横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「動脈硬化」は心臓病、脳卒中の主因か?

2009-10-31 21:58:27 | Weblog
足の動脈硬化、「知っている」は3割未満(医療介護CBニュース) - goo ニュース  一昨日上記のような記事がネットに掲載されました。  動脈硬化は全身の動脈血管に生じます。したがって、脚は全身に占める容積として4割近くを占めておりますから、動脈硬化は当然生じます。また、血管に血液中の不溶性物質が詰まる梗塞も、動脈硬化の生じた血管の狭隘部に生ずるもので、心筋梗塞や脳梗塞は命にも関わる場合の多い . . . 本文を読む
コメント

突然、家族の誰かが倒れて介護生活となったら

2009-10-29 21:00:42 | Weblog
ニュースJAPAN松本氏が妻の介護本(日刊スポーツ) - goo ニュース  本日上記のようなニュースが入りました。内容は以下の通りです。    “フジテレビ報道局の解説委員で報道番組「ニュースJAPAN」の編集長も務めた松本方哉(まつもとまさや。53歳)氏が30日、著書「突然、妻が倒れたら」を新潮社から出版する。約2年前、妻が46歳でくも膜下出血で倒れ、介護のため番組を離れた。妻は今年3月に卵 . . . 本文を読む
コメント

治せぬ医療が医療費の膨大化を生む!?⑥

2009-10-29 13:42:44 | Weblog
 少し以前まで、次のような言葉が述べられておりました。・・・“医者は薬を売って、薬剤師は雑貨を売って生計を立てている”・・・そしてその後、“医薬分業”が一応なされました。  しかし、このような改革は、病気の治癒率に影響を及ぼすなどのことにはまったく関係ありませんでした。また、医療費の削減と言う意味でどれほどの影響があったのか、私は病気治癒にもっぱら関心がありますため、このような点については調べたこ . . . 本文を読む
コメント

治せぬ医療が医療費の膨大化を生む!?⑤

2009-10-23 22:15:32 | Weblog
 食生活が慢性病発症の主要因であるにもかかわらず、更には、医療費が増大してこのままでは健康保険制度が破綻する瀬戸際の危機的状態にあることを知りながら、健康を維持・増進し、病気を予防・治癒するための情報の啓蒙に、担当のお役所がさほど熱心には取り組んでいないように私には感ぜられます。  また、一般の人々も、食生活の改革が重要だということを知りながら、また、病気になるのは絶対嫌だと言いながら、実際の行動 . . . 本文を読む
コメント

治せぬ医療が医療費の膨大化を生む!?④

2009-10-21 21:13:31 | Weblog
 慢性病の発症に於ける食生活の影響というと、普通長期的なものを思い浮かべますが、すでに病気を発症して、その症状が重篤化した際には、或る程度安心と確信できる状態に治癒するまでの一定期間、極めて厳格な食事療法を行うことが必要となります。  しかし、慢性病の根本原因が医学界で未解明だとされている現在、このような重篤時の食生活に関して(また、平常時の理想的な食生活に関しても)は、ごくごく一部の医師たちが、 . . . 本文を読む
コメント (3)

南田洋子さんのくも膜下出血についての私見③

2009-10-21 12:26:46 | Weblog
南田洋子さん危篤、長門が沈痛会見(日刊スポーツ) - goo ニュース 長門裕之、妻・南田洋子に「絶対失いたくない」と一生分のキス10月21日7時35分配信 オリコン  南田さんは今年2月には脳梗塞と診断され、入退院して治療を受けられ、そして今度がくも膜下出血です。  短い期間の間に2度、高度の酸性腐敗便(このものについて詳しくは、私著書『医療革命』をご参照下さい)の産出・吸収による脳梗塞とく . . . 本文を読む
コメント

南田洋子さんのくも膜下出血についての私見②

2009-10-20 22:33:24 | Weblog
長門裕之、妻・南田洋子の容態に悲痛10月20日20時40分配信 オリコン  今上記のようなニュースが入りました。  長門裕之氏は20日夜、出演中の舞台が行われている東京・明治座で会見を行い、『南田さんが人工呼吸器をつけていることを明かし「今後、医師からは『治療しません』と言われました』旨のコメントを発表されました。  すなわち、現代医療ではもはや為すすべが無いというであります。  なお、人工呼 . . . 本文を読む
コメント

