『らくだばオーナー』井之口らくだ。の笑いと感動日記

2009年2月25日念願の夢叶って『関西酒場らくだば』を開店。その日々、経験する笑いと感動を日記にしてご紹介。

yes-yes-yes

2006-11-30 | Weblog
ドンドーン。

自分の中で、東京二大シンボルといえば

◆東京タワー
◆六本木ヒルズ

その教会の脇にある、あるポイントにたつと
その二大シンボルを、同時にみることができる。

左斜め前にヒルズ、右斜め前に、タワー。
ミーハーな自分、そこにたっただけで、ゾクゾクする。

こんなところで、結婚式あげれるヒトは幸せだなぁ、
と思う。
こんなところで、結婚披露宴できるヒトは幸せだなぁ、
と思う。

こんなところで、大切な後輩をお祝いできるヒトは幸せだなぁ、
と思う。

その後輩が大学1年の頃、よく、彼の家に泊りにいった。
彼はゲームがとても大好きで、よく、面白いゲームを教えてくれた。
彼が寝ているのを知っていたけど、当時、後輩の女の子と、夜遊びして
帰れなくなったから、ムリヤリ、泊めてもらったことがある。
ボクは、その子と、いちゃいちゃしたかったのだけれど
彼は頑なに、寝ようとせず、ボクの儚い夢は砕け散った。

10年たっても、いまだに、その話題は、フタリのツボ。
『オメエ、あんとき、気ぃつかって、寝とけよー』
『いやいや、寝るわけにはいかなかったっす』

毎年、冬になったら、必ず、スキーにいった。

卒業してから、彼は福岡にいったりしたけど、今は東京で勤務。
ボクはずっと関西にいたけど、3年前から、同じく東京で勤務。

京都から、
東京へ。

奇跡だな、彼が、こんな、そばにいるなんて。

昨年の夏は、キャニオニングにいった。
今年の春は、スノーシューにいった。

思い出のステージが変わる。

でも、そんな彼は、12月4日、日本を飛び立って、中国へ。
ま、いちいち、お見送りなんかいかねーし、
わざわざ、電話もしてあげねーし、
気の利いた、優しい言葉もかけるつもりはない。

ただ、一言。
「yes-yes-yes」

それだけ、伝えときます。

>つべこべ言わずに、
>早く
>「YES」と答えてあげやがれ。                        

野次馬さん、
これで、満足ですか?        
ホントに、泣いちゃうぞ。
マイクもちながら、泣いちゃうぞ。
そんな、司会者、アリですか?
 
あ、でも、4月14日、
松山千春のコンサートなんだよなー。

うそうそ、

「yes-yes-yes」と

一足早いけど、

「おめでとう、シュンスケ」

この言葉、中国へもっていけ。
誰よりも、誰よりも
キミの幸せ、願っている先輩より。

追伸。
札束、どっさり、待ってるぞ。

*********

返事、まわりくどすぎ・・・。
素直じゃないもんで。

あとは、任せとけ。
お願いしたこと、
後悔させてあげるから。

早く、中国へいっチャイナ。

                             











コメント (2)

コンパスの話

2006-11-29 | Weblog
はっきりいって、彼とは過ごした時間も少ないし
特別な思い出がまだあるわけでもないし
よく考えれば、彼の写真、まったくもってない。

そんななか、恒例のらくだアルバム、
セオリーBDにあげるの、どうしようかなー、
って悩んだんだけど、やっぱり書くことに決めた。

*************

その前日、武蔵小金井駅を乗り過ごして、国分寺までいってしまった。
折り返し電車なし。タクシー長蛇の列。
だから、武蔵小金井まで歩いて帰った。
小降りの雨の中、1時間かけて歩いて帰った。
いろんなこと、考えながら。
今年の夏も一度、歩いて帰ったことがあった。
大好きな槇原敬之の歌、聴いていた。
コンパスの歌が流れた。
あ、コンパスだ。
コンパスの話し、贈ろう。

*************

このマッキーの歌の中の、コンパスは羅針盤のほう。
ボクの考えたコンパスは、中心に点をおいて円を描く道具のほう。

今まで、自分は入社してから
ど真ん中ってわけじゃないけれど
自分自身で点をおいて、軸をおいて
しっかり、まわりに円を描いてきた。
っていうか、勝手に、輪ができていたんだけど。
それは、とても有難いこと。
その円っていうのは、もちろん、お客様であったり
スタッフであったり、大切な仲間であったり
すべて、ヒトでできた円。

セオリーにも、しっかり、自分自身のコンパスで
大きな円、小さな円、たくさんの円、描いて欲しい。

と、ちょっと、エラそうなこと
書いてしまった。
あは。

でも、自分が入社してからこの10年で、大切だと思ったこと。
新入社員の彼に、うまく伝わればいいなーと思います。

以上、セオリーのバースデーパーチー終了。

このお仕事してて・・・

顧客感動満足をあげるの、大事なこと。
従業員感動満足をあげるの、同じくらい大事なこと。

スタッフが幸せじゃないと、お客様、幸せにできないっすから。

ダメ雄も、セオリーも、幸せな気持ちでいっぱいに
なっただろうから、しっかり、お客様に幸せ、届けてくれると
信じています。

あぁ、彼を祝えてよかった。

って、ホントは、最近寒かったから、鍋が食べたかっただけ。
見た目、まずそうだったけど、美味しかった。美味しかった。

ありがとう、ありがとう。

準備から、仕込みから、演出から
なにからなにまで、ありがとう。

セオリーを囲む、コンパスな仲間たち。

ありがとう。

らくだアルバム、また、ひとりの青年を勇気づけることに成功。
・・・できたかな?てへ。

                                
コメント

セオリーのmake a wish

2006-11-29 | Weblog
どんな思いで
どんな願いをこめて

その火を吹き消したんだい?

