ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(60)

2010年11月28日 | 海だ 磯だ!

11月27日、クボリンと宇佐へ磯釣りに行って来ました。
O田釣具へ行くと定員オーバーで乗せているのを海上保安庁に指摘されてお叱りを頂いたと言ってました。
そのようなことがあり、名簿の記載等めんどくさくなっています。
一文字へ渡るのには嫌がる人も居るかもしれませんが、磯へ行きたい私達は当たり前ぐらいに思いますね。
逆に、事故でもあった時に困るのは渡船屋ですから
と言うことで、朝2隻出すとのことで6時前に磯専用が出港しました。早いこの方が良いですわ
U渡船が5台ぐらい車が停まっていたと思います。こちらの磯行きが9人かな?
白2番に3人、3番に1人降りました。私とクボリンはコムギへ。
朝、日の出を磯で拝むことが出来ました。クボリンはウエアもベストも新しくなりました(逆光で分からないっす)。
一番にイカを狙ってエギングやりましたが、豆イカの顔も見ることが出来ませんでした。
そう言えば、朝タカタ君にコンビニで合いましたわ。会社のイカ釣り大会があるって言ってました。
船による乱獲でイカが見えなくなってしまいましたよ。って先週私も行ってましたけどね
クボリンは、いつも通り腹ごしらえをして二人がスタートです。私は西方向、クボリンは南から南東方向かな。
すぐにエサ取りで海が大変な状態となってしまいました。
それから、磯際はエサ取り一色で沖目を狙っているとズキューン、一気に手前へ突っ込まれてビヨヨーン。
どこかの釣り番組みたいです。やってもーたーその状態からもグレではないと思います。
少ししてキブダイのデカイ、60cmぐらいあるのが2匹見えてきました。あいつらでしょうかね。
その後、サンノジやスズメダイ系、カゴカキダイや②のハタタテダイ、ベラ等が釣れました。
11時頃だったかな?25cmのグレを南向きでゲット。それから集中して狙いますが後は反応無し。
昼飯を早く食べてクボリンが止めた東向きで28cmのグレ。
その後、ハゲが釣れて良い感じかなーと思っていましたがエサ取りに苦労しましたね。終了となりました。
結構、うねりがあり気を付けて釣りをしないとバッカンやエサ箱が流されそうになりました。
撒餌もエサ取り対策に沢山作っていました。今日はウキ方向に1度も撒餌を投げることはありませんでした。
イメージでは磯際にエサ取りを釘づけ状態でと思ってやっていましたが、現実はうねり等により海中は混ぜてしまい全面エサ取りのような状態になってしまったのかなー
風も東風、西風と変わり、潮も手前へ突いてきたり、右へ行ったり、左へ行ったり。どないやねん
奥へ行ったグループはイガミへ上がったようでコッパ主体。
白3番もコッパのようで2番はうねりにより釣り難かったと言ってました。
グレは塩焼きにしようと思っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(59)

