玄徳道

道を語るブログです。

運霊。日の出道。

2021-04-12 19:46:00 | 宗教
出口日出麿が叫ぶ。「まず、純真の自己にかえれ。

まじりけのない自分のみに戻れ。」


人とは、人に左右される存在。簡単に自己の本源に戻れない。

それほど、人種は昏迷している。、

文明とは誇りと傲り。物資世界と人為的宗教が交わり、そして、魂なる本源を消費する。


「他人が、笑うかも知れん。と。くらい気にして、いつも、クヨクヨ思うままをなし得ないことではならぬ。他人に迷惑をかけることは良くないが、さもない場合、バカげた理由の為に自己を殺している人々は近頃ずいぶん多い。

なんでもないことを独り気をもんだり、遠慮したりしていては、まるで、この世へなんのために生まれさせられたのか分からなくなる。

各自異なった使命をもって生まれているのであるから、各自全力をあげて、良い意味の自己完成をなしたら、それで神も、ご満足、当人の使命をはずかしめなかったというものだ。」


人とは独りでは生きていけない。

故に社会を形成し、相互互譲なる道が生まれる。

助け合い、人を羨み妬み、毀誉褒貶するが、人類の歴史でもある。

この人類の歴史に於いて、自己の使命、役割を覚る人は非情に少ないのである。

出口日出麿さんを初めて知ったのは、大本教による出版、「神仙の人、出口日出麿」です。

今から三十年前、当時、高校生であった、私は、目から鱗が飛び散るほど、感激感動し、読みました。

多く観

良く観

多く聞き

良く聞き

多くかぎ

よくかぎ

多く味わい

よく味わい

多く触れ

よく触れ

多く思い

よく思い

もって悟るよりほかに手はない。



幼少より発達障害者である私は、詞に感動しないが、この詞を然りと感涙した記憶があります。ははは。今から、三十年前も前の話し。

出口日出麿さんは、吾が師、至聖先天老祖より、笹目秀和さんと同じく、特命なる道名を賜り、「運霊」とされる。

霊を普遍に運行されるの意。霊とは一般の人の考える幽霊の霊とは別物の意味であり
、漢語辞典を開けば、神の体を表すなり。

ワールドメイトの深見東洲氏は出口日出麿さんと、面会したことが在るらしい。彼の師の独りであった、根本宏、道名は、誠乾師から、聞きました。深見氏は、日出麿さんは神仙であると述べられていたとか。

「老祖訓。…………………運霊(出口日出麿)を派して大和中央主院の責任宣霊統掌と為す。即日、職に就くべし。…………各々知りて遵え。

運霊の生まれは由って来る所あり。尋仁(出口王仁三郎)を継いで大同の法要を世界に如く者である。汝の負う責任は甚だ重大である。然も、尋仁は基を固むる時代を為し、汝は展開の時期を為す。

基を固むるは、固むるは、困難であると言えども、その実は至って容易である。展進は容易であると言えども、その実は困難である。何故ならば、基を固むる時は堅忍して信じ守れば、宜しいのであるけれども、開展に至ってはこれと大いに異なる。

必ず、時代の潮流にしたがって人心の趨勢(なりゆき)に合し、道の自然を以て人心についてこれを正し、道の平易を以て人心について、これを導く、しかる後に、世界大同の真境が出現し得るのである。

若しそうならなかったならば、我の唱える所を以て、世界宗教を統一し得るであろうか。時代は、既に同じからず。宗教また、背くものと従うもの有り。人心も並に反対するものと賛成するもの有り。

これを大にして、包まざるなき、中道を以て、世界各教の宗(とうと)ぶ、所を集めて、研究するのでなければ、宗教門徒の見解と道徳境域の区別を化(みちび)き除くことは出来ないのものである。
これ、大道が仏教と和し、回教(イスラム)と和し、道教と和し、耶蘇教(キリスト)と和し、儒教と和して、共にその精微なる奥義を参解(りかい)し、以て世界人類の互愛、互善、大同和楽の本と為す所以である。

汝は既に道運を継承し、ここに霊化を宣揚する以上、必ず、まさに眼光を四海に放って、以て大同の妙機を悟り、知恵を人類に着(あた)えて、大道の玄諦を悟るべきである。運霊、つぶさに之を悟るを可(よし)とするのみ。」

吾が師は、日出麿さんにかなり期待をされておられました。

しかし残念ながら、第二次大本弾圧により、精神が狂うほどの拷問を請けられた。

何とか出口日出麿さんに復活して頂きたいと考える人は、香港のフーチの壇で治す方法を呈判したらしいのですが、運霊は、既に正気を喪っており、云々と根本誠乾さんから、聞いたことがあります。

