ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(67)

2010年12月30日 | 海だ 磯だ!

12月30日、池の浦へ行って来ました。駐車場が一杯で別の所に停めるぐらいの人数です。37人ぐらいだったと思います。船が4隻出ました。
そんな状態ですし、一人ですから空いている船を狙いました。人気の無いのはマツバ・トリシマ周辺でした。
私的にも一番嫌な場所でしたが取り合えず乗り、マツバの東側とキップを渡しました。
沖七で2名、マツバの東に私ともう一人、そして西側に2名下りました。トリシマは居ません。
朝、寒かったですが風もなく釣り易い感じでした。でも、潮はほとんど動かず、2人がエサが残る状態です。
マツバの西側で竿が曲がっているのを数回確認しましたがグレは全く顔を見ていないとのこと。
私達の東側は、私が船着きで、もう一人はシモリの東側を攻めていました。
当りも無く、ベラが釣れたりで緊張が緩んでいた時にウキがスポンと入りました。
無防備に糸を出しましたので潜られたかなと思いましたが何とか起こしました。竿を叩いてましたので嫌な予感はしていましたわ。
サンノジです。40cmはありませんでした。逃がそうかとすると「下さい」とのことで一緒に上がった方に上げました。
その後、彼がコッパを釣って「グレも居るんだ」とちょっとテンションが上がってきましたわ。
11時前だったと思います。それから当りが無くなりおにぎりを食べて裏でエギをやると1投目でヒット。300g弱のアオリです。
と、彼が30cm強のグレを釣り期待が膨らんだんですよ。
頭上に真っ黒な雲出没雨がポツポツと降り出しました。
予報でも9時~12時に弱雨の予報は出ていました。小さな低気圧の南側が抜けるのをインターネットの予報で確認していましたのでその程度だろうと思っていました。
それが抜けると西風が強くなりました。当然ですよね。でも、南海上を抜けているわけでもないし、直ぐに風は止むだろうと思っていました。10分か15分ぐらい吹いたでしょうか?港から船が出てきています?まさか
「撤収、奥から拾ってくるから荷物をまとめよって」ガビーン。もう一人と出来るよね、って話をしていましたが組合で撤収と決めたのなら仕方ありません。
10分ぐらい流していました。風は止んできています。でも、仕方ないねって西側の2人と合わせて納竿としました。潮が上り出してグレもイカも釣れてこれからって感じだったのに・・・。
撒餌も半分残っていますが捨てて、バッカン・エサ箱を洗い片付けました。
で、船を待っていると西から戻って来ましたが誰も積んでいません?どういうこと???
船に乗り釣り客と「まだ出来るでねー」って話をすると船頭が「エサ撒いたかえ?」って。
チュウジロウの連中も潮が上り出して食い出したと思いますし、風も止みましたわ。
「エサ撒いたって、おまんが撤収、片付けしろってマイクで言うて行ったやか!!!」
腹が立って一言、出てしまいました。船頭からも「すまん」みたいな一言がありました。
私達、4人だけ12時半で撤収でした。組合で決めて撤収になったんやないの?天気予報を確認しているの?
ちょっと、腹が立ちましたが先日の私自身の不祥事もありますし、港へ帰ってもそれ以上の事は言わずに帰って来ました。
その船頭は事務所へ上がると他の船頭に「岡からの風やき」みたいに言われていました。
東とか南東が吹くと危険ですから撤収は分かるのですが先走ってこれかえ?みたいな。

平成22年の釣り納めはこんなので終わりとなりそうです。
夏場に行けない時期があり67回で本年は終了です。
来年は3桁を目標に頑張ってみたいと思います。
情報・エピソード・釣果報告等ありましたら、来年も宜しくお願いします。
皆様、良いお年を
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(66)

2010年12月29日 | 海だ エギングだ!

