ちょっと蘇州へ・・・

中国と日本の文化の違いに奮闘?しながら
日々感じた事、大好きな中国ドラマなどを綴る蘇州ブログです。

蘇州お散歩 『也崎日式西点』園区にある日式ケーキを作る中国人パティシエさんと知り合う

2017年11月08日 | 蘇州 お散歩
 先日中国の食べログアプリ『大众点评』で
 なんだか気になるおケーキのお店を見つけまして

 新区からはるばる園区(というほどの距離でもないけど)に
 そのケーキ屋さんを訪ねに行ってきました。

 地下鉄星湖街から徒歩1分の金匙望大厦2号楼の10階にあるという
 『也崎日式西点』

 
 (このお店のイチゴショート。日本なら普通にあるイチゴショートが蘇州には少ないのです)

 こういう日本式のケーキのお店があるはずなのに 
 オフィスビルの10階、探せど探せど見つけられない

 偶然エレベーターで一緒になった女性に訊ねたところ
 なんと彼女がそのお店のパティシエさんでした!


 
 (パティシエの「cha(車)」さんです、日本語がとっても上手です)

 
 パティシエの「cha(車)」さんは2009年に名古屋のNCA料理専門学校でお菓子作りを学び
 その後名古屋のマリオットホテルやヒルトンホテルなどで働きながら勉強を続けて
 お子さんを出産の為、中国に戻り今年の8月に『也崎日式西点』をオープンされたそうです。
 
 現在は注文販売でホールケーキを販売している段階だそうです
 なので、店舗の住所は

 
 (大きな窓のある見晴らしよく落ち着くこのお部屋が工房です)

 このケーキ工房の住所なのでした
 (だからお店が見つけられなかったんですね~、だって普通のオフィスのドアばかりだったので)

 ただ前もって(3,4時間前でよし)電話をすれば
 この工房の二つ三つ手前にあるお花屋さんに小さなカフェコーナーがあり
 そこでこちらのケーキを食べることもできます。

 
 (バラのお花の種類がたくさんのセンスのいいお花屋さん、chaさんのご主人のお姉さんが経営されているとの事)
 

 もちろん私は電話などせずいきなり訪問したので
 ケーキは無理かーと思いきや

 「30分まって頂ければイチゴケーキなら用意できます」

 親切にそう言っていただいて
 申し訳ないなと思いながらもちゃっかり待って
 ケーキをいただきました

 
 (シンプルに美しいイチゴショート、この普通~のが食べたいの、一つ28元)

 ケーキの切り口が乱れているのは
 突然伺ったので生クリームを冷やす時間が足りなかったせいだと思われます
(パティシエさんも誤っておられました)

 味はしっとりしてフワフワであっさりとした上品な甘さの
 私の好きなイチゴショート、あっという間に食べてしまいました

 
 (窓際に小さなテーブルがありまして、紅茶をいただきました)

 chaさんは
 「中国には日本のように美味しいイチゴがありません。
 日々美味しいイチゴを作る人を探しています」
 との事でした。
 (色々お話してケーキを愛する情熱が熱い彼女です)

 中国人は生の果物をケーキに使うという日式ケーキにあまり馴染みがないそうで
 「この果物にジャムを塗った方がいい」
 などとアドバイスを受けたりするそうです
 (甘い方が好きなんでしょうかね)
 
 けれど、chaさんはこの日本式ケーキを広めていきたいとの事です
 
 現在ホールケーキはイチゴ、マンゴー、ブルーベリー、チーズケーキ、イチジク(今は無し)があり
 今後色々と増やしていくそうですよ

 また、イベントなどでのケーキ無料試食や
 工房でのケーキ教室も考えているとの事でした
 ご興味ある方は一度お電話を
 (電話はもちろん日本語で問題なし!だってペラペラです)

 
 
 
 
 ケーキももちろん配達してくださいます
 新区からの注文もあるとの事でした

 小さなお子さんの子育てとお仕事の両立は大変だと思うけど
 明るく話すchaさん、がんばってくださ~い


 にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村
コメント

蘇州お散歩 園区に新しくできた中国で最も美しい本屋さん『鐘書閣』に行ってみた

2017年07月12日 | 蘇州 お散歩
 中国で最も美しいと評されてる本屋さん『鐘書閣』
 上海にあることは知っていたけど、行った事なし。
 
 杭州,扬州,成都にもOPENして
 いよいよ蘇州にもやってきました。

 正式オープンは明日7月13日との事だけど
 昨日、のぞきにいったらすでにプレオープンしてた(^-^)/
 人がいない間に行っといた!


