ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(101)

2011年07月24日 | 川だ 渓流だ!

7月23日、仁淀川の上流である愛媛の面河川水系まで行っていました。
台風の影響で大渡ダムは放水しています。小渓や沢も水量が多い感じです。
朝、7時前から釣りを開始しましたが、アメゴのライズすら見られず釣れるのは尻の緩くなった箇所でモツゴが釣れるような状態でした。
台風の影響がかなりあるのかな?と思いながら上流へ進み9時前に1匹目のアメゴをゲット。
ストマックで覗くと、川虫が9割、小さなアダルトの蜂を1匹確認したようなものでした。
気温も上がり、大型のアダルトも目視出来るようななり、エルクヘアーでも行けるなというような状況になってからは楽でした。
小さなイマージャーやフローティングニンフは見難い目が疲れます。
#14から#16程度のエルクやパラシュートで釣れると非常に楽です。
柳谷の方も道が良くなっていますね。四国カルスト方面への車が沢山上がっていましたよ
結局、18時半まで竿を振っていました。朝は水に入ると寒い感じでしたが気温が上がると渓流は最高です。
釣果はMax22cm、計14匹でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(100)

2011年07月17日 | 海だ 船だ!
平成23年7月17日、私の叔父とだいちゃん、まあくんと言われましたか?だいちゃんの連れの4人で宇佐へキス釣りに行って来ました。
経費削減で、春野へ砂虫を買いに寄り、ちょうど7時ぐらいからの釣り始めだったと思います。
先週釣れた、深浦港前をやりましたが、満潮の時間帯もあり潮が動かない。
釣れる魚はメゴチばかりですわ。船はいつものT村貸船店ですが、来る途中の外海は台風の影響で荒れていました。
ですから、湾内での勝負しか考えていませんが、湾内は赤潮が発生しています。
1週間でこんなに状況が違うの?船長ポイント前や明徳前を行ったり来たりで何とか28匹の釣果でした。
Maxは22cmです。マゴチを塩焼きにして柑橘系を搾って食べろうろと持ち帰りました。
大潮だからもっと動いて良いように思いますが潮もトロいし、変な風は吹くし
屋形船も奥へ行ったり戻ったりと、どの船も難しい一日だったと思います。

台風の進路が心配です。大きい台風ですし、あまり被害が出ないことを祈っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(99)

2011年07月10日 | 海だ 船だ!

平成23年7月10日、土佐町の友人と宇佐へキス釣りに行ってました。
天気も良いので、ワンコを連れて行きました。
今まで船に乗り込むのを嫌がっていましたが今日は率先して乗りましたね。
で、荷物を置いていると海へ飛び込んでしまいましたもう朝から大変ですわー
何処で釣りたいのか?外へ出ろうとのことになり、一文字周辺と中堤周辺をやりましたが私が4匹釣っただけ・・・。
外道のメゴチやトラギスは釣れましたが本命が上がってきません。
結局それで湾内へ帰りました。
明徳の前で船が集まっており、流してみるとバタバタと釣れ、それから前回調子が良かった深浦港前付近をやりました。
ズッシーから電話があり深浦で投げ釣りをやっていたようですよ。

写真は私の取り合えず良型である20cm程度の6匹です。他、29匹持ち帰りましたが13~15cm程度が主体でした。私にはピンギスは釣れませんでしたが、他の人は小指ぐらいのキスも釣っていました。
マゴチやチダイ等、色々釣れましたがサイズが小さい。私はキスだけ持ち帰りました。

帰りに車から北の空を写真撮影しましたが夏の雲ですね。土曜日は激しい夕立が降っていました。
別写真は隣の叔父から頂きました、仁淀川の鮎です。初物でした。
水嵩が高く、漁にならないと言ってました噂では、仁淀の鮎は今年は例年の5倍程度だとのことです。
期待したいですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(98)

2011年07月03日 | 川だ 渓流だ!

平成23年7月2日、梼原川へフライフィッシングに行って来ました。
仕事も忙しく、また休めそうでも週末の天気予報は傘マークが多くて竿を振りに行くことが難しい状況です。
先週の土曜日も予報は雨でしたが、実際は曇時々晴のような天気で後悔していました。
朝から、低く垂れ下がった雲でどうなるかと思いましたが満喫出来ました。
雨の影響で、水嵩は高く、下流では少し濁っていました。でも上流へ行くと良い感じで、最初のポイントから良型が釣れました。
いつも入る支流を3箇所やってきましたがMax20cmの合計18匹でした。
上流域も鮎が解禁になっています。イブニングライズを狙って少し下流でと思っていましたが、おとりをやっている方もおられましたので邪魔せずに帰って来ました。
梅雨時期の晴れ間って爆釣の期待が上がります。今回はそこまでではありませんでしたが、時によっては背尻で何匹ものアメゴがライズしているのを見たこともあります。
谷に腰まで入り、魚を追っていると暑さも忘れますよ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加