横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

医療はコンビニ、救急車はタクシーの先にあるもの①

2008-01-31 14:17:41 | Weblog
【風】医療はコンビニではない(産経新聞) - goo ニュース  今週月曜(1/28)、上記のようなニュースがありました。  最近、“医療はコンビニではない”というニュースや、救急車を極めて軽度な病気で呼ぶ者、さらには、救急車をタクシー代わりとして使う者が数多く出現しているというニュースを目にしました。  権利ばかり主張する患者さんが非常に増えているのだそうです。  権利と義務とが表裏一体の . . . 本文を読む
コメント

鼻呼吸と口呼吸とカゼ罹患しやすさとの密接な関わり②

2008-01-28 15:54:12 | Weblog
 何年か前のことですが、『濡れマスク』のカゼ予防・治癒効果などに関して記述した本が出版され話題を呼んだことを皆さんご存知でしょうか?  私は、残念ながらこの本を読んでいないのですが、理論的に考察して、カゼの予防・治癒に濡れマスクは或る程度の効果を持つと私は判断します。  口から雑菌を吸い込むことを防ぐなども濡れマスクの一つの効果ではあります。  ただそれよりも、最大の効果は、口腔内及び鼻腔内のた . . . 本文を読む
コメント

意識消失は酸性腐敗便の産出・吸収でも起こる!④

2008-01-26 10:15:28 | Weblog
高速バス運転手が意識不明、乗客が緊急停止…会社事実隠す(読売新聞) - goo ニュース 追記 : 14日の事故の件に関して次のようなニュースが出ていることを知りました。 “運転手は収容先の病院でインフルエンザと判断されたが、後の調べで乗務前に風邪薬を副用していたことが判明。これが原因で眠気を催したものとみられている。薬の服用は点呼後とみられ、会社は運転手の体調不良状態を含めて把握していなかっ . . . 本文を読む
コメント

意識消失は酸性腐敗便の産出・吸収でも起こる!③

2008-01-26 09:49:58 | Weblog
高速バス運転手が意識不明、乗客が緊急停止…会社事実隠す(読売新聞) - goo ニュース  昨日上記のようなニュースが入りました。  同様の事件についてのは、今月14日の私のブログでその原因に関しての考察を書いたばかりです。  今度の件は、その前日13日にあった事件を会社が隠していて、昨日判ったというのです。  このように、同類の事件は皆さんが考える以上にかなり頻繁に起こっていると私は考えてお . . . 本文を読む
コメント

医療崩壊を防ぐための二つの鍵③

2008-01-25 11:53:25 | Weblog
日々報じられる医療問題、「悪いのは病院」か 行政とメディアにも問題はないか(ニュース畑) - goo ニュース  (昨日の続きです)  この解決策としては、心底から“なるほど!”とうなづける確固たる指針を厚生労働省が示す必要があります。そして、対価効率の良い、治癒効果の上がる医療で、短期間の中で治せる医療とする必要があります(それ以前に、生活環境の改革によって、病気ことに慢性病になる患者数を大 . . . 本文を読む
コメント

医療崩壊を防ぐための二つの鍵②

2008-01-24 11:35:54 | Weblog
日々報じられる医療問題、「悪いのは病院」か 行政とメディアにも問題はないか(ニュース畑) - goo ニュース  昨日の続きを以下に述べます。  もう一つは、病気を速やかかつ効果的に治療する方法・手段が、とくに内科領域で乏しいことです。  例えば、或る医師が数多くの患者さんの治療に当たる中で色々な情報を得て、工夫を凝らした新たな治療法を確立し、それが既存のものより遥かに治癒効果が高いことを確 . . . 本文を読む
コメント

医療崩壊を防ぐための二つの鍵①

2008-01-23 22:21:47 | Weblog
日々報じられる医療問題、「悪いのは病院」か 行政とメディアにも問題はないか(ニュース畑) - goo ニュース  本日上記のようなニュースが入りました。  “診療報酬の過大請求”、“不適切な診療報酬の請求”。言葉の意味合いからすると違法行為、あるいは犯罪と感ぜられるものであります。  ただ、すべてが悪事かというと、そうで無いケースもあると私は考えるのです(なぜそのように考えるのかという理由は後 . . . 本文を読む
コメント