12月29日、池の浦へ行って来ました。30人近くの人数だったと思います。
出発が遅くなり慌てて行きました。先日の船頭が居ましたのでお礼を言ってキップを購入しました。
「ちょっと荒れちゅうぞー」と別の船頭が言っていました。外は、ほとんど着替えも済んだ人達でやる気満々ですなー
私も慌てて着替えをして荷物を持って船の前まで行くと「今日は欠航」とのこと
もう少し、早く決めてよでも、仕方ないですね。それで迷いました。
朝、高速でも無風状態で現在もその状態。低気圧が抜けて昨夜は西風が強風でした。
北西がずーと吹いてくれていたら波もましだったのに・・・。
これから風が強くなるのは必至です。
一文字・中堤へ行ってチヌを相手にするか?
湾内でチヌを釣るか?
湾内でイカをやるか?
結局、イカに決定です。急いで湾内のポイントへ。
今日は誰も居ません。手前の岬で始めました。20分ぐらいで写真の600g弱の良型です。
それから、巡航や船長ポイントをやりましたが奥へ行くほど茶色の汚い藻類及び水質も悪い状態。
おまけに風が9時ぐらいから吹き出し、徐々に西風が強くなり白波が立ち始めました。
完全にお手上げ状態となり9時半に納竿。
オキアミがクーラーの中で3日目となります。生は色が変わっているかも(笑)。
須崎に電話したら低いハエは上げていないが、船は出ているとのことでした。
帰りに寄った萩の茶屋の堤防は、車で一杯でしたよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(65)

2010年12月26日 | 海だ 磯だ!

12月25日、クボリンと池の浦へ行ってきました。
行くと、駐車場はガラガラ。6時半になり、その時点で10人強でした。船が一隻しか出ないかな?と心配になりがらも準備をしていると何とか15人弱ぐらいとなり2隻となりました。
天気予報の3mの波と冬型の影響でしょうかクボリンの知り合いの船頭が西行きとのことでした。東磯へ2回行きましたので西へ行きたいのはクボリンと一致し、行けるようならチュウジロウと言うことに。
地の鼻、下アカ、清水と着けて松葉へ行ってトリシマの裏、そしてチュウジロウとなりました。
クボリンの荷物を一緒に舳先へ運んでいると???クボリンのバッカンがありませんわもしかして、港へ忘れたのか?
松葉へ下りる2人連れが時間掛かっていました。私はピンときましたわ。船頭に言って帰ってもらい、船から「他人のバッカン持って行ってないかえー?」と聞くと○って手で合図していました。
船を着けてもらい「きちんと自分の荷物を確認して下さい」と言うと「すみません」と謝っていました。向こうもすぐに気付いたようで竿も出さずに私達が引き返して来るのを待っていました。間違いはあることです。20分ぐらい釣る時間が少なくなったかな。
気温は寒かったですが、北西の風ですから沖は波があったとしても、ベタ凪に近い状態です。チュウジロウには南から船を着けてもらい準備して釣り始めました。
一投目からエサが残りません。エサ取りのフグやベラ等は釣れますがイマイチの状態。9時過ぎだったでしょうか?
クボリンが「潮が変わったんじゃない?」の一言。その後、弱い上り潮となり、20mぐらい前に潮目が出来ました。
磯際には黒い魚も、でもサイズは小さいです。
南西の位置から西方向に潮に乗って流すとスルスルとウキが入りました。良い感じやーと合わせると道糸から飛んで行きました。
いかん、23日の磯際狙いの釣法で道糸がダメですわ。道糸を10mぐらい切って再度挑戦。
チュウジロウへ上がればスプールの糸を2.5号に替えるべきでした。磯へ上がって迷ったんですけどね。
又、ウキが入り25cm程度のグレ。最初のグレでしたがリリース(良型の予感がします)。沖目でウキが入り、ちょっとやりとりできるサイズ。上げてくると34cmでした。スカリに入れて道具入れに結び、クボリンに「こっちでやろう」と声を掛けて釣座に戻って釣り始め。クボリンもやって来ました。これで、この潮が続けば4,5匹はパンパンとすぐ釣れるな?と
すると、クボリンが私の名前を呼びます。どうしたの?指差す、海面を見るとどこかで見たことのある道具入れが流れています。
「あれ、俺のやんか?」34cmのグレをスカリに入れて引きずり込まれたでは笑い話ですわ。エギ竿を出していましたのでスカリにエギを引っ掛けて、ってエギは道具入れですわ。悩んでいると流れに乗り行ってしまいました。強い流れではなく、ツナカケ方向へ流れていますので港に電話。「道具入れ流された、取りに来てや」って。30分ぐらいで来てくれました。船頭には平謝りで回収して中の物を全部出して磯で乾かして釣りを再開。
もう怒った、この流れで回遊してきたグレを全部釣ってやる!!!って・・・
ガーン、潮は全然動かなくなっています。まあ、こんな釣りでしたね。
後、40cm前後のアイゴ等釣れました。際の払い出しでコッパも釣り持って帰って来ました。

