『らくだばオーナー』井之口らくだ。の笑いと感動日記

2009年2月25日念願の夢叶って『関西酒場らくだば』を開店。その日々、経験する笑いと感動を日記にしてご紹介。

一期一Yeah!

2006-03-31 | Weblog
どもー、3月31日です。
今月も、今日でオシマイです。

いろいろありましたねー。
お店の方もおかげ様で順調です。
大阪弁でいうと、ボチボチでんなー。
英語でいうと、Nothing much.
プエルトリコ弁でいうと・・・知らねーよ。

やはり、3月です。
別れ。
ありまくりでした。

ホント悲しい季節です。
だから、桜は私たちを元気付けてくれるために
咲き誇ってくれるのでしょう。

今月いっぱいで、前の店で一緒だったチーフが会社を去りました。
4月中旬に、京都にお店をだすためです。
とてもめでたいことです。
ずっと、彼の夢でしたから。
今月頭に、彼から直接電話がありました。
相変わらず長電話でした。
彼はいいます。
「いのっち、ありがとうな、ありがとうな、今まで本当にありがとうな」
普段、電話しながらなんて、泣いたりしません。
でも、でるんです。
涙って液体が。
ボロボロ、でるんです。
彼は気付いていないでしょうが、私は泣いていました。
涙は出そうと思ってもなかなかでません。
東京と京都のキョリを飛び越して、
彼の言葉が私のココロを動かした瞬間でした。

一瞬、寂しかったです。
だって、同じ会社じゃなくなるのですから。
でも、よく考えると、ただそれだけ。
働く場所が変わるだけ。
彼との関係が、これで終わりってわけじゃありません。
新しい道、新しい世界、どこにいっても彼とは一生の友です。
応援しようと思います。
支えになろうと思います。

これでひとつ、京都に帰る理由ができました。
彼に会いにいこう。また、会いにいこう。
がんばれ、淳二。
大丈夫、大丈夫、あなたなら、大丈夫。

アルバイトスタッフも大勢、去っていきました。
絶対、出会いよりも別れのほうが多い。
別れ人数-出会い人数=-100、ぐらいの勢いだ。
大赤字。

でも、別れ人数は、さっきもいったけど、本当は別れていない。
別れたヒトともまたきっと会えるのだから。
つまり、人生とは
別れ人数+出会い人数=+100000、ぐらいの勢いだ。
大黒字。

だから、出会いって素晴らしい。
今月、衝撃的な出会いだった、モテリーマンさん。
一瞬にして、恋に落ちた瞬間でした。(思いっきり、♂ですけど・・・)
彼に、送った言葉。(・・・っていっても、汚いA4紙に書いただけ)
一期一Yeah!
もっともっと広がる気がする。
もっともっと広がれ、ラクダの輪。
これからも、ヒトの輪、大切にしていきたい。

プエルトリコ人に似てるって、笑撃的発言されたマダムは富山県の方です。
東京にはたまにしか観光で来られないそうです。
でも、またきっと会える気がする。

ずんずんずんずん、お客様と出会って、もっともっと
今のお店、成長させていきたい。
ささやかではございますが、今の私の夢でございます。

今月、ご利用していただいた皆様、
本当にありがとうございました。
4月からもよろしくお願いいたします。

ラクダだの、キリンだの、プエルトリコだの、エクアドルだの
なんでもかかって来てください。

合言葉は
一期一Yeah!


出会いに感謝。

                                   
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プエルトリコおまけショット

2006-03-30 | Weblog
ラクダだの、、、プエルトリコだの、、、デカプリオだの、、、
好き勝手いいやがって・・・。

、、、でも、なかなか、いい出来だと思うな、このふたり。

・・・でたー、親バカ。アディ♂。


                                 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プエルトリコの儀式

2006-03-30 | Weblog
昨日は、チビ助、5回目の誕生日。
すでに、トド助より男前です。
本日は、祖国プエルトリコでのお誕生日儀式をご紹介いたします。

まずこの写真は
母親が子供を、プエルトリコの神様にイケニエとして
差し出す映像です。

イケニエなのに、バカ息子は、満面の笑みです。
後ろの桜のように陽気に笑っています。

朝から全国各地からプレゼントが届きました。
大阪のばーちゃんから。
九州のばーちゃんから。
プエルトリコのばーちゃんからはまだ。

バカ息子は、大阪のばーちゃんにいいます。
「プレゼントありがとう。東京の桜はマンカンだよ」

桜、マンカン?

やっぱり、バカ息子です。
どこで、マンカンなんて言葉、覚えたのでしょう。
桜、マンカイ、だろ?

