横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

食のデフレが命のデフレを招く!?

2009-08-31 16:52:49 | Weblog
ここまで深刻「食のデフレ」:上野泰也(みずほ証券チーフマーケットエコノミスト)(1)(Voice) - goo ニュース  アメリカのサブプライムローン破綻に発端する世界規模での大不況の影響を受けて、外需で潤ってきていた日本人の多くの生活の基盤が非常に危うい状態となり、このことが原因で、人々の財布のひもは固くなる一方です。  このような際には、大半の人々は毎月入る収入内の大体決めた金額の範囲内で . . . 本文を読む
コメント

新型インフルエンザに対する狂騒に冷静に対処せよ!

2009-08-28 20:26:08 | Weblog
1日当たり76万人発症=新型インフルの流行時-入院4万6400人・厚労省試算(時事通信) - goo ニュース  新型インフルエンザが大流行した場合の予測に関する上記のようなニュースが本日入りました。  現在、なぜか沖縄県は日本の中でも新型インフルエンザの発症率が飛びぬけて高く、各病院はこの関係の患者さんへの対処に追われていて、他の病気の重症患者さんへの対処に支障が出るような状態になっていると聞 . . . 本文を読む
コメント (2)

生産性がより向上せねば、日本の生活レベルは低下する!

2009-08-26 21:14:58 | Weblog
 今日もネットサーフィンをしていて、面白いナァと感ずる記事を見つけました。それも今度の選挙のマニフェストに関わるもので、以下の記事の中の一節です。 与謝野氏発言に選挙後を見る英語メディア、日本は変わるのかと――JAPANなニュース  この記事の中に、私が良く見るテレビ東京の番組、WBS(ワールド・ビジネス・サテライト)のゲストコメンテーターのお一人であるモルガン・スタンレー証券のロバート・フ . . . 本文を読む
コメント

今度の選挙後は医療改革のチャンス!

2009-08-25 21:24:37 | Weblog
崩壊へと向かう医療制度問題の全体像を語れる政党の不在  本日ネットサーフィンをしていて、今度の選挙の各党が出したマニフェストの中の医療分野に関して比較した、上記のような記事を見つけました。  記事の中では、以下のように結論しております・・・“高齢者比率は上昇の一途を辿ることは誰の目にも明らかです。そして、このままでは、いずれは「老人保険料の引き上げ」、「公庫負担の引き上げ」か「老人医療の質の切り . . . 本文を読む
コメント

メタボ患者、新型インフル死亡率上昇の恐れ!

2009-08-23 21:47:22 | Weblog
メタボ患者、新型インフル死亡率上昇の恐れ(読売新聞) - goo ニュース  本日、“肥満などメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や妊娠は、新型インフルエンザによる死亡の危険性を高める恐れがあることが、フランスの研究チームの分析で明らかになった”というニュースが入りました。“肥満は、これまでの季節性インフルエンザでは死亡の危険因子とは考えられておらず、新型の特徴である可能性もある”というの . . . 本文を読む
コメント

死亡相次ぐ新型インフル 重症化防ぐには?②

2009-08-23 21:42:08 | Weblog
 昨日記した内容でお判り頂きにくかった点があるのではと気付き、その点を補足しておきたいと思います。  ウイルスは細菌などの微生物より遥か桁違いに微細な生物です。したがって、飛沫感染などにより非常に感染力の強いことが知られています。  ことに、新型ウイルスということになれば、これに対して免疫を持つ人が存在しないわけですから、感染して後、自らの体に備わった免疫という防御機構が上手く働いて、自らこの新 . . . 本文を読む
コメント

死亡相次ぐ新型インフル 重症化防ぐには?

2009-08-22 15:06:19 | Weblog
死亡相次ぐ新型インフル ハイリスク者の重症化防ぐには?(産経新聞) - goo ニュース  新型インフルエンザが感染拡大し、8/19(木)舛添厚生労働大臣が感染防止対策の徹底を訴え会見を行いました。そしてさらに本日、上記のニュースが入りました。  新型インフルエンザということで、政府も医学界や一般の人々も、インフルエンザウイルスへの対策にもっぱら目が集中しております。  ただ、ご承知のとおり、 . . . 本文を読む
コメント

治すことを目的としない医療に疑問を持つべきだ!⑤

2009-08-21 22:53:04 | Weblog
 私は、“慢性病の主治医はご自分自身!”というタイトルで、すでに149回このブログで述べてきております。このタイトルのシリーズは、慢性病の原因が解明されれば、事態は一変することをお伝えすべく述べてきているものです。  ところで、主だった病気に関しての概要は、学校でも一応は授業で習います。また、ある種の病気に関心あるいは心配な気持ちを感ぜられた人々は、関連する書物を読むなどされるはずです。  ただ . . . 本文を読む
コメント