トリシマの裏はキブダイ等切られたこともあったようですがグレは顔を見ていないとのこと。クボリンと、今の時期にここで釣らなくてもと話をしましたわ。
松葉はコッパ主体、3回ぐらい切られたって言ってました。
ブックでやっていましたし、清水は寒くて帰ったようです。アカバエ等、この周辺の状態は不明です。

朝は無風状態で良い感じでしたが10時ぐらいから凄い風でした。バッカンを片足で踏み付けていないと飛ばされます。
風に背中を押されて2歩ぐらい前に押し出されたことも2回ぐらいありました。

あの潮の良い時に2,3匹の良型を釣らんといかんですね。2回の針外れもその時にありました。朝から1時間ぐらい6号の針でしたが落として4号になっており、ちょっと悔やまれます。そのグレは真っ青なグレでした。他の際でのグレは居付きのグレです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(64)

2010年12月24日 | 海だ 磯だ!

12月23日、須崎へ行って来ました。誰も行きそうにありませんので1人です。
全員で27人って言っていたと思います。
朝からトラブルですわ。数日前に、ここも海上保安庁に定員オーバーでお叱りを受けているようです。
1番船が着ました。10人と言うのに12人乗り込み下りろと言っても誰も下りません。
1人下りましたがそのままの状態で2番船に私は乗り込みました。
もう、きちんとルール作りをしないと客が来なくなると思いますわ。
キップ売りのお姉さんはお休みでした。

オオエビスで良型が上がっているような新聞の報道でしたので、オオエビスでも良いかと行きましたが3人上がっています。
東の鼻も居り、ツナカケのマタも2人。ダメですわ、沖磯へ走りワタリの1号に2人上がりそうでしたので私は3号へ。
初めての方でしたが、色々面白い話をして磯では楽しかったです。
しかし、釣果はイマイチ。ベラは山のように釣れました。3回やられましたが全て際です。
ミックンと3号に上がった時、沖目の1号方向で良型が釣れましたが、全くですね。
9時ぐらいまで反応が少なかったですが、それから際でグレがエサを食べているのを確認して磯際専門に狙いました。
でも、沖磯だけにちょっと水温が高いのかな?エサ取りが邪魔します。
そんな外道を10匹ぐらい釣ったら良い感じでウキが入り、竿から伝わる重量感から明らかにベラ等ではないと思ったら道糸からプツン。
磯際ばかりやっていると道糸も傷付き消耗が激しいのか?
お持ち帰りのグレは24cm、ハゲは29cmです。ハゲがデカいやか!!
もう一人は、サンノジ・キツ等、こちらも外道は沢山釣っていました。

小島はコッパばかり、1号は朝かなり竿が曲がっていましたので聞いてみましたが、グレではないとのこと。
ツナカケで35cmを含めて数匹。マタは朝全然だったようですが潮が変わって結構良い思いをしたようですよ。

磯のはアカバエです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(63)

