突撃 相場に負けるな!

まったり運用のブログですが、資産運用もまったり と気楽に行ってます。

マネックス証券 決算説明会

2010年01月31日 20時39分16秒 | 

昨日開催の マネックス証券 の 決算説明会 松本大社長編です。

受付

綺麗なおねえさんは、写ってません~~(笑)

会場風景

松本 大社長

まずは、業績説明から

今4半期は、FXの収入に支えられて、経常黒字を達成できた。

後は、コスト削減も寄与

アナリストのような感じの業績分析でしたが、非常に分かりやすい内容でした。

ライバル他社とのコスト比較などもあり、株主の方は参加されると面白いと思いました。

私は、部外者なので、業績にはあまり興味は無かったですが、印象としては堅実な経営を心掛けていると思いました。

ただ、株価の割安感はないですね・・・ 配当も低いし・・・・

 

今後の取り組み

①海外展開(中国、インドなど)

②オリックス証券との合併による 短期志向投資家の取り込み

③さらなるコスト削減

 

ここで、一旦休憩で、質問コーナーへ突入しました。

少々割愛してます。

さらに、分類してますので、回答順ではありません

 

①他社比較

Q:手数料でSBI,楽天の後塵を拝しているのでは?

A:キャシュバックなどの点を考慮すれば、決して負けていない

オリックス証券 合併で、短期、長期投資家 いずれも満足できる手数料体系を考えており、1社で複数の顧客層を持つことを目指している。

 

Q:SBI対策は?

A:手数料、システムなどのインフラで魅力を上げて、短期、長期の両方の投資家を取り込みたい

 

②オリックス証券との合併

Q:オリックス証券との合併メリットは?

A:①システムコストの低減メリット、②規模の拡大によるメリット、③上位2社との距離を縮小するメリット

 

Q:双方の企業文化の違いは問題ないのか?

A:これまで幾度かの合併を経験しているが、文化の違いは思っている以上に低いので、大丈夫。

 

Q:オリックス証券のブログ執筆者の4名は今後も継続されるのか?

A:マネックスの方が良いと判断した方には辞めて頂くので、全て継続は出来ない

 

Q:合併により 投信の信託報酬はどうなるの?

A:安い方に基本的には合わせていくが、中には出来ないものもあるのでご容赦願いたい。

 

Q:オリックスGRとの提携は拡大するのか?

A:オリックス生命との繋がりもあるので、今後も継続したい。

 

Q:オリックス証券の口座はどうなるの?

A:どちらか選んでもらえば使えます。

 

③自社の業績他

Q:FX好調の理由は?

A:①レバレッジを9月半ばに16倍から25倍に引き上げたこと。②マーケットの値動きにうまく乗れたこと、③システムがうまくいったこと

 

Q:自社の株価についてどう思う?

A:合併の効果が出ていないので、まだまだ評価不足と思っている。

 

Q:マネックスの強みって?

A:元プロの人間が多いのが強みだが、顧客の目線で無いので顧客が分かりにくいこともあるので、弱みでもある。

 

Q:海外進出は?

A:中国で今年の秋に 投資教育事業、来年には証券事業に進出予定

インドは、まだ早い

 

Q:社長の退任は?

A:2020年予定

 

Q:利益率の改善は、?

A:オリックス証券合併で、60億が90億に

 

Q:N225採用の目論見は?

A:今年か来年

 

Q:マネックス債の募集頻度は上げられないのか?

A:現在資金需要が無いので、償還を迎えたものがまた乗り換えできる程度でしか提供できない

 

Q:イーバンクの代わりの銀行事業への参入は?

A:今のところ考えていないが、銀行業は重視している

 

Q:今後のM&Aの予定は?

A:今のところ無いが、良い話があればあり得る

 

Q:マネックスラウンジは、関西に出来ないのか?

A:人的問題とコスト面で難しい

 

Q:中国の収益貢献は?

A:3年後ぐらいで、6~10年後には利益の30%をシェアしたい

 

Q:運用ビジネスの強化とは何?

A:顧客の短期、長期の方々両方に対してのサポート強化のこと

 

Q:中国リスクは?

A:リスクは高いがリターンも大きい

 

④自社システム

Q:カブロボの実用化予定と評価は?

