おかもとまさこのごはんBLOG

管理栄養士/国際薬膳師 岡本正子
食べものと食べ方で人生は変ります。
おいしく食べて幸せになるお手伝いをします。

「お父さんと作ろう!おにぎりとみそ汁」

2018年12月09日 14時52分48秒 | 食育講座
本日のお仕事。
国分寺市ひかりプラザで「お父さんと作ろう!おにぎりとみそ汁」の講座です。
人権平和課が主催の「ワーク・ライフ・バランスの推進・子育て支援講座」。

12組のお父さんと子どもさんで24人。小学校1年から4年の元気なお子さんが集まってくれました。
できあがったのは。

だしからとって作ったおみそ汁
4色のおにぎり
さつまいもの茶巾でおやつ。

会場は2階の生活実習室です。


材料を並べて。

向こうに見える炊飯器4台でご飯を炊きます。

参加の皆さんが来られる前に下準備をさくさく進めます。


だしは奥が深いですが、まずは簡単なとりかたで敷居を低くしましょう。
鍋に水をはって昆布を入れ、こうして手つきのストレーナーにかつお節を入れます。

水からでOKですよ。
沸騰したらザルごととりだします。だしも味見してもらいました。お子さんの「おいしい」という一言と笑顔に、こちらもワクワク。
かつお節は、細かく刻んでふりかけに変身。
これでプラスワンの1品ができます。

お父さんと一緒に作業開始。


みそ汁の具材はねぎ、豆腐、わかめとシンプルです。
お父さんが手のひらで豆腐を切ると。。。


お隣で別のお嬢さんもトライ。


おやつの茶巾は、りんごとさつまいもを蒸し煮してマッシャーで丁寧につぶします。

これをラップで包んで茶巾絞りにしました。
皆さん、真剣でとっても楽しそう。

だしがとれて、ねぎと豆腐を煮て、みそはみそこしを使ってなめらかにのばします。

みそは、長野立科町のお味噌屋さんで買った信州みそと九州の麦みそを準備しました。
お子さんたちに2種類のみそを味見してもらい、みそっておいしいという嬉しいことば。

おにぎりはまんまる。

可愛いいですね。

発芽玄米、大麦、雑穀のご飯にはおかかふりかけを混ぜ、鮭フレークご飯、青のりご飯、真っ白ご飯。

お米は、お米屋さんで精米してもらった島根産の石見高原ハーブ米きぬむすめを使いました。
みんなで作ったおにぎりとみそ汁。


はーい、上手にできましたね。「いただきます!」

一人1合のお米を用意しましたが、皆さん、ペロリと平らげてくれました。

食事が終わると、てきぱきお片付け。

お父さんもお子さんもすごい、すごい。

沢山のご参加、ありがとうございました。
終了後に、ひとりのお母さんが部屋に入ってこられました。
まあ、以前、矢島助産院ウィメンズサロンで16年間開いていた、「食の講習会」にずっと参加してくださっていたお母さんです。
お嬢さんが今回、お父さんと参加してくださったのです。
そして、わざわざ会いに来てくださいました。
なんて嬉しいのでしょう。再会にじんわりしました。

国分寺は、私が結婚して3人の子どもを育てた町です。
ご参加のお父さんのひとりはお子さんが矢島助産院生まれ。
職員さんはお子さんを矢島で出産されています。
地域のつながりとご縁に感謝感謝です。


皆さんと今日一緒にごはん作りができて、とても楽しかったです。
これからも、ご飯とみそ汁を大事にしてくださいね。
コメント

土曜の昼は1ヶ月健診お疲れ様パーティー

2018年12月08日 16時04分49秒 | 助産院のごはん
今日は、1ヶ月健診がありました。
お母さんの健診が終わると、ウィメンズサロンでお疲れ様パーティーがあります。
ご家族皆さんのご参加で明るく賑やかです。

