横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本再生論(その15)

2011-04-23 16:24:50 | Weblog
 以下に述べます記述は、もう何回か後に記す予定だったのです。しかし、下記のニュースが入りましたので、予定を変更して急遽記すことと致しました。 元キャンディーズ・田中好子さん、急死(サンケイスポーツ) - goo ニュース ランちゃん憔悴…絶句 田中好子さん死去(サンケイスポーツ) - goo ニュース  私は、“日本再生論”のタイトルで、日本人の健康をもっと増進させ、慢性病の蔓延し、また、その . . . 本文を読む
コメント

日本再生論(その14)

2011-04-23 13:44:21 | Weblog
 なお、医療的な処置を一般人が行った場合、従来は医師法違反などという名目で罰せられることが行われてきています。  しかし、心臓発作あるいは脳卒中の治療は、酸性腐敗便がその根本原因であると医学界ですらいまだ気付いていないのです。したがって、処置として何を行うか選択するに際して、未知である事項はその選択肢の候補に当然入りませんので、決してこの未知の処置の行われることはないわけです。しかし、病気治療は根 . . . 本文を読む
コメント

日本再生論(その13)

2011-04-18 00:47:07 | Weblog
 心臓発作あるいは脳卒中発作の根本原因が、酸性腐敗便の産出・吸収であると解明した私どもの研究成果をこのブログでは繰り返し述べてきました。  ところが現在は、この酸性腐敗便のことがこれら発作の根本原因であることが盲点となってしまっていて医学界ですら全く気付いておりません。したがって、とくに成人の場合には、発作が起こっても酸性腐敗便に対しての処置が全く行われていないのです。  すなわち、発作の根本原因 . . . 本文を読む
コメント

日本再生論(その12)

2011-04-14 00:14:26 | Weblog
 なお私は、酸性腐敗便学説にのっとった普段の食生活の節制だけで医療費が何割も削減できるなどと考えているわけではありません。それでも、普段からの食生活の節制が行われるようにして頂ければナァと願ってはいるのです(ただし、このようなことを記しております私自身、節制を守れないことが頻度高くあるというのが実態です。したがって、今々健康を大きく害して心身の一部に強い苦痛を感じているので無い一般の人々が、節制を . . . 本文を読む
コメント

日本再生論(その11)

2011-04-08 09:11:54 | Weblog
 私は、上述してきました私どもの研究の諸成果が広く啓蒙されましたならば、例えば、慢性病での罹患率をかなり大幅(1/2~数分の一ほど)に削減させることが十分可能だと予測しています。したがって、現状の医療費を何割か削減することすら夢では無いと考えているのです。  ただし現在の状態を考えた時、皆さんにとってこのような私の言葉は極めて信じ難く感ぜられるものであるに違いないであろうと私も想像するのです。した . . . 本文を読む
コメント