鼻呼吸と口呼吸とカゼ罹患しやすさとの密接な関わり①

2008-01-20 17:27:18 | Weblog
【コラム】 鼻呼吸と口呼吸はいったい何が違うの?(R25) - goo ニュース  昨日、上記のようなニュースが入りました。  鼻呼吸と口呼吸、鼻の穴より口の方が遥かに大きいのに、少しの時間でも意識して試してみれば直ぐにも分かりますが、鼻で呼吸する方が遥かに楽なのです。  カゼなどを引いたり、あるいは花粉症の盛りの頃など、鼻が詰まるということが起こるので、口で止む無く呼吸することとなります。 . . . 本文を読む
コメント

心筋梗塞、日常生活で予防

2008-01-20 16:15:04 | Weblog
心筋梗塞、日常生活で予防(中国新聞) - goo ニュース  本日上記のようなニュースが入りました。  “広島大大学院の木原康樹教授(循環器内科学)が基調講演し、「心筋梗塞の危険因子を山積みした人が激増している」と指摘した”とのことです。  さて、心筋梗塞発症は大きくは二つあります。  一つは、動脈硬化が高度となり心臓を養う冠状動脈血管が非常に狭隘化して起こるタイプのものです(血管に不溶性 . . . 本文を読む
コメント

箱根駅伝に関する健康問題

2008-01-19 11:12:14 | Weblog
 毎年恒例の年始行事となっている箱根駅伝は皆さん良くご存知のことでしょう。  お正月もとうに過ぎ去りましたが、ここでこのレースに関連した話題を採り上げておきたいと思います。  今年は箱根駅伝史上初めて3校も途中棄権校が出たので、レースの距離や大会運営方法に問題があるのではということが騒がれました。  箱根駅伝は、長距離走の選手たちにとっては特別のレースであるようです。正月早々から片道5時間以上に . . . 本文を読む
コメント

大変だァ ! 2030年には、年間47万人の「死に場所」が確保できなくなる

2008-01-18 16:39:06 | Weblog
「国の在宅死4割目標は不可能」1月17日17時3分配信 医療介護情報CBニュース  昨日、上記のようなニュースが入りました。  『「患者の意志を尊重した適切な終末期医療を提供する」として、厚生労働省は自宅等での死亡割合を4割にすることを目標にしているが、「高齢者の希望に沿うなら、逆に1割に下方修正するべきではないか」-。厚労省が2030年には47万人の「死に場所」が確保できなくなると予想し、 . . . 本文を読む
コメント

意識消失は酸性腐敗便の産出・吸収でも起こる!②

2008-01-17 12:19:04 | Weblog
 “山形でのバス運転手の意識消失事件”に関しての私の判断は14日に述べましたが、その続きを記してみたいと思います。  “バスの運転手の意識消失”・・・このことに関して、たまたま色々なことが偶然重なって起こったことというような見方をする人がおられます。  「そうそう、悪いことは得てして重なって起こるものだよ。まあ、でも、大事故にならなくて良かったネ」というような見方です。  大半の人々は、もちろん . . . 本文を読む
コメント

意識消失は酸性腐敗便の産出・吸収でも起こる!

2008-01-14 21:06:05 | Weblog
高速バス運転手意識失う=乗客が緊急停車、けが人なし-山形 (時事通信) - goo ニュース  本日上記のようなニュースが入りました。    運転手の運転中の突然の意識喪失による事故は、時折ニュースとして報道されたものを目にします。  バス運転手の資格審査の場合、“てんかん”に関しては、このような病気の有無が厳しく調べられているようです。したがって、てんかんが意識消失原因の可能性は低いと思われま . . . 本文を読む
コメント (2)

病気罹患後の医療か、罹患前の節制か、その差は実に大きい!

2008-01-14 14:37:50 | Weblog
死んだ心臓、細胞注入で再生=ラット実験、器具内で成功-米ミネソタ大 (時事通信) - goo ニュース  本日上記のようなニュースが入りました。  “死んだラットの心臓がを再生医療の処置によって拍動して機能した”・・・死んだものが生き返る、何と凄い事かと驚きを禁じえません。  幹細胞を利用しての再生医療に関しては、本日(1/14)の朝日新聞朝刊20面にも大きく採り上げられており、まだ実現可能と . . . 本文を読む
コメント

国民皆保険制度の崩壊を食い止めるのは個々人の努力次第

2008-01-12 10:20:43 | Weblog
474万世帯が保険料滞納 国保、07年も高止まり(共同通信) - goo ニュース  昨日上記のようなニュースが入りました。  国民皆保険制度という制度を日本は誇ってきましたが、近年だいぶほころびが目立ってきております。  このようになって来ましたことの原因は、様々なものが考えられると思います。  私としては、日本人の生活環境が病気を招きやすいものへと変化したことが極めて大きいと判断しており . . . 本文を読む
コメント (2)