 (本がいっぱいで明るい入り口)

 苏悦广场南楼3楼にできた『鐘書閣』
 入り口は少しこじんまり~してました

 たくさんの本が売られているのか、展示されてるのかわからないけど
 売られてるみたい

 
 (とってもオシャレな内装なんだけど、私の撮影ステキなイメージが伝わらない)

 この青いキラキラした部屋を通過すると

 
 
 

 広ーい

 

 お茶も飲める

 

 日本作家の本(もちろん中国語に翻訳されてる)もたくさん


 

 明るい部屋、大きな窓、広ーい部屋、
 本屋さんなんだけど、ものすごく寛げる空間でイイ
 ゆっくり静かにお茶飲むのに最適と思った(←何度もいうけど本屋さんなんだけど)

 子供用の空間は本屋の一番奥のほうにあって
 さわがしくなっても気にならないかも。

 

 コーヒーも飲めるというので
 お昼のセットワッフルと果物ジュース2つで98元を頼んでみた
 (ワッフルの味は普通です)

 プレオープンだからか
 ワッフルを焼くのに店員さんが大変手間取ってました

 明日オープンしたらきっとお客さんが押し寄せる
 頑張ってください~ 


 

 ステキな一人席もありました
 本が集中して読めそう

 新区の金鷹にできたTAKAYAとどちらが美しいだろうみたいな蘇州ニュース見たけど
 絶対にこっちやなと思いました
(誠品の方が本屋さんぽいけど)


 

 中国政府が「本読め!本読め!」ってむっちゃ薦めてるから
 こんなにたくさん本屋さんが出来てるんですかね

 とにかく中国の新しい本屋さんてオシャレです
 日本にもあるといい

 ※『鐘書閣』 苏悦广场南楼3楼(地下鉄星海広場近く)
 

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 にほんブログ村
コメント (4)

蘇州お散歩 地下鉄4号線と無料送迎バスで同里古鎮へ

2017年06月21日 | 蘇州 お散歩
 『同里古镇』は
 蘇州吴江区にある明清時代の古镇です。
 (古镇とは中国の古い時代の町並みを残す場所の事です)

 地下鉄4号線が開通し『同里』駅ができたので、4号線を利用して
 少し前にお散歩してきました。
 『同里』駅は地下鉄乐桥駅からだと→20駅で到着
 蘇州火车站からだと→22駅で到着です。

 

 駅名に『同里』とあるから、これですぐ到着と思うと大きな間違いで
 ここから公共バスに乗り換える必要があります
 (公共バスは725路でした)

 
 けれど、友人がこの駅から無料の送迎バスが出ていると教えてくれていたので
 それを利用しました

 
 (2号出口すぐ横にある無料送迎バスの案内所)

 この無料送迎バスを利用するにあたり
 ここで『同里古镇』の入場券を買わなければいけません。
 (もしくは、チケットを持って入れば利用できるのかな?それはここで訊ねるべし)

 通常100元の入場券が無料送迎バス込みで88元で売られていました、ちょっと安い。


 
 (無料送迎バスの時刻表、30分置きにバスはあるみたい)

 バスが満員になれば、時間は関係なく出発する中国のあるあるバスでした。
 
 公共バスの方はものすごい人の列で
 送迎バスの方が確実に座れるし、このバスがあってホンマに良かった
 『同里古镇』さん素晴らしい
 バスは10分くらいで同里古鎮北駐車場に到着。
 (帰りは同じ駐車場から乗車します、チケットを見せる必要あり)


 古鎮に入るとたくさんの観光客でにぎわってました

 
 (河に沿ってずーっとテラス席があり食事ができます、すんごい人です) 

『同里古镇』は河が網目のように流れていて
 昔は大小さまざまな橋が49本もあったそうです


 