A:今年中メドで、まだ運用期間が少ないので、評価は不明

 

Q:貸し株サービスの強化は?

A:配当制度変更で、自動受け取りに対応した自動解除サービスを今年中に導入したい。

  

Q:FXのスプレッド 広くない?

A:スリップなどを考慮すると、実勢では狭いと思っている

 

Q:マーケットステーションの導入は早くできないか?

A:合併前を目指している。

 

Q:先物オプションは、タイムアウトが早い

A:意見が色々あり考えます。

 

Q:米国株購入で、外貨購入をかまさないといけないのは何とかならないか?

A:外貨MMFをかませるのがベストと考えているので、多通貨でも対応を検討する。

 

Q:米国株の銘柄は?

A:増やしていく予定

 

Q:米国、中国など異なる国の保有状況を一覧で観たい

A:一覧性は、重要視しているので、考えている

 

Q:大証FX対応は?

A:やっていく

 

Q:モバイルのメリットは?

A・現在は、スマートフォン対応を考えている

 

Q:マネックスビジョンは、どうやって使うのか?

A:今、モニター期間終了で、次回verのモニター時にエントリーください。

 

④その他

Q:大阪でのセミナー予定は?

A:また予定しています。

 

Q:SBIの北尾氏の発言にどう思う?

A:理解できません

 

Q:オンライン証券の今後はどう見る?

A:再編が進んで、大手3~4社に集約されるのでは

 

Q:つぶやき はどこまで書くと圧力がかかるのか?

A:コンプライアンス上問題なければ、圧力はかからない

 

 Q:マネックスマークの由来は?

A:作った人も分からないので、結局わかりません

 

以上で終了

 

終了後は、全員で出口で見送ってくれました。

ありがとうございました。

 

マネックス証券は、私も口座を持っているので、貸し株の配当自動解除サービスは早く入れてほしいですね。

後は、合併のメリットで手数料低減期待と大証FXが出来ることかな

期待してますので、次回もよろしく

 

しかし、意外に参加者が少なかったな~~

この後、帰りに 結婚式帰りの かどぅさんに会ったよ(驚) 

 

マネックス関連 おまけ

マネックス+オリックス証券 お客様感謝DAY(東京)

大前研一氏 他 マネックス勢 勢ぞろい

http://www.monex.co.jp/Etc/topslide/guest/G800/new2010/news10015.htm

https://seminar.monex.co.jp/public/seminar/view/1337

2月募集の社債発行

http://blog.livedoor.jp/a_iwamoto1/archives/51371681.html

オリックス証券 新田ヒカル ブログ終了

決算説明会で話題になっていましたが、すでに終わっているようですね・・・

http://blog.hikaru225.com/?eid=1034319

マネックスFX で キャンペーン

http://www.monexfx.co.jp/news/news000413.html

 

 

コメント (2)

古典に学ぶ

2010年01月31日 15時18分44秒 | 

酒田五法で有名な本間久宗の解説が、詳しいサイトです。

たまには、古典に学ぼう

マンガも付いてます。

http://www.kabutocho.net/stock/sakata/

コメント

アロカ&パイオラックス IRセミナー

2010年01月31日 15時15分15秒 | 総会・説明会

日本証券業協会 証券教育広報センター 主催のセミナー案内です。

アロカパイオラックス の3社登場ですが、それぞれ日時、開催場所が異なりますので、ご注意ください。

①アロカ 2月24日(水) 大阪

②パイオラックス 3月3日(水) 京都

お申し込みは、こちらから

http://www.skkc.jp/irseminar/information.php

お近くの方は、どうぞ~~

コメント

アイアールマガジン&ジャパニーズインベスター

2010年01月31日 15時03分45秒 | 

アイアール マガジンジャパニーズ インベスターが到着しました。

アイアール マガジン は、あまり目新しさもございませんでした・・・

しかし、アンケートが多い・・

ジャパニーズインベスター は、竹川美奈子 さんが巻頭で登場

ETFのお話でした。

海外ETFでコストメリット享受には、100万ぐらい必要とのことで、相変わらずの敷居の高さをアピール

お勧めパターンも掲載されています。

①TOK & 1306 & VWO

②EFA & IVV & VWO

③VT一本勝負!