ある人は神仙の世界に入っておられる。

片方は、もはや、正気を失っておられる。


ここで私は思考する。人間にとって、本質は、身魂。魂と肉体があり、初めて神人合一する。

魂と肉体の使命を遂げて完成する。

故に出口王仁三郎聖師は、人を殺すなよ。殺すなら、殺されよと。

おそらく、人を殺す事は、途方もない、カルマを背負わせられる。

当然に自分殺しも同様である。

殺されるだけならば、神はその四魂を救うなり。






無邪気なる子供ごころに神さまとおすがり申すが宜しかりけり。

神さまのあることだけが分かりたら安心立命はできるなりけり。

吾(わが)ための吾にあらで神さまの心のままの吾にてありけり。



真に神を信ずる者は、真に神を相手としてのみ行動している。ゆえに、どんな場合にでも、感謝があり、希望があり、安心がある。

しかるに、神を信ぜざる者は、つねに自己の利害を基本としてのみ行動している。ゆえに、おうおうつまずき、焦慮し、絶望する。

世に神を信ずると称している人々は多いが、真に神を信じている人は少ない。


私は毎日神さまのことで頭が一杯だ

世間の人が聞いたらフフンと笑うだろう

神さまより外に頼るべきものはないと

いよいよますます思うてやまない

神さまは私には在る

見える

聞こえる

感じるのだ

昔の私には神さまはなかった

見えず

聞こえず

感じなかった。


bye出口日出麿。




























































































































































































コメント

住吉、大海道。

2021-04-07 20:35:00 | 神社道


私は、東北岩手県、陸前高田の出身である。母の実家でもある。

東北大震災により、かつての故郷は、一度、塗炭となった。私はその地から、産まれた。

私にも、かつて、実父があり、東京に住んでいたらしい。賭け事が好む癖があり、会社の金を持って逃げた。当時、わたしには姉があり、母は私を孕っていた。

我が母は、一種の烈女であり、父を愛しつつ、蒸発した為に、故郷なる岩手県陸前高田市に帰り、出産に控えた。当時、母のストレスから私は逆子となったようだ。親類から、堕ろせと言われながら、私を産んだ。逆子は治まったが、破水し、難産であったが故、わたしは頭を鉗子に挟まれて参道を引っ張られ、生まれた。

頭頂が盛り上がった。

私は、父の優しさを知る。幼き記憶がある。父が大好き。母はいつも癇癪を起こしていた分に余計。

けど、つまらん人間である。賭け事につまづいておる。

私は、その賭け事の因果を払拭すべく、賭け事は、しない。次の世代へ因果を無くすためにも。いや、それ以前に賭け事を憎むなり。賭け事とは、人を幸せにしない、人間の利器である。

私は、正道、正業にて、金銭を頂くのが嬉しい。
当然に、宝くじ等は買わない。

後、蒸発した父を母は探しだす。そして、私が幼稚園の時に再度蒸発する。そして、二十幾数年を越えた時に自殺した父とまみえる。飛び降り自殺なり。父が落ちた衝撃と痛みは、わたしが治める。四魂は、バラバラとなり地獄に堕ちる。朽ちる魂を私は食べる。(昇華す。)

なんのかんのと、私には神との出逢いがある。

仙台市にある、大崎八幡宮。当時、高校生の時、日参した。私は、発達障害者にて、人と交えられない、独自の思想があり、当時は、コスモメイトの深見青山さんに、心酔していました。しかし、ここの神は、私が独自で審神し、感合していた。



その私が、何かの縁にて、大阪に就職した。

私は、就職活動する前に住吉大社にお参りした。

住吉大社との奇縁。その不可思議の気持ちの良さ。

就職活動し、二つの会社にしぼられた。

その時、朝夢を見た。

首の取れた、魚が現れ、その後に、小さな金魚が現れた。

私は、愚かな心にて、後の会社に就職した。百貨店での仕事。

この就職で私は、私の心を安らげてくださる女性と出会った。

今は左官職人ですが。

 

昔、私は住吉大社で、おみくじを引く。八割が、凶となる。

今でこそ、おみくじの吉凶にも、囚われない、迷いない、不動心となっているが、(もはや、ひくことも無い。)当時は、何年も何年も凶ばかりだから、かなり凹みましたよ。

たかが、おみくじ、されどおみくじ、いつも自省しておりました。

それでも当時、住吉大社は、吾が神父であり、大好きでした。
ちなみに当時、吾が神母は、西宮神社であり、神社を守護される眷族神(亀龍)により、優しく慰められておりました。

