万葉うたいびと風香®’s ブログ

万葉うたいびと風香®のブログです。

冬鳥

2019年02月13日 | 身近な野鳥たち
煮詰まってくるといそいそとバードウオッチングへ。

身近に暮らす冬鳥たちの様子。


ジョウビタキ。


愛称:斜め45°。ツグミ。毎日我が家のクロガネモチの見回りにやってくる。
ヒヨドリさんとかわるがわるモーニングにランチ!
ヒヨドリは人の気配を感じると鳴き飛んでいくのに対し、ツグミはさっと地上に降り木陰に身を寄せ気配が去るのを待つ。
それぞれの危機管理能力。





落ち葉のカードめくり中でないシロハラに会ったのは今年はじめて。意外にも不用心。とまり木を去ることなく、私の気配が消えるのを身じろがずにいる。
先に白旗上げたのは、、、私。
根負け。先に退散させて頂きます^ ^



近所の公園、ビンズイ。


はにゃ!?なにか!?


春近し。メジロ。


近所の公園も椿咲く。


綺麗とは決して言えない堰近くにもキセキレイ。水まで綺麗に見えてくる。こうして見るとお腹の黄色を除いては保護色なのね。



別個体のツグミ。野生美あふれる。



ノスリ。例年以上によく出会う。


親鳥?飛んで行ったと思ったら、、、、


背後の森に白い影。が、遠い。。。お子ちゃま?
うっ!限界。望遠レンズのグレードアップが課題。手持ちで軽いニコン用500〜600を物色中!




昨年春以降、下降線の一途を辿る喉の調子。

色々と手を尽くしているが、喉の持病もあり声帯の使いすぎも明らかに。
そして介護ストレスなど様々なストレスも要因になっていたようで、、、と、トリプルパンチです!

しかーし!
意志は強く新たな目標に向かって準備は着々と!
テーマがテーマだけに生半可ではとりかかれない。
そうした意味ではいいタイミング。
人生備えられるものだわ^^

最近取り寄せた文献は、ようやくストンと落ちるものがあった。
とはいってもまだまだこれから。

こんな時頼りになるのは奈良大学図書館。
あ〜特権!送本サービスがありがたい。
何より、大学図書館ランキング全国1位も誇る蔵書数!

それにしても、大和を知らなければ淡海国は理解できないし、また淡海国を知らずして大和が語れないことをいやというほどに教わっている。
今までご縁を頂いてきた地域も、こうした日の為に巡り逢ってきたよう。鳥肌ものだ。

自分が生きてる内にまたひとつ知らないことを教えてもらった。

「遠回りしていた道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。」(『道をひらく』by 松下幸之助)


額田王は何をみて感じ、何を万葉集に歌い込めたのか?

歌の背後にある史実を読み解くことによって、歌の本質、作者本人の真の思いに触れることができると信じて。

それはまさにいにしえびとたちからの贈り物。

万葉うたいびととしての喜びの頂点はいつもそこにある。

ワクワクしています。

ブログの更新も今まで以上に更に気まぐれになりそうです。
歌はしばらくお休みです。
コメント

蒲生野

2019年01月12日 | なごみ
天皇の、蒲生野に遊猟(みかり)したまひし時に、額田王の作れる歌

茜草指 武良前野逝 標野行 野守者不見哉 君之袖布流

あかねさす 紫野ゆき 標野ゆき
野守は見ずや 君が袖振る

額田王

ついに蒲生野へ。

近江鉄道 八日市線 平田駅下車。
そこは蒲生野ど真ん中。




心で思い描いていたより断然開けた平野だ。

きてよかった。

狩猟の場の空気感を感じて、次の目的地へ。


市辺駅下車。

駅にある看板。

おー!ここにも万葉への情熱を注いでみえる方たちがいらっしゃるのね。


船岡山遠望。



万葉の森 船岡山。

蒲生野方向を望む。


巨大レリーフが。


歌のままに。


頂上に万葉歌碑。



万葉歌植物園。



ひとつひとつ丁寧に歌が添えてある。
枯れてしまった木は再植してあるのも思いがじんじんと伝わってくるようだ。


1年経ってないのね、手書きが温かい。


これが看板の前にあったのだが、はたして紫草なのか、はたまた雑草なのか、、、。
思いは十分!記念にパチリ。


レリーフ前辺りから蒲生野方面を望む。

整備された万葉の森 船岡山からも蒲生野を堪能。

息してるだけで嬉しい。
病気だわ(笑)

淡海は想像以上に奥深い。
一歩ずつ積み重ねていくしか道はない、、、。

お越しの際は近江鉄道が熱いっ!