助産院からもお料理をお届けします。
昼ごはん。

・塩昆布菜飯
・しじみのみそ汁
・オーブンコロッケ
・柿なます
・白菜とりんごの柚子胡椒ドレッシングサラダ
・ぶどう

ウィメンズサロンではパーティーの準備真っ最中。
持ち寄りのお料理が並んでいますよ。

私の作ったものも3品。

ママ、パパ、赤ちゃん、おめでとう!お疲れ様でした。
矢島助産院はいつも皆さまをお待ちしています。
コメント

中野レンガ坂 スペインバルSionoシオノ

2018年12月07日 14時16分56秒 | そとごはん
5日は友人と皇居巡りをして過ごしました。
夕方、ひょんなことで、息子夫婦とちょい呑みして、偶然見つけたお店です。

丁度、それぞれいる場所からの中間地点だったので中野へ。
中野も、私にとって青春の街なのです。
南口をぶらぶら歩いて見つけた、雰囲気のよさそうなバル。

中野レンガ坂スペインバルSionoシオノ

生ハムを頼みましたら。

カウンターに置いたこの固まりからそぎ取ってくれるのです。
生ハム盛り合わせ。


スペインといえばシェリー。
我が家もティオぺぺはよく呑んでいます。
飲み比べセットがありました。


リストも一緒に。ちょっとピンボケですが。


すぐ近くには小さなお稲荷さんも。


偶然に出会った店ですが、いい感じでした。
コメント

講座の準備と家ごはん

2018年12月07日 14時00分29秒 | おうちごはん
朝から、日曜日の講座のために、連絡作業や準備食材のリストや作業手順作りで、あっという間にお昼。
これまで準備したものをテーブルに並べての昼ごはんです。

それから買い出し。
お芋やお米など重いものが多く、地面にのめり込みそうになりながら帰宅して、こうしてしたためております。ようやくほぼ準備終了。

6日は仕事が忙しく帰宅して雑ごはんとなりました。
旦那さんのためのサンドイッチを自分にも。

崩れて見苦しいサンドイッチです。

4日。

煮物をささっと作りました。かぶは焼いてから。
簡単なものですが、松本芳実さんの器のおかげで、豪華に見えます。

3日。レシピアップのため作ったハッシュドビーフです。

ご飯でなく、クスクスが主食です。

サラダともみ漬けは大鉢に盛りつけて小分けしました。


今日は、もう少し仕事したら、図書館へ行ってきます。
コメント

社会福祉法人さくらの園 今日の給食

2018年12月06日 12時09分45秒 | 社会福祉法人 さくらの園
冷たい雨です。

今日のさくらの昼ごはん。

五穀ご飯
芋汁
がんもと鶏肉五目旨煮
春雨サラダ
ヨーグルト

さくら自慢の和食は、栄養満点。
コメント

皇居を歩く

2018年12月05日 16時38分11秒 | 美術館・博物館・本・映画
今日は皇居。三の丸尚蔵館へ。


美しい美術品を堪能して、東御苑を歩きます。
今期は「明治美術の一断面」というテーマの展示でした。もう超絶技巧の世界。
七宝四季花鳥図花瓶は見飽きることない美しさでした。


ジュウガツザクラ。



ツワブキ。
美しい庭園と石垣。


ここから乾門へ。

鮮やかなモミジ。


竹橋に出てアスリート食堂でランチ。


神保町で古い喫茶店ざぼうる。




御茶ノ水を歩いて。
旧友と楽しい1日でした。
神保町、お茶の水は我が青春の街です。ともに時間を過ごした友人との街歩きの楽しさ。
お互いずっと忙しく生きてきたけれど、ようやく、平日でもスケジュール調整もできるようになって年を重ねてよかったと思えるのがありがたいです。
コメント