ある、宗教団体では、住吉大神とは、白龍神であるとされる。

確かに住吉老人は、白龍と顕現されると、わたしは感じる。

今の住吉大社の境内の近くには、海がありませんが、はるか昔は、海辺に面しておりました。海神住吉大神。

そして。海の神として、塩土之翁なる神が存在する。

宮城県の塩竈神社の主宰神である。

この、塩土之翁は、古事記に存在し、山彦、海彦物語に記されており、三六九神示の小長谷修聖氏の導きの神であるとワタシは思う。

さて、塩土之翁とは、南極老人である。

知らん人は知らない。知っている人は知っている神。

南極老人とは、仕組みの神。

そして対極の北極老人とは、至聖先天老祖。エホバ、天之御中主とされる、思想もあるが、どうでもよい。

神とは拝み、拝し奉るだけの存在にあらず。

神とは、吾、私、我、貴方、天地の万物、悪魔すらも、道玄すべき存在。

この地球の大海原も同様なり。

人間とは神に感謝すれば、全て無事、治ると考えておられる人もいるが、神には、「我を拝み拝し奉れ、供物を備えて、かしこまれ、神に逆らうな、我のみを尊べ、感謝せよ、神に生かされる人間にはそれしかない。」なんて、低級霊のような、感化は、断じてない。

神の思考を考えるなよ、人間よ。

自己の心を燃焼し、精一杯生きてこその、神仕組み。

そこは、信仰よりも、己の魂の顕現、を己の神を進言、真言させる。これこそが、神撚り。神が喜び発露する。

神に供物もおべっかも無用なり。



扨て、住吉大社とは、未だに、神気が湧く珍しき土地の神社。

その摂社に、大海神社があり、そこには、潮滿珠があるとされる、井戸がある。

私は、この井戸の海水のような、御神水にて、私の友なる、磐笛達を清め沐浴させる。


この大海神社の御際神は、諸々の由緒があるが、大海原を総べる白濁の白龍であり、日の本の経綸を司る、潮土之翁なる老神なのである。のかも知れない。

潮み滿ちさせる。珠。潮を引かせる珠。

地球に住まう学ある人間ならば、海の滿ち潮引き潮などは、地球の自転と月の引力による相力であると知れよう。

されど、この運動こそ、地球の生命力の当体でもある。


ああ、私が大海神社にて賜った、穴が貫通した磐笛を載せている。

これは、愚かな私に神が憐れんでくださり、神の真現を明かしてくださった証である。

コメント (5)

妙見道

2021-03-27 18:53:00 | 神業道



妙見菩薩とは、善悪や真理をよく見通す存在とされる。しかし、この妙見菩薩の真髄は、神呪(神咒)にある。


「吾れ、北辰菩薩にして称し、妙見と顕現す。神(秘)
 呪を説いて諸所の界を守護せんとす。」

吾が師。至聖先天老祖も北極神界の主宰神などと、述べる霊覚者もおられ、妙見菩薩と混同される向きもあるが、五十歩百歩であると考えます。

確かに吾が師は、数多の経や神咒を降ろされておりますが。

扨て。

私は、この関西の小松神社なる、星田妙見宮には御縁があるようで、何に数回、参拝します。何故ならば、此処も磐座信仰の聖地でもあるからです。








伝承に寄れば、弘法大師空海により、開かれた、妙見山とされており、星田妙見宮経典にも、空海が高野山を開かれた後に再び、この妙見山に登り、隕石の跡と、霊石を発見し、北辰妙見菩薩の霊岳(学)、神仙の秘宝、諸天善神回向の名山とし、権請したとされております。


空海とはこの世に不出現の天才である。

当時、伝教大師最澄が、大和朝廷の権限を持って、唐に渡り、その大金と権威を持って天台山に登り受法された。そして、空海より先に、日本へ初めて密教(雑密)を発表した。

しかし、空海は、ほぼ独自の財産にて、唐に渡り、独力により、滞在した。当然に留学僧として、遣唐使の船に乗せてはもらっていたが。

空海はたちまちその才により、唐の長安で有名となった。

密教の発祥はインドである。
二つの密教が古代インドに於いて発展した。
金剛経系と大日経系である。
同じ密教であるが、バラバラであった。

これが、中華で一つとなった。

両儀の秘儀を受けた、空海の師となる、恵果の存在である。

恵果は、インド僧不空三蔵の金剛頂経系の密を伝承し、更にインド僧善無畏の弟子、新羅人玄超の大日経系の密すらも、伝承された存在であった。

青龍寺、恵果から空海は求められた。。。

唯一の両伝の相伝者となった、青龍寺の恵果は、恵果の中華の弟子に誰一人として、継承させなかった、両部密教の真髄を空海、ただ、一人に伝承させたのである。

当時。伝承はタダではない。莫大な金銭がかかる。特に密教には法具が存在し、それらを受け入れねばならない。最澄はそれを国家予算で賄った。
空海は、一留学僧。その彼は、魔法のように、金銭を集め、独自の経済でそれを賄ったのである。

