竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

繕ひをしない性分古簾

2015年05月31日 | 
繕ひをしない性分古簾 たけし



長い人生
失敗もあれば後悔することも多い
それでも繕うことはしないできた
反省をしそれなりの犠牲も背負ってきたが
恩義のただのりや
善意への甘えは好まない

そんな自分は味のある敗れた古い簾
風通しはすこぶるよろしい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紙魚の痕ガリ版刷りの初詩集

2015年05月30日 | 
紙魚の痕ガリ版刷りの初詩集  たけし



17才 55年も昔になるのか
定時制高校でのサークル「横浜瞳詩好会」で活動していた
「逃げた顔」なるガリ版刷の詩集を作った
一部を当時の友人が先日送ってくれた

紙魚の痕もあるが
青春のたくさんのシーンが浮かんでくる
これも懐かしい紙魚である

この時に顔は逃げ出した
この時じゃら偽りに仮面を繕って生きてきた
そして今あの時失った貌を探している
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵手紙の旅は万緑朱き印

2015年05月29日 | 
絵手紙の旅は万緑朱き印  たけし





ワゴン車を簡易なキャンピングカーに設えて
旅を楽しんでいる友がいる
単身ででかけるこよが多いそうだが
奥様を同伴のこともあるという
連泊の時はホテルを利用したり
各地の温泉を梯子したりとなんとも羨ましい

絵手紙がとどいた
全山緑一色 その濃淡が鮮やかだ
朱色の印がある
ちょっと気取った感じのなかに
誤らなかった人生が誇らしげで
受け取った当方も嬉しくなった
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

父の日や選んでみたり吾遺影

2015年05月28日 | 
父の日や選んでみたり吾遺影 たけし




6月第3日曜日は「父の日」だそうだ
母の日に比べてなんとも影が薄い
祝うだか感謝だかの品をもらても
無防備な笑顔は表すのは不得手でぎごちない

今年はそろそろ遺影の写真でも選んでおこうか
そんな気分になってくる
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

忠魂碑七十年の蟻の道

2015年05月27日 | 
忠魂碑七十年の蟻の道 たけし



忠魂碑は全国のどこにでも建てられている
国中から戦地へ若者が送られて亡くなったという印だ
建立した人々も殆どがなくなっている戦後70年
どうにも懲りない人類という生き物は
世界の彼方此方で戦争をしている

忠魂碑に蟻の列
彼らは滅びることは無い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空だけにほんとの話朴の花

2015年05月26日 | 
空だけにほんとの話朴の花 たけし



泰山木と朴が同じなのか
違うようでもあるが
花の形態を検索すると同じ写真が掲載されていたりする

我家には泰山木があるが
俳句の葉朴の花のほうが使い勝手が良い

この花は空に向かって大きく開く
高所にあるのでこの花を眺めることは困難だ

空と語るのは何か きにまるところだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退くを知らぬ産まれや蝸牛

2015年05月25日 | 
退くを知らぬ産まれや蝸牛 たけし





蝸牛はなんとも奇妙な生き物だ
幼少期には蝸牛との記憶はたくさんある
苛めたりしたことも胸のいたむ記憶だ
虫かごで飼っていたこともある
60年ほどの空白をおいて
今は蝸牛を庭先でみつけては
しばらく同じ空気を嗅いでいる

蝸牛のあとずさりをみたことはない



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

短冊の失せし風鈴居直りぬ

2015年05月24日 | 
短冊の失せし風鈴居直りぬ  たけし




風鈴を軒先に吊るす家が少ない
風鈴は家屋の外と内の境界を無くしいぇしまう
なんとも日本的な生活様式に相応しい

風鈴の姿が消えたのは
こんな日本的な生活様式が
消えたということかもしれない

短冊の無くなってしまった風鈴
始末もされず憮然とそこに居直っているかのようである
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山宿や諷経のやうに滝の音

2015年05月22日 | 
山宿や諷経のやうに滝の音 たけし





滝の姿 滝の音 滝をみる旅
ふいに発見するような滝はうれしい
遠くに滝の音のひびく山宿
その滝音はありがたく諷経のようだ
心の奥底まで洗われる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絡みあふ人のかたちの枯蓮

2015年05月21日 | 
絡みあふ人のかたちの枯蓮 たけし




蓮池をみている
蓮の花が威勢が良くて華やかだ

ふと枯れた蓮の茎が絡み合っている冬の景がうかんだ
花の盛りはほんのいっとき

人間世界もまったく同じというわけだ
四季おりおりに
その季のおのちがある
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏祭どうにもならぬ浪費癖

2015年05月20日 | 
夏祭どうにもならぬ浪費癖 たけし




生来にぎやかに人と戯れるのが好みである
人を構い構われる時は幸せである

人に喜んでもらうのが嬉しい
人に信越に扱われると幸せである

気分はいつも祭りのようでありたいのだ
明日の事はおいておく
今日のこの現在に精一杯の生きがいを求める

どうにもならない浪費癖
いいじゃーありませんか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼顔のみさかいのなくからみをり

2015年05月19日 | 
昼顔のみさかいのなくからみをり  たけし



植物の生命力は動物をはるかに凌駕する
この星の生命体としても先住の偉大さがある

夕顔 可憐なうすいピンク色の花
その蔓は強靭で枯れても強い

あたりにあればなににでも絡み付く
あいての都合や迷惑は構うことは無い

生きることにルールは無用
生きることが正しいと信じて疑わない
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒南風やますます強く人嫌い

2015年05月18日 | 
黒南風やますます強く人嫌い たけし




梅雨のはしりの季節
生臭い南風が吹いてくる
湿気をたくさん含んだやりきれない不快な風だ
こんな時は期限が悪くなる
ふだんでも無愛想なのに
ますます近寄りがたお 貌をする
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青田風なにも持たない遊行期

2015年05月17日 | 
青田風なにも持たない遊行期  たけし



古来インドでは人生を4期に分類して
その期にふさわしい生き方を実践したいとの思想があるという
日本でも五木寛之氏が紹介して一冊の書籍にしている

その題名が「遊行期」で人生の最終期だ
学ぶ、働く、楽しむの期を超えたなら
好きな事だけを何事にも囚われずに生きる

何も持たない、欲しがらない、羨まない
こんな期の事らしい

青田の風を受けながら早朝の鳥の声を聴く
これで良いと思えてくる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕つばめ真新な壁の長屋門

2015年05月16日 | 
夕つばめ真新な壁の長屋門 たけし



朝の散歩コースは5コースある
およそ40分4kmを自宅から5方向に選んでいる
20分すすんでスマホのタイマーの音がなるとUターンする

そのコースの一つ
大きな農家の長屋門に工事用のシートがかかっていたが
一週間ほど間をおいて前をとおると
屋根を葺き替えて漆喰の壁が塗り替えられて
それはそれは見事に完成していた
おりからの新緑に映えていてしばし立ち止まってしまった

燕がその門を出入りしている景がうかんだ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加