月あかりの予感

藤子不二雄、ミュージカル、平原綾香・・・好きなこと、好きなものを気の向くままに綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご無沙汰してます

2007年07月31日 22時10分11秒 | 近況雑記
このブログの更新をお休みさせて頂いてから、かれこれ3週間が過ぎてしまいました。

早く再開したいとは思っているのですが、隠れ家、Singing Windも含めて、色々と思うところがあって、少しお休みさせて頂いております。8/10には、この「月あかりの予感」開始から1年の節目を迎えますし、その頃までには何とか形にしたいです

新しい仕事には慣れてきましたし、結構順調でございます。ただ疲れやすい体質なので、帰ってくると寝てしまったり、小説を読んだり、ポケ~ッとチャップリンの映画を眺めて涙したりしてしまう毎日だったりします(T◇T) まぁ、今は栄養を吸収するときなんだと解釈して、気長に構えておりますが(^^);

ということで、最近のニュースで思ったことなど、少しだけ綴っておきます。

「マンマ・ミーア」福岡公演が9月で千秋楽…!? (劇団四季)
今年の5/19に始まったばかりなのに、僅か4ヶ月でクローズとは…。いよいよ福岡シティ劇場、本気で危ないようです… ちなみに7/25に初めて「マンマ・ミーア!」観てきました。とても楽しいミュージカルでした。東京も大阪もロングランが出来た作品が、福岡では出来なかったということは、結局のところ福岡は、劇団四季にノーを突きつけたのかも知れません。四季のやり方にも大いに問題はあったと思います。この話題はまた追って書くつもりです。

ドラえもんで聖子ちゃんカット復活 (gooニュース/日刊スポーツ)
もはや反応するのも馬鹿馬鹿しいのでノーコメントです

ドラクエ4~6がニンテンドーDSでリメイク!?
某SNSで入ってきたニュースです。雑誌に掲載された情報がソースのようで、その記事らしき写真も出回っているものの、スクエニさんによる公式発表はまだのようですので、噂レベルの情報という前提で書きますが……実現するとすごく嬉しいですっ

追記: 公式サイトでも発表されました
コメント (3)

申し訳ありませんっ

2007年07月08日 22時56分42秒 | このブログのこと
ちょっと記事更新を13~14日頃までお休みさせてください

色々と書きたいことはあるんですけど、会社から帰ると妙に疲れてしまっていて、なかなか記事を書くだけの気力が残っておりません。気がつけば寝てしまっている有様です…(汗)

そのため、少しの間お休みさせて頂きまして、その間にどうにか体勢を立て直すようにしたいと思います。

やっぱり長年居職だった人間が、珍しく外に働きに出たりすると、普通の人以上に疲れてしまうものですね…(^^); というより、私が体力なさすぎなだけなんですけど(笑)

お寄せ頂きましたコメントのお返事も遅れ気味で申し訳ありません。こちらも随時お返事させて頂きますので、もう少々お待ちくださいませ。

(7/17追記)
もう少しの間お休みさせて頂きます。7月中の再開を目指します。
コメント (4)

有名人さま、いらっしゃい(?)

2007年07月06日 22時31分46秒 | 藤子不二雄
俊輔がドラえもんとアジア杯“出場”(日刊スポーツ) - goo ニュース

なんか、またまた このようなことになっているようで(^^);

原作は、芸能人などの「人がた」を取るお話「人気スターがまっ黒け」のようですね。あの作品に出てきた「真田広之」ならぬ「真田ヒモ行」という名前が、もうシッチャカメッチャカにツボでありまして、真田広之さんが出演していた、たとえば「ラストサムライ」などを観ましても、思わず「ヒモ行」という名前が頭にフラッシュバックして笑ってしまうほど、強烈なインパクトがありました(^^);

どうやらアニメでは、これに登場する有名人を、実在の人物でやってしまうというわけですか…。次回予告を観る限り、あまりに微妙な造形の、アニメ化された中村選手や、有野課長…じゃなかった有野さん、猪木さんに苦笑するしかありませんでしたが、わざわざご本人に声でもご登場頂くわけですね~(´~`)フーン