コメント

まだかなぁ、セオリー

2006-11-29 | Weblog
新入社員のセオリーの誕生日が12月1日ってことで
彼んちで、鍋パーティ。

彼は仕事が終わって、最終電車で帰ってくる。

彼が帰る前に、ボクたちは、先に家にいれてもらって準備準備。

ダンボールでウエルカムボード。
カラフルないろ紙で輪っか飾り。
スポンジケーキがなかったから、サンドイッチパンで手作りケーキ。
カセットコンロがないから、ちっちゃいキッチンで鍋作り。
当日、即興で寄せ集めた、メッセージ色紙。

なんだか、全部、中途半端で、素人臭ぷんぷん
のバースデーパーチー。

でもさ、先日のダメ雄のハッピーバースデーを盛大にしたこと、
セオリーはしってるからさ、
ボクにとって、ダメ雄もセオリーも同じくらいかわいい仲間だから
カタチはどうであれ、彼を祝ってあげたかった。

ボクの大切な仲間たちで、彼を祝ってあげたかったのです。


コメント

そこから見える風景。

2006-11-28 | Weblog
あ、こんな感じなんだよなー。

そこに立つと、こんな風景なんだよなー。

そこは、麻布十番から、ちょいと坂を登った
とある教会のそばにある
とあるレストラン。

そのレストランの中の隅っちょから
みえる、この景色。

いきなり、先週の火曜日に呼び出された。
4月14日、ここにたって、マイクもって
オレたちを祝えって。

だから、祝辞だとか、垂れ幕だとか
なら、いくらでもやってやる。

なんで、司会なんだよー。

結局、その日も、シュンタローの結婚披露宴の
司会をうける返事をしなかった。
奥さんの友達の、司会をしてくれる相方の女性と、その日あったにも
かかわらず
返事をしなかった。
その日、そのレストランで、ランチをご馳走になったにも
かかわらず
返事をしなかった。

そんなシュンタローは、今月いっぱいで
仕事のため、中国へ旅立つ。

逃げ切るには、あと、もう少しだ。

                             




コメント (8)

ダメ雄のハッピーバースデー【その26】

2006-11-26 | Weblog
はい、26歳だから、【その26】で最終回。

一週間前の今、まだ、山田さんと飲んでたなー。
そっから、ほとんど寝ずに、BBQ&もりと邸。

いやー、楽しかったなー。

いまさら
いうまでもないけど
やっぱり
やっぱり

今、ステキな仲間たちに
囲まれ、

幸せだと思う。

ダメ雄の喜びが、らくだの喜び。
ココロから、そう思えるのは
やっぱり
あの日、みんなと一緒に祝えたからだと思います。

暴走'sのみなさん、
いつもいつも、本当にありがとう。

ボクの大切な大切な友達を
一緒に祝ってくれてありがとう。

これからも、よろしくお願いしまーす。

************

大仏10ml、トドゥ10ml、らくだ10ml、
ウッキー10ml、トミー10ml、ドヤ姫10ml、

これをシェイクするとね、
世界で一番、美味しいカクテルができるんだってよ。

ダメ雄に捧げます。

カクテル名『ダメティーニ』。

おしまい。

                             
コメント (3)

ダメ雄のハッピーバースデー【その25】

2006-11-26 | Weblog
このページ、濡れて、文字がにじんでいた。

あはは。

ばーか、泣いてんじゃねーよ。

彼とは、この3年間、もっとも長い時間、
ともに過ごした友人だ。

仕事がら、上司と部下の関係だけれど
なぜか、どこか、そんな縦の関係なんて
関係ない、不思議な空気に包まれている。

お互い、似てるからだろな、モノの考え方が。
お互い、似てるからだろな、仕事に対する姿勢が。
お互い、似てるからだろな、笑いの感性が。
お互い、わかっているからだろな、お互いのいいところ。

抜群の信頼関係。

これを築けたのは、彼だけのおかげではなく
もちろん、ボクだけのおかげでもなく

ふたりがともに支えあってきた、時間のおかげなんだ。

そんな彼とは、一生、一緒に働けない理由があるんだけれど
当然、それは、お互いの人生。
互いの道を尊重しあって、互いに励ましあっていきたいと思う。

**********

どうか、どうか、忘れないで欲しい。
ダメなオマエの、ダメな仲間たちのことを。

**********

ダメ雄に、感謝。
コメント

ダメ雄のハッピーバースデー【その23】

2006-11-26 | Weblog
コメント

ダメ雄のハッピーバースデー【その22】

2006-11-26 | Weblog
コメント

ダメ雄のハッピーバースデー【その21】

2006-11-26 | Weblog
彼がジャポニカを読み終えたあと、
やっぱり、渡したいものがある。

そうそう、
らくだアルバム。

もう、何回、ヒトにあげれば、気が済むんだよー。
って、そのもらうヒトにとっては一回しかもらってないから、
それでいいんだよな。

今回のアルバム。
写真の数でいえば、過去、最低。
その分、文字の内容は、過去、最高。

祝福のメッセージというか
今の彼のガンバリだったり、
これからの彼にむけてのエールであったり
今の、彼に対する、熱い思いであったり

ま、日ごろの感謝の気持ちです、
やっぱり。

彼、アルバム読んでる途中、もう、ムリムリ、と
次のページを開けることができないくらい
泣いていた。
泣いてくれた。

ボクの気持ち、伝わったんだろうか。

彼、別の部屋で、そのアルバムを読みにいった。

ブシュン、ブシュン、泣き声だけが
その部屋から、聞こえてきた。




コメント