ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(159)

2012年12月30日 | 海だ 磯だ!

平成24年12月30日、従兄弟のFブラザーズの兄と、シーマンの3人で古満目へ磯釣りに行ってきました。
まあ、天気予報もになったりになったり、どっちやねんみたいな。
結局、佐賀へ入る前ぐらいから雨となり、朝6時前に港へ着きましたが結構の雨でした。
コンビニで合羽を買い、出港です。I渡船さんのお世話になりました。
Bコースのゴクドウを予約していて下りました。以前も上がったことがあります。結構なハエです。
何が結構かと言うと、初めて上がる人はビックリすると思います。足場が非常に悪い、平場がほとんどありません。
結構大きなハエですが雨が降ると滑る、スベル。
私は南向きのフタゴ方向をやろうとセット。1時間ぐらい全くエサが取られませんでしたが、ポイントを少し変えてフタゴに3人上がっていましたのでよそ見をしていました。
ふと、水面を見るとウキがありませんあれ?と思い探している間に竿先にズキューン。さようなら。素人ですわ。
それから、グレ、イサギ、ヒョウゴを釣りました。グレは30cmちょっとですが、イサギ凄い。こんなデカイサイズは見たことありませんね。ビックリしました。
2時間ぐらい風が止んでいましたが、雨は継続的に降り、昼からは突風。13時半で撤収となってしまいました。
帰って来て港での写真も撮っていますが、白波が立っています。磯からは風が舞ってましたね。
の写真も帰って来てからで暗いですわ。

古満目も3渡船がA、B、Cコースと日替わりで営業していましたがH岡渡船が休んでいます。
話をよく聞いてみるとお亡くなりになったようです。
従兄弟の兄は古満目へ行く時には利用していましたし、私も友人と何回か利用させて頂きました。
弁当の便以外にも、回って来て色々アドバイスや情報を入れてくれていたのを記憶しています。
昨年の釣行では、入院していたような話も聞いていましたので心配はしていましたが・・・残念です。

今年はこれで最後になると思います。最後が天候悪化で撤収とは
皆さん、良いお年を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(158)

2012年12月24日 | 海だ 磯だ!
平成24年12月24日、池の浦へ行って来ました。
筏は2基取り付け、波3メートル。昨日北西が吹きましたので出来ると思っての釣行です。
クボリンもミックンも仕事が忙しいと思い、あべにぃに電話すると田舎へ帰っているとのこと。
一人で行っていました。行くとY田氏にも会い、銀行員の4人連れも来ていました。
総勢17、18人だったと思います。
3人や2人連れが多く、行きたい所は譲り、さて何処へ行こうか?船頭に松前を言うと凪いでいるのでOKとのこと。
Y田氏は地の鼻へ上がり、ミノコシ・下アカ・ブック・沖七と着けました。
松前と言われ前へ行くと松バエへ着けるような様子で「前へ着けて!」と言いました。
風が吹くぞー、と船頭に言われましたが「頑張る」と言い下りました。
後は上松、チュウジロウ、オオヒラへ行ったようです。
釣り始めて2匹ガシラが釣れました。底まで下ろして何も居ないのか?と1時間ぐらいでポイント移動。
その直後の1投目でウキが舞い込みました。穂先まできてましたね。サンノジか?と思いましたが竿を叩きません。
怒らせないように静かーに上げるとグレでした。40オーバーで41は無いぐらいのでした。
8時前にその状態でそれから25cmからコッパは入れ食い状態。
普通なら25cmと言えば私がグリルで焼いて食べる丁度のサイズです。
しかし、朝のこの1匹で「今日はこれより小さな魚は取って帰らない」と決めました。
で、結果はこの1匹のみです。ちなみに30cmオーバーのグレはこれ以外は釣っていません
サンノジは釣れませんでしたが、アイゴやキツ等外道も魚種は豊富でしたね。
結構釣れない時間帯もありましたが、得意の13時頃から満ち潮でザワザワなりだして、14時から2発切られました。
必殺、ウキパラソルも西風が強く、セットしている間に見えなくなってしまいました。
ウキは自作改良の安物ですが、キザクラのホルダーがもったいない
沖ヨコで40オーバーが4、5匹釣れているようです。3人連れだったと思います。
オオヒラも良好、地の鼻は40cm弱とのことです。
清水は、先週私が釣った場所で朝から上物やっている人が居ましたが話に出ませんでしたね。
白波とはなりませんでしたが、西風から北西風が結構強い一日でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(157)