帰国後の空海は多忙であったであろう。膨大な量の経典の集積及び翻訳及び。統合。宝具の調整。製造。弟子の育成。国家密教としての階段。寺社建立による、寄付等や財政。寺社仏の建設と設計。宗教間による、政争。天皇に対する庇護と教政。


伝教最澄も自分が仕入れた密教が本物ではないと気づき、空海に教えを乞うが、空海の密教は体得にあり、最澄の経典寄りによる(筆授)思考と対立し、断絶する。

兎も角、天才、空海とは多忙の代名詞であったであろう。多くの昔話しや、伝承が弘法大師として、残されているが、多くは高野聖によるものと、私は考えます。






此処で経を誦し、咒を揚げ、磐笛をひたすら、吹く。

関西では、割と有名ですが、他の参拝者とごった返すこたがありません。

此処も、一つの、龍仙峡であるようです。






コメント

令和三年三月八日示。小長谷修聖霊視篇

2021-03-19 18:46:00 | 神示道
愛知県、三河の一宮砥鹿神社の神体山(本宮山)が拝され、山頂に大きな鉾を持たれた、国常立尊が立たれ、国見をされていました。(注 私が始めて、三河へ入ったのは、昭和四十七年十二月四日の事であり、その折、始めに気になったのは、三河富士と称される村積山であった。天火明命や木花咲耶媛命の氣を感じる山であり、村積神社が祭られている。本宮山は三河一宮砥鹿神社の神体山であり、奥社と荒八八きの神[アラハバキ]を祀る磐座も祀られている。大本の筆先に美濃尾張の仕組みと言う事が記されてあり、戦国の世から太平の江戸時代への替わり目、美濃から、斉藤道三、明智光秀が現れ、尾張から織田信長、豊臣秀吉が現れるが最後、天下統一を計るのは、三河の徳川家康[松平]であった。三河の猿蟹合戦を国の姿に見せる国であり、是はアメリカ[猿]と蟹[日本]の争いの御伽噺であるが、国常立大神が世界を治める上で、大事な仕組みを、秘めた三河国である事を示されたのであろう。近江の方々によって三月七日本宮山参拝が行われる。)


次に尾形光琳の紅白梅屏風が見え、これが消えると、紅白の梅が咲きほこる中に美しい川が曲がりくねって流れる曲水の宴の出来るような広い庭園が、見え、不思議に、各所に、孔子、釈迦、キリスト、マホメットや日本の宗教の教祖と思える方が川の流れを見ておられ、最後の方に出口聖師の姿も見えました。(注 川の流れは三千年の時代の流れであり、各時代に現れた教祖開祖が時代の流れを見ておられ、命々、三千世界に梅の花咲く。艮金神の世になった事を見せられたのであろう。)

コメント

令和三年三月 三六九神示。

2021-03-17 19:33:00 | 神示道
令和の世は霊和の世と申してあるぞよ。

三千年の体主霊従の世が霊主体従の世へ替わる大節となったのであるぞよ。

世の元の艮の金神国常立大神、丹後の女島(沓島)に隠棲して三千年。

明治二十五年、丹波の出口直殿の手を借りて、お筆先を現すまで悪神邪神の如く言われ、言うに言われぬ苦労いたしたが龍宮の乙姫の助けを得て、陰から現の世を守りて、炒り豆に花の咲くまで待ったのであるぞよ。

三千年の間、現の世は思凝霊により、体主霊従の世となり、神は下敷きに、何よりも物金が先に立ち、悪事も金の力で隠せたり、金の切れ目が縁の切れ目と言うような世となり果てたが、物の栄えが中心でありたから、科学は発達し、人民は穴倉暮らしから、金殿玉楼に住まう様な、結構な暮らしの出来る世となりたが、このまま、栄耀栄華の暮らしを続けてゆけば、人の世は滅びてしまうぞよと、くどいほど申して来たのであるぞ…。

