事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

軍師官兵衛 第四十四話「落ちゆく巨星」

2014-11-02 | テレビ番組

第四十三話「如水誕生」はこちら

前回の視聴率は15.3%と微減。そろそろラストスパートなのにな。脚本前川洋一な「レディ・ジョーカー」(WOWOW版)と比較するのはどうかと思うけれど、さすがに地上波なのでわかりやすすぎるのは仕方ないところでしょうか。

巨星堕つ、な展開は

・茶々との褥で失禁してしまう年老いた秀吉

・秀吉の死期を案じつつ、官兵衛に後世を託す小早川隆景

・かつて秀吉の軍師として権勢を誇りながら、微禄で再び召し抱えられ、唾棄される官兵衛

……などを象徴したタイトル。大河ドラマは季節のものなので、11月はたくさんの有名人が死んでいきます。

そんななか元気なのが黒田節のモデルとなった母里太兵衛(速水もこみち)。福島正則の挑発を受けて立ち、大盃を飲み干して名槍日本号を受け取ることになる。博多人形のモデルがもこみちだと、リカちゃんのお父さん、ピエールみたいな造形になったかも。見たいような見たくないような。

もっと元気なのが歩くサンマーク出版、保健思想のかたまり徳川家康。彼も秀吉の死が近いことを予想し、寿命の長短が文字どおり生命線であることを再認識する……

小早川秀秋登場。この、関ヶ原でもっとも大きな働きをした(笑)隆景の養子については諸説あるようだ。司馬遼太郎は、小早川隆景が毛利家のために必死で画策し、しかたなく自分の養子にしたという説をとっています。

演じているのは浅利陽介!「新選組!」で近藤周平役を演じたあの人です。んもうダメダメな跡継ぎを演じたらもうこの人しかいないってことか。こんなに若いのにもう大河ドラマ7本目。すごいな。めざせ緒形拳、滝田栄。

歴史的人物が次々に落日を。気勢の上がらない回だから14%台に降下かと。にしても、人間長生きをするのがいいことなのか悪いことなのかと考えこませる回。来週はいよいよ……

第四十五話「秀吉の最期」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今月の名言2014年10月号 お... | トップ | 「映画 謎解きはディナーの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「軍師官兵衛」第44回 (日々“是”精進! ver.F)
再びの朝鮮へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411020000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】イラストでまなぶ!萌え軍師事典価格:1,620円(税込、送料込)
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術44官兵衛再び秀吉の軍師に復帰し秀吉の暴走を最小限に食い止めようとするのだった (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第44話は秀次を一族全員を処刑するという沙汰に出た秀吉だったが、自身の老いには勝てず自らの死期を悟るようになる。その中で秀吉は再び官兵衛を自ら ...
軍師官兵衛 第四十四回 (レベル999のgoo部屋)
『落ちゆく巨星』 「落ちゆく巨星~再び乱世か?如水の策は」 内容 関白・秀次(中尾明慶)から相談を受けた如水(岡田准一)は、 ある策を持って、拾の生まれた秀吉(竹中直人)に二心無いことを示す。 だが、三成(田中圭)により、言い掛かりをつけられた秀次は、 ....
【 軍師官兵衛 】第44回 「落ちゆく巨星」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
秀吉(竹中直人)に男子・拾(後の秀頼)が生まれ、生母・淀(二階堂ふみ)と三成 (田中圭)は拾を豊臣家の跡継ぎにすべく暗躍。 邪魔者と化した関白・秀次(中尾明慶)は切腹に追い込まれる。 秀吉の死期が近いことを悟った如水(岡田准一)は、再度の朝鮮出兵を宣...
軍師官兵衛 第44回「落ちゆく巨星」 (あしたまにあーな)
今回は豊臣家の面々ですばらしい演技が光ったような気がします。まずはいつものことながら竹中直人さん。彼の秀吉は本当にはまり役で見ていてものすごく安心感があります。大河ドラマは奇をてらったようなキャスティングではなくこのように落ち着いて演技を演技と感じるこ...
軍師官兵衛 第44回「落ちゆく巨星」 (あしたまにあーな)
今回は豊臣家の面々ですばらしい演技が光ったような気がします。まずはいつものことながら竹中直人さん。彼の秀吉は本当にはまり役で見ていてものすごく安心感があります。大河ドラマは奇をてらったようなキャスティングではなくこのように落ち着いて演技を演技と感じるこ...
〔NHK大河ドラマ〕軍師官兵衛 第44回「落ちゆく巨星」 秀次切腹は家康の差し金? (しっとう?岩田亜矢那)
豊臣家の跡継ぎをお拾(後の秀頼)に確定させたい為に、 秀次から官位を取り上げ、切腹までさせた訳だけど、 それでポスト秀吉の「豊臣家」部門は確定したとしても、 まだポスト秀吉「天下」部門が不透明。 いやむしろ、身内でしかも無能な秀次にワンポイントリリーフさ....
「軍師官兵衛」 第44回、落ちゆく巨星 (センゴク雑記)
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第44回、落ちゆく巨星。 豊臣秀吉、自覚のある末期症状。 秀頼のためを思うと抑えがきかない! 如水は、そんな秀吉を最期まで見守ることにする。
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第44回「落ちゆく巨星」 (真田のよもやま話)
 本年もあと二か月!時の流れがかくも非情なものであると一体誰が教えてくれたと言うのでしょうかああ~!そして天下分け目の関ケ原とその後まで描かなければならない今作のこの大河!後二か月・・・こ、こおおおなったら駆け足で~~!今宵もそろそろ行ってみよおおお~...
軍師官兵衛第44話(11.2) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
男児拾が生まれ、関白の地位を譲った甥秀次@中尾明慶を 邪魔に感じる豊臣秀吉@竹中直人 黒田如水@岡田准一の心配も虚しく、秀次は自害に追い込まれる。 一方、明との和平交渉は決裂し、秀吉は再度の朝鮮出兵を決意、 如水や次男熊之助@今井悠貴が出兵への参加を決意す...
軍師官兵衛 第44回「落ちゆく巨星」~頼りにしていた者は皆、死んでしもうた。わしは老いた (平成エンタメ研究所)
「拾の行く末を考えると自分が抑えられんのじゃ。わしは老いた」 「頼りにしていた者は皆、死んでしもうた」  官兵衛(岡田准一)には本音と弱音を吐く秀吉(竹中直人)。  おそらく秀吉は孤独で不安だったんでしょうね。  関白・秀次(中尾明慶)のことを始めとして....
【軍師官兵衛】第44回感想と視聴率「落ちゆく巨星」 (ショコラの日記帳・別館)
【第44回の視聴率は、11/4(火)追加予定】 副題「落ちゆく巨星」 新聞ラテ「
軍師官兵衛 #44「落ちゆく巨星」 (昼寝の時間)
公式サイト 秀吉(竹中直人)に男子・拾(後の秀頼)が生まれ、生母・淀(二階堂ふみ