やはり、プエルトリコ人にとって日本語は難しいのでしょうか。

プエルトリコの誕生日儀式は
多摩境にある、アメイジングワールドに行くことに決まっています。
時間内、遊び放題です。
乗り物乗り放題です。
マンガ読み放題です。
ゲームし放題です。
卓球し放題です。
エアホッケーし放題です。
着せ替えし放題です。
写真撮り放題です。
マッサージチェア使い放題です。

大人500円。
子供1000円。
Oh!良心的。

ちと、ちゃちい施設ですが、なかなか、使えると思います。

プエルトリコの誕生日儀式は
家で焼肉をすることに決まっています。

上カルビ、特撰カルビ、中落ちカルビ、ここぞとばかりに
違いがわからないですが、とにかく柔らかい肉ばかりを
母プエルトリコは、買いまくっておりました。

全部食べきれないぐらいの肉の量でした。
相当、脂まみれで今でも胃もたれ中です。
でも、塩でいけるぐらいどれもこれも美味しい肉でした。
うち、そんなに儲かってたっけ?ってぐらい豪華な食事でした。
今日から晩ご飯が心配です・・・。

プエルトリコの誕生日儀式は
いちごのタルトケーキで〆ることに決まっています。

お気に入りのウルソンっていう近所のケーキ屋さんで予約しておきました。
4号サイズだったのですが、直径15cmはあります。
相当、美味しかったのですが、相当、お腹いっぱいです。

父プエルトリコは、2/3食べておりました。
完食する必要はなかったと思うのですが、ゼーゼーいいながら食べきりました。

・・・というわけで、胃もたれ満開の、父トリコでした。

あー、満足、満足。

プエルトリコのお誕生日儀式は、
最後に、父トリコが母トリコに、さりげなく、小さな、小さな贈り物を
手渡すそうです。

バカ息子を生んでくれてありがとうって。
(実は、これ、母プリコのご機嫌をとるための儀式らしいです)

以上、プエルトリコより愛のこもった、衛星生中継でした。
最後はお決まりの、プエルトリコ語の挨拶で終わらせていただきます。
アディオス!(つまり、スペイン語・・・)

ps ほんのささやかではございますが、母トリコを初公開してみました。
   マカオプリコ(リーダーのこと)やドヤプリコが会わせろ、会わせろ、うるさいので。
   会わせると大変なことになるので・・・
   これでご勘弁ください。
   アディ押忍!

                                   

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

うちの窓から

2006-03-28 | Weblog
ポッカポッカ、あったかおすなー。
昨日、お客様に、プエルトリコ人に似てますねっていわれちゃった。

プエルトリコってどこだよ?
ベネゼーラでもドミニカでもキューバでもいいと思うんだけど
あえて、プエルトリコで攻めてきたな。
なんなんだ、そこの違いは。
とにかく、カリブ系に違いない。

プエルトリコ人のように、素敵な瞳してますね、だって。
この開いているのか、開いていないのか、わからない瞳。
まるで、今日、『うちの窓から』見えた桜の花のよう。
まだまだ、満開じゃない。
でも、七部咲きでもかなり存在感あるな、桜って。

あ、もうすぐだ、もうすぐだ、
早く咲け咲けと願うが、咲いてしまうと、同時に桜の終焉が近くなっていることに
気づき、寂しくなってしまう。

早く大きくなれ大きくなれと、子供の成長を願うが、大きくなってしまうと
同時に、親離れの時期が近くなっていることに気づき、寂しくなってしまう。

ヒトってわがままな生き物ね。
ないものねだりの塊りだね、ヒトってやつは。
あ~やだやだ。

『うちの窓から』見える桜は今年で早くも3回目です。
毎年、毎年、咲いてくれてありがとう。

桜が咲くころ、彼はひとつ、歳を重ねる。

3月29日、彼は人生、5度目の桜とご対面。

プエルトリコ人から生まれた、プエルトリコのチビ助は
『うちの窓から』遠い遠い祖国、プエルトリコを思い、なにを感じるだろうか。

・・・なにも感じねーよ。
チビ助の頭ん中は、トミカ欲しい、遊園地連れてけ、ステーキ食わせろ、ケーキ食わせろ、
そのことしか、頭にないはずだ。

明日ぐらいは、言うことなんでも聞いてやろ。
明日は彼が主役。
(ドヤ姫の次はチビ助かよ、大変な1週間だ・・・)

明日、チビ助のために『うちの窓から』陽光、差し込みますように。

明日、天気にしておくれ。
明日、天気にしておくれ。

『うちの窓から』神様に、そう願う。

雄飛、お誕生日おめでとう。
プエルトリコより愛を込めて。

・・・プエルトリコってどこだよ。

                                 








