横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

慢性病の主治医はご自分自身!その170

2009-11-30 17:27:26 | Weblog
 量と質とは車の両輪のような存在であって、一方のみで成り立つものではありません。なお、量は主には形ある目に見えるものである場合が多く、質は主には目に見える形あるもので無い場合が多いようです。そして、とくに我が国では、形あるものの方の価値を評価し、情報など形の無いものは、聞いたり見たりして知ればタダのものだと思っている方が圧倒的に多数であるように私は感じています。  量と質の両者を評価する際には、現 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その169

2009-11-29 15:32:32 | Weblog
 私は、このブログで過去に、質と量ということを述べたことがあります。質と量というものは、或る物質の持つ二つの側面を表すものであります。  例えば、パソコンなどに於いては、パソコンの装置自体はただの機械の詰まった箱のようなもので、いわゆる“ハード”と呼ばれております。このハードは主には量に属するものと言えましょう。  このパソコンを価値あるものとするのは、ソフトと呼ばれる情報があって初めて、その用途 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その168

2009-11-28 16:59:03 | Weblog
 病気ことに慢性病の治療の場合には、食生活を始めとする生活環境の改革・改善が主要な手段となるべきであるはずであります。  日々生活を続けて行く中で摂取する食物は、体の素材であり、エネルギー源あります。そしてそれは体の質を決定する最大の因子であり、その累積的な影響は将来罹患する病気の種類を決定する主要因でもあるわけです。このような事は、ほとんどの人々の常識的な判断からも、極めて妥当なものであるとご理 . . . 本文を読む
コメント

元お笑い芸人・亀山房代さん急死に関する私見

2009-11-26 21:54:01 | Weblog
自宅で倒れて…元お笑い芸人・亀山房代さん急死(スポーツニッポン) - goo ニュース  本日、上記のような訃報が入りました。  亀山房代さんというお名前を聞いても、関西の吉本興業の元お笑い芸人さんだとのことですが、お顔が頭に浮かびません。ただ、「上方お笑い大賞」金賞、「上方漫才大賞」などをコンビ漫才で受賞された方だとのことですので、テレビで拝見したことがあるのかも知れません。  心室細動のため . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その167

2009-11-26 21:18:58 | Weblog
 私がこのブログで記してきております私どもの研究成果は、従来の成果、すなわち、“慢性病の原因は累積的な食生活の誤りにある”の内容をさらに深く究明して(それにプラスして、普通のカゼのアレルギーの原因と発症のメカニズムとを解明し、更には、動脈硬化の原因と発症のメカニズムを解明し)、慢性病諸病の根本原因を解明しえたものであると自負しております。  なお、従来得られていた情報だけでも、きちんと行えば医療費 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その166

2009-11-25 17:30:36 | Weblog
 私は、ことに慢性病に関しては、現行の医療だけでは芳しい治癒成果を上げる事は無理だと考えております。  なぜならば、慢性病の原因は食生活を中心とする生活環境の累積的な誤りの結果として生ずるものであることが明らかとなってきております。  このことは、慢性病の予防及び治癒には、食生活を中心とする生活環境をどのようにしたらよいのか等に関する知識・情報が極めて重要であるということです。  昨日このブログ . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その165

2009-11-24 21:12:03 | Weblog
 先般下記のようなニュースが入りました。 <5分ルール>厚労省が廃止検討、医師の不満根強く11月7日2時31分配信 毎日新聞  すなわち、“厚生労働省は6日、医師が患者に問診などをする際、「おおむね5分超」をかけないと診療報酬(外来管理加算、520円)を請求できない「5分ルール」を廃止する方向で検討に入った。多数の患者の診察が難しくなったことや、収入減となった医師の根強い不満が背景にある。厚労 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その164

2009-11-23 20:46:53 | Weblog
 私どもは、病気(ことに慢性病)の原因因子として、酸性腐敗便と普通のカゼとが、その他の諸因子と比較して抜群の二大因子であるということを研究成果の結論として得たということはすでに繰り返し述べてきております(酸性腐敗便及び普通のカゼについて、詳しくは私著『医療革命』をご参照下さい)。また、酸性腐敗便と普通のカゼ(更には、糖尿病)とは、動脈硬化症の主要な根本原因でもあるという結論に達しております。  こ . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その163

