玄徳道

道を語るブログです。

令和四年七月 三六九神示。

2022-07-31 00:11:00 | 神示道
七月七日は豊(十四)受大神にも、龍宮にも縁り深き日であるぞ。

昭和五十二年六月二十七日、丹波小多利の小富士山神社で、七年間開けてはならぬと玉手箱に封をさせたぞよ。

それから七年経ちた昭和五十九年、修聖には、但馬豊岡から十八年ぶりに丹後へ帰る事となり、その導きは、小富士山の木花開耶姫でありたぞよ。

そしてその年七夕の七月七日午後七時より、玉手箱開きの神事に仕えさせたのが龍華館の七夕祭の始まりであり、この年で三十九回目の七夕の祭りさせたぞよ。

昭和五十九年七月七日龍宮玉手箱開きの神事は、それより世の元の天橋立真名井原籠宮を世に出す道の開きの始めとなりたのであるぞ。

修聖には昭和四十一年神事の道に入らせ、様々の五用に仕えさせてまいりたのは、その為でありたぞよ。

目に見えぬ神界の四九三は始め雛型で現しそれより実地の事と現れるのであるぞよ。

明けて昭和六十六月六日には真の天照皇大神を祭祀(まつら)せて、三六九の世の近まいりた事を示したぞよ。

昭和五十二年は奇しき年であって、その年六月二十一日(旧五月五日).大本金龍海の神業の折、出口直殿、龍宮乙姫の姿で現れ、一巻の筆先を修聖に渡したが、その証しと、その年八月豊岡伏の白髭すえ殿、直筆の筆先を豊岡、光の道へ持ち来たりたぞよ。

(注 光の道=兵庫県豊岡市の宗教法人。修聖昭和四十一年十一月、二十三歳の時から奉仕する。)

その筆先には「りゆう九んのおとひめ ひのでのかみとあらわれる せかいのとどめのことであるぞよ」記してあり、この筆先の神意を実らすのが龍華館の役目であったのであるぞ。

五十九年七月七日、龍宮の玉手箱開きの神事以来、神業は進み、平成の世となり真名井原籠宮の整備も因縁の御魂等の奉仕で進みて真名井神社の建替、正殿遷座の祭りもなされ、平成三十一年(令和元年)籠宮の大神輿六十年ぶりに出御の仕組みもなりて、いよいよ天照国照日の出の神の御現れの四九三が成りたのであるぞ。

(注 天照国照神は日の出の神であり、龍宮乙姫は瀬織津姫の神でもある。)

その頃より世界に新型コロナが蔓延し始め、コロナとは太陽の光冠であるから、日の出の神の出現と関係があるぞよ。

神が世に現れたら、すぐ良い事が起こると思うのが人間であるが、神が表に出る程、浄めは激しくなり、思いがけぬ事も起こり、それによって体主霊従と化しておる人民の改心を迫るのであるぞ。

人民知恵学に思い上がり好き放題の言動を重ねておれば、世は行きづまりてしまう故であるぞ。

未だに戦争をいたし殺し合い国取合戦を致しておる哀れな姿であるぞ。

皆皆助け合いの精神となれば世界は未だ未だ善くなりて地上天国、三六九の世となるのであるが天地の恵みは、むさぼりながら感謝をなさず、生命の元の神ある事を忘れ、我が身や我が国を守らむために、人類滅亡の元のなる核兵器にしがみつき威嚇しあっておる世界の様は、真におろかな事であるぞよ。

今世界は米中ロの三つ巴の覇権争いの大渦が巻き、日本もその狭間で渦に巻かれた船の如き有様であるが、国の頭もしっかりといたさねば、調子の良い事ばかり言っておると、まさに渦に巻き込まれ思いがけぬ事も起こるぞよ。

先の大戦で大きな犠牲をはらい、もう二度と戦争はせぬと神に誓いし日本であるぞ。

その事忘れては、渦に巻かれ大国の属国にされてしまうぞよ。

龍宮の乙姫と日の出の神とつれそりて現れるという真意をしかと覚り世界平和の要と立つ覚悟をいたさねばならぬ日本国であるぞよ。

(注 日の出の神、龍宮乙姫つれそりて現れるのは男島女島の仕組みであり、世界平和の要である、日本の神命の覚醒にある。)

陰謀策謀に振り回される事無く大義名分の真実に目を開かねばならぬぞよ。

満天の星の中、北天に輝く北極星、北辰の神界は人類に狂わぬ神理の道を伝えんと働いておるぞよ。

さあ・・・・・今世界は伸るか反るかの大阪にかかりておるのじゃぞ。

それぞれの御魂の使命や職業の果たしに、はげみつつ、その中に人類利己主義、体主霊従の道を改めねばならぬ時に到りた事を、しっかりと覚らねばならぬぞよ。

核兵器にしがみつきて我が身我が国守らんとするような、おろかさが、人類の滅亡の道となる事に早く気づけと時鳥(ほととぎす)血をはく思いで人類の行く末を案じさえずりてあるのじゃぞ。

