竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

埋火やこころの角におく焔

2015年12月31日 | 
埋火やこころの角におく焔




現代の住居には囲炉裏はおろか火鉢も消えて
埋火などはほとんど死語となったが
記憶の中のあのチロチロとした
灰に埋もれた炭火はしっかりと消えない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白障子嘘のとおらぬ佇まい

2015年12月30日 | 
白障子嘘のとおらぬ佇まい





白く貼りなおした障子は

その周囲の空気を一新させる

いいかげんな言動は似合わない

やんちゃな子供たちも姿勢を改めるようなところがある

嘘などとおるはずもない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頬被りはたらくふりのしらんぷり 

2015年12月29日 | 
被りはたらくふりのしらんぷり 








「煤逃げ」などとの季語があると知った

江戸時代の日本人はなんて愉快な庶民が多かったのだろうと感心する

今風におえば 働くふりの知らんふり だろう

全然いただけない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳晩や生きるつもりのやりのこし

2015年12月28日 | 
歳晩や生きるつもりのやりのこし




いよいよ今年もおしつまってきた

今年の内にこれだけはと思っていたものがそのまま残ってしまいそう

ま来年もあるさ

まだ7しばらくは死なないつもり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬蝶の陽のあるかぎりけふかぎり

2015年12月27日 | 
冬蝶の陽のあるかぎりけふかぎり








最近の風潮は刹那主義のようにみえる

現在がなければ未来はないのだから

現在こそが大切という理屈だろうが

現在は過去があったからこその現在で

未来のためにこそ現在があるとして行動すべきだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとことの多くて寒さ居座りぬ

2015年12月26日 | 
ひとことの多くて寒さ居座りぬ





沈黙は金なり

中身のない饒舌

うっかりのひとこと

ひとことでその場の空気が変わってしまう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笹鳴りの息とめたままとおりぬく

2015年12月25日 | 
笹鳴りの息とめたままとおりぬく




じゃまにならぬように
嫌われないように
この幸運を逃がさぬように
息をとめてそっと通りぬける
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炬燵にはそしてそれから事欠かず

2015年12月24日 | 
炬燵にはそしてそれから事欠かず






我家から炬燵が消えて久しい

貧しく子供が小さかった頃の炬燵がなつかしい

話が絶えることなく延々と続いた

この頃は親子の断絶

子供の自殺や家出などなかったように思われる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

路地裏を離れられなく冬の鳩

2015年12月23日 | 
路地裏を離れられなく冬の鳩





最近は街中で鳩や鴉をよく見かける

ほとんど棲家にしているような感さえもある

天敵もいなく 餌も豊富なのだから

賢い彼らが定住する理由は十分にあるという訳だろう

山へ遊びに行って夕暮れ街に帰ってくる習性に変わりそうだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれの怪し鍋の具年忘れ

2015年12月22日 | 
それぞれの怪し鍋の具年忘れ




鍋の具をそれぞれが勝手にもちこんでの暗闇鍋
こんなふざけた忘年会をやっていた頃がある
いじわるな仲間
アイデア豊富な優れもの
真面目にオーソドックスな具をそろえる者
てんでんばらばらなのだが
口に入れてからその正体を知るおもしろさ
今の若者にはこんなアナログの楽しみはないのだろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尊厳死つたえてかろき冬桜

2015年12月21日 | 
尊厳死つたえてかろき冬桜







尊厳死をのぞんでいる

ゴムチューブでの長生は遠慮したいと子供たちに伝えた

健康余命をエンディングにしたい

感謝を正気で伝えられる力は自力でなければ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凍滝の全山の音たたみをり

2015年12月20日 | 
凍滝の全山の音たたみをり




凍った冬の滝が好きだ

山の音という音をたたみこんでいるような

静寂が良い

万象の時間を止めているような

極寒真冬が良い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首からむ白鳥のゐて小半日

2015年12月19日 | 
首からむ白鳥のゐて小半日




隣町のO市の大沼に白鳥が飛来してきている

長い飛行の果ての安息

首をからめあうものもいて

散策をしながら眺めていてあきることはない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年今年俄か仏徒の膝詰めて

2015年12月18日 | 
去年今年俄か仏徒の膝詰めて






大晦日には家族で古河市の

長谷観音にお詣りしていた

膝を摘めて座る

一堂に300人ほどのにわか信者が一斉に般若心経

お札を頂いて帰りは出店屋台を覗きながら

現在大学生の孫がまだ小学生だった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒鯉の搾りきりたる緋色かな

2015年12月17日 | 
寒鯉の搾りきりたる緋色かな



真冬の水は透明度が高く深い
凍結寸前の池などは
その水面のはりつめた静けさに
はっとする
池の底には悠然たる大きな鯉
緋色がこれ以上ない見事をみせてくれている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加