月あかりの予感

藤子不二雄、ミュージカル、平原綾香・・・好きなこと、好きなものを気の向くままに綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画館のハシゴに向かったまま…

2007年08月26日 08時16分01秒 | このブログのこと
行方不明みたいになってしまっていて、どうもすみませんです

なんだか毎日が疲れ気味になってしまって、実にイカンですね(汗)

毎日の些細なツブヤキは、友人限定公開の某SNSの方で、毎日うだうだ書いているのですけど、ブログは誰にでも読んで頂けるものだけに、もうちょっとまとまった文章でないとお恥ずかしい気がして、書くのに少しパワーが必要だったりします。(と言って出来上がったものは、くだらない駄文だったりするから困ったものです

それに付随して、頂いたコメントへのお返事もなかなか書けなくて、たいへん申し訳ありません。

明日はお休みなので、何か書けたら良いなぁ~…と思っております。
コメント (2)

レミー&胡桃、そして…

2007年08月16日 15時01分15秒 | 映画/テレビなど


今日は仕事がお休みなので、先程ようやく「レミーのおいしいレストラン」を観てきました。夏休み&お盆シーズンの合わせ技一本で、なかなかのお子さま率ではありましたが、朝一の回に行ったおかげで、そこまで混み混みの状態は避けることができました。だけど劇場を出ると「レミー」や「ハリーポッター」を観るらしき長蛇の列が…早起きして良かった(汗)

ピクサーの劇場用長編は、今まで日本公開時にタイトルを変更されることが基本的になかったのですが、今回は「ラタトゥーユ」という原題が、なんだかへっぽこな印象の邦題に変えられちゃったな~と、ちょっと気にはなっていました。でも日本で「ラタトゥーユ」と言ってもピンと来ない人が多そうだし、興行成績にも影響を与えてしまうかもしれないので、仕方ないのかな(^^);

それは別としてこの作品、文句なしの五つ星でした

とにかく音楽と映像の一体感が素晴らしく、まるで「歌のないミュージカル映画」のようでした。最初の方でネズミの大群を殺そうと銃を乱射するお婆さんなど、マッドなテイストも漂っていて、実にブラッド・バード監督らしくてステキ(笑)。テンポも良いし、全く飽きの来ない展開と美しい映像、小気味よい音楽に魅せられて、決して短くはない上映時間があっという間に感じました。

クライマックスの、大量のネズミたちが料理をするという、現実では絶対にあり得ないシチュエーションが、あまりにも見事な映像に仕上がっていて、不覚にも涙がこぼれそうになりました。不意に涙で視界がぼやけたのです。全く「泣き」のシーンではないのに、涙が出てしまった自分にビックリ。

ところで、最後までへっぽこぶりが目立っていたリングイニ君ですが、彼はシェフではなく、ウェイター&ローラースケートの才能があると思います

今までのピクサー路線とは少し違う雰囲気の作品ではありましたが(そういう意味では同じバード監督の「Mr.インクレディブル」もそうでした)、今後のますますの可能性を感じさせてくれる作品だったと思います。今回予告を観ることの出来た、来年夏公開予定の次回作「ウォーリー」も本当に楽しみです。


映画から帰って来てから、昨日録画しておいたアニメ・戦争童話「ふたつの胡桃」を観ました。近年の関修一さんの作品はあまり知らないのですが(「ドラえもん」ミニシアターや劇場版で原画を担当されていることは知っていましたが)、この方って本当に絵柄が変わってきたなぁ~と思います。「ペリーヌ物語」や「南の虹のルーシー」の頃と、「私のあしながおじさん」「トラップ一家物語」の頃とでも、随分タッチが変わったなぁと思いましたが、今回観た「ふたつの胡桃」も、また全く違うタッチになっていて、これはこれで魅力的でした。考えてみれば関さんがデザインした「日本人」って、私自身はあまり見たことがありませんでしたので意外でした。

内容については、戦争を扱う作品は、どうしても「人の死」ということを避けては通れないこともあって、ある程度は覚悟(?)しながら観ていたものの、やはり不覚にも涙が…。最近涙腺がゆるすぎて困ります…トシを取ったのかなぁ ラストシーンへの展開は、ある程度は予想できていたのですが、素直に感動しました。

扱われたテーマには、少し前に「ドラえもん」で放送された「ぞうとおじさん」同様、戦争という狂気の中、理不尽な大義名分で犠牲となってしまう動物たちのエピソードも含まれていました。ペットとして飼っている犬や猫の供出を国民に強要し(兵隊さんのための「毛皮を取る」という名目で)、それに逆らう者には「非国民」というレッテルを貼るという、とても信じたくないような愚行があったというのですから、戦争というものが人を狂わせることの恐ろしさを改めて感じました。


