横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

開業医は「楽」でも「もうけ過ぎ」でもない・・・!?①

2009-05-31 10:44:11 | Weblog
開業医は「楽」でも「もうけ過ぎ」でもない(医療介護CBニュース) - goo ニュース  一昨日、上記のようなニュースが入りました。“開業医は「楽」でも「もうけ過ぎ」でもない”というのです。皆さんがこの記事に対して抱く感想はいかがなものでしょうか?  医師を志す人の何割かのこの職業を選択した動機は、“病気に苦しむ人を、その苦痛から救いたい”というものであろうかと私は推測するのです。  私は、こ . . . 本文を読む
コメント

食生活崩壊が糖尿病を招く①

2009-05-30 21:23:16 | Weblog
 “厚生労働省が公表した07年の国民健康・栄養調査で、糖尿病患者とその予備群が推計2210万人となり、5年前の1620万人に比べて36%増えていたことが判った”旨の統計成績は、既にこのブログでも採り上げました。  糖尿病がこの勢いで増加しますと、運良く慢性病の根本原因を解明した私どもの研究諸成果の広く啓蒙されることが実現しましてさえも、厚生労働省の2025年の予測、すなわち、医療費と介護費用の合計 . . . 本文を読む
コメント

トピックス  食生活崩壊が健康保険制度を崩壊に導く!

2009-05-29 16:25:49 | Weblog
【こども】親の怠惰で児童が肥満 不規則な生活、手抜き食事…改善を(産経新聞) - goo ニュース  一昨日、上記のようなニュースが入りました。  その内容をご覧頂きますと、うちの子もこの記事の内容通りだと思い当たられるご家庭が相当数あるのではと私は推察するのです。いやそれどころか、子供さんだけで無く、大人たちも子供と同様であると感ぜられるご家庭さえかなり多いのではと私は感じております。  私 . . . 本文を読む
コメント

閑話休題:9割の病気は自分で治せる!

2009-05-27 21:50:14 | Weblog
 昨日(5/26[火])、朝日新聞朝刊一面下の書籍の宣伝欄に、『9割の病気は自分で治せる(中経出版刊。著者:医学博士 岡本裕)』というタイトルの本を見かけ、そのタイトルに非常に興味を持ちました。  タイトルの意味する内容自体は、ごく当たり前のことだと私は感じました。しかし、私の『医療革命』の本も、このような砕けたタイトルにすべきであったという反省を強く感じた次第です。  ネットで同著書を検索しまし . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身! その136

2009-05-27 15:04:03 | Weblog
 透析患者が一人一回の透析を行うと、だいたい数万円ほどが医療費として掛かるようです。  この中から、ディスポーザブルの医療器具や人件費他を差し引いた金額がどのくらいになるのかを私は知りませんが、診療科として透析部門を抱えた病院では、透析科の医師が、この病院は自分の稼ぎで成り立っていると、肩で風切って院内を歩いているように見えるという患者さんたちからの声を時折耳にします。  医師とは、病気を治すこと . . . 本文を読む
コメント (2)

慢性病の主治医はご自分自身! その135

2009-05-26 11:23:00 | Weblog
 日本人には透析を必要とする腎臓病患者が世界平均の5倍存在する・・・このような言葉を聞くと、それは日本民族の体質に何か他民族とは異なる腎臓に傷害を招く根本的な欠陥があるのでは無いかというようなことももしかしたら存在するのではなどという疑念を持たれる方もおられるかも知れません。  しかし、民族的なこのような点に関する心配はまったく無いと私は考えます。  問題があるのは、厚生労働省の役人たちや医師た . . . 本文を読む
コメント

トピックス:救急医SOS 実態合わぬ「宿直」扱い

2009-05-25 17:43:46 | Weblog
<救命救急センター>救急医SOS 実態合わぬ「宿直」扱い--泊まり勤務毎日新聞調査 2009年5月24日(日)13:00  昨日、上記のようなニュースが入りました。  その内容をお読み頂くと、救急医療の現場が、かくも過酷な状態にあるのかということを知ることができます。医療の現場にいる医師たちが書いた、『医療崩壊』というタイトルの本が、近年非常に数多く出版されておりますのも、程度の差はあれ、救急外 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身! その134