2010年12月18日 | 海だ 磯だ!
12月18日、クボリン・ミックンと池の浦へ行って来ました。
朝、駐車場の車の数が多かったですね。
会社で10人ぐらいが集まり来ている人達が居るようで、その方は沖七へ上がるとのこと。
底物もまだ釣れており、30人ぐらい居たでしょうか?
3隻出たと思いますが私達は東磯へ。
3人クロハエへ下りました。別に2名も下りました。
その2名に何処でやる?って聞くと、何処でも構わないとのことで南向きの西側を譲りました。というか私はあまりその場所は実績がありません。
私は、ガシラを結構釣りましたね。他はベラとか熱帯系の魚とか・・・。
3回やられました。9時前だったと思いますが良い感じでウキが入り手前まで来て針外れ食いが浅いのか?
で、30分後ぐらいに再度、これは手前で張り付かれました。竿を叩いてましたね、横から見ていたミックンもそう言ってました。
その後、11時前ぐらいかな。ズキューンみたいな打つ手がありません。
その後全く釣れそうな感じではありませんでした。実際グレの顔は見ていません。
ミックンは2匹、グレを磯へは上げましたよね。結局5人のクロハエでのグレはそれだけでしょう。
全般の外道はボラやら、ヒョウゴ・チヌ・アイゴ等ですかね・・・。
今までと何か、海の感じが違います。結構、透明感がありましたし、エサ取りもほとんど居ないような状態。
今シーズンこれまでは、1投毎にエサが無かったのですが4日間ぐらい冷えましたので影響があるのでしょうか?
他の東磯へ上がっていた釣師達も同じようなことを言ってました(キツが居たのに???)。

私は朝から小物入れを磯へ、バラ撒いて拾い集めるのに大変でしたわ。
潮受やハリスオモリは、いくつかカニが挟んで持って行きましたよ(泣)。
今日はミックンの日やったねー。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(62)

2010年12月12日 | 海だ 磯だ!

12月12日、従兄やT好会の方々と日振へグレ狙いに行って来ました。
早朝2時ぐらいに出てコンビニ寄りながら197号を通り行きました。
5時過ぎには着きましたが、釣人と言い、車と言い凄い。多い多い
私、日振は初めてでシステムが良く分かりませんでした。
場所によっては、ジャンケンしたり、1週間交代で渡船屋が渡す磯を替えたりしますよね。
船毎にクジを引いて、その番号に合った磯が最初から設定されているようですな。
だから、全体の場所を抑える訳でもなく、横の磯の釣人は渡船が違うってことになりますわ。
不公平感を無くすためでしょうか?良く考えたな、と思いますね。
私は、従兄弟の兄とその会社の方の3人で19番に上がりました。
19番って・・・、磯にも名前を付けてあげて欲しいですね。人間で言えば囚人で番号を呼ばれているようです
高知の高速の吹き流しは真横に近い状態でしたが、現場へ着いて駐車場ではほぼ無風状態。
やったー、と思っていましたが船の上は凄い風です気持ちが落ち込みますわ。
この19番って船着きと高い場所は良いのですが、船着き横の私が釣っていた場所は斜め勾配で海面に突っ込んでいます。
磯にキレツがありますので、そこまで前に出てやれないことはないです。今日、2回ぐらい危ない目に合いましたわ。
朝からですねー、気持ち良くウキが入りやりとりしたのは全てキツです。
流速が遅く、磯際及び15~20mぐらいはスズメダイが占領しています。
私のやっていた船着きは風が向かい風で流れもゆっくり突いてくる感じです、最悪。
ベラ、キタマクラ、マルハゲやガシラ等釣りました。
9時半頃だったでしょうか?沖目の位置でヒットし、竿を叩きますのでゴリマキしていたらグレでした。
そして、12時過ぎだったと思いますが、磯際で魚を掛けました。
引きも偉かったですが、際に突っ込んできて張り付かれました。
道糸から飛んでウキも流れてしまいました。パラソルも用意していませんわ。
それで、ちょっと切れて仕掛けを作り直し際を流すとウキに微妙な変化???
聞いてみると、穂先にツンツンって、それで先程の失敗を教訓に船着きの方に魚を誘導しました。
40cmのグレでしたが海が荒れてタモで掬うことが出来ませんわ。
2回入りましたが、タモから出て行き、見かねた従兄弟が掬ってくれました。
携帯のカメラ、フラッシュがありません。帰って来て撮りましたが写りが悪いですわ。
T好会のクラブとしては47cmが優勝だったようです。
釣れている磯は無茶苦茶釣れています。ダメな所はさっぱり又は1匹・2匹って感じのようですよ。
新しく購入したがま磯アテンダー及びシマノのBBXハイパーフォースを使用してきました。
竿は、インストラクターの方や個人のホームページでも記載されていますが、粘りますね。
最後の突っ込みみたいに底へ行かれても胴で頑張りますわ。キツも45cmまででしたがレバーブレーキを使おうって気にもなりませんでしたよ。
1.5号が欲しかったのですが在庫がなく1.75号を購入しました。
今考えるとそれで良かったとも思います。
向かい風で穂先のトラブルとなりそうで大変気を使っていましたが全く問題なしです。IMガイドの実力でしょうか?
リールはレバーブレーキを使っていませんのでそっちは分かりませんが、ギア比が6.0の商品です。良いですよ!
斜めの傾斜がついた磯は、年寄りには不向きですわ、たぶん明日は筋肉痛です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホーリー釣行記(61)

