。Mさんは事故当夜、現場に向かわれたそうですが、まず、そのいきさつを教えてください。


M氏[1]:私の実家は、事故現場から見て西側、長野県の方にあります。当時は大学を卒業して社会人になったばかりで、事故当日はお盆ということもあり、たまたま実家に帰省していました。

事故の速報を知ったのが、12日夕方の7時過ぎ頃だったと思います。その時は墜落現場は(長野県の)北相木村付近という報道でした。そこで、北相木村やもっと南に位置する川上村に住む知り合いに電話を掛けて様子を尋ねたところ、どちらも墜落は確認できてないとのことなので、残るは南相木村の山間部しかないと思い、そちらに向かいました。たまたま高校時代の友人2名と一緒だったので、事故現場に行ってみようということになりました。まだ、若かったですから、その時はただ、何としても現場に1番乗りしてやるぞ、インタビューされてテレビに映ってやるぞ、ぐらいの本当に軽い気持ちしかありませんでした。


<以下略>
 
 
 
御巣鷹の生存者虐殺は、自衛隊員の自殺問題とも直結している。 御巣鷹の虐殺の件を言うことは、現場の自衛隊員の保護にもつながる。<以下引用> (123)
2010-08-29 02:02:26
http://blogs.yahoo.co.jp/m2010matu/60286341.html
日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた

私にはネタの信憑性は解りませんが、事実のような気がします。

よく問題にされる自衛隊員の自殺の多さは、このような秘密作戦に係わった隊員を口封じに消しているのでは?

そんな気がしてなりません。

海外派兵で帰国されてから自殺した隊員さんも同じなのだろうと考えてしまいます。

自衛隊が日本に結成されてから、いったいどれ位の方が自殺として闇に葬られたのでしょう・・
 
 
 
小沢一郎主席が誕生すると「JAL123便(日本国民への自衛隊による虐殺)」がやりたい放題になる。小沢一郎はJAL123便がアキレス腱 (123)
2010-08-29 11:49:58
小沢一郎主席が誕生すると「JAL123便(日本国民への自衛隊による虐殺)」がやりたい放題になる。小沢一郎はJAL123便がアキレス腱


[1985年8月12日夜 御巣鷹の尾根]
ある隊員は、証拠に残らない薬品の入ったガラスの分厚いビンを各生存者の周りに巻き、投げつけ嘔吐、窒息死させ、ある隊員はぴんぴんしていた生存者を器具で皆で抑えてけ、火炎放射器で焼きはらったのです。
その焼いた人間の中には首を更に切断されていた元生存者も居ました。それから、5人目の生存者はあまりにもピンピンしていた為、そのまま連行され今でも監禁されています。
(北朝鮮の拉致問題、というのは、このJAL123便生存者拉致への北朝鮮へのけん制。)
そして最後の米軍からの支持は、16時間後に救助に向かうように命令され
(米国政府機のU2を自衛隊が撃墜したため優先的に回収しなければならない事態となった。)、
そのため自衛隊が情報を総作させ他の救助を遅らせました!(NHKの北相木村報道)
全ては公安管轄(小沢一郎)の支持の元!!(ここで、小沢一郎が出てくる。JAL123便の黒幕は小沢一郎。昨今、小沢一郎が、アメリカは単純、の発言で問題になっているが、御巣鷹の時に、小沢一郎の意に反して、単純に救助に来た米軍が、小沢一郎は他のなにより、お気に召さない。米軍を追い払って、思う存分、暗黒の日本、日本人の死体の山の日本にしたいのが小沢一郎。)

その場に居た自衛隊員たちにも証言して欲しくなかったのもあり、ある隊員はベルトに巻かれて動けなくなっている元気な生存者をアーミーナイフで大丈夫ですかと楽しそうに笑いながらベルトに沿いながら腹部を裂き死に至らしめ、

その間100名以上は生存者が居たって言っていましたが、ある自衛隊の人がまだ山を登るなとの命令を無視して救助に向おうとした際に射殺されたと報道していましたが、

苦しんでいる乗客には目もくれずに、何やら黄色い塗料の付いた部品(U2偵察機)を横一列になって自衛隊の人たちと海兵隊の連中とで拾い集めて、さっさと皆、下山したと云うことです!
(アメリカ海兵隊の抑止力があるのか問題、と先日、政治化の沖縄関連発言で問題になっていたが、御巣鷹の時の案件に端を発する。アメリカ海兵隊は自衛隊に完全になめられている。)

日航ジャンボ機123便の真実の一部!!墜落して何分もしないうちに山の麓からワイワイ人が上る声が聞こえて川上慶子ちゃんは、もう助けに来てくれたんだと喜んだのもつかの間、 (米軍は小沢一郎の意向に反して、単純に救助に来た。日本政府の要請で帰らざるを得なかった。 今問題の小沢一郎の、アメリカは単細胞、発言は、御巣鷹の時の米軍の人道的な動きに対しての恨みを述べたもの。)


<参考>
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4d/8e/c51a93f72c50d39fbabe87a00fc9f8c4.jpg
日航ジャンボ123便 ある隊員は、証拠に残らない薬品の入ったガラスの分厚いビンを各生存者の周りに巻き、投げつけ嘔吐、窒息
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak35/msg/418.html

<参考>
日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/669.html
 
 
 
日航ジャンボ123便 呉の某海自艦 米軍は海上自衛隊にゾクゾク寒気と恐怖を復讐として与えたい。 (123)
2010-08-30 01:59:49
日航ジャンボ123便 呉の某海自艦 米軍は海上自衛隊にゾクゾク寒気と恐怖を復讐として与えたい。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/846.html

SR-71 は「Co海沿い」であった。 なんと、当方は21年間も無駄にしてしまった。反省しきりである。


http://www.youtube.com/watch?v=yyO3fi9XTsE
http://www.youtube.com/watch?v=bv8jClU4a3Q

EQUALロマンス
歌:CoCo

Darlin'
Just for me 待ってるわ
(人類最強の米軍機SR-71の乗組員2名はあなたを待っています。)
こころにゾクゾクあげたい
(米軍は海上自衛隊にゾクゾク寒気と恐怖を復讐として与えたい。 
注、呉556と掛けたアメリカンジョーク。呉にいた某海上自衛隊艦を示す。 こころ→556)
あなたの指先が 誘うロマンス
(場所の目印は
 
 
 
当方もブログ主様も元気ですが何か。 (123)
2010-08-31 10:53:05
日航ジャンボ123便 こんどはニセ政府(「公安のゼロ」)の方が、「123氏とあのブログ主もすでに消されており」だそうです
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/869.html
当方もブログ主様も元気ですが何か。
 
 
 
今度は、JAL123便の真実が書いてあるとブログが閉鎖になる、のか!?ふざけるな (123)
2010-08-31 11:32:00
この人(ニセ政府 公安のゼロ)たちは、自分達が、国の支配権を握っており、国民から搾取しようという寄生勢力の人たちです。
いわゆる人間牧場の管理職、といったところです。
JAL123便の真実が書いてあるとブログ閉鎖になるそうです。いかに無謀な発想の人たちが国を政治家の上から牛耳っているか、↓を見るとよくわかります。




・突然、一晩で「誰がどれだかわかりません」→痛い所を指摘され、ごまかしている。

・しかるべきメディアに云々すると、何か真実に変更があるのか、その発想自体が理解不能。
・記事を出版したり公の会見を開くと、何か真実に変更があるのか、その発想自体が理解不能。当方は、特に123便の真実で金儲けしようと言う発想は一切無い。
・だから、いずれメディアに発表したり記事を出版したり公の会見を開くと、何か真実に変更があるのか。全く理解不能。

・123便の真実が書いてあるとブログ閉鎖になる?! いよいよしっぽを出してきました。↓
「ブログ閉鎖等になればそその管理者にも迷惑がかかるし、
これまで閲覧していた人達も悲しむでしょう。 」

・なんか、これまでの記事をまとめると真実に変更があるのか、理解不能。
・ライターの経験があると真実に変更があるのか。理解不能。
・「あなたが誠意ある人間であるならば、一活動家で終わってしまってはいけません。」←殺すぞ、との脅し。こういうのは当方は受けて立ちます。
・「後続の人間を見つけるだけでなく、チームとして活動する拠点と、しっかりした地盤がためが必要だと私は思います。 」←だから、他人や団体で調査する事と真実とでなにか関連があるのか。当方には全く理解できない。


<以下引用>
http://20060912.blog89.fc2.com/blog-entry-149.html#comment287



公安0ってなんですか(?_?)
もう誰がどれだかわかりません。
ちなみにこのコメント覧の丸ちゃんは同一人物ですが。

重要な任務も公の仕事もしておりませんです。

私としては123氏の妄想推理はないと信じたかったです。

残念です。
2010.08.31 09:31 | 丸ちゃん URL [ 編集 ]






123氏に質問です
お返事ありがとうございます。

123氏は後々、しかるべき信用のおけるメディアに発表する手筈を現在ととのえておいででしょうか?

また記事を出版したり、公の会見を開く等の準備はなさっておられないのでしょうか?

現段階では無理があるにせよ、いずれはそうされるつもりはありますか?

ブログコメント覧などでは閲覧する人間にもかたよりがあると思いますし、
世間の何もしらない人達の目を覚ます事にも繋がってはいかないと思います。
またきちんと形にして公表しないとあなたの誠意も伝わらないのでは?

現在、私にも伝わってはおりません。

またコメント覧には123と名乗りコメントする事も可能です。

(そんでバラバラで読みにくいし。)…(-.-;)

ゲリラ的にあっちこっちのサイトに投稿する意図を教えて下さい。

ブログ閉鎖等になればそその管理者にも迷惑がかかるし、
これまで閲覧していた人達も悲しむでしょう。
これまでの活動内容や確証のとれた事実関係を初期から年月日順にきちんとまとめたものをコメント覧以外で読んでみたいです。(本人の文章で)

もひとつ質問、ライターとしての経験はおありですか?

