竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

贖罪のおろそかのまま花の門

2015年03月31日 | 
贖罪のおろそかのまま花の門 たけし





桜前線もいよいよわが町にも到来である
朝の散歩で孫4人の通った小学校の桜が満開であるのを見た
それぞれの悲喜交々が脳裏をかすめた

桜の門は彼岸への入り口だという
たくさんの犯した罪を
贖罪によって償わなければこの門は潜れない

まだまだ贖罪は足りない
此岸での修行も足りないと門前払いされるところだろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の昼音のはづれた古時計

2015年03月30日 | 
春の昼音のはづれた古時計 たけし




春の天気は移ろいやすい
日当たりの中に雨の粒があったりして戸惑ったりする

調子の外れた古いボンボン時計が
あてにならない時間を知らせる

春の昼
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花菜土手摘む人そこを写す人

2015年03月29日 | 
花菜土手摘む人そこを写す人  たけし



菜の花を今年はたくさん食した
朝摘んだものを農協の売店で販売している
自宅の周辺の野辺のも散在しているが
さすがにこれを摘んで食する気分にはなれない
散歩で渡良瀬遊水地の近くまで行くと見事に群生している

摘んでいる人がたくさんおられる
またその姿を写真に収める人もいる

この時間この周辺は平和である
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初ざくら足の縺れも笑みのうち

2015年03月28日 | 
img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/59/ef/4d22d0f5418bb1c2b44270206ba46448.jpg" border="0">

初ざくら足の縺れも笑みのうち   たけし

KYさんが車で迎えに来てくれて「ひまわり句会」の吟行に参加した
W先生と伴に総員9名
T句会のメンバーだった方お二人にも久しぶりに会うことがせきた
小山市城山公園で10:00から咲き始めの桜、辛夷、白木蓮などをゆっくりと鑑賞しながら
天翁院の境内までの吟行だった
万歩計は8731歩を記録していた 
W先生は今年喜寿 目標になる元気をお持ちだ

掲句は銀行での嘱目なのだが
昨日の句を推敲したかたちになった 
こちらの方がずっと良い感じがする
机上の作品は弱いということだろ・・・・

写真は城山公園の老桜の楉からの桜だ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

青踏むや足の縺れも喜ばし

2015年03月27日 | 
strong>青踏むや足の縺れも喜ばし たけし





毎朝40分 5000歩 4㎞を歩いている
天気に恵まれ気分も良いと60分 7000歩 
6㎞を超えることもある

時につまずいたり縺れる脚を鼓舞しながら
町中を田畑の中を雑木林を川土手を歩きまわっている

春き踏む
この季語が少しだけ分かってきたような気がしている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

諍ひの半日ばかり梅日和

2015年03月26日 | 
諍ひの半日ばかり梅日和 たけし



梅の季節も今は盛り
桜の季節が待ち構えている
同じように花を愛でるが梅と桜は相当に違うようだ

探梅は一人が良い
華やぎもしっとりしているように感じる

桜をみるのには酒肴を設えて人を集めて賑やかしい
桜の名所は人の波
1週間の祭りをこの時とばかりに楽しんだものだった

桜は短く梅はその盛りが長いので
梅の落花を惜しむ俳句はあまり見当たらない

探梅には夫婦の諍いはにあわない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蛇穴を出で花嫁に変異せし

2015年03月25日 | 
蛇穴を出で花嫁に変異せし たけし





近くの娘さん
小学校の入学の頃に越してきた家族だ
孫と登校班が一緒なこともあっていつも見送ったものだ

いくたびかの春がめぐってが
今年花嫁に変身した
蛇穴を出る なんという変身 なんという変異
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

来し方に桜たくさん句読点

2015年03月24日 | 
来し方に桜たくさん句読点 たけし





古希をかぞえてもう2年になる
毎年どこかしかで桜を見ている
ふりかえれば入学就職転居など
節目節目の記憶には桜があった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頷いてまた頷いて雪柳