 河の両端のテラス席には、屋根が設けられていて日陰で涼しいです。
 歩道はその横にあるので、混雑していても歩けるのも気に入りました。

 『同里古镇』の49本の橋の中に有名な3本の橋がありまして
 同里の人は男の子が生まれた時、結婚するとき、老人の誕生祝いに
 この3本の橋を渡る風習があるそうです。
 (3本の橋は渡ると縁起がよくなる橋、家族が円満になる橋、平和の世を願う橋なのだそうです)

 みんな渡ってるので、私も当然渡りました。
 (名前は全部忘れたけれど、みな渡ってるのでどの橋かは一目瞭然です)
 
 

 (鵜飼いによる魚取りもありました、でも食事中にはあんまり見たくないかも)

 こんなふうに明清代の同里の町並みを河に沿ってずーっとお散歩できます
 とにかく同里は広い、蘇州の山塘街に比べ迫力、規模が違います
  
 町はとても賑やかで、オシャレなお店もたくさんありますが


 
 (おばあちゃんの手作りお漬物)

 静かな場所や素朴なお店もたくさんあって


 
 (右側は賑やかな河沿い、左をみると何か売ってるおばあちゃん)

 風が通って気持ちのいい抜け道もたくさんあり


 
 (人一人しか通れない抜け道はステキでした)

 
 
 (普通に並べただけでも可愛くなる中国の靴)

 目を留めてしまう雑貨屋さんもあり


 

 立派なお庭のある邸宅など・・
 他いろいろたくさんありで


 さすがに国家5A級を持つ古鎮、本当に楽しめました。
 入場料100元は高いと以前から思っていたけれど
 価値はあったなーと感じました。

 『同里古镇』が私的に素晴らしかったので
 今ごろ古镇ブームが私にやってきまして
 また違う古镇を散歩したいと思っています。

 中国人のお友達曰く
 『同里はかなり新しく建て替えられていて、本当の昔の古镇のイメージはなくなってしまった』
 らしいです。

 次はそんな昔のイメージの残る古镇も見てみたい


 にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村
コメント

蘇州から上海へお散歩 1930年代頃の中国ドラマや映画を撮影するオープンセット映画村『上海影視楽園』へ行く

2017年05月24日 | 蘇州 お散歩
 『上海影視楽園(上海影视乐园)』は上海松江市にあるオープンセット映画村です。
 蘇州から比較的近い(と思う)のでちょっと散歩しに行ってみました。
 
 蘇州から高铁で上海虹桥火车站へ
 → 地下鉄10号線に乗り換え虹桥路站へ → そこから地下鉄3号線に乗り換え上海南站へ → 
 そこから地下鉄1号線に乗り換えて莲花路站下車

 (ここで気がついたけど高铁で上海火车站へ行き
 そこから地下鉄1号線にのって莲花路站まで一気に行けばラクチンだ、後の祭り~)
 

 莲花路站でバス上石线に乗って车墩站下車
 (高速に乗って30分くらいで到着しました)

 そこから歩いて10分くらいで到着します。

 ちなみに

 
 (顔は見れないけど、とってもきれいな車掌さんでした)

 バスには女性の車掌さんがいて、どこで降りるか訊いてくるので
 降りる駅を言ってお金を払います(上海のバスカードでも払えた)
 私の中国語から外国人とわかったのか、降りる駅になると私に向かって大声で
 『降りなさいよ!』と教えてくれました。

 たくさん人が歩いているので人についていけば無事到着します。

 
 列に並んでチケットをやっと購入

 
 (1人80元、結構高いですね)

 
 (この日の天気は良好!中国にだって青い空はあるのだ)

 中に入ると一気にタイムスリップ、レトロな中国の建物に圧倒されました


 
 (チャイナ服ってこういう場所に最も映えると気づく)


 
 (レトロな路面電車も走ってます)


  そしてふと見つけたこれ↓

 

 路面電車の信号機と思うんだけど、これって
 大好きな香港映画『功夫3D(カンフーハッスル)』の


 

 阿星が蛇に顔を咬まれ、体をナイフで突き刺され、カンフーの達人おばちゃんに追いかけられて
 逃げ込んだここ↓


 

 ここじゃありませんか?

