竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

沖波に真帆の数々夏近し

2015年04月30日 | 
沖波に真帆の数々夏近し たけし




春の穏やかな海
沖の波に揺れる白帆がゆっくりと揺れている
結構な速さだろうと察するが
ここからは止まっているかのようだ
夏が近い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春筍を掘るや地球のどまんなか

2015年04月29日 | 
春筍を掘るや地球のどまんなか たけし



筍は初夏の季語なんふぁと知った
春の盛りに筍がたくさん芽を出して
あっというまに成長するが
これは初の筍というのだそうだ
筍飯は夏のものらしい
時代が変わり暦も変わり
季節の移ろいも大きく変わっている

筍を掘った真っ黒な土に覗く穴
地球の中心に向かって真っすぐだ
そうだ ここは地球のどまんなかなんだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春惜しむ手を振りあつて無人駅

2015年04月28日 | 
春惜しむ手を振りあつて無人駅 たけし




わやらせk理国鉄道に乗って桐生から足尾めで
さくらを鑑賞したのは1ヶ月ほど前になる
エオカルの無人駅
不思議な形 トロッコ列車

花を愛でるためにだけ集まる帯びた他sぐう人の群れ
電車に乗る人 送る人 みな手を振りあっている

春はもう終わる それを惜しむ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風紋の語るに飽かず夏隣り

2015年04月27日 | 
風紋の語るに飽かず夏隣り たけし




海浜に春を惜しむような風が
風紋を刻んでいます
その造形は人のつくるものを遥かに超えています
その様をみていると飽きることはありません
風が海が砂が語りは止みません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若葉風帰国媼のすする蕎麦

2015年04月26日 | 
若葉風帰国媼のすする蕎麦 たけし




鎌倉の寺社巡りの実景である
終戦後 米人と結婚し米国暮らしの婦人と
蕎麦やで相席となった
私よりも20歳ほどの年長だがすこぶる元気
何度か日本への故国はしているが
今回がきっと最後だろう と語っていた
たくさんの辛い体験を昇華したようで
その顔は清々しい
蕎麦をそれはそれは美味しそうにすすっていた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またひとつ失くすしがらみ若葉風

2015年04月25日 | 
またひとつ失くすしがらみ若葉風 たけし



現在の住まいになってから23年目になる
20年ほど前に植えた山法師の若葉が眩しい
子供たちを育て仕事に汗し孫たちを慈しみ
そして仕事を辞して11年
この山法師の大きさは歳月の厚みを語るようだ
毎年葉をおとしてはこの季節に新しい葉をつける
私も毎年しがらみという
人生の垢みたいなものを捨てている
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大仏や諷経のやうに花吹雪

2015年04月24日 | 
strong>大仏や諷経のやうに花吹雪 たけし



鎌倉の大仏はなんとも美男
仏様なのだが人間未にあふれていて親しみ深い
桜の咲き初めの頃から何度か訪れている
花散らしの雨や風の風情もまた捨てがたい

そんな時、しばらく佇んでいると
桜の絶え間ない花吹雪に
たくさんの僧侶の読経を聞いているような感覚があった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涅槃西風沖縄壕にボランティア

2015年04月23日 | 
涅槃西風沖縄壕にボランティア  たけし




戦後70年というのに沖縄の洞窟には
戦死者の遺体遺品が置き去りだという
この国の統治者の感覚を疑う

若いボランティアの活動をTVが報じていた
遺品を探索する状況も報じられたが
これがニュースになり賞賛されていることが不満である
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振り音に個性はみせず種袋

2015年04月22日 | 
振り音に個性はみせず種袋 たけし





この季節 どの家の庭にも花の芽が出始めている
我家では植えた覚えのない草花があとこちに咲きだした

毎年来年は春に芽を出すように種を蒔こうと思うのだが
一度もできないでいる

種袋も何度か求めてがそのままである
その袋を振ってみる
カサカサと乾いた音がする

みな個性は秘めたままで明かさない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春宵や古伊万里の藍なお深し

2015年04月21日 | 
春宵や古伊万里の藍なお深し たけし




春昼はまばゆい光にあふれ生物はみな生気にあふれている
それに比して春宵はなんとももの悲しい感じなのは何故だろう
喜びは常に悲しみの裏側にあるのかも知れない

古伊万里の藍色の壺
じっと眺めるとその藍色が濃くなってくるようだ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨粒を頬張つてゐる山椒の芽

2015年04月20日 | 
雨粒を頬張つてゐる山椒の芽 たけし





木の芽時 よいう季語の句を欲しいと思っている
芽吹く木の芽はなんとも早春の風情で好ましい
先日の雨で小さな拙宅の庭木も元気である
ふと雨粒が山椒の芽にとどまっている
見ているとだんだん膨らんでいく
眼の錯覚だろうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手にあまる孫と同年庭桜

2015年04月19日 | 
手にあまる孫と同年庭桜 たけし




三人目の孫が一七才になる
この子が生まれた時に植えた桜
毎年いっぱいの花を咲かせてくれる
孫たちの地意思時は抱いたり持ち上げたりして
愛でていたものだったが
孫も大きくなってその行動も会話も理解できない事が増えた
孫の成長と自身の加齢はかみ合うはずもない
桜の樹も大きくなりすぎて枝の選定も手におえない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏合いざ三度の力水

2015年04月18日 | 
鶏合いざ三度の力水 たけし





亡父は隻眼スキンヘッドの偉丈夫で元相撲取だと聞いている
相撲を怪我で止めてからは定職をもたず
気ままな自由人 平たく言えば遊び人だったらしい
闘鶏が趣味で家でたくさん飼育していてた

闘鶏当日は軍鶏に気合を入れて夢中になっていた事を覚えている
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紙風船わからぬやうに息扶く

2015年04月17日 | 
紙風船わからぬやうに息扶く たけし




時代が少し古い景だが
こんな記憶が鮮やかに残っている
扶けたのは自分の記憶だが
扶けられた記憶も仕舞われているようにも思われる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラクター孕雀が後に従き

2015年04月16日 | 
トラクター孕雀が後に従き  たけし




今は田起こしの季節だ
天気の良い日はトラクターが田を縫うように動く
見ればその後ろにはいくつもの雀がついて回って売る
トラクターに起こされた土から
さまざまな生き物が這い出てくる
雀はそれを狙っているのだ

おなかの卵への母性だろうか
巣で待つ雛への夕餉だろうか
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加