2010年12月05日 | 海だ エギングだ!
12月5日、いつもの宇佐へエギングに。
4日の土曜日は磯へ行こうってクボリンから連絡があるかなー?と思いながら残業していました。
でも、19時の天気で波も残るような感じでしたね。一人、池の浦へ行こうかとも思いましたが混ぜまわる磯でやるのもしんどいと止めましたよ。
5日は朝、河川清掃のボランティアがありそれに出席してからいつもの場所へ行きました。
9時半頃だったでしょう、手前から全て人が居ます。最終的に奥の岬へ。
海は濁っています、先日の雨の影響でしょうか?連続雨量100mmぐらい降りましたからね。
そこで、1時間竿を振りました。帰りに空いていた手前の岬で。そして水道へ。
全く、コロッケサイズのイカも含めて姿をみていませんこんなことあり???
雨の影響で潮が薄くなっているのでしょうか?タコなんか特に嫌いますからね。

あべにぃは、何と船で沖へ出ているようですわ。
電話するとハマチが釣れたって言ってました。
皆で船に強くなりましょう

で、ズッシーもボランティアして深浦へ行くって言ってましたので偵察に。
堤防に人は三人、東向きはダンゴでチヌをやっていますがさっぱり状態。
先端で、竿を曲げていましたが、体形からフグだったのでは?
ズッシーは西向きで当りはポツポツあるようですがヒダリマキが釣れただけだって・・・

で、ギャラリーするのも面白くない
ミックンと先日エギングへ行った地区へ。地図で見るとスロープが3箇所ぐらい確認出来ました。
貸船屋の横のスロープはさすがに看板も出ていますし、ここで勝手に下ろしていたら、どのようなことになるか?無理です。
で、中ノ島の奥へ行くと良い感じのスロープがありました。でも、手前のコンクリートも今年打設したばかりの新しさです。
その手前から入る道もあります。そこを通れば横のスロープから下ろすことが出来ます。ここは良いかも?
その中間に写真からはスロープがあった筈だけどなー・・・ありました。
ちょうど、マイボートで出船していた人が帰って来ていました。
私:こんにちは、釣れましたか?
彼:ボチボチやねー。
私:クーラー見て良いですか?
彼:どうぞ。
私:(やまった、はったりやなかった)凄い、ハマチが2匹、ハタ系の魚3匹。沖ですか?
彼:そうやねー。
私:ここのスロープって勝手に使っているの?何も言われませんか?
彼:ここはこんな状態やき、言われたことは一回もないよ。
私:確かに色々置いて、汚いですね。車も路側へ停めていて苦情言われたことはないですか?
彼:無いよ。ただ、漁師が船を上げることがあるからその時は邪魔にならないようにはしているけどね。
みたいな話でした。私も持って行こーう。ってことで話は終わりました。
彼の船はインターネットで見たことがあります。車の屋根に積んで走るタイプの船に車輪が一体となっているやつですわ。
エンジン5馬力、2人又は3人乗りですね。
良い情報を得ました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加