ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(372-01)

2017年07月31日 | ただの日記でーす
平成29年7月31日です。
今朝、早く目が覚めました。
鈴虫の住み家が糞で汚れていますので掃除しました。

100匹ぐらいいるのかな?
流木や、植物も出して歯ブラシでゴシゴシ。衣装ケースの部分もお掃除。
すぐ、汚されてしまいますが、取り合えず完了。

キュウリとナスは好物ですが、私のミニトマトを与えるとガッツリ食べてますね。
スーパーで剥いで捨てるレタスも頂いてきました。
ニンジンを与えると音色が良くなるとのことですが、今年は与えていません。
リーンとはまだ鳴きません、リンって感じです。でも、数匹が頑張って練習しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(372)

2017年07月30日 | ただの日記でーす
平成29年7月30日です。昨日は面河川へ渓流釣りに行っていました。
朝起きるのが20分ぐらい遅れましたので高知からは近くのK川へ入っていました。面河川では一番有名な支川です。
下流から上流へ車で上がり、入渓者が居ないことを確認。
中流域からスタート。

水色のようなルートを流していると右側から突っ込んできましたね。

それは掛かるでしょう!朝一からやる気満々の1匹。
やっぱり、水深の浅い所はこのルアーいいですわ。廃番品です。


左手前の岩影からビックサイズを期待して、一つ上の溜まりへキャストして流してくる予定でしたがラインを張った瞬間に上のプールで釣れました。

もっといい型が下には居たように思いますね。

で、1時間半ぐらい上がり途中で谷へ入って来た人と遭遇。
前回のこの支川での釣りでも同じことがありました。
「私の車が停まっていたでしょう。車のダッシュボードには鑑札を置いて釣りに来ている事が分かるようにして谷へ入っている
 せめて、半日釣る事が出来るぐらいの間隔を取って釣りをしないのか?先渓者が優先でしょう渓流釣りって?」
どういうつもりなのか?
彼が言うには
「私は内子町から来ました。上流から下りて来ましたので車は見ておりません。私が場所を変わりますよ」
と素直な方で、自分の車が分って入ってきているのであれば私も頭に血が昇っていましたが仕方ないかな。
テンカラをやりにきているようでした。そのまま釣るのではなく、下流に車が居ないか?ぐらい確認して入って欲しいですね。
色々話をして、真面目そうな方でもありましたので、譲りました。

こんな状態で停めていますわ。
で、1kmぐらい上流から再スタート。上流に1台車がありましたが、写真撮影のカメラマンのようです。
で、釣り始めましたが、1時間でまた上流に人影。
このK川は左岸側が県道となっています。車が上がった様子はなかったけど、また上流からそのまま入ってきて釣りかいな???
自分が、父親や叔父・先輩方から習ったのは先行者が居れば谷を変われぐらいのことでした。
ちょっと、最近こんな釣りなのか?愛媛県がこうなのか?

大幅移動、もう人と会いたくない。源流域へ行こう。
フライフィッシングに変更。O川の源流へ。


こんなかんじのイワナ君。

一番のビックサイズが釣れた場所でした。
16時過ぎと少し時間が半端となりO川の中流域でルアーを投げて3匹ゲット。
やっぱり、一回りルアーでの魚が大きいですわ。


イワナ7匹、アメゴ10匹の釣果でした。

川の状態をWebで確認していましたが、面河川漁協は水位が高いとのことでした。
でも、あちこちの水位計は平水位に戻っています。でも、九州で被害に合われていますが、局所的なピンポイントの雨が降っているかんじです。
水の上がった痕やブッシュの状態で確認出来ました。
やっぱり、水が出るとアメゴもイワナもやる気が感じられます。
ただ、蜘蛛の巣。毎年泣かされますが、ルアーでもフライでも悪戦となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(371-06)

2017年07月28日 | ただの日記でーす
平成29年7月28日です。
今朝、飼育している生き物にエサを与えていると・・・、


最終脱皮を終えた鈴虫のオスを発見。
まだ鳴き声は聴いていませんが、何とか成虫になりましたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(371-05)

2017年07月26日 | ただの日記でーす
平成29年7月26日です。
専門調査員から回ってきた仕事をしていますが、色々問題があり頭を抱えています。

夕方、あべにぃからメールあり。

えらい赤いイカですねー?
いやいや、タコのようです。
徳島へ帰って、少し釣りの路線を変えつつあるようです。
新記録1.7kgだそうですよ。
新しいタコ、美味しいですよね。
すごい、すごい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(371-04)

2017年07月24日 | ただの日記でーす
平成29年7月24日です。
昨日は、頑張ってお風呂場の掃除をしていました。

シャンプーもボディーソープも1種類では気に入らないので3種類はあります。
柿渋のボディーソープも新たに購入。一つ使い切って捨てればいいんですが、溜まる一方です。

先日購入したシャワーのヘッド。

こんな感じで水が出てます。
中心の吐出穴が多いみたいです。これで節水率50%になるのかな?

レッドシュリンプの水を半分ぐらい交換。
前の日から貯めていましたので、カルキは大丈夫だと思います。

水草のためにも、大塚ハウスを少し注入。

こんな軽作業ですが、汗びっしょり。
やっぱり、昼にはビールが飲みたくなり一杯やってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(371-03)

2017年07月22日 | ただの日記でーす
平成29年7月22日です。
今日は、水位が比較的高い吉野川水系へ入ろうかと考えていました。
しかし、先週の状態の悪さと、体のしんどさから目覚ましは掛けていましたが、ズルズルと寝てしまいました。
9時前に起きて、メダカや金魚のエサやりと植物の世話をして朝食。

鈴虫も4回目ぐらいかな?脱皮して大きくなっています。


叔父からもらったキュウリのお裾分け。
少し動くと汗が噴き出して着替えが何枚あっても足りません。
で、昼食は350mlのビールを二本。
晩も500mlのチューハイ二本。渓流へ行って一万5千歩歩いているのと比べると何て悪い生活でしょうか?