さて、今日はこれから、同じく戦争を扱った作品「夕凪の街 桜の国」を観に行ってきます。さっき「レミー」を観たシネコンでは上映していないので、先日「河童のクゥと夏休み」を観に行った別のシネコンへ…。映画館のハシゴなんて何年ぶりでしょうか(^^);

藤子アニメのDVD-BOXについて

2007年08月13日 00時35分03秒 | 藤子不二雄
12月発売の「チンプイ」DVD-BOXですが、公式サイトによりますと、幻となっていたSP回「宇宙的超一流デザイナー」「エリさまはキョーボー?」の2本が、無事に収録されることが正式に決定した模様です。(指摘マンさん、情報ありがとうございました)

また、以前フロンティア・ワークスさんから頂いたメールでは、OP/EDは可能な限り放送当時の内容に合わせる(著作権上の権利表記のみ差し替え)との回答を得ております。次回予告は最初から収録が発表されていましたし、SP回、オリジナルOP/ED、劇場版、そして特製のサントラCDまで付いてくるとなれば、ほぼ「完全版」と呼ぶにふさわしい内容でリリースされると見て良いかと思います。これで私はようやく一安心です。

もっとも、何をもって「完全版」と言えるのかは、判断の難しいところです。もっと細かいことを言えば、ドラえもんたちとの共演シーンも入れて欲しいとか、色々な意見はあるかと思います。ただ、その辺りは本当にフィルムが現存していない可能性もありますし、現存していたとしても、「ドラえもん」の方の権利絡みで難しいのかもしれません。ただ、これらは収録されれば嬉しいけど、入ってないからと言って、私にとっては購入NGになるほどの要素ではありません。

私がアニメの「DVD-BOX」なるものを購入するのは「魔美」と、そしておそらくこの「チンプイ」で、当面は打ち止めになることでしょう。とてもお金が続きません(^^); 逆に、乏しいお小遣いをはたいても、この両作品のDVD-BOXを買ったのは、この2つの作品が私にとって特に大切な作品だったからでもあります。

振り返ると、本当に「エスパー魔美」のDVD-BOXの収録状況は残念でした。まず上巻は次回予告が入っていないし、DVD化されていない劇場版もありません。テレ朝チャンネルと変わらない収録内容で、とても「完全版」などの呼べるシロモノではありませんでした。特典として付けられたCDも、ハッキリ申し上げて、その意味が全く見いだせない内容のものでした。それらの点に不満を抱き、長年DVD-BOXの発売を願っていながら、抗議の意味で購入を断念されたという話さえ聞きます。きっとその方は断腸の思いだったことと思います。

だけど「魔美」でファンからの要望などが寄せられたからこそ、今度の「チンプイ」は、出来る限り完全なものを作ろうと、フロンティア・ワークスさんも努力してくれたような気がします。仮に「チンプイ」が先に出ていたら…。「魔美」当時に次回予告を収録して欲しいという要望が出てなかったら……。あるいは、もっと悲惨な収録内容になっていた可能性は高いです。

シンエイ藤子アニメは、現在CSの「テレ朝チャンネル」で、大部分を放送しています。「魔美」も「チンプイ」も何度か全話放送していて、私もその録画を押さえてあります。にも関わらずDVD-BOXを購入するのは、もちろん作品が大好きなので、製品を手元に置きたい思いもありますが、それに加えて、テレ朝チャンネルでの放送が「完全ではないから」というのも大きな理由です。

そもそも、テレ朝チャンネルの藤子アニメ(「つるピカハゲ丸くん」「おぼっちゃまくん」なども含む)の放送内容はヒドすぎます。「パーマン」「忍者ハットリくん」などに至っては、OP/EDは使い回しで、各話のスタッフ・キャストなど調べようもありませんし、「パーマン」の音楽担当者テロップも間違ったままです。次回予告なんぞ、当然のごとくバッサリカット。最近はようやく完結したものの、「パーマン」や「ハットリくん」など、放送回数の多いものは、突然第1話からリピート放送を始めてしまい、最終回まで録画するのに何年もかかるという、信じられないような事態を繰り返していたようです。

あれほどヒドい内容で放送をしているCS局って、テレ朝チャンネルくらいじゃないでしょうか。「パーマン」「オバQ」が完結してからは、もう観ることもなくなったチャンネルではありますが、いい加減もう少しマトモな編成をして欲しいものだと思います。それがテレ朝チャンネル側の方針か、シンエイ動画の方針なのかは分かりませんが…。

それだけにDVD-BOXの収録内容は重要です。「忍者ハットリくん」もDVD-BOXが発売されていますが、私は見向きもしませんでした。何故なら最低限必要な条件と思われる「全話収録」が果たされていなかったからです。藤子アニメは確かに子ども向け作品が多いので、ある種の「消耗品」のように扱われてしまう面はあると思います。テレ朝チャンネルの放送形態は、まさしくそれを如実に表しています。しかし、子どもが高価なDVD-BOXを、しかも自分が生まれる前に放送していた作品のものを購入するケースなんて多くありません。当然、当時の作品に思い入れを持つ大人が購入するのですから、あまり適当な収録内容のものは発売して欲しくありません。今後も「パーマン」や「怪物くん」「21エモン」など、発売される可能性は十分に考えられると思いますが、私自身が購入できるかどうかは別として、ぜひ我々マニアの心情を理解したものを製作して頂きたいと心から願っています。

