WESTWOOD -手作りビンボー暮らし-

持続可能な社会とは、必要なものはできる限り自分(達)で作る社会のことだ。衣食住なんでも自分で作れる人が偉いのだ。

ついに!(´;ω;`)

2020年10月14日 | 今日の出来事
孫の保育園でついにコロナ!!😫
園児、職員PCR検査。幸い孫も含めて全員、陰性だったとのこと。
でも当分休園になっちゃいました。
孫の親は共働きなので、有休、在宅勤務、ジイジの子守りなどなど組み合わせての調整にてんやわんや💦。今日はジイジ子守り。
園児約200人と、保育園にしては”マンモス”なので親御さんたちは大変だと思います。
なんだかんだ言って、身近なところでコロナは無かったので今一つ切迫感は無かったのですが、ついに…。やっぱり1人出ると大変だなあと実感。でも感染確認された園児と親御さんに責任はないし、責められない。保育園もそのことは分かっていて誰が感染したのかは極秘。
早くコロナを収束させてほしい。いろいろ議論はあったが、やっぱり検査は重要だと思う。1人出てから大騒ぎしても後の祭り。
コメント

本物まつたけのお吸い物と絶品鯖寿司

2020年10月08日 | まつたけ
雨の中、とある山でまったけ狩り。今日は良いカタのが採れました。


山へ向かう道中、御所市にあるスーパーオークワで売ってる「黒酢仕込み鯖寿司」が肉厚で超美味い。しかも698円!。鯖街道とやらのお高くとまった”ん千円”の鯖寿司なんかバカバカしくて食えまへん。永谷園じゃない、本物のまったけのお吸い物と組み合わせると絶品です。

コメント

半年ぶりの手づくり市

2020年10月04日 | 手づくり市

コロナ禍のため4月から休止されていた「小町手づくり市」が10月から再開されることになりました。
コロナも一時ほどでは無いにしても収束したわけでもなく、店舗数を減らし間隔を開けて飛沫防止のビニールシートにマスク必着という恐る恐るの”お試し”再開。半年もお休みだったので再開を知らないお客さんも多かったと思われ、来場者はまだ少なかったです。

私もこの夏、ついに古希を迎え体力の衰えを痛感させられます。40、50、60と10歳ごとの節目にもガクンガクンと衰えを感じたものでしたが、70の”ガクン”はさすがに一段と大きいです
私のお店の売りは山整備で出た自然木を活用した作品なのですが、山で木を伐るのもそれらを加工するのもだんだんしんどくなってきました。
以前は月1回の「小町手づくり市」の他にもあちこち(時には他府県も)出店していましたが、最近はそんな元気もなくなってきて「小町手づくり市」一本です。そろそろ引退かなあ!?

コメント

三脚イス

2020年10月01日 | 一日一作

三脚イスは脚の長さが少々狂っていてもガタつかず直立するので一見、簡単に作れそうですが(事実、とりあえず「ガタつかない」という意味では簡単に作れます)、丸い座板を作るのと不定形な自然木の脚を見栄え良くそろえるのはなかなか大変です。

コメント

まつたけ調査と防獣網設置(和歌山のとある山)

2020年09月29日 | まつたけ

まつたけ山復活させ隊でお借りしている和歌山県のとある山へ、まつたけ発生調査と防獣網設置に出かけてきました。
まだちょっと早かったのか、確認できたのは小さいつぼみのマツタケが4本のみでした。

コメント

月に雁、ウズラの卵、がんもどき

2020年09月22日 | おもしろ博物館
お山で見つけた石。
こういうの見つけると、なんか うれしい…。いいことあるかも?

コメント

やっとコロナから解禁

2020年09月22日 | 手づくり市

コロナ禍で4月から半年間、休止となっていた小町手づくり市が10月からようやく開催されることになりました。
商品を作らなければ!とりあえず定番のテーブル兼用ベンチを作りました。

コメント

中国産マツタケが豊作なのに日本には入ってこない!?