先日収穫したメロンも冷蔵庫に冷やしていて食べました。
半分に割ると綺麗な食欲をそそるような感じでしたが食べてみると味がない?
やっぱり、少し早かったようです。シーマンのお母さんからスイカをもらいましたが、それがもの凄く甘く、ギャップにショック。

昨日、ハンターTさんから届いていました。

朝、アメゴを狙っていたようですがダメだったようです。
しかし、鮎はこの状態。持ってますねー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(371-02)

2017年07月18日 | ただの日記でーす
平成29年7月18日です。
取り合えず、3連休となりましたが、今日は課長とのやりとりでバタバタ。
なんとか書類は整いました。


ケーブルテレビから送られて来る1ページですね。
中堤で釣り大会のようです。なぜ夏休みにしない9月17日なのか???
9月、10月ならびに11月は青物の強烈な奴もいますよね。
親子釣り大会でそれは狙っていないのでしょうが、良く分かりません。

土曜日の渓流は1万5千2百歩近くを歩いていました。
翌日の日曜日は、ダウンで2千歩も歩いていませんでした。
平均したら全く意味がありません。
アルバートが亡くなって結構になりました。
愛犬が亡くなるとショックが大きかったですが、金魚やメダカ以外に何か飼いたい気分にはなっています。
お金も掛かるんですけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(371-01)

2017年07月17日 | ただの日記でーす
平成29年7月17日です。
猛暑日になるとの予報もあり、家で居たら熱中症がやばい。と思われるような状態でした。
8時起床とのんびりしていましたが、メダカやシュリンプ、熱帯魚・金魚にエサやっているとTシャツは絞ったら出るぐらいの汗。
9時過ぎに朝飯を済ませて、午後から雨も降りそうな予報でしたので液肥を植物に与えて、また着替え。
メロンは茎が外れており、放置しても無理ですので撤去。

まだ、割っていません。ちょっと怖い。
まあ、熟していなくても漬物にしてしまえー!ぐらいの気持ち。
枝豆君も収穫時期を逃してしまった気配。

で、お鍋に入れる前の状態。

2週間ぐらい遅いでしょうか?
虫にも食べられています。無農薬の証です。
5分と少し多めに湯掻きました。結構美味しい。
後日、吟味します。

100円ショップで、

最強クラスとのことですが、全く効きません。
ダメダメ。

風呂のシャワー、圧が弱くなったような???

ドラッグストアで購入。
節水効果50%で文句なし。
さて、ホント
試すこともせず、かんぽの宿へ。
帰ってきてビールが旨い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(371)

2017年07月16日 | 川だ 渓流だ!
平成29年7月16日です。昨日は、面河川へルアーフィッシングに出掛けてました。
今週は結構な雨が降りました。増水後の、爆釣を期待して行ったのですが・・・。
K川へ入りましたが、増水した後はあります。しかし、河床の状態が悪い。

アオミドロのような、苔をつけてルアーが戻って来ます。
最初の場所で、魚を見ただけで1時間ぐらい反応なし。

この場所で、右岸側のブッシュの間にキャストして下流に流すことを意識しながら巻くとやっとヒット。でも、アメゴではない!

レインボーでした。ルアーフィッシングでは初めての魚です。
その後、

結構まったりしていますが、

ゲット。



こんな所で、


ボツボツと姿を見せてくれました。

後、N川に入りましたが、全く水量無し状態。
S川は少し水嵩が上がっており、下流をやって上流へ行こうと考えていると車両が上がって行きました。
この奥には民家はありません。釣りだろうな?で諦めました。

15時も過ぎて、最後にO川の下流を攻めましたが、ハヤのみ。
中流へ上がりそこで少し数を拾いましたが、午後になってから4時間ぐらい持ち帰りの魚なし。
と言っても4発連続でフックから外れてしまう状態が続き、落胆ムード。
18時になり最後の大場所でした。

この堰堤の右岸側、尺近いのが掛かりましたよ。
柔らかい竿が好きな私にはかなりの重量感、少し上に上がってやりとりして水面に上がって来ましたのでネットで掬おうと水面に下ろすと反撃。
スルリと抜けて下流へ。こうなると、7割ぐらいが負けですね。
この右岸側はホールになっていて行かせたくない。左岸側はブッシュがありちょっと危険。
自分も下に降りろうと足を出したら少し滑りました。1秒か2秒の間、穂先にテンションが掛かっていない状態。
奴は、素早く一番行って欲しくないホールへ。手で引っ張り出そうとしましたが、弱っていません。
20秒後ぐらいにフックが外れて・・・、さようなら。
最近、持ってません。ハンターTさんが持ちすぎか?


結局こんな状態でした。
ルアーも3つロスト。厳しい釣りでしたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(370-03)

2017年07月14日 | ただの日記でーす
平成29年7月14日です。
今日は午前中、仁淀川で水生生物の調査があり、行っておりました。
高岡第二小学校の子供達で、なかなか元気でした。

最初はまだまとまりがありましたが・・・、

代表の班長がバケツに水を汲み、PHなどを調べたのですが勝手に色々するし、水は捨てるし、別の子供に掛けるし。
その後、水生生物の採取では、

いい感じに頑張っているように見えるでしょう(笑)。
途中から、水泳教室に変わって泳いでいる子供が数人。
4年生ぐらいですから、こんなもんでしょうね。私もそうでした。
水位も少し高かったのですが、ケガなどもなく無事終わって

来週は、物部川があります。
物部川は午後からエビ玉漁もしないといけません。大変だー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加