なければ信頼できる人間にまとめてもらって公のメディアで公表して下さい。(それができる事を信じたいです。願望です。)


甚だ失礼な言い方をしてしまいましたが、

あなたが誠意ある人間であるならば、一活動家で終わってしまってはいけません。

後続の人間を見つけるだけでなく、チームとして活動する拠点と、しっかりした地盤がためが必要だと私は思います。



2010.08.31 09:13 | 丸ちゃん URL [ 編集 ]

2010-08-31 11:28 : 123 URL : 編集
 
 
 
当方で「公安のゼロ」と誤魔化して書いて置いてあげたのに、ご自分で「公安0」と、正確な表記で書いてしまっている。あわててボロが出ている。 (123)
2010-08-31 12:05:17
当方で「公安のゼロ」と誤魔化して書いて置いてあげたのに、ご自分で「公安0」と、正確な表記で書いてしまっている。あわててボロが出ている
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/847.html?c1#c1
 
 
 
日航ジャンボ123便 イランへの核物質「医療用」→「核開発用」と、そのまま読み替えなければならないことがわかるのである。 (123)
2010-08-31 16:06:12
日航ジャンボ123便 イランへの核物質「医療用」→「核開発用」と、そのまま読み替えなければならないことがわかるのである。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/877.html
核開発用核燃料。今は中国→イラン、1985年8月12日当時は日本→イラン、だったのである。
 
 
 
プラズマ発生装置を搭載した機体 (123)
2010-09-01 03:02:53
オライオン・コンスピラシー(日本語字幕版)PART2
http://blogs.yahoo.co.jp/m2010matu/61620676.html
に、「プラズマ発生装置を搭載したB2機体」が紹介されている。
これが、B2初飛行の1989年頃だとすると、

1985年頃にはF-19(F-117)及びラプターの技術でプラズマ発生装置を搭載した高速ステルス機体が実験されていてもなんら不思議はない。
 
 
 
伊豆界隈のオフショアといえば初島 (123)
2010-09-01 04:21:41
埼玉側荒川の砂金。群馬下仁田側砂金。
供給源はどこでしょうか。
極めて限られた地域になります。
この金に目をつける人は誰でしょうか。
そして、アメリカが寝ている時間帯のJAL123便を自衛隊をつかって攻撃し、米軍を倒して御巣鷹にJAL123便を遠隔操作し、核ミサイルで撃墜できるマフィア組織とは。

「デル・バンコ一族」

が関わっていると言わざるを得ないでしょう。
ロスチャイルドと言うよりは「デル・バンコー一族」でないとロック爺さんに一泡吹かせるという発想は生じないでしょう。


上野ダム、南相木ダムの間の土砂はどこに行ったのでしょう。
日本は、1980年に米国の金庫に預けてあった金を失い、1985年8月12日のJAL123便から高天原山塊の金を失い始めているのです。


アメリカは「デル・バンコー一族」に敗れているのです。
intecジャーナル
http://www.intecjapan.com/blog/
<以下引用>
「デル・バンコ一族とは、ロンドンとチューリッヒで金の現物取引をするマフィア中の
マフィアなのです。」
「米国の金はほとんどなくなっているという
情報があるのです。どうしてかというと、1980年の壮絶なる金の戦争の結果、米国
は完敗し、ニューヨーク連銀の金庫室にもフォートノックスの金庫室も空であり、金は
ほとんどなくなっているというのです」
 
 
 
1985年8月12日政変の実態は、やはり日本の金塊目当ての権力乗っ取りであった。 (123)
2010-09-01 05:40:55
1985年8月12日政変の実態は、やはり日本の金塊目当ての権力乗っ取りであった。

・ヨーロッパの金塊マフィア「デル・バンコー一族」
・ジェイロックフェラー(中国)
・天皇(日本)
・ソ連

が、自衛隊を使って515事件を参考に、アメリカが寝ている時間帯にJAL123便を御巣鷹に撃墜して武装蜂起したのである。

結果、ロック爺さん自慢の世界最強の米軍は敗れ、多くの飛行機を御巣鷹で失った。
日本は上部権力の部分で政変が起こり、ヨーロッパの金塊マフィア「デル・バンコー一族」に乗っ取られた。

当然、アメリカは、徹底的に日本潰しにかかった。
・プラザ合意、をはじめとする、経済的圧力。
・日米共同協議、をはじめとする、政治的圧力。
・愛媛丸事件、をはじめとする、軍事的圧力。
等を駆使して、日本に居座るヨーロッパの金塊マフィア「デル・バンコー一族」に立ち向かっているのである。
 
 
 
惑星X→「X岩」 X岩は惑星X由来であった。 「デル・バンコ一族」→自衛隊、による壮大な地質調査が行われたということになる。 (123)
2010-09-01 17:04:36
惑星X→「X岩」 X岩は惑星X由来であった。 「デル・バンコ一族」→自衛隊、による壮大な地質調査が行われたということになる。
日航ジャンボ123便の御巣鷹の尾根は燃えていないところが光っていた。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/524.html
これは、惑星Xに由来する岩が冷光を放ち、光っていたものである。

<参考>
X岩
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1716.jpg
日航ジャンボ123便 生存者落合由美氏「夕方の感じなのです。」 闇夜のスゲの沢が、それほど暑くもないのに光っていたのです
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/629.html

光っていた場所は、御巣鷹の尾根、スゲの沢、南相木、秩父ガク沢上流部、の一部地点である。
「デル・バンコ一族による」壮大な地質調査が行われたということになる。
http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-195.html#cm



CoCo:「キ」「ミ」がくれた宝石(ジュエル)
http://www.youtube.com/watch?v=RZJU5fVFqk8&feature=related
キミがくれたジュエルこのむねでふしぎなくらいかがやいてるの

ジュエル(惑星X由来の岩)が御巣鷹の尾根で不思議なくらい輝いていた。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1640.jpg
 
 
 
日航ジャンボ123便 生存者落合由美氏「夕方の感じなのです。」 闇夜のスゲの沢が、それほど暑くもないのに光っていたのです (123)
2010-09-02 01:31:43
日航ジャンボ123便 生存者落合由美氏「夕方の感じなのです。」 闇夜のスゲの沢が、それほど暑くもないのに光っていたのです
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/908.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1728.jpg
 
 
 
ところで、御巣鷹、高天原界隈がアーリア民族アトランティス文明発祥の地なのです。 (123)
2010-09-02 21:32:28
・ありがみね(高天原山の長野側の呼び名)→アーリア峰
・おすたか→オスタラ(「新テンプル騎士団」の雑誌)


御巣鷹、高天原界隈がアーリア民族アトランティス文明発祥の地なのです。

そして、御巣鷹と高天原のちょうど中間が、JAL123便の御巣鷹の尾根なのです。

あの山々は、血統を選ぶ山です。人工的な金や名誉や見栄えは気にしない、本当の山です。
 
 
 
南相木ダムのところの黒い焼けた岩 (123)
2010-09-02 21:36:57
南相木ダムのところの黒い焼けた岩
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1738.jpg
は、炭岩から来ていると思います。
南相木ダムサイドの黒い焼けた岩をM氏(1985年8月12日に御巣鷹の尾根に向かった医者の方)宅のソマチッド顕微鏡で超拡大して見ました。
・浮き輪型をしている
・ソマチッドが出入りしているので中は空洞である
ことがわかりました。

これが、何を意味するのかというと、

飛行石である。

ということです。
じゃあ飛ぶのか、ということですが、
珪素(シリコン)が主成分なため、水を含みます。
適度に湿らせて、熱すると、ポップコーンのように、大爆発をします。(大変危険なのでヤカンの中等で実験してください。)
よって、浮き上がることができる可能性が大なエネルギー石です。

「フワフワ石」とでも言ったところでしょうか。
http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-195.html#cm
 
 
 
旧日本軍の日独伊同盟で「イタリア=デル・バンコ一族」が出てくる。当然、旧日本軍は強いわけである。 (123)
2010-09-03 01:51:03
旧日本軍の日独伊同盟で「イタリア=デル・バンコ一族」が出てくる。当然、旧日本軍は強いわけである。

現在の、旧日本軍勢力
JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/5486dc77ccfea3e0729a9f75f56b2a47
も、資金源について日本の官房機密費の半分だけではちょっと不足と見ておりましたが、
1980年にアメリカをも倒した「デル・バンコ一族」が関わっているとすると、資金源、旧日本軍的な発想、動き、といったものが、ますます辻褄があうのであります。
 
 
 
南相木ダム近くの「丸山」は、「聖杯神殿」そっくり (123)
2010-09-03 17:48:56
・ありがみね(高天原山の長野側の呼び名)→アーリア峰
・おすたか→オスタラ(「新テンプル騎士団」の雑誌)


御巣鷹、高天原界隈がアーリア民族アトランティス文明発祥の地なのです。

そして、御巣鷹と高天原のちょうど中間が、JAL123便の御巣鷹の尾根なのです。


http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/holy_grail_dome4.jpg


http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha100.html
どこかで見た形である。
そうです。JAL123便も上空を通過した、南相木ダム手前のH(ヒットラー)型分岐のところから茶屋の平方面に見る、丸山です。

あの「聖杯神殿」そっくりの丸い山。
ただの山ではないでしょう。

じゃあ2個の「聖杯」はどこにあるのか。
群馬側のJAL123便のU字溝とスゲの沢第4支流付け根である。
 
 
 
直接的に書いてしまうと、日航ジャンボ123便撃墜←公安のゼロ(バチカンマフィア)とも書けるのです。 (123)
2010-09-03 23:24:30
直接的に書いてしまうと、日航ジャンボ123便撃墜←公安のゼロ(バチカンマフィア)とも書けるのです。
日航ジャンボ123便撃墜で自衛隊を使ってロック爺さんに一泡吹かせたのは、「デル・バンコ一族」→「バチカンマフィア」なのです。