コメント (4)

鳥見初め

2019年01月10日 | なごみ
1月の季語、弾初、読初、、、ならば鳥見初めがあってもいい(笑)

ほんの一時間ほどだったが、冬の空の賑わい。


ノスリさま。いつもの電柱。今日はカワラヒワもお招き。







ミサゴ。


チョウゲンボウかな。。。(後日ハイタカと教えて頂きました!)



遠景には御嶽山。

青天に 雪の遠山 見えにけり
コメント (2)

新しき年

2019年01月03日 | なごみ
新しき 年の初めの 初春の 今日降る雪の いやしけ吉事

ゆるりと深くじっくりと万葉の時代に向き合う2019年にしたいと思っております。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。



越の国の郵便局で見つけました。
地域限定、2/2000をゲット!
歴女宛の手紙専用と決めております^ ^
早くも運を使い果たした、、、(笑)
コメント

夢の途中

2018年12月28日 | なごみ
残すところあと数日。

今年も思いをかけてくださって心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

今年は例年にない喉の不調が現在に至るまで続いており、結果は喘息の悪化が原因だとわかりました。
もともと上部咽頭アレルギーも持っており、ちょっとした気温の変化に喉だけでなく身体が敏感に反応してしまっているようです。
また春以降、喉とは別に体調を崩し、ご依頼頂いたコンサートはなんとか乗り切ったものの、最近ようやく体調を取り戻してきたところです。

そんな中で、長年思い描いていた淡路島、そして夢の途中でもある滋賀県 鏡山、蒲生野探訪ができたことは、人生の中でも大きな出来事でした。
念ずれば叶う、
まさに万葉の心が動いた平成最後の年となりました。

来年は未完成になっているレコーディングを進めつつ、、、と思っていますが、レコーディングはまさに声が命。
ちょっとした不調は隠しきれないことを過去に嫌という程実感。
歩みをゆるめて無理なく進めたいと思っています。

そしてなんといっても、夢の途中である新たな作品作り。
自身の枠を超えたものになるといいなあとまだ見えぬ作品に思い巡らせています。

今年1年もありがとうございました。
来年も皆様にとりまして更に良い年となりますように。



奈良 飛火野


万葉の森 船岡山より蒲生野方面を望む

コメント (2)

平成最後のお稽古

2018年12月26日 | なごみ
平成の世、いくつかの習い事。

それぞれ、プロフェッショナルの師に学べる幸せを改めて感じている。

楽典
一巡した机上の理論の展開形でピアノのお稽古に発展し、楽典理論を自作の楽曲でおさらい。ピアノプレイは未熟だが、先生におだてられながら人生最大ピアノに向き合っている。

二胡
D調、G調を経て、ようやくF調に。先生の奏でる旋律のようにはいかないが、簡単な練習曲は何とか曲らしくなってきた。しかし、相変わらず難しい!それでもいつかは自分の曲をと、密かな野望!?生きてる内に叶うのだろうか!?

着付け
万葉うたいびととなって、日本文化の良さを改めて実感。当初習い始めた先生の教室がなくなり、現在2人目の師に学んでいる。先生方それぞれに良さがあり学びの友たちにも恵まれ楽しんでいます。先生のおかげで万葉装束の着方が明らかに違ってきているのを実感できる自分が嬉しい!

俳句
お仲間たちに支えられて無事に1年が経過 !季語と万葉集の繋がりを季節ごとの出会いの中でひしひしと感じている。空前の俳句ブームと言われているが、波には乗らずあくまで心の発散としての俳句を静かに楽しんでいきたい!句会のみならず、先生の添削指導も受けている。赤ペンの一言一言が成長に繋がるといいが。

お習字
今年最後のお稽古となったお習字。普段は仮名ばかりだが、毎年最終日のお稽古は、小型条幅でいわゆる書き初め。
新たな年に向けて好きな言葉を書くのよ、と。
うーん。
選んだ言葉は「一陽来復」。
先生の頭の柔らかさに日々感謝。
あー、墨をたっぷりと含ませ、大胆に書けるのもいいなあ、、と、この時期がくると毎年今後の方向性に悩むが、やはり仮名を続けている。

