竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

秋収む高齢ばかり野良のひと

2014年08月31日 | 
秋収む高齢ばかり野良のひと




稲の収穫が始まった

広い田圃にはコンバインが朝から騒がしい

コンバインの運転席には70歳代の農夫



農家の生産者はいよいよ高齢化

田植えの時期から収穫期まで

野良で若い人を見かけることは皆無になった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふりかえる故山は暮るる蕎麦の花  たけし

2014年08月30日 | 

ふりかえる故山は暮るる蕎麦の花  たけし







私は横浜で生まれ育ったので故郷は都会で

現住地の方が農村なのだが

旅行先などで深い山間の集落などを訪れると古里を感じる

人類全ての古里はこんな原風景なのだろう



その山間の集落を離れてしばらくの時間を歩く

ふと振り返る

背後の山は早めに暮れ始めている

そして真っ白い蕎麦の花がまぶしい





秋(初秋)・植物  【蕎麦の花】 そばのはな
蕎麦はタデ科の一年草。初秋のころ茎頂に白又は淡紅色の小花が群がるように咲く。花後の実から蕎麦粉を作る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

達筆の掠れたあたり秋つばめ たけし

2014年08月29日 | 
達筆の掠れたあたり秋つばめ  たけし






秋に入ったと感じる空の雲は薄く時に掠れた感じもある

雲ひとつない秋の空を予感させる



空に大筆で大きな字を書いた掠れたところ

なんという字のどの部分かは

あまりに大きく読み取れないが

これは真似られない達筆だ



その先端に帰りを惜しんでいるかのように秋つばめ

最近は芦原などに群棲しているらしい





秋(仲秋)・動物
【燕帰る】 つばめかえる(・・カヘル)
◇「帰燕(きえん)」 ◇「去ぬ燕(いぬつばめ)」「(しゅうえん)」 ◇「残る燕」 ◇「秋の燕」 

夏の間、巣を営み子を育てた燕も、9月ごろになると海を越えて南方へ渡る。帰る日を間近にして高く飛んでいる燕の姿には哀愁がある

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一歩づつ移ろう景や水澄めり たけし

2014年08月28日 | 


一歩づつ移ろう景や水澄めり  たけし






秋は幕をあけたばかり

山川の装いの移ろいの季節だ

万緑はその葉をおとすもの

落葉の前に赤や黄にそまるもの

その時期はそれぞれに違う

湖や川の水は澄み切ってその景を飲み込んでいるようだ

その辺をゆっくりと歩けば

歩みに合わせて景も動く 水はますます澄みきってくる




みずすむ【水澄む】

川や湖などの水がことさら清らかに感じられる。 [季] 秋。 《 -やとんぼうの影ゆくばかり /星野立子 》
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋めくや絵馬それぞれにささめきぬ 法夢子

2014年08月27日 | 
秋めくや絵馬それぞれにささめきぬ 法夢子




近くの神社に散歩の歩をのばしてみる

先ごろまで青々と丈のかぎりを精一杯の青稲が

今は重い頭を垂れている

空の雲は掠れたように薄い

秋がいつのまにかしっかり

絵馬の飾られている境内に秋の風がそよいでいる

絵馬は風に小さな音を立てていた

それは絵馬の囁きのようだった
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

六地蔵小鳥十羽にこそくられ 法夢子

2014年08月26日 | 
六地蔵小鳥十羽にこそくられ 法夢子






いろいろな鳥の雛たちが秋になると巣立ちして
それぞれが自分で餌を捕らえ始める
飛ぶことにも慣れてくると連れ立って遊んでいる
街道の六地蔵
たくさんの小鳥が羽を休めたり供物をついばんだり
赤いづきんやまといものをつついたり
お自走様なくすぐられてもじっと我慢して目を細めている


小鳥 (仲秋)  子季語 小鳥渡る、小鳥来る
関連季語 色鳥、渡り鳥
解説 秋、日本に渡って来る鳥や、山地から人里に降りてくる小鳥たちのことをいう。鶸・ 鶫・
連雀・尉鶲・花鶏など。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗅覚のおぼつかなきも菊枕   法夢子

2014年08月25日 | 

嗅覚のおぼつかなきも菊枕   法夢子






長命を願う「菊枕」なる風習があっや雅の時代
今や長命を、おてあます高齢者ばかり
「ピンピンコrpリ」を願うのは私だけではなかろう
視力、聴力の衰えもさりながら嗅覚もおヴォつかなくなってきたようだ