2015年03月23日 | 
頷いてまた頷いて雪柳 たけし



雪柳がめぶいてきた
殺虫剤も肥料も施さないのだが毎年楽しませてくれる
風の強い日などは気の毒なほど揺れているが折れたことはない
どんな風があらわれても上手に乗りこなしているようにも見える

頷いてまた頷いて
決してNOとじゃ言わない
受け止めてくれている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽつねんと空耳ばかり春の風邪

2015年03月22日 | 
strong>ぽつねんと空耳ばかり春の風邪 たけし





三寒四温とはよくも表現するものだ
また春に三日の晴れなし とか
気象気温の変化はいちじるしいものがある
少し油断をするとすぐに風邪をひいてしまう
寝込むほどの事はないが外にはでない
玄関に物音が・・・・
確かに聞いたのだったがだれもいない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くらやみの濃くなるほどに花辛夷

2015年03月21日 | 
くらやみの濃くなるほどに花辛夷  たけし





春の到来を告げる花が咲いてくる
福寿草は冬の季節体が春近しを教えてくれる
今は辛夷の花が美しい
昼よりは夜のほうに存在感を感じる
春の闇 ふっと白い辛夷の花
なにかを予感させるようだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の雨ささずじまいのおんな傘

2015年03月20日 | 
春の雨ささずじまいのおんな傘 たけし






訪ねた先をおいとまする時に生憎の雨もよう
佳人が傘を運んできて持たせてくれる
その傘はおんなもの
折角の心遣いを無碍にもできずお借りして歩き出す
結局その傘はささずに終わった

こんな経験が少なからずあったような
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐保姫にさそわれるまま微睡みぬ

2015年03月19日 | 
佐保姫にさそわれるまま微睡みぬ たけし




うららかな春のひととき
理由もなく眠気をもよおす
あの佐保姫のおさそいなのだ
抗うなんてもったいない



佐保姫(さほひめ)は春の女神である。元は佐保山の神霊であり、948年の『陽成院一宮姫君歌合』では秋の歌に登場している。『記紀』における狭穂姫(沙本毘売)とは同名であることから混同される事があるが無関係。狭穂姫命の項、参照。

五行説では春は東の方角にあたり、平城京の東に佐保山(現在の奈良県法華寺町法華町)があるためにそこに宿る神霊佐保姫を春の女神と呼ぶようになった。白く柔らかな春霞の衣をまとう若々しい女性と考えられ。この名は春の季語であり和菓子の名前にも用いられている。 竜田山の神霊で秋の女神竜田姫と対を成す女神。

竜田姫が裁縫や染めものを得意とする神であるため、対となる佐保姫も染めものや機織を司る女神と位置づけられ古くから信仰を集めている。古来その絶景で名高い竜田山の紅葉は竜田姫が染め、佐保山を取り巻く薄衣のような春霞は佐保姫が織り出すものと和歌に歌われる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うららかや二駅ばかりひとり旅

2015年03月18日 | 
うららかや二駅ばかりひとり旅 たけし





うららかな日がつづく
用足しのついでにほんの二駅足をにばした
一度訪れたいと思っていた「下野市 薬師寺跡」
うららかn日を浴びながら駅から
予想外に25分も駅から歩いたが
その価値はじゅうぶんであった
こんなひとり旅も悪くない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

切株という虫の城鍬はじめ

2015年03月17日 | 




切株という虫の城鍬はじめ たけし

毎朝40分から50分ほど歩いている
6時20分あたるの時間に自宅をでる
東西南北 自宅を起点にその日の気分でコースはさまざまだ

暗いうちに自宅を出て途中で日の出に合掌したものだが
現在は太陽は昇っている
気温によって田畑や平地林の表情は毎日違って見えるのが嬉しい

梅は見事に満開だ

道端に切り株が積み上がっている
今日は暖かくその切り株にたくさんの虫が這いまわっていた
じっと冬をここで過ごしたのだろう

虫の城、要塞にみえた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加