継続は力なり。



さて、体調を崩しかなりお休みしていたバードウォッチング。
久しぶりに再開。
まずい、かなり鈍った。
ルリビタキを撮り逃がし、カシラダカの群れを散らす。


カシラダカ。


ジョウビタキ。



カワラヒワ



それでも変わらずあり続ける野鳥たちの営みをファインダー越しに見つめ安堵。

いつの世にも変わることのないもの。

時折荒波に飲まれそうになる自分を見つめ直せる時間。

鳥たちに学び、ぶれることなくありたい。


おまけ。淡路島にて。
コメント

鏡山と鏡神社

2018年12月24日 | なごみ
額田王。

日本書紀天武二年「天皇は初め鏡王の女、額田姫王を娶して十市皇女を生しませり」

少ない史料でその出自は今に至るまで明らかになっていない。

唯一動かない事実は鏡王の娘であることのみ。

ならばと、その鏡王のお膝元、滋賀県蒲生郡竜王町 鏡山付近を訪ねてきました。

未開の地です。


近江八幡駅からバスに乗り、、、のはずでしたが、乗り換え時間たった4分、バス停を探している間にバスは行ってしまった、、、。
どこの万葉故地にいってもよく思うのですが、どこかしこも地域の人たちの守り伝えようとする姿と、それを動線として外部に発信する姿が追いついていないようで、、、点としての地域目線でなく、外からの視点でのそこでしか得られない地域ナビが必要かと。

次のバスまでは1時間以上。
タクシーで移動。なんとドライバーさんは淡路島出身。
おー!
やっぱりなんか持ってるんじゃない、と言ったのは歴女の友。


鏡山。

遡れば、日本書紀垂仁三年三月の条に、「是を以て近江国鏡谷の陶人は則ち天日槍の従人なり」。

鏡山山麓一帯には、須恵、弓削などの字名がそのまま残る。


鏡神社。


国道沿い、右手のこんもりした森。


はためく旗の万葉の文字に友を得たよう。


主祭神は天日槍。説得力あるー!




境内はしんと静まり返って、エナガなど鳥の鳴き声が盛んに聞こえる。


日野川流域、鏡山山麓に位置するここは、蒲生野方面へ目をやると相当見晴らしがきく。

この日は行けなかったが、鏡山を超えると近江富士の異名を持つ三上山がある。
山をもって古代氏族に思い馳せるのもまた楽し。

鏡神社の真向かいにあるのが、、、


施設内の一角に歴史コーナーなる案内板。





ガラスに張り付く私に、なんだか背中に感じる視線が。
どこにいってもめげません(笑)


せっかくなので郷土色あるものを!
近江牛ハンバーグセット!

さすが、鏡の里!道の駅のレベルを超えている!

万葉の里、鏡村は想像以上に万葉の風そのものを感じることができました!

その後取り寄せた史料が届く!

お目当てのものは残念ながらすでに売り切れ。それでも。


ゴールは遠いが見据えてます!


クリスマス前に歴女からのプレゼントが届きました!

クリスマスハーバリウム!素敵!


こちらは名古屋駅グローバルゲートにデコレートされている大学時代の友人の作品。

素敵過ぎる!

友たちの活躍が嬉しい。
幸せは心で感じるもの。

メリークリスマス!
コメント

志段味古墳群

2018年12月22日 | なごみ
この度、かねてより友人からお誘い頂いていた志段味古墳群へ。

ナビゲーターは、その真っ只中でご活躍の知る人ぞ知るオリコーヒーオーナーさん。

お会いするのは今回が2回目。
古墳業界!?では知らない人がいない位とか^ ^
ご案内頂けるなんて、なんともありがたいことです!

もちろんオリコーヒーさんで待ち合わせ。
営業中なのに恐縮です。




コーヒー屋さんの駐車場に志段味古墳群の案内マップが。おー!
初めて志段味古墳群を訪ねた時にこの近くまで歩いていたところだわ!ニアミス!

因みに最寄駅は春日井市の高蔵寺駅、お店は名古屋市守山区、庄内川をはさんで右岸と左岸、志段味古墳群は名古屋市守山区、瀬戸市にまたがる!


古墳をかたどったモーニングが!
歴史の里って書いてある。
思わず吹き出しました^ ^

因みにモーニングは名古屋文化。
朝の決まった時間内ならコーヒーのお値段で基本のモーニングセットが、またプラスアルファお値段のせると豪華なモーニングが食べられるところが多いです。

閑話休題。

いよいよ徒歩でいざ出陣!
最近整備された、志段味大塚古墳。
見事に、復元されすぎて、いや違った、されております。
古墳時代中期、5世紀後半にあたる帆立貝式古墳。
付近には志段味古墳群ミュージアムを建設中。






刷毛目まで再現されている円筒埴輪は尾張型円筒埴輪。
副葬品には豊富な金属製品。

近畿中央の影響を受けて広がった埴輪製作技術が在地色を濃くしていき、独自性を強めていった、と以前読んだ文献に書いてあったのを思い出した。


庄内川左岸河岸段丘上、見晴らしがきき背後は尾張戸神社のある東谷山。

大塚古墳群には円墳二基も確認されているようで、地域首長連合の階層も容易に想像できる。


前方後円墳の白鳥塚古墳。埴輪はなし。古墳時代前期。



墳丘周囲には今も随所に石英が見られる。
往時墳丘頂上部は石英でびっしり覆われていたのを想像するだけでワクワクしてくる!