菊枕(きくまくら)とは、乾燥させた菊の花弁を詰め物に用いた枕。晩秋の季語でもある。 菊は漢方では体の無駄な熱を冷ますとされ、邪気を払い、不老長寿を得ることが出来るとして珍重された。







































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落蝉の天に「無念の足をむけ 法夢子

2014年08月24日 | 
落蝉の天に「無念の足をむけ    法夢子





晩秋 蝉の季節も終わる

夜明け間際に樹木の下を通りと何匹もの蝉の攻撃を受ける

セミが樹木から勢いよく下りてくるのだ

落ちてくるのだ

生きているのでぶつかる時はそれなりの質感がある

落ちたセミは天に足を上げその足を命ある限り動かしている

天に足向けなにかを抗議しているような

なにかの無念を訴えているような
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一斉に稲穂の会釈見過ごせず 法夢子

2014年08月23日 | 
一斉に稲穂の会釈見過ごせず 法夢子






広島の豪雨被害はすさまじく痛ましい

天変地異は珍しくもない通常のものになりそうである

自然から生まれたあらゆる生物は自然に素直でなければならない

自然を征服したかの人のふるまいが

自然を破壊してしまったのではないか



地球の歴史からみれば人類の歴史など微微たるものだ

叶おうはずがあるわけあるまい



今年も稲の収穫期が近い

稲穂が一斉にこちらに会釈したりすると

見過ごせないで立ち止まる

自然の営みに感謝することを人類は忘れてはならない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放生を待つかに擬態秋の蝶 法夢子

2014年08月22日 | 
放生を待つかに擬態秋の蝶 法夢子








放生という言葉を知った

捉えた獲物をそのまま放すことだという

古くからある週間だからこその言葉であろう

日本人のこの感性には驚くばかりだ



この言葉がなければこの句は生まれなかった

本人的には気に入っている一句だ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

標識の朽ちし分岐に男郎花 法夢子

2014年08月21日 | 

標識の朽ちし分岐に男郎花 法夢子





秋のトレッキングの季節到来である
60代は毎週のように歩き回っていた
箱根の山中で道に迷ってしまい
慄然としたのはいつだったか

山の中の分かれ道
標識がたよりなのだがそれが心もとない
コンパスの使い買ってもよく分からずに
単独行が好みなのだから褒められるものではない

山の草花 名も知らぬものばかりだが
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十歳児叶わぬを知り星月夜 法夢子

2014年08月20日 | 

十歳児叶わぬを知り星月夜 法夢子






七夕は5節句の一つで「ななせき」とも読むらしい

短冊に願い事を書いて小越様を仰ぐ祈る



少女も10才ぐらいになると

k叶わぬ願い を知るようになる

大人になるということは世界が小さくなるということだ



※五節句
人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

屋久島や厚き飛魚刺身皿 法夢子

2014年08月19日 | 

屋久島や厚き飛魚刺身皿 法夢子








5年前に単身屋久島を訪ねた

2泊3日であの縄文杉まで行ってきた

登山日は早朝4時から現地のガイドに同道し

下山解散は午後4時だった



海岸をブラビラ歩いて立ち寄った食堂

飛魚ずくしの振る舞いに感激

縄文杉の生まれた頃 トビウオはどんな姿をしていたのだろう

美酒 美味 感動の3日間であった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

揚花火音まで百重大団円 法夢子

2014年08月18日 | 
揚花火音まで百重に大団円 法夢子




夏も終わりを告げるように


夏祭りのネインイベントの揚花火が盛んである

江戸時代からの隅田川の花火は言うまでもないが

日本中の川、海、湖など行われている



何年か前になるが北海道「阿寒湖」で

真冬の揚花火をみたことがある

花火は夏のきまりでなくなりそうだ



揚花火の最後にはナイヤガラの仕掛け花火

そして空いっぱいに花火の大輪が連発連続

音もすさまじい

大団円となる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はらからの幼き日など盆の月  法夢子

2014年08月17日 | 

はらからの幼き日など盆の月 法夢子




普段はあまり顔を合わせない親兄弟が

お盆には集まる

これもご先祖さまのお力のなせる仕業だと知る



幼き日のエピソードにはみな大笑い

疎遠の日常はたちまちに縮まる

空にはご先祖様のようなやさしいお月様
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加