バチカン→ ローマ法王。→イタリアも強い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%95%99%E7%9A%87


「デル・バンコ一族」はイタリアの金塊マフィア、と当方では書いていますが、
本当は、「バチカンマフィア」と書きたいところなのです。


山梨や熊谷の車の人たち(ニセ政府の人達)
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/5486dc77ccfea3e0729a9f75f56b2a47
というのは自衛隊や公安のゼロですが上はデル・バンコ一族ですから、実質上、「バチカンマフィア」なのです。


直接的に書いてしまうと、
日航ジャンボ123便撃墜←公安のゼロ(バチカンマフィア)
とも書けるのです。
 
 
 
秩父、御巣鷹界隈では、龍(うわばみ)も生息している。 (123)
2010-09-04 17:33:47
日航ジャンボ123便 運輸省航空事故調査委員会資料の圧力隔壁写真を見ると、龍のかたちに盛り上がっている。周辺に龍神が生息
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/193.html

幅6mの獣道。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1754.jpg
当方で龍だうわばみだ、と書いて、そんなバカなという向きもあるようですが、
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E4%B8%8A%E9%87%8E%E6%9D%91&sll=38.817509,140.325623&sspn=0.123584,0.350189&brcurrent=3,0x601e9f85cc4735d9:0x94f56b3c91c92a2e,0&ie=UTF8&hq=&hnear=%E7%BE%A4%E9%A6%AC%E7%9C%8C%E5%A4%9A%E9%87%8E%E9%83%A1%E4%B8%8A%E9%87%8E%E6%9D%91&t=h&ll=36.008191,138.725465&spn=0.001002,0.001714&z=19
を見れば、約6m幅の生き物が移動した跡であることが一目瞭然です。
http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-195.html#comment429


運輸省航空事故調査委員会JAL123便JA8119号機報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119.pdf
の写真を見ると、圧力隔壁が龍のかたちに盛り上がっている。
レントゲン的に、周囲の様子が記録されたわけである。
秩父、御巣鷹界隈では、龍(うわばみ)も生息している。


<参考>
日航ジャンボ123便 龍の案件でタブーになっている
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak40/msg/485.html  
 
 
 
昭和天皇と天皇は血もつながっていない他人。 (123)
2010-09-05 12:02:55
昭和天皇と天皇は血もつながっていない他人。
(渡辺文樹監督ドキュメント映画作品「天皇伝説」)

昭和天皇・ロック爺さんが攻撃されたのが日航ジャンボ123便である。
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/



昭和天皇は国民のことをよく考えていた(日本は豊かだった)

天皇は?だ。(日本は貧しい)
 
 
 
御巣鷹では救助の米軍を日本政府・自衛隊が追い返して生存者虐殺を開始した事を忘れてはならない (123)
2010-09-05 16:52:49
御巣鷹では救助の米軍を日本政府・自衛隊が追い返して生存者虐殺を開始した事を忘れてはならない


日航ジャンボ123便 悲劇的虐殺事例「自衛隊 西川博之氏の無念」  救助に来たと喜んだ見方のはずの自衛隊に、殺傷された。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/221.html
朝3時代には存在しなかった、スゲの沢の150人前後にものぼる「死体の山」が朝には出現したのである。


<参考>日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/669.html


<自衛隊の日本人虐殺 悲劇的事例>
自衛隊 西川博之氏の無念
日航ジャンボ123便ですが、早い段階では200人近くは生還できる
状態で生きていただろうということです。


一番悲劇的なのは、味方が助けに来たと喜んだ、
自衛隊「西川博之」氏28歳 でしょう。ご遺影写真、若いですが、結構格が上の勲章をつけています。(新)日本の黒い霧、にも、西川氏について書かれた記事があったと思います。
墓碑の場所と、JAL123便座席表からして、当初生き残っていた可能性が高い。

さて、運良く生き残った。

自衛隊が来た

喜んだ

わけも分からず殺された
http://www.asyura.com/09/lunchbreak27/msg/669.html


御巣鷹の尾根に行くと、まず最初に西川博之氏の無念があります。

最下段、右側に、西川博之 氏の墓碑が。

運良く助かったのに。

仲間が救助に来たと思ったのに。

いかに無念であっただろうか。







<以下参考>
高濱機長が当日、急遽乗務が決まったことからも「嵌められた」のでしょう
高濱機長が「教官」となっていることも重要です。

通常の乗務になりますと、自由な立場で動くことが出来ない。
「教官」
ならば、
操縦していても
通信していても
計器を確認しても

問題ありません。


がんじがらめの運行規定に縛られる事は無いのです。


事実、高濱機長は、極めて、高度な操縦技術を遺憾なく発揮しました。

JALは事態を事前に察知し、最善の陣営で臨んだのです。

これは、福田航空機関士が、JAL123便乗務の前に同じJA8119号機で
JAL363便、JAL366便にて福岡を往復して、機体に異常がないか
確認させている念の入れようでした。


JALは、いろいろと問題はささやかれるようではありますが、
愛すべきJALなのであります。何より、
社員が優秀である、
という強みがあります。

また、スチュワーデス物語にもありますように、
人を育てる、
ことに関しても、熱心な会社であり、
飛行機に対するあこがれ、ブランドイメージを形作っておりました。

そしてまた、ビジネス利用はもとより、
子供連れ客等、その場で利益をうまない利用客へのサービスも
真心がこもっており、顧客満足に多大な貢献をしておりました。
 
 
 
わざと表記を違うくして日航ジャンボ123便のリークを行っている。これは高度ですばらしい。 (123)
2010-09-06 02:48:37
そういえばジャニーズといえば「100パーセント勇気」演唱:光Genji 作詞:松井五郎作曲:馬飼野康二編曲:馬飼野康二 である。

この動画はすごいリークを伴った中国の白龍会による対日戦略ビデオである。非常に対自衛隊戦略というのが伺える。↓
http://www.youtube.com/watch?v=6Pm4WNBo53M

わざと表記を違うくして日航ジャンボ123便のリークを行っている。これは高度ですばらしい。

・「むねをたたいてぼうけん」→「ねをたたいてぼうけん」→「根をたたいてぼうけん」
確かに、オレンジエアは、はじめ、根のように見えた。
http://www.youtube.com/watch?v=2D0hvAeNk0Y

・「やりきるしかないさ」→「がんばるしかないさ」
JAL123便高濱機長「がんばれ がんばれがんばれ」
JAL123便佐々木副操縦士「いま エアコンはファイアーです」
http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/JAL123_2.zip

・「きずついてちゃ」→「ひつついてちゃ」→「火つついてちゃ」
JAL123便高濱機長「がんばれ がんばれがんばれ」
JAL123便佐々木副操縦士「いま エアコンはファイアーです」
http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_5032.wav

・「だきしめながら」→「抱きしめながら」
両脇に子供を抱きしめるJAL123便乗客
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/
http://orange.ap.teacup.com/jap123air/timg/middle_1174319167.jpg

・「きみとおいかけてゆける」→「きみとおういかけてゆける」
自衛隊機と日航ジャンボ123便
JAL123便福田航空機関士「機長!他機に接近!」
http://neko-usa.s22.xrea.com/jal123/wav/jal123_4832.wav
 
 
 
おのずとヨーロッパ勢が浮かび上がってくるのである。 (123)
2010-09-07 16:29:34
南相木ダムの「444」mというのは人類「解放」をあらわす。

レーガン大統領2期目就任当日に、イランのアメリカ大使館人質事件において人質となっていた大使館員らが、444日間ぶりに解放された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3

当然、「イラン 日本一派」の界隈がレーガン政権への反対勢力として浮かび上がってくる。

日航ジャンボ123便のイランへの積み荷として、関わってくる。



基本的には、ケネディ暗殺、レーガン狙撃の連中が日航ジャンボ撃墜の元である。
アイルランド系アメリカ人、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA
ケネディ大統領、JAL123便当時のレーガン大統領である。

ケネディ大統領は暗殺されている。レーガン大統領も、狙撃を含む、暗殺未遂にさらされた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3

もちろん、レーガン大統領が寝ている時間帯に発生した日航ジャンボ123便撃墜も、レーガン政権に対する圧力である。

おのずと、イギリスMI6界隈が浮かび上がってくるのである。
 
 
 
南相木ダムの「100年の森」とは1885年に端を発する。 (123)
2010-09-08 01:04:22
南相木ダムの「100年の森」とは1885年に端を発する。
南相木ダムの「100年の森」とは、1885年
http://ja.wikipedia.org/wiki/1885%E5%B9%B4
という意味なのである。

1932年の5・15事件も、バックはイギリスなのである。1885年に類似例があったのである。
1885年5月15日 - 英海軍が朝鮮巨文島を占領(巨文島事件)

1985年8月12日の臼田のパラボラ電磁パルス砲での文部省の砲撃も、1885年8月12日にさりげなくでてくるのである。
1885年8月12日 8月12日 - 教育令改正

そして、1885年11月23日の大阪(大坂)事件である。
1985年8月12日の日航ジャンボ123便は、大阪行きであった。
<大阪(大坂)事件>
この事件は1885年に起こった自由民権運動の激化運動の一つ。朝鮮に政変を起こし、日本国内の改革に結びつけようという発想に基づくものであった。
大井憲太郎を中心に、景山英子や旧自由党の一部が参加。朝鮮半島に渡って改革派の独立党(金玉均ら)を支援し、立憲体制を築こうという計画が立てられた。国内における自由民権運動が政府の弾圧のため閉塞したため、海外に進出することで日本の国威を発揚し、また国内改革をも図ろうと考えたものである。爆弾を製造したり、資金を集めるため強盗も行われたが、実行前に計画は漏れ、139人が逮捕された。大井らは1889年、憲法発布の恩赦によって出獄した。福田英子(景山の改姓)の著書、『妾の半生涯』には、このときの収監の状況が描かれている。
北村透谷は自由民権運動に参加していたが、大阪事件の際強盗に誘われたため、悩んだ末、運動を離脱した。しかし、のちに発表した長詩「楚囚之詩」には、この事件のおもかげがあるといわれている。
 