2010年11月21日 | 海だ エギングだ!
11月21日、ミックンと野見湾へボートエギング+掛かり釣りに挑戦して来ました。
前日、待ち合わせ場所を決めたのですが、私はイメージが浮かんでおらず、まあ30分前に行ってウロウロしたら分かるだろう?と安易な考えで朝出掛けました。これが大変な間違いでして・・・
高速降りて取り合えず電話しようとポケットを探ると、ありません忘れています。
で、道を変な所から入りましたので横波へ行く道は確か2車線やったのに?とセメント工場をウロウロ。
野見の方も道が狭くなり、この奥にはコンビニは無かったはずだとウロウロ。
結局待ち合わせ時間より10分遅れぐらいで済みましたが、これが色々な騒動の引き金だったような感じですかな。
8時前に港に着いて出港。そこの貸船は11隻所有と言っていたと思いますが盛況のようです。エギング大流行ですね。
港を出ましたがミックンが「バイクのカギが無い」と言い出しました。
でも、そのまま出港。帰りは何とかなるろーって。まあ、私が車ですから何とかはなります。
でコウギの東のワンドで二人がキャスト。
1投目で二人がヒットすごーい、小さいクーラーしか持って来ていないのにどうしよう?みたいな。
それから、沈黙状態。津波堤防の前、戸島のハチカンからタカトバエ周辺。
ここで二人がヒットしましたが二人共バラシ。
中ノ島の間へ。ここは前にミックンが良型を上げたようですが波が突っ込んできていて、ちょっと怖い状態。
それから中ノ島の東の橋の下を通り外海へ。イケス・ワレの周辺を攻めましたが応答無し。
キクの西でミックンヒットするがバラシ。でクロガリ、アオカド、浜の前周辺。
ここで、二人がヒット。まあまあのサイズでした。これが11時頃だったか?
いつもの通り、バカを言いながら釣ってましたが南からのウネリが強い。
穂先に絡まった糸を外していて・・・ダメです。あくび連発、気分悪い。戸島の裏へ移動。
掛かり釣りの仕掛けも持って行っていましたのでミックンはクロガリ周辺でやってましたが反応無し。
と、言うか磯釣りの竿はほとんど曲がっていませんでしたよ。
それから後は、ダマシながらやっていましたがやっぱり体が調子悪い。
ミックンも酔ったと言いながらも最終的には5杯?6杯?釣ってましたね。最後に1kg前後のもやったもんね。
私はリリースサイズもありましたが、持ち帰りは2杯でした。
14時ぐらいからコウギの釣師の撒いたエサで、棚からぼた餅にならないかとフカセも二人でやりましたわ。
ネンブツダイ、鯛の子、ハタ系、ベラ等釣れましたがそんな所でしたね。
今日は須崎の渡船も帰りが早かったですよ。14時に港に帰るぐらいの時間で撤収していました。
船は3隻が帰って行きました。30人強の人数だったと思います。
船に強く酔わなければ、撤収した後のオオエビスかオオバエ周辺ででもやりたいよなー。
16時前に港へ帰ったかねー?ミックンはバイクに鍵を差したままですわ。閉て込めていたら大変でしたが良かったですわ。
彼が、バイクやき先に帰りやって言ってくれて荷物積み込んで帰りましたわ。
帰って来て、道具を洗おうと風呂場へ持って行くと・・・何ー、エギ竿が無い車に積んだ記憶も無い。
ミックンに電話したら持って帰って来てくれているようです。
困ったもんですわ。
朝から落ち着きのない休日でした。キーボード打っていますが体が揺れている感じが続いています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(58)

2010年11月20日 | 海だ 磯だ!

