竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

田水張り方形の空列びおり

2016年04月29日 | 
田水張り方形の空列びおり



田植え前の水を張った田圃
真四角な水面が空の雲をとらえている
送電線を支える鉄塔の四肢がさかさまに映る
幾世代もの農村の風景は平和の象徴だ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腹のなかなんにもなくて鯉のぼり

2016年04月28日 | 
腹のなかなんにもなくて鯉のぼり





初孫の初節句には兜と金太郎の人形を購買した

鯉幟もその年から10年以上庭に柱を立てて泳がせたものだった



いつのまにか本人は見向きもしなくなって張り合いがぬけた

孫の成長の証なのだjからどうということはないのだが少し寂しい気分を味わった

子離れのつぎは孫離れじゃ

彼は今年21才になる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またひとつ失くすしがらみ若葉風

2016年04月26日 | 
またひとつ失くすしがらみ若葉風




若葉の季節の到来だ
この時期が一番のお気にいりだ
毎年樹木は再生する
私も来し方のしがらみを毎年脱ぎ捨てて
行き交える心地がする
失った惜しむしがらみはひとつとしてない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亀鳴くや聞かば三途の渡し舟

2016年04月25日 | 
亀鳴くや聞かば三途の渡し舟





のどかな春の日を浴びながら夢うつつにまどろんでいると

聞くはずのない亀の鳴き声が聞こえてくる

一度も聞いたことのない声が亀の鳴き声と分かるのが不思議だが

黄泉への旅立ちともなれば不思議もありだ

渡し賃六文をたしかめてみる

こんなにも満ち足りたおだやかな気分ははじめてだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の雨忍野のむかし湖の底

2016年04月22日 | 
春の雨忍野のむかし湖の底




富士裾野を1年かけて歩いたことがあった

裾野1周は凡そ200km

毎月日帰り温泉を利用しながら歩いたのだった

春夏秋冬の富士を眺める楽しみがあったのだが

天候に芽踏まれないと藤は隠れてしまうこうのは運次第

春の雨にうたれながらの忍野ヶ原の遊行が忘れられない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泥蛙四足を伸ばす鍬の先

2016年04月21日 | 
泥蛙四足を伸ばす鍬の先



田圃は田植えの準備がさかんである

田起こしもすんで昨日は用水路の相似をしていた

鍬やスコップでさらう

突然に若いお嫁さんの嬌声

鍬の先に泥の容の蛙だった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花の飽きない苦み母じこみ

2016年04月20日 | 
菜の花の飽きない苦み母じこみ



毎日 菜の花をいただいている
お浸し 炒め物 お肉との合わせもの
どんなに形を変えてだされても飽きることは無い
不味いと思ったことは一度も無い
あの独特の苦味にはまっているのだ
幼年時代から培われた我家の味なのだ

母仕込みと思ったが実は父の好みだったに違いない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しゃぼんだまする子昭和を踏み越える

2016年04月19日 | 
しゃぼんだまする子昭和を踏み越える





スマホ使いこなす小中学生

何人かが集まっていても会話がない

こんな子供社会はおかしいと思う

しゃぼん玉に感じる郷愁そして共感

日本人のDNXを信じたい

私は昭和の子供だが踏み越えてほしい

踏み砕いてもらってはこ、ありのだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕草まね善人となり仏生会

2016年04月15日 | 
仕草まね善人となり仏生会



年に一度だけの灌仏会

にわか仏教徒が仕草をまねる

お釈迦様のひろい心はすべてを受け入れてくださる

どれに甘えるように

この日はみんな善人であることに疑いはない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花菜漬その送り手の訃報来る

2016年04月14日 | 
花菜漬その送り手の訃報来る



この季節 この句が蘇る
毎年贈ってくれる山菜の漬物だったが
その年はその荷を解かないうちに
その送り手の友の訃報が届いたのだった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラクター孕雀の従きまわり

2016年04月12日 | 
トラクター孕雀の従きまわり



春耕である

田植えの前の田圃は日ごとに姿を変える

トラクターが土を返す

眠りからさめぬ土中の生き物があわてて飛び出す

トラクターのあとを雀がおいかける

春は人も他の生き物も大忙しだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花は葉に一人の似合ふ東慶寺

2016年04月11日 | 
花は葉に一人の似合ふ東慶寺



桜の季節もおわり

すこしの間は新緑の季節をまつようになる

千本桜の賑わいは日本人のだれもが好むが

ふなびたお寺さんに1~2本の桜も素晴らしい

歴史のある駆け込み寺といわれた

鎌倉東慶寺

花のおわるころの佇まいが好ましい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清貧の怯まぬかたち犬ふぐり

2016年04月08日 | 
清貧の怯まぬかたち犬ふぐり



「清貧の思想」を詠んだのは
自営の仕事が業績を伸長させている時だった
これで良いのか
人生の成功は富と栄誉なのか
こんな疑問が湧きだしたころだった
富も栄誉も手には選らなかったが
他に迷惑をかけず無事に生きている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃まつり嬰の耳には日の透けて

2016年04月07日 | 
桃まつり嬰の耳には日の透けて




嬰児の肌はみなやわらかだが

なかでも耳は格別だ

日を通して透けていることもある

嬰児だった吾子を空に掲げての桃まつりもあった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静かなる留守居の主役冷奴

2016年04月06日 | 
静かなる留守居の主役冷奴




冷奴は好物だが
夕餉の主役には少し物足りない
家内の留守にひとり膳の際は
それは紛れもない主役におさまっている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加