 
 
中性子爆弾の話は当時からわかっている。その上で公開できない物があるのだ。 (123)
2010-09-08 01:06:14
中性子爆弾の話は当時からわかっている。その上で公開できない物があるのだ。
*****のところが「中性子爆弾」なのである。

<以下引用>
JALの事故の話をいろいろ話してくれました。(上に書いたのは、その時の一部です。)
「*****!」この一文字に愕然としました。
(これ以上はすいませんが無理です。)
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/b7f115bafd76dc1af7477e0a1e74d391
<引用ここまで>

ただ、その程度のことは、昭和60年当時からささやかれているし、守秘義務の無い身分の人が「中性子爆弾だ」と言えば、それまでである。
当方も
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/
にて、ためらい無く書いている。

しかし、その上の背景に、
下田→ペリー→米英戦争→アイルランド、イギリス戦争
が出てくるわけである。

1985年8月12日の日航ジャンボ123便の際に、アイルランド系アメリカ人のレーガン大統領は寝ている時間なのである。

ここで人間のドンパチがあったところで、お互い共に黙り込むような事態が発生したわけである。御巣鷹も然りである。

また、日本に最初に圧力をかけるところ、というのは、
・伊豆八瀬童子(亀系)
・上野村黒澤家(鶴系)
なのである。
 
 
 
レーガン大統領「(= 未知を恐れる必要はない。)」 1985年8月12日の日航ジャンボ123便の内容を事前公開した映画バック・トゥ・ザ・フューチャーに寄せて。一般教書演説で。 (123)
2010-09-08 01:55:49
レーガン大統領「(= 未知を恐れる必要はない。)」
1985年8月12日の日航ジャンボ123便の内容を事前公開した映画バック・トゥ・ザ・フューチャーに寄せて。一般教書演説で。


<以下引用>
バック・トゥ・ハリウッド [編集]

左からレーガン、ナンシー夫人、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグレーガンのお気に入りの映画は1985年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、ホワイトハウス内の専用上映室で何度も見たという[18]。この映画には、タイムマシンで30年前の1955年に戻った主人公マーティが、そこでこのタイムマシンを作った科学者ドク・ブラウンの若かりし頃と対面、自分が未来から来たことを告げる。そんなことは全く信じないドクが「そうか、じゃあ1985年には誰が大統領になってるんだ?」と聞くと、マーティは「ロナルド・レーガンだ」と答えるが、ドクは呆れて「ロナルド・レーガン?(二流)役者のか? なら副大統領は誰だ?(コメディアンの)ジェリー・ルイスか?」とこれを笑うシーンがある[19]。

1986年2月4日の一般教書演説で、レーガンは逆にこの映画から別のセリフを引用、「映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でも言っていたように、我々の行き先には道が敷かれている必要はないのです[20]」(= 未知を恐れる必要はない)という一節を挿入して、議場の喝采を浴びている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3
<引用ここまで>

・なぜに、アメリカ公開をNA月SA日にしたのか。
・なぜに、日本版の公開日を12月7日にしたのか、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC
ということです。
 
 
 
1958年に、核弾頭をつけたICBM弾を、南大西洋のアメリカ海軍の艦船から南極へ打ちこんだ、といわれている。このとき、合計4発を発射したそうだが、なんの反応もなかったという。 (123)
2010-09-09 04:38:10
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha700.html
1958年に、核弾頭をつけたICBM弾を、南大西洋のアメリカ海軍の艦船から南極へ打ちこんだ、といわれている。このとき、合計4発を発射したそうだが、なんの反応もなかったという。



どこかで似たような話がありました。
そうです。御巣鷹ですね。
 
 
 
これらの細胞は光で攻撃される時に蛍光を発するのだが (123)
2010-09-09 04:39:06
これらの細胞は光で攻撃される時に蛍光を発するのだが
http://oka-jp.seesaa.net/article/161823250.html
http://blogs.yahoo.co.jp/m2010matu/61679623.html

御巣鷹の尾根が光っていたのは、地球外の岩石に由来する現象である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1728.jpg
 
 
 
日航ジャンボ123便はノアの箱舟であった (123)
2010-09-09 23:01:14
日航ジャンボ123便はノアの箱舟であった。

予告として、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーが1985年7月3日にアメリカで封切られた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC
日航ジャンボ123便の乗員乗客だけで文明が再起動できるレベルの人間が、未来へ移動した。
地球上がクリーニングされた後、日航ジャンボ123便乗員乗客らから、次の文明が始まる。
 
 
 
日航ジャンボ123便後の1986年には天空の城ラピュタ(御巣鷹ケルト文明)が公開された。 (123)
2010-09-09 23:05:42
http://blogs.yahoo.co.jp/saitamazaijuu2005/58929744.html
<以下引用>
宮崎アニメ「天空の城ラピュタ」と庵野アニメ「不思議の海のナディア」には不思議な共通点があります。不思議な石(飛行石とブルーウォータ)、
http://blogs.yahoo.co.jp/saitamazaijuu2005/archive/2010/3/16?m=lc
<引用ここまで>

不思議の海のナディアは、かなり脚色が入ってしまっていて、当時のドキュメント漫画ではない。
天空の城ラピュタは、御巣鷹ケルト文明を克明に再現している。
 
 
 
通りすがり (Unknown)
2010-09-10 01:55:15
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak17/msg/694.html

この写真を見ながら、Google earthで秩父のどの辺りに火災が発生したのか、場所を確認してみたのだが、地形の関係や火災の範囲、大きさからどう見ても秩父の山中とは思えず、上野ダムの西側斜面かもっと墜落地点に近い斜面での火災に思えます。
当時、他の機体が周辺に多数墜落したようですが、これもその痕跡でしょうか?

墜落場所の炎上範囲から、撮影した自衛隊機もそれほど高度は高くないように思いますね。
 
 
 
ガク沢上流 (123)
2010-09-10 05:35:46
ガク沢上流
 
 
 
埼玉県大滝村(現秩父市)で光っていた場所には、現在、異常とも言える門数の大規模な砂防ダム群が。 (123)
2010-09-10 10:42:45
日航ジャンボ123便 埼玉県大滝村(現秩父市)で光っていた場所には、現在、異常とも言える門数の大規模な砂防ダム群が。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/911.html
国家の情報統制には、次の4原則があります。
        第1原則:けっして分からないように巧妙に行うこと
        第2原則:核心を衝く情報については即座に否定する
        第3原則:本当に近い情報に対しては徹底無視をする
        第4原則:マスメディアを違った方向に誘導すること
 
 
 
日航ジャンボ123便 乗客の小川様が機内から撮影した「8枚目」は静岡県焼津市高草山から焼津港方面が写っている。 (123)
2010-09-12 23:41:57
日航ジャンボ123便 乗客の小川様が機内から撮影した「8枚目」は静岡県焼津市高草山から焼津港方面が写っている。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/450.html

静岡県焼津市高草山(501m)
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%E9%AB%98%E8%8D%89%E5%B1%B1&lat=34.9054867&lon=138.3169231&ei=utf-8&datum=wgs&lnm=%E9%AB%98%E8%8D%89%E5%B1%B1&idx=22&v=2&sc=3
に行ってきました。

やはり、日航ジャンボ123便搭乗の小川様が機内から撮影した写真の「8枚目」は、静岡県焼津市高草山からのものでした。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1840.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1842.jpg



静岡県焼津市高草山山頂近くにて、
http://www.youtube.com/watch?v=AAbap6sJLD8
http://www.youtube.com/watch?v=y6I1sfLEvbE
http://www.youtube.com/watch?v=-74EN9hYhqQ
タクシーの方に案内、解説していただきました。
運転手の方。道中のご案内、大変ありがとうございました。


また、「写真5枚目」は、伊豆半島、下田市の国道135号線尾ヶ崎ウイング
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E4%BC%8A%E8%B1%86%E6%80%A5%E4%B8%8B%E7%94%B0%E9%A7%85&sll=40.591952,141.40771&sspn=0.060223,0.109692&g=%E4%B8%8B%E7%94%B0%E9%A7%85&brcurrent=3,0×60175f59b630105d:0xfa430af74248d34d,0&ie=UTF8&hq=&hnear=%E4%BC%8A%E8%B1%86%E6%80%A5%E4%B8%8B%E7%94%B0%E9%A7%85%EF%BC%88%E9%9D%99%E5%B2%A1%EF%BC%89&ll=34.715385,138.987533&spn=0.000963,0.002736&t=h&z=19&iwloc=A
からの景色になる。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10290.jpg
 
 
 
旧日本軍派が闊歩する、無謀な非人道的な日航ジャンボ123便を髣髴とさせる方向に向かってはならない。 (123)
2010-09-15 06:55:55
そもそも、小沢一郎の言っている「脱官僚」は、日本の国力を削ぐ。
田中角栄のように優秀な人材である官僚を重用し、日本を豊かにしていくことが重要である。日本の浮上はアメリカの国益でもある。

旧日本軍派が闊歩する、無謀な非人道的な日航ジャンボ123便を髣髴とさせる方向に向かってはならない。



旧日本軍が弱いのは、外国の兵器で闘うからだ。
例えば、天狗の隠れ蓑というのがある。そちらが思い出すかどうか定かではないが、高天原界隈のとある植物で天狗の隠れ蓑ができる。


以下参考(訳が違う。天狗の隠れ蓑は本当にある。)だが、第2次世界大戦でも、カモフラージュスーツは米軍に恐れられていたのだ。

http://www.dismas.jp/dic/%E8%93%91
、太平洋戦争中にアメリカ軍が作成したマニュアルには、蓑を着用した日本軍兵士のイラストが描かれており、蓑の画像に「日本軍兵士の用いる狙撃兵用偽装服(カモフラージュスーツ)」との解説がつけられている。
 
 
 