2012年12月16日 | 海だ 磯だ!

平成24年12月16日、池の浦へ磯釣りに行って来ました。
週末の度に天気悪いですね土曜日は船は出ていません。無理かな?と思いつつクボリンを付き合わせて行っていました。
まあ、前日の電話で無理やったら一文字でエサを撒いて帰ろうぐらいの調子で話をしていました。
大きな磯だけでも上げてもらえないかなー、と思っていましたがその通りで沖ヨコ、沖七、清水限定となってしまいました。
先週の状態から清水へ上がることにして、いざ出港
船は2隻出ましたが、清水へ7人か8人か上がってましたね(底物師も含めてです)。
波は2.5mの予報、そんな広く探れる筈もありません。
朝、パタパタと2枚ゲットし、9時半前にウキが静かに沈みました。合わせると中々の手応え。でも竿を叩いています。
あーあ、と思って寄せて来ましたがそれから強烈な絞め込み、糸を出したくありませんでしたので耐えてましたが切られました。
反動でひっくり返り掛けてましたね
その後、サンノジや30cmオーバーを2つ釣り、その後1枚追加で計5枚の釣果でした(1匹は写真に写ってません)。
Maxは船頭曰く38cmとのことでしたが35cm程度です。きちんと測ってません。

今シーズン初であり、集魚材は前シーズンの残りみたいな・・・魚さんには申し訳ない状態での釣りでしたが、楽しむことが出来ました。
2隻の出船となりましたが、悪天候で15人前後だったと思います。皆さんお疲れさまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(156)

2012年12月14日 | 海だ エギングだ!
平成24年12月14日、宇佐へエギングに行って来ました。
昨日、忘年会で金曜日ですが休暇を取っていました。10時過ぎに起き、12時過ぎの干潮の時間帯に合わせて行きましたがさっぱりでした。
最初は水道でやっていました。1時間半ぐらいやって全く姿も見えませんので双眼鏡で奥の方向を見ると船長ポイントや奥の岬は人影なしでした。
で、移動をしました。手前の岬は2人組が居り、その手前の箇所には上下真っ黒ウエアの墨対応釣り師がやっていました。
船長ポイントへ止めて下りてみると奥の岬は人が居ました。金曜日と言うのにやる場所がありません。
潮は引いていますので前へ出て30分ぐらいやりましたが、さっぱり
巡航と手前の岬は空いており、ボイドポイントをやりました。帰りにウインチ堤防も。
手前の岬でアタリらしき反応が1度あっただけ。天気が落ちる前で、風もほぼ無風と言ってもよいような状態でしたがどういうことでしょうか?
やっぱりボートエギングかなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(155)

2012年12月01日 | 海だ エギングだ!

平成24年12月1日、宇佐へエギングに行って来ました。午後から2時間ぐらいの釣行でした。
いつもの、巡航と手前の岬でやりましたが、豆イカの姿すら見えません。
船長ポイントも奥の岬も双眼鏡で見ると人影があり手前の水道へ戻って300g程度をゲットです。
2杯目も釣れてと思いましたが、コウイカでした。
久しぶりにお目に掛かりましたが、流石に凄い墨ですね。注意して取り込んで正解でした。
白波が立つ程ではありませんが、結構西風が強い状態でした。両者で690gでした。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加