みやしたの気まぐれblog

鉄道とか野球とか食べ物とかMacとか、日々の気まぐれ記録。更新も気まぐれ。

7/31-8/4 夏休みの九州旅行 その3「鹿児島中央へ行って路面電車としろくまを楽しむ」

2018-10-21 17:41:45 | 乗り鉄
7/31〜8/4に行ってきた夏季休暇旅行の続きです。

8/2になりまして、朝は宮崎駅からスタート。日豊本線を特急「きりしま」で鹿児島中央へ向かいます。
「きりしま」の車両も、「にちりん」同様に783系と787系の2種類がありますが、乗車した列車は787系でした。
せっかく九州に来ているからには、いろんな車両に乗りたいので、2種類を乗れるのは良いですね。


朝の宮崎駅


改札へ


乗車する「きりしま」までは時間があったので、しばらくホームで撮影する




817系の普通列車。独特の転換クロスシートですが、好きな近郊形車両です



こちらは日南線の普通列車のキハ47系





787系「ひゅうが」。延岡〜宮崎空港を走る短距離特急。「にちりん」の補完列車となっています




乗車する787系「きりしま」がやってきました






787系の車内。元は「つばめ」用車両だったようです




日豊本線から眺める桜島。上の方は雲がかかってました


鹿児島中央に到着


隣に817系が入っていました

鹿児島中央に到着したら、市電に乗ってぶらぶらします。
その後、昼食を天文館にある「天文館むじゃき」で頂きました。


鹿児島中央駅を出て右側のアーケードは工事中でビルが解体されていました。びっくり


市電に乗りに行こうとしたところ、ああ、新車だ!


最新型7500形「ユートラムⅢ」。アルナ車両リトルダンサーシリーズの最新型タイプXに該当し、車内をロングシートにしています


乗る前に発車されちゃったので、次の列車を待つ間に駅で撮影します



1962年製の古豪600形



1000形「ユートラム」の広告車。元は白と黄色ですが、広告の配色が意外と似合ってていて良いです


2両のみの少数派9700形が来たので、これで天文館へ向かいます


天文館で下車


反対側には1000形「ユートラム」。本来の塗装です

さて、天文館で降りたら昼食と名物「しろくま」を食べるために、アーケードを通り抜けて「天文館むじゃき」へ行きます。
何度も鹿児島中央には来てますが、実はこの店に来たのは初めてでした。




市販のアイスクリームにも「しろくま」がありますが、このお店のかき氷「しろくま」が元祖です


しろくまには実はたくさんの種類があるのです。レギュラーサイズは2人前に近いので、1人で食べるときはベビーサイズを食べます

1回の喫茶店は混んでいましたのと、食事メインでもあったので、2階の洋食店に案内されました。
B1が鉄板焼き、1階が喫茶店、2階が洋食店、3階が無くて4階が居酒屋の1つのビルがすべて「むじゃき」になっています。


食事にカツカレーを頼みました。白熊のベビーがセットになっています


こちらが白熊のベビー。ベビーと言っても、一般的な1人前かき氷以上です

食事を済ませた後は、天文館→鹿児島駅→郡元→鹿児島中央駅と市電を1周乗車しました。
時間的に谷山まで行っている余裕はかなったので、郡元折り返しになりました。



鹿児島駅前に到着


こちらがJRの鹿児島駅




1000形「ユートラム」がやってきて、入れ替わりに列車が2本発車して行きました


ちょっと鹿児島駅の方でトイレを借りて来たら、また車両が入れ替わっていました。右端は古豪の500形。507は1956年製です


かつて交通局前という電停が有り、そこには車庫があったのですけど、車庫は移転しました。ただ、引き込みの線路だけは残っていました


郡元電停まで9500形に乗車


到着した2120形で鹿児島中央へ向かいます


と、折り返し待ちの間に鹿児島駅で見た507が到着しました


鹿児島中央駅に戻り、再びJRに乗ります

この後は、熊本へ向けて回り道移動します。以下、次回。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 7/31-8/4 夏休みの九州旅行... | トップ | 7/31-8/4 夏休みの九州旅行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乗り鉄」カテゴリの最新記事