横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サッカー界は犠牲者をこれ以上出さない根本的な改革が必要!

2007-12-30 14:55:26 | Weblog
サッカー試合中に倒れ死亡 スコットランド元代表オドネル(共同通信) - goo ニュース 本日上記のようなニュースが入りました。  8月29日にサッカー・スペイン代表DFで、試合中に心臓発作を起こし、重体になっていた同国1部リーグ、セビリアのアントニオ・プエルタ選手死亡の件に関するブログを数回にわたり私は記しました。  “スポーツナビ”の記事では、「35歳のスコットランド人選手フィル・オド . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ⑫

2007-12-21 11:31:54 | Weblog
 確かグリム童話だったかと思いますが、“ハメルーンの笛吹き男”という話がありました。  その内容は皆さんもご存知のことでしょうが、私も子供の頃に読んだものでありますので、不確かな記憶になっています。確か、ある町でネズミが増えて困っているのを笛吹き男が聞きつけ、ネズミ退治を成し遂げたらかなり報酬を貰えるという約束の下に、笛の音でネズミの大群を操り、海へと導いて溺死させて完全に退治してやりました。   . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ⑪

2007-12-20 11:14:41 | Weblog
 朝日新聞の12月16日の日曜版(be on Sunday)に、1960年~2006年にかけての日本人の一人一年当たりの肉の供給量が掲載されておりました(農林水産省の食料受給表の統計資料)。  それによりますと、豚、鶏、牛肉がそれぞれ、1960年には年間一人当たり1~1.5キロほどの供給量でありました。  それが、その後急激な増加を続け、僅かに牛肉のみはBSE騒動の影響を受けて2000年前後以降は . . . 本文を読む
コメント

原発はエネルギー危機の救世主か?

2007-12-19 17:57:20 | Weblog
原発周辺の5歳未満児、がん発生率が6割も高い=独 2007年12月9日(日)21:23 【ベルリンAFP=時事】ドイツで、原子力発電所から5キロ未満の地域に住む5歳未満児が全国平均の6割も高い割合でがんにかかっているとの調査結果が明らかにされた。白血病に限れば、全国平均の117%にも上るという。ただし政府は、原発の放射能によるものとは説明できないとしている。  調査は政府の放射線防護機関が実施。全 . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ⑩

2007-12-19 10:23:27 | Weblog
 医療費が掛かる割には、それに見合う成果が得られていないと感ぜられている方は、現状では残念ながら多数おられることと私は推測しております。  それにもかかわらず、かといってそれに代わる何かを見出せない為であるのか? このことをどうすれば良いのかが判らず、相変わらず同じ行為を繰り返しておられる方がほとんどです。  これと類似のことは、医療以外の分野でも頻繁にニュースなどで目にしますが、このようなことを . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ⑨

2007-12-18 09:19:22 | Weblog
 何回も繰り返し述べてきておりますように、厚生労働省は今から20年後には、医療費が現在の倍ほどになると予測しております。  今日でさえ満足な医療を受けることのできない人が多数出てきている中で、上記の予測どおりに事が推移しましたならば、悲惨なできごとが至るところで発生するようになってしまうことでしょう。  ただし、厚生労働省の予測は慢性諸病の原因を未解明としている状態での予測であるのです(今後の医 . . . 本文を読む
コメント

遺伝子は原因か?結果か?

2007-12-18 09:15:59 | Weblog
川崎病に関連遺伝子 発症しやすい配列解明 理研など(朝日新聞) - goo ニュース  昨日上記のようなニュースが入りました。    私は、旧ブログで川崎病のことに触れました。そして、これは、私が述べるところの“普通のカゼ(溶血性連鎖状球菌が原因体)”が原因の病気であるという判断を述べました。  今回のニュースの川崎病の関連遺伝子の研究成果と私どもの研究成果とがどのように関わるのかは、正直なとこ . . . 本文を読む
コメント

温度差だけで年間1万4千人も死ぬのはおかしいと思いませんか?(その10)

