竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

「元気です」ひとことですむ去年今年 

2016年01月06日 | 新年
元気です」ひとことですむ去年今年 






今日は小寒

いよいよ寒さも本番のはずだがどうにも季節感がない

厚手のコートは使わず終いになりそうな陽気だ

牙城の整理も終わったところだが

だすのももらうのもそえるひとことは

「元気です」他に伝えることも理由もない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真っ新になるわけもなし去年今年

2016年01月04日 | 新年
真っ新になるわけもなし去年今年





真岡市の大前(おおさき)神社
長女夫婦に誘われてワイフと詣でた
昨年のS神社のあまりにも合理的な対応に
少しの寂しさがあったので今年は
H観音に詣でたのだが
参拝者の対応のまずさで有難味が半減していた
ここは以前と変わらない対応で満足した

最近の神社やお寺さんは商業的にんりすぎていて困る
「いちいちわざわざ」の文化を残しておいてほしいと思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胸はだけふぐりおとしやご神木

2015年02月02日 | 新年
胸はだけふぐりおとしやご神木   たけし





神仏に頼ることはないがおろそかにはしない
同じ世に生きて同じ努力をし同じような能力の人が
同じような生老病死をするわけでもない
何か不思議なお導きがあるのかも知れぬと思う

来し方の無事を感謝し行く末の安穏を願う
願うとは祈ること
祈願 祈る願う と書く

善男善女の厄払い
ご神木に瞑目し上半身を裸にしてご神木を抱え
その気を頂いたことがあった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初富士や喜寿も傘寿もまだ余生

2015年01月04日 | 新年
初富士や喜寿も傘寿もまだ余生







平成27年 年があけました

新年にあたっての抱負や目標などを思わなくなって暫くの年月がたちます

責任や義務から解放されての余生の特権だと

それが権利のようにふるまって生きていますが

長くなってくるとあまり居心地がよくありません



私は今年71才の未年です

「二度童子」は還暦すぎの老人をいうのだとか

それからもう12年が経過しています



次の未年には84才

喜寿も傘寿もその途中です

そんなに長い余生はたくさんですが

これbかりはどうにもなりません

昨夕初詣の帰りに300㎞先の夕日を背にした富士山がみえました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

所在なく家のひろびろ小晦

2014年12月31日 | 新年
所在なく家のひろびろ小晦 たけし








子供たちが親離れしてワイフとの二人暮らし

年末のあの慌ただしさはずいぶんと減っていて

私もワイフもしんどいようなことはない



掃除やかたずけなども

手抜きが常態になっているので年々楽になる

子供らの使っていた部屋も

ほとんど納戸みたいな使い方をしているので構うこともない



歳晩 数え日 煤払い 気を急かせる言葉も縁遠くなっている

玄関を少し丁寧に掃除して正月の買い物をすれば 年用意は終了する



所在なくみまわす家は

なんともひろびろとがらんどうと感じられてならない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅唇の七役十役三ヶ日

2014年12月28日 | 新年
紅唇の七役十役三ヶ日   たけし







ご婦人方に眉をひそめられそうだが

正月の三ヶ日はどこの家でもご婦人は忙しい



主婦 母親 祖母 の役回りをこなしながら

聞いたり話したり

食べたり 飲んだりも 忘れない



年始客にとっておきの愛想も大切だ

いつもより濃いめの口紅



七役十役は重要人物である証明でもある
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初風やしばらく遠を眺めおり  法夢子

2014年08月16日 | 新年
初風やしばらく遠を眺めおり  法夢子





ときおりふと秋を感じさせる風に逢う

空にはいつしか積乱雲が姿をけしていて薄い雲

朝夕、遠くの山並みが鮮やかに映ったり



盆も過ぎればいよいよ急速に秋色になる

心地よい秋の初風を感じながら遠くをしばらく眺める

激しかった夏の終わりが近い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受験生鳩の見送る三ヶ日

2014年01月08日 | 新年
受験生鳩の見送る三ヶ日





中学、高校、大学へと孫4人のうち3人が今年は進学する
中学は義務教育で問題はないが高校大学は受験がある

この三ヶ日大学受験のJ君は予備校の特別講習に参加した
早朝から夕方までの詰め込み授業だ

庭に住み着いている野鳩が毎日見送っていた
爺はただ祈るのみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刺青の女も優し初詣

2014年01月04日 | 新年
刺青の女も優し初詣






初詣ではみなが善男善女でみなやさしい顔をしている
特に子や孫をみるその顔は恵比寿か布袋かと見まごうばかり

母の顔はまたいつにもまして美しく
その美しさが一層に柔和な表情を作り出す
子や孫はそんな母や祖母をほこらしくまた笑顔

たくさんの家族のなかに空気の違うひとかたまりの家族がいた
屈強の男達に守られるようにしての「母と子
その母の背中には刺青もあるに違いない

しかしその母の顔もまたやさしい
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

元気ですひとふでがきの去年今年

2013年12月30日 | 新年
元気ですひとふでがきの去年今年




生きること 人生は生きている時間だと思っている
産まれてよりみまかうまでが人生だ

80年90年のケ属した時間
悲喜交々の過程はあるが切れることはない
「hiおふでがき」だ

今年も終わる
しかしながらしっかりと来年につながりそうだ
最後にどんな画や文字、作品に仕上がるのだろうか

さあー まだ余白はたっぷりありそうだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加