竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

白牡丹闇という闇みな余白

2015年06月30日 | 
白牡丹闇という闇みな余白 たけし



白い牡丹は花のなかでも特別に感じる
人気のない深夜の花は妖気にあふれる
闇はその花を引き立てるために存在するかのようだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つぎつぎに風とあらはる舟料理

2015年06月29日 | 
つぎつぎに風とあらはる舟料理 たけし



俳句のなかで舟料理は江戸情緒ののこる
隅田川や賀茂川あたりがお似合いだが

以前セーヌ川での遊覧船
ベネチュアでの舟遊びが懐、ナイル川の川下りかしい

風といっしょにはこばれる食事はみな美味だった
船頭が唄をサービスするのは世界共通だ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腕までの黒の手袋原爆忌

2015年06月28日 | 
腕までの黒の手袋原爆忌 たけし




6月23日は沖縄忌だった
70年前のこの日からおよそ1ヶ月半で日本は敗戦
この1ヶ月半は日本中が地獄であった
二度にわたる原爆投下
日本中ところwらばずの空襲
軍人のほかの犠牲者の数も夥しいものだった

原爆投下の日には例年慰霊の式典がある
黒手袋が腕までの婦人
原爆のケロイドを包んでいるのだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白足袋に足裏をみせず祭笛

2015年06月27日 | 
白足袋に足裏をみせず祭笛 たけし



先輩の俳句に「足裏」の文字
アシウラと読むとなんとも語呂が悪い上に字余りだった
アウラと読むのだと教わった
一度使ってみたかったのだが さて・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

未草みなもにわたる鐘の音

2015年06月26日 | 
未草みなもにわたる鐘の音  たけし




<鐘の音水面にうけし花睡蓮>  原句
不忍池での実景なのだがどうにもおさまりが悪い
睡蓮の別称に「羊草」があうと知った
なんとかおさまった気になっているのだが

俳句はボキャヒンではどうにもならないなー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつだって唯我独尊蟇

2015年06月25日 | 
いつだって唯我独尊蟇 たけし



唯我独尊は自由気儘なイメージだが
その実は孤独に耐えるという
強靭な精神力を要する

大きな蟇をみているとその偉大さを認めざるを得ない
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ともがらの蛍になりてこの一会

2015年06月24日 | 
ともがらの蛍になりてこの一会 たけし



22~23日と湯西川温泉に1泊銀行会に参加しました
吟行では比較的高得点をいただいていたのですが
今回は不発
掲句が2点獲得で私の句では最高点
ちなもに最高得点句は次のものでした
人を入れ人を隠して夏の霧
9得点で特別選者の特選にもなった
私にはあまりにも平易で面白くはないのだが
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一村をつなげてたいら植田水

2015年06月19日 | 
一村をつなげてたいら植田水 たけし



梅雨に入って田植えの終わった田圃がみずみずしい
蛙の合唱も昔ながらだ
人口が減って村は老人ばかりになってきているが
満々の水をたたえた田圃は去年と変わらない
農村の未来は明るくはないのだが
こんな風景をみると安心してしまう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渋団扇戦後すつかりかすみけり

2015年06月18日 | 
渋団扇戦後すつかりかすみけり たけし




渋団扇
少し前まではどこの家にもひとちふたつはあったものだが
しばらく目にしていない
あの厚手で丈夫そうな
体裁よりは機能重視の合理敵な生活必需品
戦後の象徴のようだった
昨今の施錠をみれば戦後はすっかりかすんでいて
戦争までも忘れてしまったようにさえ感じる
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

落ちるまで焦げくさく鳴く蝉である

2015年06月17日 | 
落ちるまで焦げくさく鳴く蝉である たけし





俳句に説明は法度とされるのだが
炎天の真昼に鳴く蝉の健気には敬服せざるを得ない
思い果たせず
泣き止んだときは落蝉もある

そんな哀れを説明してみた
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

遺すもの腑分けのやうに夜の秋

2015年06月16日 | 
遺すもの腑分けのやうに夜の秋 たけし



身辺の整理はいつ始めるのが良いのか
これには正解などあるはずもないのだが
しなくてァ舞わないとも言いきれない

残すものと廃棄の処分をするものとの区分けが必要だ
初めて見ると遅々として進まない

まるで
腑分けのように・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はずみしは苦労のはばし心太

2015年06月14日 | 
はずみしは苦労のはなし心太  たけし



ところてん
夏になると賞味する機会が一二度はある
観光地で葭簀に囲まれた店に
氷とならんで暖簾があったりすると見逃せない

先客はだいたいが年配者
はずむ話は戦後の苦労のはなしが似合いそう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

危うさの閉じ込めきれず香水瓶

2015年06月13日 | 
危うさの閉じ込めきれず香水瓶 たけし




香水という言葉には非日常の響きがある
媚薬との怪しさも内包している
たくさんの香りには
ひとつひとつにそれぞれの物語
危うさはもうじっとしているのに
耐えられそうに無い
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

指先の幼児かえりや松落葉

2015年06月12日 | 
指先の幼児かえりや松落葉 たけし





常緑樹の松が落葉となる
夏に枯れるという表現がなんとも微妙である

一句をものにしたいと昨年も試みたが失敗であった
手箒の幼女とあそぶ松落葉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事故死かな脛毛にまみれ蚊の骸

2015年06月11日 | 
事故死かな脛毛にまみれ蚊の骸 たけし





事故死か自殺か
不明の死が日常である
自立という観点では人の子が一番劣っているようだ
誕生して歩き出すには1年もかかる
自分で餌を獲得できるまでには20年もかかる

脛毛のなかにかの死骸
えらいもんだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加