治すことを目的としない医療に疑問を持つべきだ!④

2009-08-20 21:06:21 | Weblog
米国(の一部)が医療保険改革に反対なのは「クレージー」だからか――ニュースな英語(gooニュース・ニュースな英語) - goo ニュース  1975年にアメリカ合衆国で、莫大な医療費を掛けている割には、病人の数が増え続けていることの矛盾の原因を究明するために栄養問題特別委員会と俗称される委員会を議会上院に創設し、足掛け3年にわたり審議を続けた結果の結論の要約は、“慢性病の原因は累積的な食生活の誤 . . . 本文を読む
コメント

心筋炎は数時間で命をも奪いうる恐ろしい病気!

2009-08-17 22:11:53 | Weblog
俳優山本陽一が一時危篤、心臓にウイルス(日刊スポーツ) - goo ニュース  本日上記しましたようなニュースが入りました。  俳優山本陽一さん(40才)という方を私は存じ上げないのですが、心筋炎で9日に神奈川県相模原市の北里病院のICU(集中治療室)に緊急入院し、一時は人工呼吸器を付けられるなど意識不明の危篤状態に陥り、その後、意識を回復したが、予断を許さない状態が続いているというのです。   . . . 本文を読む
コメント

治すことを目的としない医療に疑問を持つべきだ!③

2009-08-17 20:49:14 | Weblog
 このブログで以前、毎年テレビで放映される東大の卒業式の様子のことを採り上げました。  東大は毎年、数多くの上級職の試験を通った官僚の卵たちを輩出しております。彼ら卵たちは、テレビのアナウンサーの問いに対し、“自分こそは日本の国を良くするため働きたい”という類の意気込みを語っています。  ところが、何年か経つと、朱に交われば赤くなるということなのでしょうか、お役人の不祥事のニュースを結構耳にします . . . 本文を読む
コメント (1)

米国で砂糖不足・・・健康回復のチャンス到来②

2009-08-16 20:36:25 | Weblog
 アメリカ人がなぜ非常に甘いモノ好きなのか、なぜ多量の砂糖を摂取することができるのか、このことには原因が存在すると私は考えています。  また、このことは、アメリカ人が極めて多量の炭酸飲料を摂取することの理由とも重なることだと私は判断しています。  すなわち、その原因はアメリカ合衆国の国土がアルカリ性ミネラルに非常に富んでいることに起因すると考えられるのです。  このような土壌に育った耕作物、家畜 . . . 本文を読む
コメント

治すことを目的としない医療に疑問を持つべきだ!②

2009-08-15 21:13:56 | Weblog
 数多く種類のある病気の中で、現代医学に於いて病気の原因が明らかとされているものは、ごく一握りしか無いのが現実です。  判っている種類の病気としては伝染病が主要なもので、これ以外の病気のほとんどは原因未解明であるのです。  病気の原因が未解明だということは、病気を敵に例えますならば、人間がこれと闘おうとする場合に、その姿形が見えないのとほとんど同じです(もちろん、日々の研究によって徐々には明らかと . . . 本文を読む
コメント

米国で砂糖不足・・・健康回復のチャンス到来①

2009-08-15 10:42:24 | Weblog
米国で砂糖不足の恐れ=食品大手各社が警告-新聞報道(時事通信) - goo ニュース  アメリカで砂糖不足が起こっているというニュースが入ってきました。震源はインドの気候異変での砂糖の不作らしいのです。そのことが原因らしく、日本でも製糖会社の株価が急騰しています。  ところで、アメリカに限らずのことなのでしょうが、甘いモノ好きの国は世界に多数あるようです。  中でも、アメリカ人の甘いモノ好きは . . . 本文を読む
コメント

治すことを目的としない医療に疑問を持つべきだ!

2009-08-14 21:22:29 | Weblog
 一般の人々が医師に受診する理由は、ほとんどの場合、病気を治してもらうためであるでしょう。  しかし、その際に医師が実際行っている処置は、病気を直接的に治すためのもので無いことが圧倒的に多いのです。  なお、上記しました表現に関しまして、私の言わんとしている意味が皆さんに上手く伝わらないと、非常に誤解を生みやすいものであろうかと感じております。  例えば、言い直して見ますと、次のようです。  一 . . . 本文を読む
コメント