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ドヤへの贈り物4

2006-03-27 | Weblog
今回、トドさん、とても頑張ってくれました。

ありがとう。
やっぱり、ドヤ姫の元上司です。
くすぐるポイントを熟知しておりました。
Tシャツもトド案です。私は書いただけ。
上司へのサプライズ依頼もトド案です。私は書いただけ。
色紙準備、お店手配、なにからなにまでトドさんでした。
支払いまでしてくれたら最高だったのですが・・・。

そんな元上司からの『さりげない優しさ』、実は一番のバースデープレゼント。

サプライズじゃないけど、
全然、サプライズじゃないけど

世界で一番あたたかい贈り物。

感謝。
                                 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ドヤへの贈り物3

2006-03-27 | Weblog
いまさらですが、彼女は人気者です。

メッセージも各方面から届きました。
私もドヤ姫も尊敬する上司からのココロのこもったメッセージ。
まさかまさかって感じですよね。
サプライズ好きの上司に感謝です。
あと、実はナイショで親友の茜ちんと連絡をとって
メッセージ&プレゼントfrom沖縄を預かっておりました。
毎度のことながら、メッセージは代筆させていただきました。

みなさまからいただいた言葉はどれもこれも
温かすぎて、書いてる自分が一番、涙しそうでした。

本当に彼女は、素敵なヒトたちに愛されています。
改めて思いました。

大切に大切に、色褪せないように、お取り扱いいただければ幸いです。
誕生日プレゼントも。思い出も。
ずっとずっと、大切に。

あ、集まってくれたいつものメンバー、ドヤファミリーの子たち。
キミを囲む仲間たちも、
ずっと、ずっと大切にね。
ね。
ね。

                                                     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドヤへの贈り物2

2006-03-27 | Weblog
らくだ書道家への道、世界が広がりました。

次は、Tシャツに、描いてしまいました。

どやえもん。

かなり、似合ってたな。

素敵な本も、素敵なチケットも、素敵なウクレレも、素敵なアイポッジュも
素敵な指輪も、素敵なお化粧品も、素敵な贈り物も全部、サイコー。

でも、手作りもよかったっしょ?

次は、なにになにを描こっかなー。

                                   
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ドヤへの贈り物1

2006-03-27 | Weblog
無事終わりました、ドヤパーティ。

涙?

なかなか、難しいっすね。

ヨダレ?

あ、垂れ放題でした。

なにがコボレタって?

あ、彼女の顔から

笑み、

こぼれてました。

こぼれ落ち過ぎ。

涙とか、ヨダレとか、いらないんですよ。

彼女さえ、笑っていれば。

                              

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ドヤ’sパーティ10時間前

2006-03-25 | Weblog
あー、ついに来てしまった。
3月25日。
あと、10時間後に、ついにドヤ姫のご生誕パーティが
行われます。
彼女が生まれたのは3月20日、もうすでに5日も経過している・・・。
すでにキレてないだろうか、心配です。

幹事はトドさん。
(いつも任せっぱなし。自分やってもいいけど、相当凝ってしまいそうなんでやらない)
いろいろ仕掛け用意してるんだろなー、トド助くん。

ボクは常に脇役です。
脇役。

でも、いつもシブイところをつく名脇役が人生の理想。
目立たないように、主役をひきたてつつ、存在感を見せ付けようと思います。
覚悟しとけよ、ドヤ姫。

なにが起きるか、ドヤパーティー。

ドヤの目から、大粒の涙。
ドヤの口から、大粒のヨダレ。

さぁ、どっち?

                                 

  
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

サヨナラのアト

2006-03-24 | Weblog
春分の日、ってダレがつけたのでしょうか。
その日を境目に、冬が終わり、春が始まっている気がする。

そう、雪が解けて、花が咲くように
街の動きも、春分の日にあわせて、とても動いている気がする。

とてもヒトが動いている。
ここ数日、お店が忙しいのも、ヒトが動いているおかげです。

人事異動だったり、卒業だったり、転職だったり
いろいろな意味でヒトは動いている。
3月というのは、一年で一番、サヨナラの多い季節だと
ここ数日の営業をみてて、そう思う。

サヨナラのアトには、コンニチワがやって来る。
4月は、コンニチワの季節。

新しい風に、びゅんびゅん、吹き荒らされたい。
3月で去るヒトたちへ、新しい世界でがんばれ、羽ばたけ。


                             
コメント
この記事をはてなブックマークに追加