秩父ガク沢上流で国産純粋水爆実験が行われたかどうか検証が必要である。 (123)
2010-09-15 08:11:53
これは調査中であるので参考程度に情報として上げておく。

秩父ガク沢上流の異常砂防ダム群地域であるが、日航ジャンボ123便の際に、国産純粋水爆の実験が行われたかどうか検証している。
当時の不審な動きとして以下がある。
・埼玉県警が三峰口駅前で18:30分頃から「重要な物証がある」ということで検問を行っている。123便はまだ来ていない。早めに始めてしまったのだろう。
・時事通信の記者の御巣鷹回想録で、三国峠に中継局も兼ねて何泊かした時、埼玉県警がやけに動いていた。(現場は群馬のはずなのに)という興味深い記述がある。
・当時、埼玉県知事は226事件の畑和であった。

<参考>
日航ジャンボ123便 埼玉県大滝村(現秩父市)で光っていた場所には、現在、異常とも言える門数の大規模な砂防ダム群が。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/911.html
 
 
 
そもそも、大地震が回避できているのも日航ジャンボ123便の際の案件のおかげ (123)
2010-09-15 12:12:26
そもそも、大地震が回避できているのも日航ジャンボ123便の際の案件のおかげなのである。

岩盤同士のすべりがよくなっており、大地震が回避できている。

類似で、三陸のノウティエンス実験後は、類似の傾向が見られる。
 
 
 
上の天井の方が、バリっていってね。 (123)
2010-09-15 12:48:52
JAL123 Survivor Interview
http://www.youtube.com/watch?v=YvuSD0Z2vZA
左後ろの
かど
上の天井の方が、
バリっていってね。
それで、
穴があいたの。
それといっしょに、
あのー、
白い煙みたいなのが
前から入ってきたの。
 
 
 
自衛隊 西川博之氏 ご遺影 (123)
2010-09-15 14:19:00
自衛隊 西川博之氏 ご遺影
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1871.jpg


<参考>
日航ジャンボ123便 悲劇的虐殺事例「自衛隊 西川博之氏の無念」  救助に来たと喜んだ見方のはずの自衛隊に、殺傷された。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/221.html
 
 
 
「未知を恐れる必要はない」が、即座に削除された?! (123)
2010-09-15 18:57:03
「未知を恐れる必要はない」
のレーガン大統領であったが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3
を見たら、「未知を恐れる必要はない」が2010年9月12日に削除されているようだ。


国家の情報統制には、次の4原則があります。
        第2原則:核心を衝く情報については即座に否定する


<参考>デロリアン
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/302.html
 
 
 
U2 360 ツアー Walk On → 「U2の北緯36度0分の尾根を歩く」  (123)
2010-09-18 22:09:28
そもそも、
U2 360 ツアー Walk On
とは、
「U2の北緯36度0分の尾根を歩く」
という意味である。

http://www.youtube.com/results?search_query=u2+walk+360&aq=f
 
 
 
クラスタ散弾、レールガン (123)
2010-09-19 03:11:40
御巣鷹の尾根でいくらでも見られる
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6e/d0/8a3df0983fe7a3d140d1cfbb91d01c15.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/09/26/5248422fd204193ec6f1b6676abe4cf5.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5b/d9/ecf2818dcaa28ebacbaf258e73f39997.jpg
(レイセオン社製の空対空ミサイル)
は、地対空又は空対空ミサイルであるが、基本的にはディスク状の円盤を高速の初速で投出するタイプである。

・クラスタ爆弾
・レールガン

的な要素がある。

これを調べていたところ、早速、昨日、当方と父の食品に致死量以上の遅効性毒薬が盛られ、危ういところであった。(おととい頃から調査している。出すなという脅しでしょうから、もちらん喜んで情報拡散させていただきます。)

家の外のチンピラも昨日から激増している。レールガンミサイルは(12月3日に調印された御巣ロ条約にも違反していると思うが)、軍というよりは、どこかのマフィアの利権なのだろう。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kurasutabakudann.htm
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/shomei_37.pdf
 
 
 
Unknown (とおりすがった)
2010-09-19 08:48:36
とりあえずミサイルの弾殻がそんなきれいに残るわけ無いだろ。あほじゃねぇの?
 
 
 
普通にいくらでも残っています。御巣鷹の尾根でも容易に確認できます。 (123)
2010-09-19 10:30:38
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/f0917d2fa7bf7b77e6ca6782b5aed3fd
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/68691ebfa0b26d90854418ef6b323006
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5b/d9/ecf2818dcaa28ebacbaf258e73f39997.jpg
 
 
 
JAL123便は基本的にはバチカンマフィアのイタリア内での抗争のとばっちり (123)
2010-09-19 10:31:45
G&Lモロニ社、Fachini社

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/177.html
は、重要な内容である。

デル・バンコ、バチカンマフィアとウンモ星系会社のイタリアでの抗争が遠く日本で発生したという、なんとも、日本としてはつまらん事態が123便の本質的なところである。

自衛隊、文部省、がデル・バンコ、バチカンマフィアの下請けをし、レーガン大統領、ロック爺さんは寝ている時間帯。敗退した。



昨日、当方と父に盛られた毒物の症状を分析したところ、脳梗塞を起こす物質で、バチカンマフィアが多用するものであった。
先日、静岡県焼津市高草山へJAL123便飛行経路取材のため鉄道で往復したが、明らかにイギリスMI6と分かる諜報員が乗ってきて、こちらの様子を伺っていた。ああ、なんか奴ら仕掛けてくるなあ、と予想はしていた矢先だった。
 
 
 
「坂本九の家族が運営する坂本九音楽事務所に名義のみ所属」の意味 → デロリアン (123)
2010-09-19 12:51:53
「坂本九の家族が運営する坂本九音楽事務所に名義のみ所属」の意味 → デロリアン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E4%B9%9D

日航ジャンボ123便の乗客は、いつか出てくる。


参考例としては、先日、アメリカで旅客機ごと無くなったが、最近、人間が降ってくるという現象が起こっている。

飛行機が消える
http://higasinoko-tan2.seesaa.net/article/162209828.html

人間が降ってくる
http://oka-jp.seesaa.net/article/162804075.html
 
 
 
日航ジャンボ123便で4名の生存者が出た方の山が、ヌァザ・アーケツラーヴの尾根 (123)
2010-09-19 23:56:46
日航ジャンボ123便で4名の生存者が出た方の山が
ヌァザ・アーケツラーヴの尾根
だ。
通称、ウサギ山、アメリカケルト山だ。

日米同盟の重要性は、ここに起因する。





御巣鷹の尾根は、クロウ・クルーワッハの尾根だ。
 
 
 
日航ジャンボ123便 4名の最終的生存者が出た方の山がヌァザ・アーケツラーヴの尾根。日米同盟の重要性は、ここに起因する。 (123)
2010-09-20 01:31:43
日航ジャンボ123便 4名の最終的生存者が出た方の山がヌァザ・アーケツラーヴの尾根。日米同盟の重要性は、ここに起因する。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/591.html




2012年に向けて、日航ジャンボ123便というのは、一つの「型」として詳細に研究する必要がある。


まず、「御巣鷹の尾根」とはなんなのか。
「クロウ・クルーワッハの尾根」→血まみれの三日月尾根
である。生存できる乗客も自衛隊が虐殺した。

<参考>日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/669.html


では、わずかに最終生存者となった
川上慶子さん
落合由美さん
吉崎博子さん美紀子さん母娘
の4名が自衛隊の虐殺から生き残った山は

「ヌァザ・アーケツラーヴの尾根」→「銀の腕のヌァザの尾根」
だ。
通称、ウサギ山、アメリカケルト山だ。
自衛隊の日本人虐殺から日本人を救うのはケルトだ。

日米同盟の重要性は、ここに起因する。

<参考>ケルト神話概説 4 ~神話の神々と性質~
http://www.h4.dion.ne.jp/~kotozuki/celt4.htm  
 
 
 
日航ジャンボ123便 開催中のU2コンサートツアーのマイクが、JAL123便生存者川上慶子さん(12)がヘリコプターで救 (123)
2010-09-20 22:13:22
日航ジャンボ123便 開催中のU2コンサートツアーのマイクが、JAL123便生存者川上慶子さん(12)がヘリコプターで救
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/605.html


開催中のU2コンサートツアーのマイクが、JAL123便生存者川上慶子さん(12)がヘリコプターで救助されたフジテレビ生中継を再現した演出になっている。
http://www.youtube.com/results?search_query=u2+Munich&aq=f

U2の曲がAFNで流れる意味というのをよく考え、自衛隊は日本人虐殺を反省しなければならない。

<参考>日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/669.html
 
 
 
日航ジャンボ123便 光線カッター的な火傷。ディスク円盤状の真鍮製反射放射板を介して放射された。 (123)
2010-09-21 14:42:45
日航ジャンボ123便 光線カッター的な火傷。ディスク円盤状の真鍮製反射放射板を介して放射された。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/629.html


御巣鷹の尾根付近における、日航ジャンボ123便及び、諸々の機体の損傷について破損状況を解析する。


光線カッター的な火傷。
ディスク円盤状の真鍮製反射放射板を解して放射された。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5b/d9/ecf2818dcaa28ebacbaf258e73f39997.jpg

御巣鷹の尾根で容易に散見される、空対空核ミサイルの散弾残骸である。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/12/123_bf5d.html


各種機体残骸、ご遺体共に、ディスク円盤状の損傷が発生している。
・ディスク円盤側面から放射された線状の火傷・損傷
・ディスク円盤の形がそのまま投射された火傷・損傷

しかし、ディスク円盤が高速の初速で飛んできたのではなく、
真鍮製のディスク円盤に反射誘導放射された光線(電磁放射線)が起因する損傷である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1907.jpg
 
 
 
日航ジャンボ123便 ジム・バーネット氏「スゲの沢のささやき」付近の、むき出し地点、に関する記述が運輸省報告書には一切無 (123)
2010-09-21 14:44:22
日航ジャンボ123便 ジム・バーネット氏「スゲの沢のささやき」付近の、むき出し地点、に関する記述が運輸省報告書には一切無
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/632.html