11月20日、池の浦へ行って来ました。
前日、クボリンに連絡しましたが、この日は予定していないとのことでした。
仕事も遅くなり、21時前に終えたらO林釣具がウキを安売りしているのを思い出して見に行きました。
ウキは買わずに、なぜかエサを買って帰ってましたね(笑)。
何処へ行こうかの予定も立てずに寝ている間に何か思う事があればと思っていましたが何ーにもなし。
5時半過ぎに宇佐のU渡船の駐車場を確認に行くと4台でした。
宇佐でも出来るなと思いながら宇佐大橋を渡っていました。
行くしかありません、池の浦へ・・・
総員19人だったと思います。
2隻となり、西の船って船頭が言ったら団体がそちらへ。私は混んでいない方でと思っていましたので別の船へ。
クボリンその船、エンジンの馬力あるあの船頭でした。鯛やら鰹やら釣れていたようで渡船の船頭は今シーズン初めてって言ってましたよ。
で、出港したのですが私の乗船した船は10人ぐらい乗っていましたが皆、筏へ降りましたわ。私だけ東磯です
沖ヨコかクロハエがましだろうと思いました。クロハエはKCBの連中が荒らしていますので沖ヨコへ。
撒きエサ作って、1投目で釣れたのが①のキツです。今日は最後までこれに悩まされる結果となりました。
秋磯のような魚が釣れ、船頭からも水温22度台って聞いていましたので納得の状態でした。2週間前と変わっていません。
1時間ぐらいが経ち、磯際にはカゴカキダイですかねー?黄色に黒の線があるチョウチョウウオ系です、それが群れています。
オヤピッチャは全く釣っていませんが、何か磯際がにぎやかですわ。静かに覗くとデカイ魚が食み上がっています。
何ー、興奮しましたね。でも、直ぐに分かりました、尾が黒い。そう、キツですわ。
あべにぃにオオバエの東の鼻で釣るようなイメージでエサを手前にしてウキを際から離して磯際のマジシャン状態に。
数投目でズドン、上げたキツは42cmありました。水温も高く活性があり水面まで浮かしてもまた潜られでヒーヒー言いましたわ。
磯からの払い出しはキツやサンノジが、15mぐらい沖は潮が横に通っており、そこにはダツが居ました。
毎回、エサが無く、早く沈めたり親子にしたり。でも少し沖に差しエサが入るとウキがひったくられてダツ・・・、難しい。
11時過ぎが干潮で朝と、その時間帰りの時間にエギもやりましたが全く姿は見えず。
潮が込みに変わり動き出したら釣れました。本命のグレでーす③。今シーズン第一号でーす、約12cm
その後④です。これ何?私の愛犬に食べらして下痢にならなかったら食べろうか?とも思いましたが取り合えずリリース。
その後、南風となり磯がザワザワして外道が連続で釣れ出しましたわ。
その中で変な青い魚が釣れました。23cmまでの魚でしたが変わった魚やなー、写真撮らんといかんと思ったらそれ、グレでした。
居付きではないんですね、凄く青かったですよ。当然リリース、早く大きくなって帰って来て欲しいけど・・・。
で、2時も過ぎて2時半頃には上物釣りは止めようと時計を見ると2:23でした。フィーバーじゃなかったとバカな事を考えていると手元までくるよな当り。竿を立てましたがのされてしまい、レバーを使って立て直しましたがそんな状態ですから潜られており数秒後にビヨヨーンと竿が真っ直ぐになりました。
キツには3発ぐらいやられましたね。上がってきて姿が見えて切れたり、針が外れたりしていました。
サンノジは30cmまでで、これは全てやっつけました。後、ボラ・ヒダリマキぐらいかな?ダツは30匹以上は釣ったと思います。
あまり殺生はしたくないのですが腹が立って足元に釣ったダツをそのままにしていました。ダツだらけですよ。で、ウキが入り磯際に行こうと歩いたらダツを踏んで滑り危ない目にあいました。皆、気を付けましょう。俺だけ?

カレンダー見て来ました。
11月9日、七枚・イカ3杯 クロハエ・グレ25cm
11月10日、筏グレ30cm・イシガキ3匹・イシダイ45cm 清水イシガキ2匹
11月11日、筏イシガキ4匹 大平イシガキ5匹 清水イシガキ11匹 筏スマ・メジカ・ハマチ・イサギ3匹
11月12日、筏アカバ2匹・スマ・メジカ
11月14日、清水イシガキ1匹・ネズハマチ・岡ヨコチヌ
11月15日、筏グレ・鯛40~50cm
11月16日、筏グレ30cm・アカバ・モンツキ・イシガキ 七枚モンツキ・スズキ・グレ
11月17日、オオバエチヌ・グレ 清水イシガキ2匹 七枚イシガキ1匹
11月18日、清水イシガキ1匹 七枚イカ5杯700gまで ブックイカ1杯1kg・グレ・シマアジ
11月19日、筏グレ40cm・鯛・イシガキ4匹 沖ヨコハマチ
あくまでも、自己申告の釣果ですよ!!

今日は西の状態は不明ですが、筏は60cm近い鯛が上がっているようです。イサギも数匹釣れていたと言ってました。
グレはまだこれからですよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(57)

2010年11月07日 | 海だ 磯だ!