正面に見られるのが東谷山。


東谷山白鳥古墳。古墳時代後期。完全な形で残っています。
横穴式石室で内部に入る事が可能。
事前に許可が必要です!


半日の古墳巡りで古墳時代前期から後期までひとっ飛びで感じられたのもこの地域の魅力。
終了後は古墳前でミニ講義受講(笑)
白石太一郎先生でも盛り上がった!
それにしてもこの方、最新の学説まで取り入れての解説には恐れ入りました!

締めのランチは、、、もちろんオリコーヒーで!

オリコーヒー、プレートランチ!
コーヒーはビッグカップ、飲みごたえありました!

好奇心、探究心旺盛な彼女と食事をしながらの会話、

知らないことを教えて頂けることが楽しいねっ!

オリコーヒーさんには様々な分野で活躍されている方が集まっていらっしゃるようで、この日も私達に異業種でご活躍されている女性達を引き合わせて下さった。

気心知れた友のお誘いは、古代の年魚市、ひいては尾張氏と大和政権との繋がりを充分に感じさせてくれたひとときとなりました。

ありがとうございます^ ^
コメント (2)

淡路島

2018年12月17日 | なごみ
淡路の 野島の崎の 浜風に
妹が結びし 紐吹き返す

万葉集巻3ー251 柿本人麻呂

私にとって、夢の淡路島。




神の渡り、、、明石海峡!





この日はJRの事故で電車が大幅に遅れ、残念ながら野島までは辿りつけなかった。

が。

災い転じて福となす!

船の中で出会った淡路島在住の方たちが島内にバスが走っていることを教えてくれた上、野島にもバス停があるという。下船後ご親切にも時刻表をもらえる場所まで教えて下さった。

グーグル検索も真っ青(^^)

そして盛り上がった会話の中で万葉を彷彿させるお話が。

この方、毎朝午前1時起き。
洗濯を干し、出かける頃には洗濯物が乾いているという。

思わず、「浜風〜!」と叫んだ私に

「そう、浜風よ」と。

その一言が心にぐんぐん沁みる。

人麻呂の感じた淡路の浜風はどんな風だったのだろう。

思い巡らして10年位になるだろうか。



ようやくその風を感じることができた。

次回こそは野島へ。

知りたいという思いだけが心と身体を動かせる。
コメント (2)

土の人 風の人

2018年12月06日 | なごみ
習い事の忘年会の席。

会は年上の方ばかり。

習う姿勢以外に、生き方も教えて頂ける。

「人間は2種類に分別できて、それは土の人、風の人だよ」と。

無知な私の琴線に触れた。

考えてみれば古代からそうだ。

縄文人と弥生人。

やがてそれは土着人と渡来系氏族となる。

風の人は土の人に新たな息吹を吹き込み、土の人は風の人に土着の生命を吹き込む。

共存。

万葉うたいびと風香。

明日香風への憧れから風になりたいと名付けた由縁はこんな根源があったんだな。
難しいと思える民俗学の世界がたった二言に凝縮されていた。


久しぶりの年魚市潟。
NTTタワー左手のこんもりしたところが尾張氏と関係の深い断夫山古墳。
古代の年魚市は隣接する熱田神宮の先から海となる。

海側からみると、巨大古墳に熱田神宮、氏寺の尾張元興寺の塔がそびえ立つ。

目の前に広がるビル群を心で焼き尽くす、どの土地の風になっても、この時間が1番好き。幸せは心で感じるもの、って最近読んだ本に書いてあったな。


名古屋駅界隈には立派なクリスマスツリーが見られるが、こちらは名古屋都市センター11Fフロアにあった和紙で作られていたランプシェード。素敵。


名前が素敵なパン屋さん。

椿ベーカリーさん。

椿の花言葉、控えめな美しさ、、、に惹かれて命名したそう。


ソフトフランス。キメが細かくなんて優しいお味と食感!
その他のパンも全て優しさが伝わってくるよう。


頂いた花梨が熟れてきたのでいよいよお茶作り。
種を綺麗に取り除いて、


天日干し。

仕上げはレンジでカリカリに。

ストレートだと飲みづらいので、紅茶をティーポットに作り、そこにひとつかみ。
酸味と風味が加わって喉に優しい!



庭の山茶花、見頃です^ ^

コメント