Yahoo!やgooのニュースで、見出しに「ドラえもん」という文字が躍ると、以前は何かワクワクしながらクリックしたものですが、最近ではロクなことがないというのが定着してしまった感があります(笑)。
コメント (4)

映画を2本…

2007年07月05日 23時19分53秒 | 映画/テレビなど
観て過ごしました。

サンセット大通り」と「スチームボーイ」です。

ということで、ちょっと書く時間がないので後ほど追記します。



……ということで×2、追記です。
後でちょこちょこっと追加するつもりだったのですが、眠くて寝てしまったもので遅くなりました(^^); せっかくなのでプチ感想をば…。

サンセット大通り

この映画、私てっきりミュージカル映画だと勘違いしておりました(^^); そのため、いきなり副主人公の男・ジョーがプールに死体となって浮かんでいるというシリアスなスタート(でもちょっと笑える)だというのに、一体いつになったら歌い出すんだろうなんて、的はずれも甚だしい期待をしてしまいました

勘違いの理由は、アンドリュー・ロイド=ウェバー氏によるミュージカル版(日本では未上演)が、別に存在していることと、DVDのケースに貼ってあったこのシールのせいです(^^); TSUTA○Aの嘘つき~(笑)


映画についてですが、これがなかなか楽しめる作品でした。豪邸に奇妙な執事とともに暮らす往年の名女優・ノーマと、たまたま自動車のパンクで彼女の家に立ち寄ったばかりに、数奇な運命に翻弄されてしまうジョーのやり取りが、時にはユーモラスに、時には緊張をもって展開され、一種のサスペンス的な面白さがありました。

何といっても見どころなのは、グロリア・スワンソンの演技です。節々に感じるジョーに対する狂気混じりの感情、そしてラストシーンでのゾクゾクするほどに鬼気迫る演技に魅了されてしまいました。メイキングなどによると、無声映画時代に大活躍していたスワンソンは、まさに作品の撮影当時ノーマと似た境遇にあったこと、そして執事のマックスを演じたエリッヒ・フォン・シュトロハイムは、その当時の彼女の出演作「Queen Kelly」を監督していたものの、彼女と衝突したことで撮影が中止となっており、これが彼の最後の監督作品となったことなど、どこまでが現実で、どこまでが虚構か分からなくなってしまうようなバックグラウンドが語られ、非常に興味深かったです。

作品の根底では、当時のハリウッドでの問題点などが浮き彫りとなっていたと言いますが、このテーマは現代にも大いに通じるところがあるなぁという印象を受けました。一躍有名となり、周りからチヤホヤされつつも、いずれブームが去り、人々から忘れ去られてしまう…しかし本人はあの頃の栄光が忘れられない…。芸能界でもスポーツ界でも、よく見られる光景ではないかと思います。ある意味では人間の哀しい性(さが)というものを浮き彫りにした傑作です。

そういえば「ブラック・ジャック」で、往年の名女優が久しぶりに映画出演のオファーを受けたものの、かつての美貌を失ってしまったことに落胆し、ブラック・ジャックに若返りの整形手術を依頼する……という話がありましたが、あのお話って、この映画がお話の下敷きになっていたような気がします。登場する女優の名前も「スワンソン」に似た響きの名前だったような……今は手元に本がないので、もし間違ってたらごめんなさい。

スチームボーイ

以前から気にはなりつつも、なかなか観る機会がなかった作品です。私は大友監督の映画「AKIRA」が大変好きなのですが、だからといって「大友ファン」というほどでもなく、大友さんの漫画作品は読んだことがありません(ものすごく緻密に描かれたカットを断片的に見て、驚愕したことはあります)。でも漫画作品にも興味はあり、いずれは読んでみたいと思っています。そういう立ち位置とご理解ください(^^);

結論から申しますと、結構楽しめる作品ではありました。物語も「AKIRA」に比べれば分かりやすく、「力」というものの扱い方を誤ると、それがどうしても「兵器」と化してしまう危険性を描いた……この辺は「AKIRA」とカブるところでもありますが(笑)、もしも蒸気機関が発明されたばかりの19世紀に「スチームボール」というものが存在したら…?という、パラレルワールド的な歴史世界のお話としては、楽しめるものであったと思います。