ジム・バーネット氏「スゲの沢のささやき」石碑付近の、
1985年8月12日に、むき出し地点、に関する記述が運輸省「JA8119号機」報告書には一切無い。

運輸省航空事故調査委員会「日航123便 JA8119号機」報告書
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html#5
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119-05.pdf
152ページ「付図16」
153ページ「付図17」
共に、一切、記載が無い。


この、むき出し地点には、肉薄高張力の物質破片が散見される。


<参考>
日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根、スゲの沢のささやき、の石碑でおなじみのジム・バーネット氏が2010年5月15日に62歳で亡くなった。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/798.html

<参考>
五・一五事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E3%83%BB%E4%B8%80%E4%BA%94%E4%BA%8B%E4%BB%B6
五・一五事件(ご-いち-ご じけん)は、1932年(昭和7年)5月15日に起きた大日本帝国海軍の青年将校を中心とする反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが
 
 
 
御巣鷹の尾根で散見される空対空核ミサイル残骸部品にMILコンでは無くニチコンニチケミ部品が見られる。 (123)
2010-09-21 15:52:15
御巣鷹の尾根で散見される空対空核ミサイル残骸部品にMILコンでは無くニチコンニチケミ部品が見られる。


御巣鷹の尾根で容易に散見される、空対空核ミサイルの散弾残骸である。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/12/123_bf5d.html
↑のそばには、空対空ミサイルの電子部品もいっしょにバラバラに突き刺さった状態で埋まっている。


米国製ミサイルならば、コンデンサには米軍MIL規格のコンデンサ(通称「ミルコン」)が使用されているはずである。
しかし、御巣鷹の尾根での実際の空対空核ミサイルの不発残骸を見ると高グレードのニチコン、ニチケミ(日本製の非米軍仕様)の部品が使用されている。
これは、米軍の装備ではありえない状況を示しており、日本製の空対空核ミサイルである状況証拠である。
 
 
 
このブログの管理者は、殺されていませんか? (本売上向上請負人)
2010-09-22 04:42:23
ブログが更新されているからといって、生きていることの証明にはなりません。
 なぜなら、拷問してIDとパスワードをききだし、このブログを更新すればいいのですから。
 
 
 
アングロサクソンミッション (モンゴロイド)
2010-09-22 07:07:15
頓挫しているようで、実行されないだろうが多くの人が知っていた方がよいかと思われるので、ここに貼り付けしておきます。

60分ほどの動画です。アングロサクソンミッション↓
http://www.youtube.com/watch?v=_o8hYXBPFn8
 
 
 
日航ジャンボ123便 ベースは中性子爆弾。真鍮製反射誘導板と組み合わせ電磁パルス兵器の要素。当方公開人体実験にて影響検証 (123)
2010-09-22 14:19:24
日航ジャンボ123便 ベースは中性子爆弾。真鍮製反射誘導板と組み合わせ電磁パルス兵器の要素。当方公開人体実験にて影響検証
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/657.html

(回答先: 御巣鷹の尾根での実際の空対空核ミサイルの不発残骸を見ると高グレードのニチコン、ニチケミ(日本製の非米軍仕様)の部品が使用されている)




御巣鷹で発生する点々状の中性子線であるが、CCDカメラで水色の点々として、可視化することが可能である。

ここに、人体を固定する。すると、点々状の、膿んだままの場所になる。

これは、人体の中性子線による放射化に起因する。

なぜ点々状なのか、ということについては、御巣鷹の尾根で散見される空対空核ミサイルの残骸を見ると理解できる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1915.jpg
真鍮製ディスク板の中央に直径1ミリ足らずの穴があり、無数のディスク反射誘導板の点々が、収束効果を発揮し、威力を向上させた中性子爆弾をベースとした電磁パルス核ミサイルであると検証される。
 
 
 
日航ジャンボ123便 オレンジ色の樹脂破片が油圧配管残骸に挟まっていた。日本の海上自衛隊の演習用無人標的機物証ではないか (123)
2010-09-22 17:18:50
日航ジャンボ123便 オレンジ色の樹脂破片が油圧配管残骸に挟まっていた。日本の海上自衛隊の演習用無人標的機物証ではないか
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/662.html



オレンジ色の樹脂破片が油圧配管残骸に挟まっていた。日本の海上自衛隊の演習用無人標的機物証ではないか。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/images/2010/03/08/3bc7105d198ba933d2f053d6eff016e9.jpg
http://www.youtube.com/user/123ja8119osutaka


<参考>海自の標的機が刺さった可能性
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85
確かに防衛庁が普通ではなかった(藤田)
12日夜、海幕があわてて走り回っていた
相当な地位に至る者まで湘南方面へ行った
海自だけ救援に参加せず、行動非公表
2010年8月の海保ヘリ事故における隠蔽との類似
「自殺」した自衛隊員の残した証拠写真
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/images/2010/08/25/imgf8231919zikazj.jpeg
12日、垂直尾翼にオレンジの物体が食い込む
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/images/2010/08/25/imgf8231919zikazj.jpeg
完全に垂直尾翼を回収[16]
「自殺」した空自2名の足元に、台がない[17]
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/images/2010/08/25/imgf8231919zikazj.jpeg
藤田にCVRを提供した利光松男も不審死





<参考>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85


日本航空123便墜落事故
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
日本航空 123便
事故機のJA8119(1982年頃に伊丹空港にて撮影。1985年に胴体下部塗装がグレーに変更された)
概要
日付 1985年8月12日
原因 ボーイング社による不適切な圧力隔壁の修理(有力説)・垂直尾翼中央への異常外圧(1次的原因。事故調査報告書P.79、同付録P.116)・全油圧系統の喪失(2次的原因。事故調付録P.123)
 
 
 
U2 Walk On で、アウンサンスーチーさんが出てくるのは、軍事政権の圧政や弾圧の危険性を訴えているのです。 (123)
2010-09-22 18:49:45
U2 Walk On で、アウンサンスーチーさんが出てくるのは、軍事政権の圧政や弾圧の危険性を訴えているのです。
http://www.youtube.com/results?search_query=u2+walk+on&aq=f

日航ジャンボ123便と同じなのです。



5000万円の口止め料をもらって救助を遅らせ、長野県警レスキュー隊が介入するまで
遅延を図った群馬県上野村の黒澤村長ですら、
慰霊の園を建設する条件として「戦没者慰霊碑」を併設してつくることを譲らなかったのです。

第二次世界大戦当時、南方戦線に「出撃」した旧日本軍の兵隊は、
全く闘うことなく戦死するか、無謀な作戦で戦死したのです。

黒澤村長もゼロ戦乗りでした。旧日本軍の無謀な作戦立案により多くの仲間が死亡したことには、大変心をいためておられたのです。
そして、類似の無謀な犠牲が1985年8月12日(月)、上野村で発生したのです。

日航ジャンボ123便の慰霊の園に、戦没者慰霊碑が併設される、という意味は、
日航ジャンボ123便を撃墜するかたちで隠蔽した自衛隊のありかたについて、
自衛隊の軍事クーデターの危険性、軍事政権の弾圧国家への危険性について、
後世への教訓として一石を投じているのです。
 
 
 
印鑑(はんこ)というのは、「デルバンコマフィア」だったのです。 (123)
2010-09-23 08:19:34
印鑑(はんこ)というのは、「デルバンコマフィア」だったのです。

これは大きな驚きでした。

てっきり、日本の制度だと思っていました。

ロシアンマフィアとデル・バンコマフィア(バチカンマフィア)は、古代ローマ帝国を同根とします。


そして、日航ジャンボ123便でも、ロシアンマフィアとデル・バンコマフィアが出てきます。
自衛隊は無能な軍隊です。
ロシアンマフィアとデル・バンコマフィアが日航ジャンボ123便撃墜を中心とした自衛隊の軍事クーデターを裏で主導したのです。


<参考>
・日航ジャンボ123便の後、アメリカ対ロシアンマフィア、デル・バンコマフィアの経済戦争に突入したのは、アメリカ金融(サイン)対デル・バンコ金融(印鑑)の戦争なのです。
・印鑑というと、当然、中国一派も出てくるわけで日航ジャンボ123便撃墜に加担した中国一派についてもあぶり出てくるのです。
 
 
 
早速「海自」の記述がwikiから削除されました。海自らしいボロが出ました。 (123)
2010-09-23 16:05:12
早速、海上自衛隊の記述がwikiから削除されました。海自らしいボロが出ました。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85&action=historysubmit&diff=34132786&oldid=34084571


!海自の標的機が刺さった可能性
- |○||
- *真下で公試中に事故発生
- *DFDRの記録値(事故調P.79)
- **DFDRの横方向の加速度
- **異常外力が発生した
- **異常外力なしに説明不可能<ref>[http://plaza.rakuten.co.jp/topsecretx/diary/200802270000/ 尾翼だけ90度に傾いた]</ref>
- *CVR(24分)
- **「オレンジや」「オレンジエア」と聞こえる音声
- **管制の許可を得る前に右旋回、降下
- *地上・海上から123便は見えなかった(生存者)
- *オレンジ色の細長い物が飛行し近づく写真(R5ドア近くで撮影)
- *確かに防衛庁が普通ではなかった(藤田)
- **12日夜、海幕があわてて走り回っていた
- **相当な地位に至る者まで湘南方面へ行った
- **海自だけ救援に参加せず、行動非公表
- *2010年8月の海保ヘリ事故における隠蔽との類似
 
 
 
御巣鷹の1985年8月13日の海外写真を見たところ、わかりやすくて唖然とした。 (123)
2010-09-24 11:12:42
御巣鷹の1985年8月13日の海外写真を見たところ、わかりやすくて唖然とした。
http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/63/f2/vrc89/folder/380215/img_380215_50330164_5?1187663236
昇魂の碑付近からU字溝側の山が写っている写真だが、カラマツの上部の水分が乾燥してしまっている。
一目で、中性子爆弾ベースの電磁パルス核爆弾ということがわかる写真だ。
 