この三千年は強い者勝ちの世。

物金を持つ、一部の者等に世界人類振り回され、嘘偽りの事を無理やり信じさせ、従われて来たのであるぞよ。

三千世界一度に開く梅(埋め)の花。

いり豆に花咲く世となり、再び、艮の金神が三千世界を構う世となり、日の出の神、龍宮の乙姫もつれそうて、御出坐しの世となりたのであるぞ。

これまでには、思凝霊が陰にかくれて、利己主義の、人民を使い、悪事を重ねてまいりたが、艮の金神、言の世の閻魔と、現れて睨みをきかし、見抜き見とうしの、水晶の世を開くのであるから、善も悪もありやかに、人民にみせる世と段々と変わりてまいるぞよ。


扨ても。

令和の世は三千年の体主霊従(からたま)の世から霊主体従(ひのもと)の世へと替わる、大節と、めぐりたのであり、その時は、西暦2020年
禊の数、ニニ(ふじ)の年。

令和二年子の年でありたぞよ。

令和二年から新形コロナウイルスの感染が世界に蔓延し始めたのも、その証でありたぞよ。

トントン拍子で来た世界も一休みとなりたであろうがな。

科学万能と思い上がりておりた人類も、目に見えぬコロナウイルスの為、振り回されたのであるぞ。

人類の思い上がりに氣づきた者は上々であれど、コロナ禍で錯乱する世の中を利用して金儲けいたすような者も現れるから、すぐ様世が治る事は無く、一たん世の中、掻き混ぜられ、泥海の如くにもなるぞよ。

その中に段々神理の判る、御魂の者が輝きて、世を立て直すのであるぞ。

嘘偽りの言葉で塗り固め、人類な目をふさぎ、悪事を重ね、何でも金で自在になるような世の中にした者等も、そろそろと、悪事が露見いたしておるが、未だ未だ、上面の事で、世の裏の真相が判りたら、皆、腰をぬかし、あいた口がふさがらぬぞよ。

世の改めもまだまだ。序の口であるぞよ。

これまでは、正直が馬鹿見る世でありたが、これからは、神が表に現れて正直の頭に神宿る世といたすのであるから、神が申してすぐ世は替わらぬが、今しばし、真実の事が判らずとも辛抱いたして、素直な、水晶の御魂と磨いて新しき世へ渡る用意いたしてくだされよ。

これからが、立て直しの正念場であるから、世界は、荒れ、あんな者がこんな者、こんな者があんな者、思いがけぬ、役者の入れ替えが、日本にもアメリカにも、世界中に起こりておろうがな。

梅の花咲く令和の世は、今日まで埋もれたいた、神々、

次々にお出ましになり、神が出れば、因縁の御魂の人民も浮かび上がりくるから、旧き世のやり方を良しとする者と、新しき世を望む者との争いが世界に広がりてまいるぞよ。

一部の者が金の力で世界を自在にせんとするから、争いも起こり貧富の差も起こるのであり、皆が恵みあい助け合う心と少しでも起こせば、地上天国の道も開けるのであるが。

人間の我欲の岩戸は中々の開かず。

皆の改心の出来ぬのが難しいところであるが、それが成らねば、コロナが終息しても又、元の如く世界は善くならんぞよ。

日本がしっかりせねばならぬのに、今は腑抜けじゃ。

和の道、大和の道、日本魂、奮い起こさねばならぬぞよ。

さあ、それぞれの歩み来た道、嬉しい事ばかりでは無い辛い事、悲しい事もあり、それを越えて今日があるのじゃ。

神に生命頂き、皆と助けおうて来たのじゃな、喜びも悲しみも、皆、宝物じゃな。

これからも、清く明るく、日の出の心で歩むのじゃ。

人の身は、先祖親から受けど、それは器であり、衣であるのじゃ。

その器に親神から御魂を頂いて、霊止(人)となるのじゃ。

肉体は御魂の生宮じゃ。

時来れば土となり。水に帰るが御魂は消えず、霊界でも働くのじゃ。

現の世で御魂の使命果たし親神の元へ帰るのが、まことの霊止(人)の道であるが、我欲にとらわれて生きておるとそれが成らぬ。

霊界は一八一段階ありて、現の世の想念相応の世界へ行くのであるから。現の世で神を信じ、心の内に地上天国開いておかねばならぬのじゃ。

扨も、大きな時代の替わり目となった事を氣づかねばならぬぞ。

体主霊従の道を選ぶか、神々と共にある霊主体従の神理の道を選ぶか。

それぞれ自由に任せるぞ。

良くよく、御魂、鎮めて思いなされよ。

神は強制はいたさぬぞ。

自由が神の審判であるぞ。


言霊神也

ン。


令和三年三月九日


龍華斎修聖拝写。





コメント