ただ、映像は確かにスゴイものの、少々退屈さを感じてしまった部分も多かった気がします。CGで処理した映像には、それほど驚かなくなってしまっているのですね(^^); 今回、音楽をハリウッド映画でおなじみの、スティーブ・ジャブロンスキーさんが手がけておられるのですが、彼の壮大なBGMの力がないと、ちょっと映像だけでは、あまり引き込まれなかったかもしれません。どうしても「AKIRA」と比較してしまいますからね(^^); あの作品は、確かに芸能山城組のBGMも強いインパクトを持っていましたが、映像の力も相当なもので、視覚と聴覚の両方にフルで訴えかけてくるものがありました。

声の出演に関しては、鈴木杏さんのことは全く存じませんが、なかなか演技も上手で、主人公のレイにはマッチしていたのではないかと思います。スカーレットの小西真奈美さんも、それほど悪くはありませんでした。中村嘉葎雄さんの声は少し聞き取りにくかったような…。「あかんたれ」の秀吉(ひできち)さんは大好きなのですが(^^); 津嘉山正種さんは相変わらず素敵な声でいらっしゃいました

チンプイDVD-BOX発売日など決定!!

2007年07月04日 21時33分06秒 | 藤子不二雄

チンプイ メモリアルDVD-BOX SPECIAL SITE
が更新されました!
指摘マンさんに教えて頂きました。ありがとうございます♪

今回の更新で、DVD-BOXのアウトラインが見えてきました。

・発売は2007年12月7日
・価格は60,900円(税込)
・全56回(112話)+劇場版収録
・全話の次回予告も収録
・特典にはサントラCDと特製ブックレット
・予約特典は「チンプイ ラーメンセット」(笑)

サントラCDの付属を知ったときには、狂喜乱舞いたしました(≧▽≦)

「チンプイ」のBGMは田中公平さんが手がけており、心に残る曲がとても多いのですが、CDとしてリリースされたことはなかったのです。放送当時から欲しくてたまらなかったのに、とうとうCDが発売されることがなかった、音楽集のCDまで作って頂けるということで、この粋な計らいには心から感謝・感激・雨あられでございます!

しかし1つだけ不安が……

全56回/112話」収録ということが強調されていて、スペシャル枠で1989年12月29日に放送された「宇宙的超一流デザイナー」と「エリさまはキョーボー?」の2本については、全く言及されていない点です。これを含めると「全57回/114話」となるハズなのです。

「エスパー魔美」のときは、同じようにスペシャル枠で放送された「マイエンジェル魔美ちゃん」の収録が明記されていたのに、今回はまたも「コンプリート」を謳いつつ、まさか収録しないのでは…という不安が頭をよぎっています。

「魔美」のときもそうでしたが、このお話は「スペシャル扱い」というだけであって、お話そのものは通常のものと何ら変わりありません。それどころか、その後の劇場版などにも何度か登場するマール星のデザイナー、デブラ・ムー氏の初登場回でもあり、このお話がないと「このパンダ誰?」ってなことになってしまいます。

この2つのお話は、単に「ドラえもん」と一緒に放送されたから「スペシャル枠」だったというだけのことなのに、どういうわけか、テレ朝チャンネルでは今まで一度も放送されたことがない「幻の回」となってしまっています。(「マイエンジェル魔美ちゃん」はテレ朝チャンネルでも放送されたことがあります)

まだ発売まで時間がありますし、このお話も収録した本当の意味での「完全版」としてリリースしてくれることを、心から祈っております。
コメント (8)

こんにちはMacです

2007年07月03日 23時37分31秒 | 近況雑記
私が初めて買ったパソコンは、AppleMacintosh(ちなみにOSが「漢字Talk 7.1」だった時代)でありまして、それ以来ずっとMacを愛用しておりますが、今では大体の作業をWindowsで行うようになりました。業務で使用するアプリケーションなどがWindowsにしか対応していなかったり、Windows搭載パソコンの方が価格的に安かったり、そういう現実的な理由です。