 
 
日本の事故に対するアメリカ軍の救出活動の参加には日本政府の許可が必要であったため、アメリカ軍は日本政府に支援を打診、政府は警察庁に連絡したが不要とされたと言われている。←ここで殺人鬼 小沢一郎が絡んでいる。 (123)
2010-09-24 12:27:12
日本の事故に対するアメリカ軍の救出活動の参加には日本政府の許可が必要であったため、アメリカ軍は日本政府に支援を打診、政府は警察庁に連絡したが不要とされたと言われている。←ここで殺人鬼 小沢一郎が絡んでいる。

国家公安委員会委員長(第44代) 小沢一郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%85%AC%E5%AE%89%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E5%A7%94%E5%93%A1%E9%95%B7


<以下参考>御巣鷹山事故の謎
http://www.intecjapan.com/blog/cat18/

<以下引用>日本航空123便墜落事故
http://blog.yahoo.co.jp/vrc89/50330164.html
近くを飛行していたアメリカ軍機C-130輸送機が墜落現場付近上空に到着、詳細な現場の位置を測定する。

その後、アメリカ軍厚木基地から暗視カメラを搭載している海兵隊の救助ヘリコプターが現場に急行。墜落から僅か2時間で救助態勢が整っていた。救助のためにヘリから隊員を降ろそうとしたとき、基地の当直将校からすぐ基地に帰還するよう命令された。日本の事故に対するアメリカ軍の救出活動の参加には日本政府の許可が必要であったため、アメリカ軍は日本政府に支援を打診、政府は警察庁に連絡したが不要とされたと言われている。国内の事故に対するアメリカ軍の救出活動の参加と政府の迅速な判断に課題を残した。なお警察庁上層部がアメリカ軍の協力を拒んだ理由は明らかになっていないが、メンツが理由とも、国内の事故に指揮命令系統が違うアメリカ軍が介入することで現場に混乱をきたすことを避けたなど諸説ある。

この在日アメリカ軍による現場特定・ヘリによる救出の申し出は、事故当日にニュース速報として流されたが、翌日未明にはアメリカ軍の現場特定、救出活動の申し出はすべて誤報であったとして否定された。

佐藤守元空将は後日、在日米軍報道部長から確認したこととして、米軍から援助の申し出があったのは事実であるが、当時の在日米軍は特殊な機材を搭載したヘリコプターを装備しておらず、具体的な支援の内容は救出された怪我人の搬送等であり、さらにそれを日本側が拒否した事実もないとし、オーストラリアの新聞記事に無批判に追随した報道各社がデマを拡散させたと強く批判している[19]。これらの報道の流れは事故原因に関する憶測を呼ぶ一因ともなった。

なお、事故より10年後に、在日アメリカ軍の現場特定・救助の申し出は事実であったとして改めて発表されている。なお、上記の内容は後年に新潮社の週刊誌に詳細記事が掲載されたり、上智大学文学部が英語の入試問題として、このC-130輸送機の操縦士の手記を載せたことから再び議論が高まった

墜落場所がわからず捜索本部が長野県から群馬県にかわり
結局現場についたのは日の出とともに登った地元の消防団であつた

その後自衛隊のヘリコプターにより4名の生存者が救出されるが

その生存者の証言によれば墜落当初は多数の生存者がいたそうです

墜落1時間で米軍が墜落現場を特定し暗視装置をつけた
救出隊の出動を阻止した闇の集団はだれだろう
しかも墜落場所を捜査本部にも教えず
捜索本部が墜落場所を把握したのは翌日になる

米軍が救出の乗り出せば多数の生存者が救出されたはずです

当時の闇の集団に怒をおぼえます!!
 
 
 
加藤紘一議員に典型的な御巣鷹の循環器系障害が見られる。 (123)
2010-09-24 13:47:39
加藤紘一議員に典型的な御巣鷹の循環器系障害が見られる。
http://www.katokoichi.org/

御巣鷹の核は、血管の障害(循環器系障害)が出る。
ガンはむしろ治る。

加藤紘一議員のページを見て唖然とした。
典型的な御巣鷹の循環器系障害が出ている。むくんだ感じと口元を見ていただきたい。
防衛庁長官だった加藤紘一議員は、1985年8月12日の夜間に御巣鷹上空をヘリで訪れている。


<参考>中性子線長期影響調査当方人体実験
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/657.html
治療法としては、上野村農業協同組合が発売している「上野村ヤーコン酒」を1日、数十CCずつ飲用すれば治る。
 
 
 
日航ジャンボ123便 イタリアのデル・バンコマフィアによって火の玉にされました、と述べた映画が「紅の豚(くれないのぶた) (123)
2010-09-25 09:40:16
日航ジャンボ123便 イタリアのデル・バンコマフィアによって火の玉にされました、と述べた映画が「紅の豚(くれないのぶた)
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/711.html

(回答先: 日航ジャンボ123便 自衛隊の軍事クーデターを主導したデル・バンコマフィア(印鑑金融)。アメリカ(サイン金融)勢力との戦 )




日航ジャンボ123便の南相木村、栗生地区で見られた、「赤いプロペラの飛行機が123便にぶつかった」というのは、自衛隊なのですが、実はデル・バンコマフィアなのです。



中国、といっても、イタリアのデル・バンコマフィアが強いわけです。

中国の現物資源重視の姿勢は、金塊現物マフィアであるデル・バンコマフィアの行動パターンが如実にでているわけです。

で、金が1300ドルを超えましたが、金塊を独占している
デル・バンコマフィアが一人勝ちしている状況なのです。

おおまかに見ますと、
ドルや円をいくら刷っても、その分、金の現物の価値が高まるだけですので、デル・バンコマフィアに対して、全く優位性が無いのです。

デル・バンコマフィアというのは、現物資源にしか興味が無い性質があります。

住民とかには興味が無いのです。

資源のみに興味がある人たちです。

住民を排除して、資源堀り労働者を入植させ、資源を強奪し、資源がなくなったら撤退する、という性質です。

日航ジャンボ123便と、その後の高天原界隈がよい見本なのです。

あまり、表に、名前が出てこないイタリアのデル・バンコマフィアですが、非常に危険な人たちです。

日航が宮崎監督に依頼した「(紅の豚)くれないのぶた」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E3%81%AE%E8%B1%9A
ですが、
「イタリアの」赤いプロペラの飛行機、
が出てくるのです。
日航ジャンボ123便は、イタリアのデル・バンコマフィアによって火の玉にされました、
とストレートに述べた映画が「紅の豚(くれないのぶた)」なのです。

デル・バンコマフィアからの報復として日航の利光 松男(としみつ まつお)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E5%85%89%E6%9D%BE%E7%94%B7
が「自殺」しているのです。
 
 
 
ちょっとした純粋水爆の電磁波でも物体移動は発生する。 (123)
2010-09-26 00:48:44
日航ジャンボ123便でデロリアン類似云々ということで理解しやすい事例が911にあった。

ちょっとした純粋水爆の電磁波でも物体移動は発生する。
911の時はむしろ、小規模な移動に留まったと見た方がよいだろう。
デロリアンは特殊な事象では無い。



<参考>911建物の不可解な移動 911に関するCNNのビデオとアマチュアビデオの間での建物の不可解な移動
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/682.html
ホログラム云々ではなく、電磁パルスによる単純な物体の移動だろう。
 
 
 
ラジコン偵察機「チャカ2」 (123)
2010-09-26 13:00:43
ラジコン偵察機「チャカ2」
日航ジャンボ123便 垂直尾翼のカラー写真   第5話 みつからなかった70%
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/519.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1472.jpg


06. 2010年9月26日 11:41:22: yCgHRkKwnk
日航ジャンボ123便 早速、海上自衛隊の「オレンジエア」等の記述がwikiから削除されました。海自らしいボロが出ました。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/684.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 オレンジ色の樹脂破片が油圧配管残骸に挟まっていた。日本の海上自衛隊の演習用無人標的機物証ではないか )

早速、海上自衛隊の記述がwikiから削除されました。海自らしいボロが出ました。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85&action=historysubmit&diff=34132786&oldid=34084571


!海自の標的機が刺さった可能性
- |○||
- *真下で公試中に事故発生
- *DFDRの記録値(事故調P.79)
- **DFDRの横方向の加速度
- **異常外力が発生した
- **異常外力なしに説明不可能[http://plaza.rakuten.co.jp/topsecretx/diary/200802270000/ 尾翼だけ90度に傾いた]
- *CVR(24分)
- **「オレンジや」「オレンジエア」と聞こえる音声
- **管制の許可を得る前に右旋回、降下
- *地上・海上から123便は見えなかった(生存者)
- *オレンジ色の細長い物が飛行し近づく写真(R5ドア近くで撮影)
- *確かに防衛庁が普通ではなかった(藤田)
- **12日夜、海幕があわてて走り回っていた
- **相当な地位に至る者まで湘南方面へ行った
- **海自だけ救援に参加せず、行動非公表
- *2010年8月の海保ヘリ事故における隠蔽との類似  



07. 2010年9月26日 12:39:23: yCgHRkKwnk
日航ジャンボ123便 (朝日新聞)ラジコン偵察機「チャカ2」1985.09.01  ▽高速標的機の撃墜1機(1472万円
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/730.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1949.jpg
 
 
 
高速無人標的機MQM-74C(CHUKAR II)チャカ2 (123)
2010-09-26 13:58:24
高速無人標的機MQM-74C(CHUKAR II)チャカ2
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jmsdf/other/chukar2/chukar2_01.jpg

最大速度 954km/h
上昇限度 12,200m
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jmsdf/other/chukar2/chukar2.html
 
 
 