11月6日、宇佐へクボリンと行ってました。今シーズン初磯です。
朝、釣具屋で前のクラブの副会長に逢ったり、クボリンの会社のタカタ君も船でシャクリに行くようで来ていましたね。
一文字や中堤の客が多く1番船では乗れないとのこと。
2番船となり6時を回っていました。それでも、一文字・中堤への客が居り下ろして磯回りです。
①は朝の中堤の様子です。写真からは分かりにくいですが30名ぐらいカマス釣りの客が並んでいました。
O釣具の渡船は白の2番と丸バエで下し、私達はヨリハエへ。HPでは釣果の情報もありました。
白の3番、コムギ・高地とクロハエには別の渡船が上げていました。
6時満潮で低い磯は厳しいです。ヨリハエも波が結構上がってきています。
いつも通り、クボリンは磯へ上がり朝食となり、私は仕掛けを作り北向きの船着きで釣り始めました。
風が北寄りで少し釣りにくい感じですが、白波が立つほどではありません。
結果から言うと、黒い魚は二人共釣っていませんわ、コッパも含めてです。
ダツ、アイゴ、イチノジ、ヒダリマキ、オヤピッチャ、ガシラ、ベラ、キタマクラ等ですな。
ダツは70cm台ありましたよ。7,8匹釣れたでしょうか?沖へ走り、ウキが空に舞い上がりましたわ(笑)。
切られたりもしましたが、その前にキブダイがチラチラと磯際に居たのが、その後見えなくなりましたのでたぶん奴です。
昼からはボラも回ってきていました。
他の磯は、丸バエはダメだったようで、コムギは客が替わっていました。
湾内周辺の水温は21.8度ですが、高地から西付近は2度ぐらい高い状態でした。
水温から言ってもコッパが居り、オヤピッチャが湧いているかと思いましたがちょっと違いましたね。
コッパでも良いから黒い魚が見たかったです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(56)

2010年11月03日 | 海だ エギングだ!

11月3日、日曜日の4杯で舞い上がってしまい、文化の日に宇佐へエギングに6時から行ってました。
あの時の、干潮が6時過ぎだったので3日後で9時頃だと確認しようと携帯を探すとありません。
忘れてきてますわ。宇佐大橋の近くまで来ていましたので、引き返すこともなくそのまま現場へ。
手前の岬が空いており1時間程度粘りました。1杯ゲットし、巡航には先に人が居ましたので船長ポイントへ。
船長ポイントは朝から船が3隻止まっていました。陸からは無理だと思いましたが2隻になっており竿を出します。
先日良かったので、そこでも1時間ぐらい粘りましたが全くダメ。それで奥の岬へ。
9時過ぎになっていたと思います。潮が止まって動きません。で、ニガニシを採取、1回分のビールのつまみです。
潮が込みだし、数投目にヒット。それがの550gでした。やっぱり潮は動かないとダメですなー。
その後、正面向きでキャストして貝採りし、かなりの時間ほったらかしで、合わせると重たい
やりました、ビックサイズです。先日の事もあり、ドラグは調整しており鳴っています。糸が出て行きます。
胸の鼓動を抑えて、ニヤっと笑った瞬間・・・外れました。
今シーズン2回目のバラシです痛ーい、ショッーーーク。
私のシステムでは無理かなー?竿は柔らかいのが好きですから仕方ないですがPEを50mに下巻きが20~30mです。
フルキャストして50m弱で、そこでアオリを掛けてジェット噴射で沖を行き出すと20m程度までで止めないと糸がありません。
PE70mぐらいは巻いておくべきかな。今日は全然余裕はありましたけど

昼前に止めて、池の浦へ。
車、凄いですよ。23台停まっていました。
カレンダーを覗くと・・・、グレの文字はほとんどありません。イシガキダイや青物の記載。
横波を通って帰りました。双眼鏡で道から覗くと東磯にも人が2人ずつぐらい上がっていましたよ。
宇佐の領分もオワン・ヨリハエには人が上がっていました。当然高地や丸バエ、コムギも。
先日の深浦で釣り人が白周辺へ潜ってみたような話をしていました。
黒い魚は全然居らんって言ってましたね。白2番はクボリンに連れて行ってもらっていた頃、良かったですがねー。

帰って来て、アオリは叔父とだいちゃんの胃袋に入りそうです。
私は日曜日のゲソを焼きそばにして食べました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加