2007-12-17 10:16:40 | Weblog
東急建設元社長の五島哲氏が岐阜のホテルで死亡(朝日新聞) - goo ニュース  昨日夜、上記のようなニュースが入りました。  “温度差だけで年間1万4千人も死ぬのはおかしいと思いませんか?”というタイトルで11/18~11/30にかけて9回にわたり述べてきました。  五島哲氏のケースがその中で述べたこととまったくそっくり当て嵌まるのかは、詳細な情報が判りませんので絶対ということは申し上げられ . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ⑧

2007-12-16 11:30:17 | Weblog
 心臓発作あるいは脳卒中発作(専門的には循環器系疾患と呼ばれるもの)は現在、年間の死亡者数では30数万人ほどとされております(年間の死亡者総数が100万人台の時代にあっては、実際は、広義に捉えれば、病死と呼ばれるもののほとんどすべてがこの病気が関連しての死であると私は判断しています。このような判断は、当然ガンなどによる死亡者をも含んだものとなるわけで、言葉を加えて述べぬことにはご理解頂けぬことと思 . . . 本文を読む
コメント

小児ぜんそくは恐ろしい病気です!

2007-12-15 17:46:07 | Weblog
ぜんそくの子、増加続く=過去最多、10年で2倍-文科省調査12月13日17時31分配信 時事通信  一昨日、上記のようなニュースが入りました。  喘息(ぜんそく)も、現代医学では原因未解明とされている病気の一つです。  体力低下に伴う免疫力の低下。空気汚染。過度の清潔好きからの免疫力の低下etc.などが関わるのでは?などのことが言われていますが、要因は特定されておりません。  私も、上記の . . . 本文を読む
コメント

もっと数多くの人を安全に助けられる救急処置が必要

2007-12-15 10:21:50 | Weblog
AED:機内で心肺停止…看護師乗務員連携…命助かった JAL国際線で初 /千葉12月14日12時1分配信 毎日新聞 - goo ニュース  昨日、上記のようなニュースが入りました。  AEDの処置により今回のケースの方が救命されましたことは、非常に喜ばしいことだと私も思います。  ただし、“国際線にAEDが導入された01年以降、心肺停止から蘇生したのは初めて”とのことです。01年以降のこの間、 . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ⑦

2007-12-14 12:28:27 | Weblog
 慢性病の中でも重篤な心臓発作及び脳卒中発作は、青天霹靂の如く発症し、分秒単位で刻々と症状が進行します。  顔色がみるみる間にどんどん蒼白となり、やがて時々体の各部が痙れんするなどのことが起こったりしてきます。  そこで、このような際に何か下手に手出しすると、そのことが原因で死んだりでもしたら大変だ(あるいは、恐ろしい)と考える方がほとんどで、オロオロするだけで無意味に時間が経過し、結局は何の手も . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ⑥

2007-12-13 11:18:35 | Weblog
 理想的には、長い一生を通して望ましい食生活を続けることがベストであるのは言うまでもありません。  しかし、極めて残念なことに、非常に長い歳月に亘り継続的な努力を行うことが困難であるという性質は、大半の人間に共通するもののようです。  そこで、数日間乃至数週間という、せめて極めて短い期間の間だけであれば、努力を継続することはかなりの人々がなしうると私は考えるのです。  健康を損なうということは、 . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ⑤

2007-12-11 13:58:52 | Weblog
 努力の期間が長い歳月にわたる場合には、例えそれが健康にとって好ましく無い食べ物と頭では判っていても、それを食べずに我慢した生活を送ることの困難な人が大半であるのです。  人間という生き物はしょうがない生き物であって、頭では理解しても、その実行の難しいことがままあるのです。  しかし、トコトン懲りるような目に会って、危うく命を取り留めるようなことがあれば、少しは反省するということも起こりうるわけ . . . 本文を読む
コメント

健康に対する心の箍(たが)を嵌めなおせ④

2007-12-10 09:56:18 | Weblog
 実際、健康・生命の維持のために何をどうすべきかは、臨床医学、疫学他の研究成果からかなりの程度に具代的な指針を得ることができています。  それにもかかわらず、なかなかそれらの指針にしたがった生活を送ることができない方がほとんどであるのです。  なお、このようなことを述べてきております私も、残念ながら指針どおりを守ることができない中の一人です(慢性病の根本原因と発症のメカニズムとを知りながら、それで . . . 本文を読む
コメント