イタリアのデル・バンコマフィア、なのですが、それほど難しい話ではないのです。 (123)
2010-09-28 16:20:02
イタリアのデル・バンコマフィア、なのですが、それほど難しい話ではないのです。

「日独伊同盟」



「伊」

が、デル・バンコマフィア、だということなのです。

決して、今に始まった問題では無いのです。

「独」は、敗戦で「独」→「米」
となりましたから、
実質上、現在の「日米同盟」は「日独同盟」という側面もあるのです。

問題は、
「伊」
は、日本にとって、あまり性質がよくない、ということです。


日航ジャンボ123便で「日米」が「伊」に敗戦して以降、米国は負け続けています。
一人勝ちしているのはイタリアのデル・バンコマフィアです。
米国があまりにも弱くなりすぎていることが問題点なのです。
 
 
 
日航ジャンボ123便 北方領土に見られる「ウンモ星人」 地球とウンモ星は古代から頻繁に交流がある。 (123)
2010-09-29 23:19:51
日航ジャンボ123便 北方領土に見られる「ウンモ星人」 地球とウンモ星は古代から頻繁に交流がある。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/782.html


「ウンモ星人」がハチのような姿の特徴を持つ、といっても、ミツバチハッチのような姿では無い。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1976.jpg
のような姿をしている。

これは、北方4島のgoogleマップで容易に確認できる。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E6%AD%AF%E8%88%9E&sll=36.5626,136.362305&sspn=32.422772,56.162109&ie=UTF8&hq=&hnear=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%A0%B9%E5%AE%A4%E5%B8%82%E6%AD%AF%E8%88%9E&ll=43.492285,146.074734&spn=0.057535,0.175095&t=h&z=13&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244,0
地球とウンモ星は古代から頻繁に交流がある。(ウンモ星から地球へは頻繁に侵略がある。)
 
 
 
1985年8月13日午前中の御巣鷹の尾根からのテレビ中継報道で「生存者の走り回っている男の子」は自衛隊に拉致連行されたのではないか。 (123)
2010-09-30 11:27:36
<以下引用>
子供連れ去りで日本非難=対策求め決議採択―米下院
時事通信 9月30日(木)9時24分配信

 【ワシントン時事】米下院は29日の本会議で、国際結婚の破綻(はたん)に伴い、日本人の親が米国籍の子供を一方的に米国から日本に連れ去る事例が多発していることに関し、子供の「拉致」に当たると非難するとともに、問題解決への取り組みを日本政府に求める決議を圧倒的賛成多数で採択した。
 決議は、日本への子供の連れ去りが人権侵害で米国内法や国際法違反に当たると指摘。日本政府に対し、米政府と協力してこれまでに連れ去られた子供の居場所を割り出すとともに、事例解決のための取り決めを結ぶよう求めた。  .最終更新:9月30日(木)9時24分
 
 
 
日航ジャンボ123便 愛国前原大臣の御巣鷹の尾根登山への中国の報復「尖閣」問題は、JAL123便の「せんぺい山かく問題」 (123)
2010-10-01 04:29:42
日航ジャンボ123便 愛国前原大臣の御巣鷹の尾根登山への中国の報復「尖閣」問題は、JAL123便の「せんぺい山かく問題」
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/797.html
単なるデービットロックフェラーとジェイロックフェラーの親子喧嘩。



そもそも、「尖閣(せんかく)」問題、というのは、
愛国前原大臣の御巣鷹の尾根登山(デービットロックフェラー)に対する、中国(ジェイロックフェラー)の報復、いやがらせ、なのである。

せんかく→「せん」ぺい山の「かく」問題 である。

↓の蟻ヶ峠、扇平山(せんぺいさん)の核問題を中国は隠蔽したいのである。

<参考>日航ジャンボ123便 長野県側(南相木ダム三川付近)飛行中のJAL123便にピカドンが発生し長野県南相木村にバラバラ遺体
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/641.html


フジタの4人云々というのも、
フジタ→藤田→JAL元機長でCVRのリーク先となった藤田氏。
軍事施設撮影云々というのは(新)日本の黒い霧界隈へのジェイロックフェラーのあてつけ。
 
 
 
災難を慰めた機長懐かしく(朝日新聞) ←初期のこの報道で朝日新聞は「ローマで盗難」「すべてを失いました。」を記述し、デル・バンコバチカンマフィアがバックで首謀者だということをリークすると共に、「三十数分間」と書くことで32分間よりも長い時間であることまでを (123)
2010-10-01 18:28:23
災難を慰めた機長懐かしく(朝日新聞) ←初期のこの報道で朝日新聞は「ローマで盗難」「すべてを失いました。」を記述し、デル・バンコバチカンマフィアがバックで首謀者だということをリークすると共に、「三十数分間」と書くことで32分間よりも長い時間であることまでをもリークしているのです。もちろん、高浜機長の健闘も報道しているのです。


災難を慰めた機長懐かしく(朝日新聞)


 夕食後何気なくテレビを見ていた私は、ニュース速報で日航
機墜落を知りくいいるように画面を見つめるうち、高浜雅己機
長と出た時は驚きました。
 十三年前の九月、友人とヨーロッパを旅行中、あと一ヶ月で
帰国という時、ローマで盗難にあい、荷物の一部とトラベラー
ズチェック、現金のすべてを失いました。家族からの連絡場所
を日航ローマ支店とし、毎日出向いて返事を待っていました。
 当時国際線を飛んでいた高浜機長らが乗務を終えて休んでい
ました。途方にくれている女の子二人が不思議に思えたのでし
ょうか、声をかけて下さり、事情を説明したと
ころ「それはかわいそうだなあ」と、夕食をごちそうして下
さいました。四ヶ月の旅で一度も日本食を食べたことがなかっ
た私たちは、涙が出るほど感激しました。
 キリッと制服に身をつつんだ高浜機長に、思わず「わあかっ
こいい」と叫んでしまいました。機長の「でも大変な仕事な
んだよ。何百人もの大切なお客様をあずかっているのだから」
といって乗務に就かれた姿が、今懐かしく思い出されます。
 緊急事態発生から墜落までの三十数分間、精いっぱい努力さ
れたことと思います。心からごめい福をお祈りいたします。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6822.jpg
 
 
 
御巣鷹周辺に米軍機がバラバラになって落ちている件は、何なんだ。(自衛隊に落とされた)ということを日本サイドから発信して欲しい要望のようです。 (123)
2010-10-01 22:45:37
米軍の人から、このF19(F-117)戦闘機残骸をなんとか広めたらどうか、というメッセージが至急伝で来ています。
御巣鷹周辺に米軍機がバラバラになって落ちている件は、何なんだ。(自衛隊に落とされた)ということを日本サイドから発信して欲しい要望のようです。
http://www.youtube.com/watch?v=d9IuOOnibXs

looks like from the prototype of the blue stealth diamond of the F117.
 
 
 
先日のニューヨークUFOの件 御巣鷹に事前に来ていた米軍はUFOの動きを見るために出てきていた (123)
2010-10-15 12:05:19
・接続の遮断が激しい。
・このブログにログインするのも、何回かリトライしてようやく入れる状況である。
・本日は、なにやら全く注文していない高額な代金引換荷物がアマゾンから佐川急便で届いた。当方のアマゾン閲覧履歴を見て見たが、全く注文した形跡がない。(以前、佐川急便の自作自演詐欺にあい、当方で200万円程度の損害をこうむったことがある。佐川急便=海上自衛隊であるからして、123便の「異常外力」標的機の件を言う当方を経済的に攻撃しているのであろう。けしからん。)


さて、野村監督なみのぼやきはその程度にして、本題である。

2010年10月13日に、ニューヨーク上空にUFOが複数飛来した。
http://oka-jp.seesaa.net/article/165677789.html

事前に暴露されていた。
<以下引用>
NORAD (北アメリカ航空宇宙防衛司令部)の退役士官が自分の著書の中で、「2010年10月13日にエイリアンが人間と接触する」と記したことと関係しているのかもしれない。
<引用ここまで>

アメリカはUFOの飛来は事前につかんでいるものなのである。

さて、1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、上野村上空に、米軍機が複数、旋回待機していた。これが、米軍機が123便撃墜に関わっているといわれる原因だが、米軍はUFOが出るという予言の元に展開していたにすぎない。
123便を撃墜したのは自衛隊の習志野空挺団F4EJ小林である。
 
 
 
昨日はお世話様でした。 (123)
2010-11-14 09:08:53
昨日は、お世話様でした。
物品の方は
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=360001&l=1384150

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/images/2010/11/03/zanngai1.png
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/images/2010/11/03/zanngai2.png
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/images/2010/11/03/zanngai3.png
の場所のものです。(上の3枚は動画より。1985年8月13日TBS島田記者撮影。)
 
 
 
「黒い軍機」につきましては、当時の報道で裏づけがとれました。 (123)
2010-11-14 09:17:03
「黒い軍機」ですが、ブログ掲載していただいた黒い軍機物品の場所付近に、当時報道映像にも「黒い軍機」が映っていました。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/images/2010/11/13/2449.jpg
 
 
 
伊豆では、破片が光った、ような感じの証言が得られています。外部から異常外力を加えるものが当たったということです。 (123)
2010-11-14 09:23:04
伊豆では、破片が光った、ような感じの証言が得られています。外部から異常外力を加えるものが当たったということです。(下田市尾ヶ崎ウイング駐車場にて、目撃された方にインタビュー)
http://www.youtube.com/user/123ja8119osutaka#p/u/64/mey9l7eU0Ak
動画にはありませんが、その後、詳しく、お聞きしたところ、たくさんの方が光ったのを目撃している、とのことです。
 
 
 
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2634.jpg (123)
2010-11-15 20:11:45
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2634.jpg
 
 
 
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2700.jpg (123)
2010-11-15 21:57:19
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2700.jpg
 
 
 
こちらでも紹介されている軍機残骸と同じ種類の軍機の残骸がNHK特集動画内に (123)
2010-11-16 00:23:47
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2702.jpg
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   gooIDを取得する