竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

いかり肩みななで肩に山笑ふ

2016-02-20 | 
いかり肩みななで肩に山笑ふ



山の雪もなくなると

厳しかった表情は消えて

山は一斉に芽吹いている

ものの芽といって

植物の芽だけではなく

生けるものすべての芽が萌える時期説である

すべての山は丸もを帯びたなで肩だ
コメント