竹川さん も、一遍大阪来てよ~

 

東証IRフェスタ の案内も出ていました。

3月5~6日 東京ドームか・・

http://www.tse-irfesta.com/

コメント

一心寺

2010年01月31日 10時51分52秒 | Weblog

昨日からは、天王寺からの遠征で、途中 一心寺の前を通りましたが、礼拝堂があるのを初めて観ました。

三千佛堂

いつも 大きな道路側から入るので、このような施設があることすら知りませんでした。

中は、出入り自由でしたので、自由に見学できました。

お堂の周りには、たくさんの仏様が取りかこんで壮観

HP観ると千体まで作るそうです。

http://www.isshinji.or.jp/event_sanzen.html

一心寺 行かれたら 一度観てください。

 

お隣では、イベント会場もありました。

寄席なんかやってます~~

意外な場所で、やってるな・・

http://www.isshinji.or.jp/event.html

 

コメント

AOKI HD 割引券

2010年01月31日 10時41分17秒 | 

IR誌に載っていた AOKI HD の 業績資料を請求すると、割引券が同封されてきました。

シーボンといい、AOKI といい、オマケ付きもいいですね。

なんか得した気分です、良いね~~

 

コメント

ミルキークリームロール

2010年01月31日 06時31分58秒 | Weblog

昨日は、帰りに不二家で ミルキークリームロール を買って帰りました。

奈良にも以前はお店がたくさんあったのですが、不二家事件以降は大きく減少

おかげでお店がありません・・・(泣)

梅田のレストラン主体のお店で購入しましたが、レジ回りはペコちゃん一色

キティちゃん にも負けない良いキャラだと思うんですが、あんまり前面に出てこないのは戦略が悪いのかな?

不二家もキャラビジネスに力入れればイイと思うんですが、残念です。

USJとタイアップでもすれば良いのにな・・・

 

ミルキークリームロールは、写真のように、ミルキーそっくりの包みで登場

嫁には、好評でした。

中は、真っ白なロールケーキが!

お味は、確かにミルキーや~~

ママの味がします。 不思議、不思議!(涙)

ミルキーや~~~~~

本当に真っ白・・・・

柔らかいので切り分けが綺麗に出来ません・・・

 

コメント (2)

原信ナルスHD 優待参上!

2010年01月31日 06時26分02秒 | 優待

原信ナルスHD から 優待品 クオカード 1000円分が到着しました。

大きな封筒でヤマト便ですが、A4の紙とカードだけなら封書の方が安くないのかな??!!

 

株価は、1000円前後の往来相場になっていますが、業績がスーパーの割に堅調なので、下値不安も少ないかな・・・

900円あたりなら買ってもいいのではと思いますね。

 

コメント (8)   トラックバック (1)

マネックスよろず相談所  IN  大阪

2010年01月30日 20時57分37秒 | 総会・説明会

本日は、マネックス証券の よろず相談所 に参加してきました。

といっても、1部は、マネックス証券の決算説明会で、2部が よろず相談所 でした。

決算説明会は、この後にして、私の参加目的 よろず相談所 を先にレポートします。

松本社長ごめんね・・・・(苦笑)

 

講師は、松本社長羽賀誠 氏内藤忍  のマネックス関係者3名

東京では、よく開催されているようですが、関西では初めてのようです。

内容は、内藤氏の司会で、事前に会場の質問を整理して順に 松本社長羽賀氏が答える問答形式です。

順に書いておきますので、参考になるところを各自お読みください。

 

Q:今年の相場について

A:以下 羽賀氏の見解

N225は 15000円!予想で、これを上回るのは、澤上親分のみ・・・・(爆笑)

今年は、日米で選挙があるので、景気の失速はあり得ない。年末にかけてゆっくり上昇するだろう。

景気には2番底は無いとの見解で、中国の成長は 地理的に近い日本にはあらゆる面で有利なので、歓迎すべき(金曜 日経夕刊の十字路 同見解 参照)

中国、インドの金融引き締めも景気の持続性を長持ちさせるためなので、問題視していない。

 

Q:アメリカの金融規制の影響は?

A:羽賀氏 オバマさんは、市場の反応に驚いたのではないか? その証拠に、一般教書では、触れていない。市場の反応を観ながら、内容の変更を行うと思うので、心配はしていない。景気が良くなっていることの方が重要ではないか。

松本社長 規制の内容が不明なので、市場の反応は過剰気味 しかし、金利が上げにくなったので、ドル安が続きそう・・・

 

Q:為替は?

