ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

吾輩は猫である

2020年01月03日 | 日記
 飼い主を厳しい目で見ているねこたち

ネットで本の検索をしていたら、夏目漱石の「吾輩は猫である」の本が無料で読めるとわかりました。
さっそくパソコンに取り込んで読みました。
むかし、読んだことがあると思ったのですが、ほとんど内容を憶えていませんでした。
さすが文豪の文章は一部のすきもなく、見事な物です。
読んでいるうちに、ネコがすごくえらいいきものに思えてきました。
漱石は、自分をネコとして、世評をしていますが、鋭い観察眼に驚きます。
まともに読むと、ネコがこんな事を考えるか・・・なんて思いますが、
ようするに漱石がネコになって、世の中や飼い主(人)を酷評?しているのです。
そして、鋭い観察眼で、飼い主の先生をやっつけているので、
飼い主(人)が滑稽に思えてきます。
まだ半分ぐらいしか読んでいませんが、おもしろいです。
ネコってほんとうにこう思っているのではないかと思ってきます。
ネコを見る目を文豪はもっていたのですね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 明けましておめでとうござい... | トップ | 大晦日の富士山と正月の青空 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事