2009-11-22 11:09:32 | Weblog
 僅か十六年余後には、今より医療費総額がほぼ倍増するというような驚異的な予測が得られた場合、これがアメリカ合衆国であれば、国家の一大事ということで、慢性病罹患の原因の究明を国家挙げての目標として定め、この問題解決に必死に当たるのではと推測致します。  ソ連という冷戦で敵対する大国に宇宙開発で遅れをとったことをきっかけに、人類を最初に月に送るアポロ計画を国家目標として定めて、目的を達成しましたことは . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その162

2009-11-21 17:17:09 | Weblog
 慢性病の根本原因として、酸性腐敗便の産出・吸収及び普通のカゼ罹患に伴って生ずるアレルギーが抜群の二大因子であるということを述べてきております。    ところで、内科の医師に受診しますと、主に行われますことは、診察・検査による病名の特定と、その診断に基づく薬の処方です。  このような形のものが医療であると大半の人は感じておられることと思います。  しかし私は、このような形の医療は果たして人々の要望 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その161

2009-11-20 22:10:40 | Weblog
 私は私の父・横田良助(医師、医学博士、基礎医学研究者)から、カゼに関する研究成果とカゼのアレルギーの恐ろしさを聞いて育ちました。  私が幼少期の頃より私と父とは二人で頻繁に散歩をし、その道すがら父から父の研究に関して様々な話を聞き、色々な会話のやり取りをしたものですが、『(普通の)カゼのアレルギーの研究成果でも、酸性腐敗便のそれと同等の立派な賞がいただけるだけの価値は有る』と常々述べておりました . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その160

2009-11-19 20:54:29 | Weblog
●難病の主因は普通のカゼのアレルギー!?  今日、国が指定している難病(特定疾患)に罹患する者の数が激増しています。 その増加ぶりを見ます時、私どもは心が震え上がるほど非常な恐ろしさを感ずるのです。  なぜならば、この問題は、私どもの研究成果から見て、非常にその根が深く、それを克服するには、これら諸病の発生のメカニズムを理解した上で、患者本人が納得づくで強固な克己心の下に、粘り強く長期にわたって . . . 本文を読む
コメント

サッカー・メキシコ代表選手の突然死についての私見

2009-11-18 17:27:21 | Weblog
メキシコ代表のアントニオ・デ・ニグリスが心臓発作で急死11月17日11時50分配信 スポーツナビ  本日上記のようなニュースが入りました。  メディアの報道によると、ギリシャのAEL1964に所属するメキシコ代表FWアントニオ・デ・ニグリス(31歳)が16日、睡眠中に心臓発作に見舞われ心停止で急死したというのです。  このブログでも再三、近年頻発しております一流サッカー選手の突然死について、そ . . . 本文を読む
コメント

協会けんぽ保険料率、引き上げ見通しについての私見

2009-11-18 16:15:16 | Weblog
協会けんぽ保険料率、9.9%に引き上げ見通し(朝日新聞) - goo ニュース  全国健康保険協会は17日、現行の保険料率8.2%を全国平均で9.9%に引き上げる必要があるとの見通しを示した。9月に公表した当初見通し9.0%を、不況による賃金水準のさらなる低下と新型インフルエンザの流行による医療費の増加で、上方修正した。保険料率を9.9%に上げると、月収28万円の人で月約4800円の負担増(労使 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身!その159

2009-11-17 22:21:43 | Weblog
 なお、普通のカゼのアレルギーによって生ずる害は、直接的なものと間接的なものとの2種類に大別することができると私は考えております。  普通のカゼの直接的な害とは、そのアレルギー抗体の強力な傷害作用及び、アレルギー性に生ずる血行障害によってもたらされるもののことです。  アレルギー抗体は血液中をその流れに乗って運ばれるため、当然、活動の盛んな充血を生じている組織に抗体は濃度高く集まることとなります . . . 本文を読む
コメント