A:マネックス チ-フエコノミスト 村上氏見解は、A$が強く、米の金利上げは、来年前半予想

羽賀氏 今のポイントは金利で、アメリカが日本より早く利上げに動くので、ここからの円高は厳しいのでは

松本社長 為替は、実需などの要因もあり予想は困難とみている。

 

Q:日本経済の予想は?

A:松本社長 日本は、悲観しすぎ・・・ 世界景気回復なら日本も恩恵を受ける。

悪材料は、短期 政治不安、長期 少子高齢化

 

Q:日本の財政問題は?

A:松本社長 政府が財政補てんのため国債を発行し、運用難の金融機関が買う構図は、当面変わらない。長期的には、なんとかしないと破綻をきたし円安になる。

政府のソブリンファンドは、安全重視と運用額の多さから、日米の国債しか運用先が無い。しかし、将来中国が国債に頼らざるを得なくなって債券を発行すれば、日本より中国が選考されるので、日本国債の支えを失い、円、債券売りになり金利上昇圧力になるので、将来に備え元を買っておこう。

しかし、この動きはゆっくり来るので、機会を観ながらマネックスも元建て商品を提供していきたい。

 

Q:個別株について

A:羽賀氏 前半は、外需主導なので、自動車、ハイテクが有望、後半は、内需に波及期待 さらに外人買いにも期待している。売られた時は、押し目買いのチャンス

トヨタのリコールは、過去にもあったので対応を誤らなければ影響は軽微と予想

松本社長 内需株物色は、循環物色なので、外人の動向に注意

 

Q:お勧めの投信は?

A:内藤氏 STAMシリーズなどの インデックス投信

松本社長 成長している国はインデックスも有効だが、日本のような成熟した国は、個別株で無いと成果が期待できない。

 

Q:新興国への対応は?

A:羽賀氏 中国が一番有望 

内藤氏 どこの国が何十年後に伸びているかは誰にもわからないので、世界経済全体の成長を期待して投資すべきではないか

松本社長 ブラジルが有望 イベント目白押しで、インフラ整備、環境関連でも買える

 

Q:株を買うと愛着を感じて売り時を逃がしてしまう・・・

A:羽賀氏 仕事上個別株は持っていないが、長期と短期に分けた方が良い

松本社長 愛着は持つな! プロアマの違いは、売る時!

 

Q:投信の含み損解消に買い増し?売却? どっちがいいの?

松本社長 今現在 その投信を買いたいかで判断すること

 

Q:勤務先の持ち株化は良いのか?

A:松本社長 リスクが集中するので、お勧めできない。

 

Q:趣味は、相場に役に立っているのか?

A:松本社長 投資先の企業の動向などを知るうえでは、役に立つ

羽賀氏 音楽なので、役に立っていない。あまり、マニアックなことを考えると誰も後に続いてこないので、趣味から投資してもこの場合意味が無い。

 

Q:インデックス投資ナイトのようなイベントは、大阪では出来ないのか?

A:内藤氏 ブログなどの熱心な方々が、個人的に手弁当でやられているので、大阪でも誰かが企画すれば、出来ると思う。

お呼びがあれば行きますよ~~ 昨晩も新幹線の遅れで、10時からイベントやりましたわ。

 

以上で終了~~ 

みなさん おつかれさまでした。

 

恐らく最速レポートでしょう・・・?! (いや誰もフォローしてないかも・・・)

 

松本大社長 編は、また明日ね~~

 

ちなみに ICレコーダー等のハイテク機器は一切使用しておりません。(BOSTON風)

 

資料&お土産

 

コメント (2)

今週の予定

2010年01月30日 07時39分30秒 | 

主な予定
  1日(月):(米)12月個人所得・消費支出、1月ISM製造業景気指数
        12月建設支出、予算教書提出
  2日(火):(米)12月中古住宅販売保留指数
  3日(水):(米)1月ADP全米雇用報告、1月ISM非製造業総合指数
  4日(木):(日)中村日銀審議委員会見
      (米)10-12月期労働生産性・単位労働コスト速報値
        12月製造業受注
  5日(金):(日)12月景気動向指数速報値
      (米)1月雇用統計
        G7財務相・中央銀行総裁会議(カナダ・イカルイト、6日迄)