栗と小豆の産後ごはん

2018年12月04日 17時22分51秒 | 助産院のごはん
暖かく、ちょっと動くと汗ばむような陽気です。
院長床さんが故郷岐阜に帰られて、お土産に頂いたむき栗がありましたので、栗ようかんを作りました。

・五穀菜めし
・豆腐コーンスープ
・キャベツ、きゅうり、にんじん塩昆布あえ
・焼き大根白煮 えのきあん ガンモ、花にんじん添え
・ほうれん草磯あえ
・栗と小豆の水ようかん

小豆は茹でこぼして圧力鍋で煮ました。
すぐに調理できるのが小豆のいいところ。
栗は体を温め、小豆は血を補い、利尿作用でむくみも取れるという、女性の味方の豆なのです。
コメント

ハッシュドビーフの作り方

2018年12月03日 17時54分26秒 | 肉レシピ
◇ハッシュドビーフ レシピ


リクエストがあったレシピです。
遅くなりましたが、hちゃん、作ってみてね。


【材 料】 今回作った分量 5、6人分

牛肉 300g
玉ねぎ 2個半
にんじん 適宜
にんにく 2かけ
セロリ 適宜
好みのきのこ 2パック
オリーブオイル
トマトジュース 2カップ
トマトピュレ 1カップ
赤ワイン 1カップ
塩胡椒
ウスターソース
小麦粉
粉唐辛子
バター、ケチャップ 少々

【作り方】
1、玉ねぎ、にんにく、セロリはスライス、にんじんは拍子木切りにする。
牛肉は食べやすく切る。


2、フライパンにオイルを引いて、玉ねぎ、セロリ、にんにくを、中火よりやや強火で8分炒めて、あめ色にする。

にんじんを入れて、さらに2分炒める。
小麦粉大さじ2をふり入れ炒める。


3、2を別の鍋に移す。
フライパンは底をこそぎ取って、オリーブオイルをひき、牛肉を炒める。


野菜の鍋にはトマトジュースとピュレを入れて煮る。

肉のフライパンには赤ワインを入れて、強火で煮る。




4、5分ほどしたら、牛肉を野菜の鍋に加え、10分煮込む。


フライパンをきれいにして、バターを熱して、きのこを炒める。


5、きのこを鍋に入れて仕上げる。

塩胡椒、ウスターソース、粉唐辛子、ケチャップ大さじ1を入れて、味をととのえ、5分ほど煮て出来上がり。

*玉ねぎを炒め始めてから、だいたい30〜35分でできます。
*とろみをつける小麦粉はなくても結構です。
*風味を出すために、きのこはバターで炒めましたが、オリーブオイルでもいいです。
コメント

12月調整の日

2018年12月03日 12時57分54秒 | おうちごはん
今日はさくらの園の勤務日ですが、順調に仕事が進んでいますし、土日休みがなく体調調整したいという気持ちもあり、休みをいただきました。

朝ごはんは冷蔵庫棚卸し。


2日の晩はひとり。

旦那さんがカフェがあり忙しいので、このところひとりごはんが多いです。
そういう時は旦那さんが好まない手羽先をオーブン焼きで。

ドキュメンタリー映画『健さん』を観て、眼光の鋭さと姿の美しさ、生き方に感銘を受けました。

この後は、晩年の映画『あなたへ』を引き続き鑑賞。

今年もあと一ヶ月。
充実した年であったとは思いますが、今日は「してきたこと」や「学んだこと」より、自分が「できなかったこと」と「手をつけていないすべきこと」ばかりに目がいきます。

さて。昨日の産後ドゥーラ養成講座終了後に事務局のMさんと撮った写真。

染めるのをやめて、自分本来のグレイヘアにも馴染んできました。

気張らず、淡々とすべきことは後悔のないようにこなしていきたいと思っております。
コメント

産後ドゥーラ養成講座 第18期『乳幼児の食事と栄養・衛生管理と調理の基本』

2018年12月02日 15時22分08秒 | 食育講座
本日は産後ドゥーラ養成講座18期。
私は2コマめの『乳幼児の食事と栄養・衛生管理と調理の基本』のお話をさせていただきました。