2020年09月07日 | まつたけ

日テレNEWSによると、中国では今年、長雨の影響でまつたけが豊作だそうです。なんと、まつたけがカゴに山盛り一山1.5㎏で6,300円!(日本産なら10万円前後)なのになぜか日本にはなかなか入ってこない。コロナの影響だとか。そして輸出に回らなくなったまつたけのおかげで中国では、一部産地以外ではなかったマツタケを食べる食文化が広がりつつあるのだという。ますます日本に回る分が少なくなる?いや、そんなことはない。コロナが収まれば、やっぱり高く売れる日本に回すだろう。
それにしてもこの報道動画を見ると、米中関係悪化だとか、中国の民主主義抑圧だとか関係なしに、中国でも庶民の世界は平和で豊かで楽しそう。一般庶民とはかけ離れたところで、庶民の迷惑も顧みず、勝手に仲たがいして、勝手に民主主義抑圧して、権力闘争に明け暮れる、まるで応仁の乱のころの京都の朝廷・公家と幕府・武家みたいな連中はいつの世にもいるものなんですね。そういえば、今日本でもさんざん国民に迷惑かけた末の総裁選だの党首選だの、あまりわれわれとは関係ないところで権力闘争の真っ最中

https://www.facebook.com/ntvnews24/videos/745709366162245/

コメント

500円のメスティン

2020年09月01日 | すぐれもの

今、ソロキャンプが流行っているらしいです。
で、1人分のご飯を炊くのに便利なメスティンというアルミ弁当箱のような簡易炊飯器が売られています。
某amazonで見るとだいたい1,500円~3,000円といったところ。
ところが、100均のダイソーで500円で売られています。まあ500円ならと、ダメもとで試してみました。
これが案外優れモノでした。

500円のメスティン

さすがに某amazonなどで売られているものに比べるとやや小ぶり。でも作りはしっかりしているし、フタもぴったり閉まります。縁のバリもちゃんと取ってあります。amazonの評価を見ると、安いものでは縁のバリが取ってない粗悪品もあるようです。日本語の取説も付いています。ただ、肝心な米や水の適量がどのくらいかの記載がないのは残念。で、米と水の量は日頃のご飯炊きから
勘で推量して試してみました。

米1合くらいは炊けそうですが、1食分なら0.5合でも十分なのでとりあえず0.5合でテスト。
メスティンに米0.5合入れると、ちょうどハンドルを留めてある3つのリベットのうち下のリベット(赤い逆三角の頂点)あたりまで入ります。水は0.5合より少し多めの100ml入れてみます。

米0.5合+水100ml入れると水面がだいたい三角リベットの上2つ下部あたりになります。
この状態で約15分置いてお米に吸水させます。

いつもキャンプなどで使っている携帯バーナーコンロで炊いてみます。
(この携帯バーナーコンロ、ガス缶をバーナーと離して取り付けられるし、点火装置や風防もついていて、こちらもなかなかの優れものです。今回はメスティンがテーマなので詳しくは触れませんが)

弱めの中火で炊くこと約15分、フタの隙間から湯気が上がり始めます。同時に少しおこげの匂いが漂ってきます。
取説には、「15分くらいすると吹きこぼれが出てくるので火を止める」と書かれていますが、全然吹きこぼれはありませんでした。0.5合の少量では吹きこぼれるほどでもないのかもしれません。まあ、その方がコンロも汚さなくて済むし、食後の後始末も楽なのでいいです。1合だと吹きこぼれがあるのかも。次の機会に試してみます。

火を止め、手袋をしてメスティンをひっくり返して10分ほど蒸らします。

炊きあがり。

少しおこげあり。キャンプ飯はこのくらいが一番美味しいです。

納豆ご飯にして食べてみました。普通に美味しかった。

このくらいのタイミングで火からおろせば焦げ付きも少しで水洗いだけで十分きれいになりました。
使い勝手もよく、後始末も簡単で予想した以上に優れモノでした。500円なら十分買いだと思います。

コメント

「まつたけ山復活させ隊」暑気払いの集い

2020年08月22日 | まつたけ

「まつたけ山復活させ隊」で暑気払いの集いが行われました。
2部ではカラオケ歌謡大会。ギター伴奏を担当しました。自粛自粛でイベントもなくなり、カラオケさえもままならない昨今、マスク着用、距離を取って、マイクは人が交替するごとにカバーを交換とコロナ対策。早く気兼ねなく楽しく歌える日が来ることを願っております。

歌謡大会の一部を下記でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=WfShgVdWDww

コメント