 この信号機の中で

 

 唇が蛇の毒でこんなに腫れて


 

 こんなふうに苦しんでボコボコにされたあの信号機にそっくり。
 (調べたらこの映画の撮影地は上海とだけあったので、たぶんここなんではないかと)

 貴重な信号機見れてウレシー(^―^)

 そして

 
 (撮影用の立派な教会もあります)



 路地裏に入ると

 

 まるで撮影されてるような雰囲気の女性たちがいましたが
 もちろん観光客

 

 この服を貸衣装していて、これを着て街の雰囲気を味わっている人だったんですね
 これだけ街に馴染むなら私も着てみたかった

 あと、これ↓

 
 
 この時代の映画、ドラマなら日本と関係のあるものも多いので
 こんな日本語のあるセットもありました
 (私、このセット実際に中国のドラマで見たことあります)

 ちなみに

 

 この日の撮影スケジュールの書かれたボードがあり
 うまくいけば撮影シーンが見れるかもしれません。

 
 色々回って私のようなドラマ好きには結構楽しめる場所でした
 オープンセット村なんで、食事するところはほとんどありません

 帰りは同じバスにのって、上海南駅まで行き、そこから地下鉄で戻りました
 たぶん行きも上海南駅からバスに乗れるのでは?と思いましたけど・・
 (ただバス停が大きすぎて何番に乗るのか迷うかも)


にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村
コメント

蘇州お散歩 バス415路で石湖へ、帰りは93路で泉屋さんへ

2017年04月05日 | 蘇州 お散歩
 少し前に石湖へお散歩しに行きました。
 石湖には「行春橋」という九つのアーチ状の橋脚の橋があります

 中秋節にはその九つのアーチ状の各橋脚から、水に映った九つの月が
 一本の串に刺されたように見える(実は見えないという話もあります)のが有名らしい。

 中秋節とはまったく関係ないけど
 その橋を見てみたくて出かけました。

 行きはバス415路に乗って行春橋駅へ
 このバスは上方山国家森林公園へ向かう人も利用するようで
 そちらへ遊びにいく人達でバスは見る見るうちに満員になりまして

 
 (後ろのドアから乗車してくる人達と降りたい人達でごっちゃごちゃ)

 もう誰も乗車できないから

 「次のバスがすぐ来るからそっちに乗ってくれ!」
 運転手がそう言ってるのに

 降りる人の為に開けた後ろのドアから
 どんどん人が乗車してきて

 

 この状態。
 
 「後ろから乗った人はお金を払いに来い!」
 運転手はそう怒鳴ってましたけど
 当然後ろから乗車した人達は運賃を払いに前まで行くこともできず

 「あ~、お金払いたくても動けないから払えない~」
 
 なんて笑いながら話す中国オバちゃん達。
 ガラの悪い中国オバちゃん達に挟まれながら無事行春橋駅へ到着。


 

 バス停はこういったローカルなお店がある場所でした。
 バスの進行方向とは逆に少し歩いていくと

 
 

 見えました~『行春橋』
 天気はイマイチでしたが、それが墨絵の雰囲気を上手く醸し出してくれました。 
 
 
 

 湖を渡る観光船
 静か~に渡って行きます
 さっきのバスでの喧騒がウソみたいです

 
 

 湖に沿ってある遊歩道
 もう一度いうけど、さっきのバスでの喧騒がウソみたい

 
 

 園区のオシャレな金鶏湖とは違って
 ザッ中国!的な湖なんですね、石湖って。


 

 途中見かけた石湖景区の地図
 グルっと回れるみたいです(ものすごい時間かかると思うけど)

 

 私は写真左上の北入り口から入ったようです。
 もう一度415路のバスに乗る気合いがなかったので
 写真右の東入り口から外へ出ました。

 大通りへ出ると
 『石路景区東』駅のバス停があり

 

 93路を利用すれば泉屋さん前のバス停に行けそうなので、それで戻りました。
 325路でも新区に戻れますね。

 次はこの路線で来よう、中国っぽい湖が気に入ったので。


 にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 
 
コメント (2)