南田洋子さんのくも膜下出血についての私見①

2009-10-20 20:51:07 | Weblog
南田洋子さんくも膜下出血で搬送、手術(日刊スポーツ) - goo ニュース 南田洋子がくも膜下出血、17日緊急入院(サンケイスポーツ) - goo ニュース  昨日(19日)夜、上記のようなニュースが入りました。  南田洋子さんが認知症を患われて、ご主人である長門裕之氏による献身的な介護、闘病の様子は昨年のテレビ朝日系のドキュメンタリー番組で放送されました。  日活の銀幕スターとして元気でご . . . 本文を読む
コメント

治せぬ医療が医療費の膨大化を生む!?③

2009-10-19 11:11:53 | Weblog
 例えば、慢性病の原因に関しては、世界中の医学研究者の結論は、“累積的な食生活の誤りにある”というものに収束しております。  この結論は、私どもの結論とも一致するものであり、真理を看破したものであって、この食生活改革が理想的な形で行われることは、慢性病の治癒成果を大幅にアップさせるものだと私は考えています。  ところが、“慢性病の原因は累積的な食生活の誤りにある”という結論まで得ていながら、慢性病 . . . 本文を読む
コメント

治せぬ医療が医療費の膨大化を生む!?②

2009-10-18 21:33:38 | Weblog
 器械の構造は人間の体に比べると極めて単純です。  なお、その器械が、電気あるいは化石燃料の燃焼した際に発生するエネルギーで動くものであれ、動く仕組みは科学的に理路整然とした筋が通っているわけです。  そこで、その器械が動かなくなった場合に、どこが壊れたかを探し出すことは、専門的な知識を持った者であれば、容易に見つけ出すことができます。そして、壊れた箇所を修理乃至新しいものと交換するなどすれば、元 . . . 本文を読む
コメント

治せぬ医療が医療費の膨大化を生む!?①

2009-10-16 15:19:00 | Weblog
 私は決して医師の人々をけなしたりするつもりで以下の言葉を述べようとしているわけではありません(とはいえ、結果的にはけなしている風に聞こえる可能性は十分ありえます。とくに医師を職業とされる人々には、けなす意味に受け取られがちであるのではと懸念しております。ただ、医師たちの中にも、このままでは“医療崩壊”してしまうという思いを抱かれている方が相当増えてきておられるようです。そこで、医療崩壊の意味は複 . . . 本文を読む
コメント

健保組合全体の経常収支大幅赤字の解決策③

2009-10-15 16:44:00 | Weblog
 現在は企業などでも従業員に、医療費抑制のため健康の維持に積極的に努めるようにという指示を出しているところは数多くあるようです。  もちろん、運動の励行などの対策も必要でしょうが、それ以外にどのようなことが健康の維持に非常に有効で、病気予防に役立つのか、(何らかの病気になる前あるいは、何らかの病気に罹患した後でも)その努力の方向や力を注ぐべき点がハッキリとは良く判らないという人が多いのではと私は思 . . . 本文を読む
コメント

健保組合全体の経常収支大幅赤字の解決策②

2009-10-14 13:12:07 | Weblog
 病気ことに、現在の医療では慢性病と呼ばれる諸病による受診者が、全受診者総数のほぼ50%を占めている状態にあります。しかしながら、このように莫大な数多くの受診患者を擁する病気の原因を医学界は未解明だとしております(実際は、原因未解明だからこそ、速やかに治癒させることができぬため、累積的な受診者数が莫大なものとなっているわけです。そして、慢性病以外も、皆さんが驚きを感ぜられるかも知れませんが、ほとん . . . 本文を読む
コメント

健保組合全体の経常収支大幅赤字の解決策①

2009-10-09 21:56:30 | Weblog
健保組合全体の経常収支、3千億円の大幅赤字に―健保連(医療介護CBニュース) - goo ニュース  先月(9月)の11日に上記のようなニュースが入りました。  健保組合全体の経常収支、約3千億円の大幅赤字で、組合のほぼ7割が赤字状態であるというのです。その理由は、後期高齢者医療保険制度導入による負担増加、不況による賃金・賞与の低下に伴う保険料収入の減少などで、健保組合の財政は極めて深刻だからだ . . . 本文を読む
コメント

宮内庁式部官長 登山中倒れ死亡の件について

2009-10-07 20:46:47 | Weblog
宮内庁式部官長 登山中倒れ死亡(産経新聞) - goo ニュース  中川昭一元財務・金融相が突然死された当日に上記のようなニュースも入りました。  “新潟県糸魚川市の雨飾山(標高1963メートル)を登っていた宮内庁式部官長、原口幸市氏(68)が倒れて意識不明となった。110番通報を受けた県警の要請で、県消防防災航空隊のヘリコプターが出動して救出したものの、午後2時46分、搬送先の糸魚川市内の病院 . . . 本文を読む
コメント (1)