だけど、やっぱりMacを見ると欲しいなぁ~という気持ちがもたげてきます。なんというか、AppleやMacって、私にとってはカッコイイのです。アメリカ風に言いますと「クール!!b(>▽<)」って感じでしょうか(笑)。CPUがインテルになろうと、その気持ちは変わりません。Windows XPを使い、たまにMacの画面を眺めると、なんだか気持ちが落ち着くのです。今までは仕事の都合もあって、長年Windowsが中心でしたが、もう自宅仕事でもなくなりましたし、次にパソコンを買うときは必ずMacにしたいと思っています。iPodなど、Mac以外のApple製品も愛用しています。

だけど、近頃よく目にするMacのCMは、非常にいただけません

CMはAppleのトップページ(いきなりCMが流れるので音量注意)などでも見ることが出来ますが、要するに「いかにパソコンがダサいか、Macがスタイリッシュか」ということをアピールするような作りになっております。

しかしこのCMそのものが、私には非常にダサいと感じてしまうのです。なんだか妙な嫌悪感を覚えてしまうのは私だけでしょうか(^^);

Windowsと比較してMacの優位性をアピールするなんて手法そのものが、もう古すぎる気がするのです。既にWindowsの覇権は火を見るより明らかです。AppleはAppleで、たとえば iPodの大ヒットもありましたし、海外ではiPhoneなども注目されています。別に今になってPCの世界で張り合わなくても、独自の路線を歩んでくれれば良いのにな~と思ってしまいます。

広告バナー等でこのCMを目にするたび、見たくないので黙って閉じていた私ですが、最近はトップページでまでしつこく表示してくれるので、こまめにチェックし続けていたApple社のサイトを開く気すら失せてしまい、ちょっとブルーなのであります
コメント (6)

マンマ・ミーア!衝動買い

2007年07月02日 00時01分38秒 | ミュージカル/演劇
英語版CDを聴いているうち、無性に劇団四季の「マンマ・ミーア!」が観たくなってしまいました。そこで、チケットの予約状況を確認がてら、四季のチケット予約サイトを覗いてみると……

ガラ空きじゃん

9/23に大阪で開催される「平原さんちのコンサート」に合わせて、ついでに大阪四季劇場の「オペラ座の怪人」も観ようかなと思って、先日チケット予約状況を確認したところ、9月の公演のほとんどで1階S席が完売だったのとエラい違いです。福岡シティ劇場の未来が猛烈に不安…(汗)

まぁ、ともかく、7/25の公演で4列目のセンター寄りという好位置が空いていましたので、思わず衝動買いしてしまいました。会社も休みなので、たまには観劇を楽しんできたいと思います。ハイ……一人で(^^);

ところで、9/23の「平原さんち」と、うまく公演の時期が重なってくれないかな~…と密かに願っていた「ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク版」京都公演ですが……見事に時期が外れてしまいました

9/22~に京都では「ふたりのロッテ」が始まるのですが……決して嫌いな作品ではないものの、わざわざ京都に立ち寄るほどではないかなと(^^);

しかし、ジャポ版は上演回数も少ないし、これを見逃すと次はいつか分からないので、ちょっと無理して11月頃「平原さんち」とは別に、改めて京都へ向かうつもりであります。そして京都まで行った途端、全国公演が決まったりしてアゴが外れるのが、いつものパターンなのですが、もうそれでもいいッ!観たいもんッ!!

あーやのオッカケや、観劇プチ旅行などが楽しめるのも、独身貴族の醍醐味でありますね(笑)。
コメント (2)

名劇系11本

2007年07月01日 01時03分49秒 | 世界名作劇場(名劇)
昼間に仕事に出るようになってから、どうしてもCS等で放送中の名劇などは夜や休日にまとめて観ることになるのですが、先週は仕事が終わったらバタンキューが多く、気がつけば観ていない回がHDDにどんどん溜まってしまいました

休日だった6/30は、先週分を全て消化しました。そのため「ドラえもん」SPもアニメ夜話も、ゲームセンターCXも、いまだ手つかずです(汗)。次のお休みにまとめて観ます。

6/30に観たアニメのリスト

「アルプスの少女ハイジ」第28~29話
「ふしぎな島のフローネ」第35~37話
「あらいぐまラスカル」第20~23話
「若草物語ナンとジョー先生」第27話
「風の少女エミリー」第13話

いくら好きとは言っても、11本も連続して観るというのは、さすがにキツかったです(@▽@)5時間もかかりました…(汗)
コメント (2)

Twitter