荒れる世界に和の尊さへの良き鏡を示さねばならぬ、ぐるりと龍宮界が守り、東方の日の出の国の日本であるぞ。

くどく、くどく申してある事、おろそかにいたしておると、足下から鳥が立ち腰をぬかさねばならぬぞよ。

我が身の倖せを願うなら、人の倖せを祈るべし。

利己主義の強い者勝ちの世は、次第に崩れてゆくのじゃぞ。

人を多く殺せば勝ちの戦争は、もうやめねばならぬぞよ。

赤き辰も赤き鬼も、もう夜では無い、日の出の世、昼の世であるから陰に隠れて悪事は出来ぬぞよ。

水火土(しほつち)の翁が取り次ぐこの神示良く聞けよ。

七月七日には、福島弁天も祀らせたぞ。

神戸の地震、東北の地震、福島原発の損壊…。

新しき世の始まりの氣づけじゃぞ。

さあドンドン鳴りひびく時告げの大太鼓、御魂の耳で、しかと聞き、真言誠(まこと)の道を歩むべし。

言霊神也 ン。

令和四年七月八日

天橋道士龍華斎 修聖拝写。



コメント (5)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 令和四年七月八日 小長谷修... | トップ | 神社参拝道3 »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ryokumouzoku)
2022-08-08 08:56:14
いつも、誠にお忙しい中、ご神事を御記事賜り誠に有り難う御座います。
素晴らしいお言葉に心臓の鼓動が呼応する気が致します。
大和魂の役目に一役チリの如くでも構わないので、お役に立ちたい気持ちで一杯です。
私は偉大な神を筆頭に、瀬織津姫さま、コロナをおこしてらっしゃる神様、この三神が大好きです。
お言葉が聞けるだけで本当に有難いです。
鬼雷さん、心より感謝申し上げます。
お身足大事にされ、少しでもお腹がへこむよう応援しております。🙏🙇‍♂️
私は3年かけて体質改善をさせて頂きました。周りの協力あっての賜物です。
いつも有難う御座います🙏🙌
Unknown (鬼雷)
2022-08-08 20:19:02
@ryokumouzoku こんばんはです。三六九神示の修聖さんは、光の教会で、神を取り継ぐ、大事な要職につかれておられましたが、謀反が起きて、修聖さんと取り巻き達全てが、いきなり追い出されてしまいました。修聖さんは丹後に帰り、飯を食べる為に、大工や左官を職業として、働きました。現在住まれておられる、住家や龍華館などは、自分たちで建てられたと仰っておりました。また、光の教会では、天狗になっていたと、反省もしておりました。いずれにせよ、丹後に戻り、真名井神社の御神霊との天命神通がありてこその、三六九神示であると考えます。

ryokumouzokuさん、いつもコメントをくださりありがとうございます。
ランニングでは、自分の脂肪の揺れが無くなりました。当分はお酒は飲まないようにします。飲まない方が身体の調子が大変良いですね。
Unknown (ryokumouzoku)
2022-08-08 21:39:46
皆それぞれ計り知れないご苦労がありますよね。有難き幸せと取れるか、気づかぬかも人それぞれ。
しかし、他の気持ちをどれだけ自分なりに理解出来るか?そして少しでも役に立てるか?そこが、生きがいです。
私は頂いた言葉の積み重ねを胸に感謝と共に生きたいと、思います。
鬼雷さんの生きがいは当面、お腹とお酒との戦い✨🙌🙏🙏🙇‍♂️ですね。
いつも、素晴らしい御記事、コメント、誠に有り難う御座います。
見えるもの言葉に惑わされない真意を探求する真心を鍛えたいと思います。
鬼雷さんも、頑張って下さい。
ありがとうございます。
Unknown (雷音寺)
2022-08-27 21:13:07
お疲れ様です。
4月に天橋立で一泊二日の神拝行。
個人も社会も岩戸開きには錠あれば必ず鍵ありとの信念です。
宿の温泉で、北斗七星を正面に見る事になり、そのうち一つの星が日の出神の座である事を思い出し一つのヒントを得ました。感謝。
Unknown (鬼雷)
2022-08-30 10:20:46
雷音寺さん。おはよう御座います。

天橋立で旅行とは素晴らしいですね。善き神業をされた事も考えます。

星々とは神々にとって正に元宮であるかと考えます。

コメントありがとうございます。

コメントを投稿