(追伸)
「チンプイ」DVD-BOXの公式サイトでは、コミケで配布されるとの「チンプイうちわ」の写真が載っていますが、このイラストはどうも描きおろしに見えます。DVD-BOXのジャケットなどに使用されるのかもしれません。ただ、この手のイラストは、「ハットリくん」や「魔美」では富永貞義さんが担当していましたが、「チンプイ」に関しては違うようにも見えなくはありませんが……これは誰が描かれたのでしょう(^^); いま公開されている写真が小さいから分からないだけで、実は富永さんなのかもしれませんが(笑)。いずれにしても、当時のアニメーターによる「チンプイ」の描きおろしイラストが見られるみたいなので、本当に楽しみです。「チンプイ」放送終了後、新たに描かれたチンプイやエリちゃんを見られる日が来るとは思ってもいませんでしたから、まさに感無量であります
コメント (2)

もう1年

2007年08月10日 18時50分44秒 | このブログのこと
1年前の今日、このブログ「月あかりの予感」をスタートいたしました。ふと気がつけば、早いもので1年も経ったのかと…自分でもビックリです。

書き始めた当初の記事を読むと赤面モノでありますが、強烈に感じるのは、思いっきり「現実逃避」してたんだなぁというのが、1年経った今となっての実感です。魔美レビューの異常なまでの書き込みは、特にそれを強く感じます(^^);

昨年は……ほんと、三十ン年生きてきて、これほどヒドい年はないんじゃないかという程、様々な辛いことがありました。いま振り返ると、はっきり言ってブログなど始めているヒマもなかったハズなのですが、何かにすがりついていないと、精神がどうにかなってしまうんじゃないかというほど追いつめられていました。そして無理矢理(?)ブログをスタートして、がむしゃらに記事を書き綴りました。このブログや某SNSで知り合った(再会した)素敵な方々と交流する機会もでき、そのおかげもあって、私も随分立ち直ってきたものです。

昨年も、ときどき記事を書くのを休んだりしていましたが、そういうときは、今だから明かしますが、現実逃避しているヒマすらないほど、超シビアな状況の時期でした。具体的な言及は避けますが……そうですね、「あらいぐまラスカル」の、スターリングのお父さんの苦悩が、私には他人事には思えず、観ていて思わず目が潤みました。そういう方面の苦悩です。

あれから1年……

おかげさまで今は、当時と比べてノホホンと生きることが出来ております。最近お休みが多いのは、別にシビアな状況だからではありません。勤め人になり、フツーの人の生活リズム(昼間に起きて、夜に寝る暮らし)になってしまったことで、書く時間が取りづらくなったことと、このブログやサイトの運営を、今後どんな感じで続けていこうか、ちょっと悩んでいるからです。

「隠れ家」も、もともとは創作倉庫をメインコンテンツとして展開していきたかったのですが、ひと様にお見せ出来るようなものがなかなか描けない(書けない)まま、現在に至っております。自分でちゃんと納得できるものを創ることができるまでには、もうしばらく時間が掛かりそうです。だから今は、休日に狂ったように映画を観まくって、栄養吸収に励んでおります

本当は1周年に合わせてレイアウトを変えるとか、色々やりたかったのですが、なかなか作ることが出来ませんでした。

まぁとにかく、今日で1年であります。

その記念すべき日に、WOWOWで平原綾香コンサートが放送されるというのは、なんだかあーやからのプレゼントのような気がしています(笑)。

ということで、最近ちょっとサボり気味ではありますが、今後も、観た映画やアニメの感想などを中心に、ポツポツ書き綴って行きたいと思っていますので、どうぞヨロシクお願いします
コメント (4)

レミー♪

2007年08月01日 21時24分03秒 | 映画/テレビなど


勤務先から頂いてしまいました~

先月の成績が優秀だったチームに、たまたま所属していたおかげで褒賞として貰えたのであって、決して私個人の成績が良かったからではありません

ピクサー大好きな私は、もちろんこの映画を観に行くことは決めていたのですが、金欠病なので1,000円の日に行こうと思って(笑)、前売り券は買わずにおりました。今回、予期せずチケットを頂いてしまったおかげで、いつでも好きな日に行けることになって、メデタシメデタシでありますっ♪

その前に、今週の金曜には先に「河童のクゥと夏休み」を観に行く予定になっています。しかし九州には台風が近づいているようで、どうなることやら
コメント (2)

Twitter