横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本再生論(その41)

2011-09-27 15:40:53 | Weblog
 以下に述べることはこのブログに以前記したことがあると記憶していますが、私は、糖尿病という病名がこの病気の治療を成果の上がらぬものにさせていると考えています。  すなわち、糖尿病は糖の代謝のコントロールが上手く行かず、血液中及び尿中に過量の糖が検出されるようになる病気です。そして、病名に“糖”という文字が入っていることから、糖質(あるいは、カロリー)の摂取制限や、糖の体内濃度をコントロールするホル . . . 本文を読む
コメント

日本再生論(その40)

2011-09-23 01:18:14 | Weblog
 糖尿病に関してはすでに、摂取するカロリーの制限と運動療法とをセットで行うことが治療の有力な一手段とされています。  もちろんカロリー制限と運動の励行は糖尿病治療にとって大切な治療手段だとは私も思います。しかし、このような療法が行われているにもかかわらず(ただ、このような節制に関してもなかなか十分実践できずにいる患者さんが結構おられるようでありますが)5年毎の調査で三十数%も増加し続けていることは . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

日本再生論(その39)

2011-09-16 22:49:49 | Weblog
 ことに大幅に削減できると考えられる障害の一つとして私は腎臓障害を考えています。 この腎臓障害とは人工透析を必要とするケースのことです。  ところでこれに該当する障害者は現在30万人を超え、昨年度に新たにこの関係で障害者手帳の交付を受けた者は4万人近くおり、亡くなられる方も数多くおられますので、差し引き毎年8~9千人ほどづつ増えており、今後しばらくは少なくもこのペースで増え続ける可能性が高いと判断 . . . 本文を読む
コメント

日本再生論(その38)

2011-09-15 00:57:12 | Weblog
 ことに大幅に削減できると考えられる障害の一つとして私は心臓障害を考えています。  心臓系の障害が原因で身体障害者手帳交付を受けている者の障害者全体に占める割合は12.7%と高く、とくにその中の86.7%が1級と、重度の障害の者の割合が極めて高くなっています。  このように心臓関係で重度の障害者が数多いということは、一つには心臓が極めて重要な役割を果たす臓器で、また、傷害された場合の修復がなかな . . . 本文を読む
コメント

松田選手急逝の悲しみが癒えぬのに、同類原因での急死者発生か?

2011-09-07 21:30:35 | Weblog
真田さん急死…小野「松田さんの悲しみも残ってる。心の整理つかない」スポニチアネックス 9月7日(水)18時55分配信 J1清水の元GK、真田雅則氏が急死(読売新聞) - goo ニュース  一ヶ月余り前の松田選手急逝の悲しみが癒えぬのに、同類原因での急死者発生か?と感ぜられるニュースが7日朝に報道されました。  J1清水の元GKで全日本代表にも選ばれたことのある真田雅則氏(43歳)が6日夕刻急 . . . 本文を読む
コメント

日本再生論(その37)

2011-09-06 17:27:32 | Weblog
 身体障害者手帳とは、身体障害者が健常者と同等の生活を送るために最低限必要な援助を受けるための証明書にあたります。  障害の種類は、視覚障害、聴覚障害、音声・言語機能障害、そしゃく機能障害、肢体不自由、内部障害である心臓機能障害、呼吸器機能障害、腎臓機能障害、膀胱または直腸機能障害、小腸機能障害、免疫機能障害、肝臓機能障害、計12種類です。  身体障害の等級は数字であらわされ、数字が小さいほど重度 . . . 本文を読む
コメント

日本再生論(その36)

2011-09-01 14:54:19 | Weblog
 私は、難病(特定疾患)患者で医療受給者証を交付されている人々や、身体障害者手帳が交付されて政府から助成金を受け取っている人々も、その中の一部に対して、助成金打ち切りあるいは削減の事態が近い将来訪れないとは限らないのではと強く危惧しております。  このブログで以前、何年か前にパーキンソン病と潰瘍性大腸炎が助成の対象から外れるかも知れない事態の起こった際のことを記しました。もちろんその時は幸いにして . . . 本文を読む
コメント