いくやの斬鉄日記

オープンソースからラブライブ!、Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

Ubuntu Weekly Recipe 第448回 知っておくべきLibreOfficeの便利な機能 全般編

2016年11月30日 22時02分15秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第448回 知っておくべきLibreOfficeの便利な機能 全般編

ようやくここまでたどり着きました。もともと書くつもりだったのはこれとWriter/Calc/Draw&Impress編だったのですが、やはりテーマに沿ったものを最初に書いたほうがいいなと思ったのでそうしたのです。
全般編は前後編に分かれるのかなと目論んでいたものの、結局は1回に収まりました。
というわけで、ずっと書いてきたLibreOfficeの話題もあと3回でおしまいですが、Writer編はまだ何を書いたらいいのかわかっていない状態です(ぉぃ

ちなみにHiDPIの項目を書くために
Diginnos DG-NP09D 8.9インチ WUXGA(1920x1200) バッテリー内蔵 モバイルモニター
クリエーター情報なし
サードウェーブデジノス

を買いましたが、フルHD程度の解像度ではあんまり意味はなかったですね。もちろん普通に使うのでいいのですけど。

実は記事の内容は先日OSC広島で喋ったこととだいたい同じですが、こっちはもう少し5.3について触れていました。そもそもImpressも5.3 Beta1相当のバイナリで行いましたしね。

次回の私担当分のRecipeは、今のところはLibreOfficeではない話題にするつもりですが、まだ調査していないのでなんとも言えません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンソースカンファレンス2016 Hiroshimaに参加します

2016年11月25日 18時44分00秒 | Ubuntu
オープンソースカンファレンス2016 Hiroshimaに参加します。

ブースはUbuntu Japanese Teamですが、セミナーはLibreOfficeです。
LibreOfficeにあってApache OpenOfficeにない便利な機能を紹介します。ベータリリース間近の5.3の情報もあるかも?

立地も結構いいところにあるので(とはいえ広島に行くのも初めてなので全然わかっていませんが)、お近くにお住まいの方はお越しいただければと思います。

LibreOffice Kaigiは懐の都合で断念、Ubuntuオフラインミーティングはそもそも参加予定なしということで、公の場で喋るのは今年最後です。まぁ来年喋ることを約束するものではないのですが……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を買った

2016年11月10日 23時34分21秒 | Ubuntu
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
クリエーター情報なし
任天堂


もともとはそんなに急いで買う気はなかったのですけど、発表された直後から予約殺到で締め切られていたのが多かったので、慌ててソフマップで押さえました。そして本日受領しました。

ファミコンを買ってもらったのは小学6年生のときなので、四半世紀ほど前でしょうか。ちょっと遅めですね。

目的は熱血行進曲で、こればかりやっていますが(スーパーマリオもやりましたけどね。下手ですけど)、やはり昔のようにはいきません。もっと練習が必要です。最後にやったのは20年くらい前でしょうか……。
ジャンプの方法を忘れているのに(AB同時押し)、格闘の人間魚雷で方向転換するタイミングは覚えていたりするので、人間の記憶力というのは不思議なものです。

ちなみにACアダプターは購入せず、Raspberry Pi3用に購入したものを使用しています。

ソースコードをざっと見てみたところ、SDLが入っていたのでエミュレーターで使ってるんでしょうか。エミュレーター自体は任天堂製のようですね。そらそうか。
Linuxにubootにbusyboxとか、おなじみの構成のようです。

コントローラーを外付けできたり(ちと小さいので)、ゲームを追加したりできればもっとよかったんですけど。前面のコントローラーとか増設したりする端子にUSBポートがあってもいいですよねぇ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第445回 LibreOffice Writerで構造化したドキュメントを執筆する

2016年11月09日 21時22分02秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第445回 LibreOffice Writerで構造化したドキュメントを執筆する

私はownCloudで原稿を管理しているのですが、提出の段階になって(執筆は数日前に終わっていて)原稿がなくなっていることに気づいて焦りました。
Web画面にアクセスしてみたらゴミ箱にあったので救われましたが……やっぱりgitで管理したほうがいいかな……。
それが今回最大の裏話です。

原稿を書き始めたのは先月からで、Writerこそ使っていないものの(今はMarkdownで原稿を書いています)ここにあるとおり見出しを先に付け、その後検証してから執筆をしています。執筆は断続的に行ったので統一感が弱いかも知れませんが、まぁどのあたりが切れ目だったかはわからないでしょう。そうだといいな。

すべてのドキュメントは構造化されるべきというのはかなり本音だったりしますが、このあたりはHTMLの影響が大きい気がしますね。最初CSSというものを知ったときには感心したので。
この記事を読んでちょっとでも構造化してみようと思っていただけたら本望です。もちろんそれはWriterでなくてもいいです。構造化することが大切であり、何を使うかは大した問題ではないですからね。

LibreOfficeの各モジュールの解説は今回で終わりで、次からはいよいよ本当にやりたかったLibreOfficeにあってApache OpenOfficeにない便利な機能(個別機能)の紹介をしようと思います。具体的にどういう配分にするかはまだ決めていませんけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経Linux 12月号で執筆しました

2016年11月08日 22時29分39秒 | Ubuntu
日経Linux(リナックス)2016年12月号
クリエーター情報なし
日経BP社


日経Linux 2016年12月号の第2特集Part1の執筆を担当しました。
Ubuntu 16.10は今更言うまでもなくあまり変更点は多くないので、6ページとか無理ですよあっはっは―とお話していったんは4ページに減らしてもらったのですが、技術的に嘘にならない範囲でストーリー仕立てにしてわかりやすく解説したら6ページになっちゃいました。
netplanは最初の第一歩という感じでソースコードも充分読めるレベルなので目を通してみましたけど、あーこれは頭のいい人の仕業だなと思いました。フロントエンドのプログラムであるところのnetplanコマンドはPythonで、残りはC言語です。今後発展しても個人的にはあまり厄介になる機会はなさそうですけど、まー便利さを感じる機会もあるのではないかと思います。

あとは総論とPart3のチェックもしています。意見が取り入れられたところもあり、スルーされたところもありという感じです。Plankはランチャーではなくドックだと思うんですよね……。

水野さんの連載である『Linuxステップアップ講座』はVirtualBoxネタということで、こちらもいろいろとツッコミを入れました。紙幅の都合上共有フォルダー機能の紹介がないのが残念なところではありました。Vine Linuxは日本語で開発者とコミュニケーションが取れるとのことですが、現在のVineの開発者って(以下自粛)。

岡地編集長の編集後記によると「ズルい」が流行語だそうですが、世間に疎すぎてどのあたりで流行っているのかさっぱりわかりません。最近は日露戦争と太平洋戦争関連の本を読み漁ったり、映画を観たりしていますからね……。鎮守府制覇したい……。

あれ、何の話でしたっけ。兎にも角にもよろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加