全体の予定

http://www.morningstar.co.jp/news/schedule/

米主要経済指標のポイント

 (1日)
 ○(米)12月個人所得・消費支出(PCE):予想は、コアPCE価格指数で
  前年比+1.5%

 既に公表されている12月米消費者物価コア指数(CPI)は前年比+1.8%
 だった。

 CPIとPCEの通常のスプレッドからすると、コンセンサス程度がほぼ
 妥当な水準と考えられる。

 (1日)
 ○(米)1月ISM製造業景気指数:予想は55.6

 1月ISM製造業景気指数は、12月の55.9から55.6程度とほぼ横ばいに
 なる見込み。

 前月は2006年4月(56.0)以来で最大となり、5ヵ月連続で50を上回った。

 特に、内訳では重要度の高い新規受注指数が60.3から65.5に上昇した
 ことで、製造業における回復基調は今後も底堅く推移するものと予想
 される。

 (2日)
 ○(米)12月中古住宅販売保留指数:予想は前月比+0.6%

 12月中古住宅販売保留指数は、前月比+0.6%程度まで増加となる見込み。

 11月は前月比-16.0%と予想(-3.0%)を大きく下回る結果となったが、
 米政府住宅税還付策の延長決定前で住宅購入が買い控えられた一時的な
 減少との見方が強い。

 税還付策延長の恩恵を受け、住宅市場は再び堅調な回復を示すと予想
 される。

 (3日)
 ○(米)1月ADP全米雇用報告:予想は-4万人

 参考となる失業保険申請件数の4週間移動平均が12月12日週:46.8万人
 →1月16日週:44.7万人とやや改善。

 継続受給者件数も同期間に大きく改善。これらから、12月比改善を
 見込んでよく、コンセンサスにもやや上振れリスク(減少幅縮小)が
 考えられる。

 (3日)
 ○(米)1月ISM非製造業総合指数:予想は51.0

 1月ISM非製造業総合指数は、51.0程度と2ヵ月連続で50.0を上回る
 見通し。

 ここ最近は雇用指数の内容に左右される結果となっているが、前月は
 11月の41.6から44.0に上昇したものの、依然50を依然下回る水準に
 留まっている。

 1月の雇用関連の指標は概ね改善予想となっており、雇用指数の押し
 上げによる上振れリスクに留意したいところ。

 (4日)
 ○(米)12月製造業受注:予想は前月比+0.5%

 既に公表された12月耐久財受注は市場予想を大幅に下振れた。

 ただし、現時点での製造業受注のコンセンサスにはその事実は反映
 済みとみられ、コンセンサス比では上下のリスクは均等と考えられる。

 (5日)
 ○(米)1月雇用統計:予想は、失業率が10.0%、非農業部門雇用者数
  が前月比+2万人

 調査期間である1/13を含む週の新規失業保険申請件数は12月の48万件
 から44.4万件、失業保険受給総数も12月の507.6万件から459.9万件と
 共に減少。

 雇用情勢は改善基調にあるものの、12月雇用者数の予想外の悪化を
 受けて、一服状態に入りつつあると見られている。

 

来週は、雇用統計他 重要指標の目白押しですので、後半様子見ムードが高まりそうです。

いずれにしても、1万の攻防戦になると予想してます。

 

おまけ

FX選びではまる罠

レバ25倍時代か・・・ 当方利用は、50倍でした。

http://moneyzine.jp/article/detail/182378

未来家計簿 

FPさんのライフプランですね。

ここでは、エクセルなんで、簡単に作れます。

50代~40後半の方は、お早めに作って観ましょうね。

うちもやってみよ==

http://money.quick.co.jp/MoneyNavi/SecondLifePlan/05.html

JAL上場廃止で考える 株主優待

株式投資の基本は、やはり企業業績でしょう。

業績の悪い会社は、優待、高配当で釣られて買わないのが賢明だと思います。

優待銘柄も1000は、あるのでこだわりは、捨てよう!

http://zai.diamond.jp/servlets/Query?SRC=zai/serial/column&cate=hoda

 


 

コメント