2009-05-25 10:12:22 | Weblog
 難病の中でもパーキンソン病と潰瘍性大腸炎の2疾患の特定疾患医療受給者証交付数が5万人台だった今から数年前の頃、これらを医療費助成の対象から外す話が出ました。しかし、大きな反対運動が起こりましたためとりあえずは従来通りとなっているようです (数多く種類がある難病の中で、政府助成の対象となるのは、必ずしもその患者数が多いということだけで決定されるわけではありません。現在の上記2疾患の受給者証交付件数 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身! その133

2009-05-24 11:44:14 | Weblog
 このままだと、次回の2012年度の調査では糖尿病は予備軍も含めると3000万人、次々回の2017年度には4000万人、さらにその次の2022年度には5500万人ほどにも増えてしまいかねません。  “年別透析導入患者の主要原疾患の推移”という統計グラフを見ますと、 1998年の時点で、それまでの主原因であった慢性糸球体腎炎(このものの主要原因は、“普通のカゼ”の罹患に伴って生ずる自己免疫の強力なア . . . 本文を読む
コメント

トピックス: 『抗加齢ドック』で病気を予見!

2009-05-23 21:13:04 | Weblog
『抗加齢ドック』で病気を予見!早期治療で健康に長生き【健康とからだ新常識】(ダイヤモンド・オンライン) - goo ニュース  本日上記のようなニュースが入りました。  何のことは無く、“人間ドック”の呼び名を変えて、新し物好きの日本人の注意を引こうとしたもののようです。  保険が適用される普段の医師による診察は、医療費を支払ってさえいれば、低価格で受ける事ができます。しかし、自由診療に当たる . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身! その132

2009-05-23 09:59:14 | Weblog
 透析を必要とするほどに腎臓が傷害される原因は、以前は重篤な“普通のカゼ(このものに関して詳しく知りたい方は、私著書『医療革命』をご参照下さい)”罹患に伴って生ずる自己免疫のアレルギーが主であったろうと私は推測しております。  ところが近年は、糖尿病罹患による血液中に過剰に存在するようになった糖(非常に強力な傷害作用を持つ)が原因のものが急速度で増えているようです。  その発症の原因が、普通のカゼ . . . 本文を読む
コメント (2)

慢性病の主治医はご自分自身! その131

2009-05-22 20:29:20 | Weblog
 病気というものは、あらかじめどのような原因で発症し、その症状にはどのようなものがあるのかという知識・情報が広く啓蒙され、その対抗策が“なるほど!そうなのかア!”とうなづくことのできるものが得られれば、その治癒効果は絶大なものとなります。  そしてこのことはすでに、伝染病の諸病については実証済みのことです。  ところで、慢性病の諸病と並んで、自己免疫の関与する難病に関しても、私どもはすでにその原因 . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身! その130

2009-05-20 22:05:23 | Weblog
 数多く種類のある難病(専門用語では“特定疾患”と呼ばれる)の原因は、大まかには、遺伝子レベルの変化に起因するものと、自己免疫に起因するものとの二つに大別することができます(さらにもう一つ、最近急激に増えてきておりますのは、糖尿病の合併症が関係するもので、このケースの重くなったものは治癒させることが極めて困難なので、この増加を私は強く危惧しております)。  私自身この関係の統計成績を詳しく調べたこ . . . 本文を読む
コメント

慢性病の主治医はご自分自身! その129

2009-05-19 21:17:12 | Weblog
 まだ体力があり、ほとんど病気らしい病気になったことが無いという方たちは、自分たちが将来もし重い病気になったような際には、医師が速やかに上手くそれを治してくれるに違いないと、近年の医学は相当に進歩しているという強い期待を持っておられる方がほとんどであるようです。  しかし、頻繁に病気で苦しむ体験をされてきている方の多くは、少し病気の症状の重い場合には、現代医学ではなかなか芳しい治癒成果の上がらない . . . 本文を読む
コメント

閑話休題・・・医薬品の次期ヒット作は海から

2009-05-19 15:14:30 | Weblog
医薬品の次期ヒット作は海から(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト) - goo ニュース  私どもは、父子二代にわたり40年間ほどスクワレンと関わりを持ち、このものの研究を行ってまいりました。  数日前(5/15)、上記しましたようなニュースを私はネット上で見かけ、20年ほど前に私が経験した出来事を思い出しました。  その際のそもそものきっかけは、或る会社からのスクワレンに関する本の出 . . . 本文を読む
コメント