竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

夏雲をみな押しのけて熱気球 丈士

2017年05月16日 | 
夏雲をみな押しのけて熱気球



たおやかに夜の藤波笙に揺る

歳々に年早まるや竹の秋
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子燕や壁塗り替えし長屋門 丈士 | トップ | 夏の月国境のない世界落地図 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。