曇り空の肌寒い朝は昨日とはうって変わって、冬を感じさせます。

皇帝ダリア。


そしてもうほとんど葉を落とした桜。


会場に集まった産後ドゥーラ養成講座の受講生さんの熱気は外と大違いでした。

一般社団法人ドゥーラ協会のサイトはこちらです。

産後ドゥーラとは。サイトより。
-----------------------------------------------
 産後間もない母親に寄り添い、子育てが軌道に乗るまでの期間、日常生活(くらし)を支える専門家です。

出産後(特に6週間~8週間くらいまで)は、妊娠・出産による身体の変化だけでなく、ホルモンバランスも急激に変化するため、精神的にも不安定になりがちな時期です。
昼夜関係なしの2~3時間おきの授乳など、日常生活もがらっと変わる時期に、家事や育児はもちろん、赤ちゃんとの新しい生活に慣れていくお手伝いをします。
-----------------------------------------------

講座カリキュラムは充実していて、まだ来年2月まで、スケジュールがぎっしりです。
がんばってくださいね。
またどこかでお目にかかりましょう。 
コメント

12月 想い深まる助産院ごはん

2018年12月01日 16時18分08秒 | 助産院のごはん
12月になりました。
穏やかな暖かい1日です。

こんなごはんを作りました。

・鮭中骨缶とにんじんの炊き込みご飯

・白菜生姜のお汁

・白菜とにんじんの柚子胡椒あえ
白菜の根元の白い部分を使いました。

・高野豆腐のロールキャベツ
高野豆腐を小さめに切って2つ付けにしました。
キャベツが沢山摂れます。
花にんじん、いんげんを添えて。

・庄内麩と小松菜のごま白あえ

・焼き紅玉りんごの葛あん

鉄分、カルシウムたっぷりのお昼ごはんです。

お昼前、こんな風に並んでいます。
コメント

土鍋とオーブンでおいしい毎日家ごはん

2018年11月30日 12時04分33秒 | おうちごはん
今年は暖かい秋ですが、それでも冬は近づいています。
我が家は毎日、オーブンと土鍋が活躍してくれています。

土鍋は私の敬愛する松本芳美さん作です。
28日は。
  
ぐつぐつパスタ鍋です。
トマトソースを作っておいて、ゆでたパスタを土鍋でぐつぐつさせてテーブルへ。
岩手北上の助産師さんが送ってくださった里芋は、レンチンしてにんじんと一緒にオーブン焼き。
トマトグラタンもオーブンで。

29日はオーブンチキンカツ。

鶏モモ肉は皮をはずして厚いところを切りひろげ、水溶き小麦粉をからませてきつね色パン粉をまぶしてオーブン焼き。
パン粉はあらかじめ焼いて、冷凍庫に常備してあります。
オリーブオイルをパン粉に混ぜるとボリュームアップしますが、油で揚げるよりずっと低エネルギーになります。
鶏の皮はかりっと焼いて油抜き。貝割れ菜とポン酢あえに。
スープは前々日の鍋もののです。
ポテトサラダは、電子レンジ蒸しで作りました。

家族が多いときは、オーブンと圧力鍋、保温鍋を使うことが多かったのですが、二人暮らしになって、調理道具使いも変わってきました。
これまで調理に使わなかった電子レンジを使って時短料理をしています。

この頃の土鍋料理とオーブン使い、もうすでにご覧いただいたものもあるのですが。

みぞれ鍋や。

    ミルフィーユ鍋や。
    
            手羽先の塩麹ローストなどなど。
            

ほんとに楽しい家ごはんです。
  
コメント

秋深し さくらの園の昼ごはん

2018年11月29日 12時07分49秒 | 社会福祉法人 さくらの園
さくらの園の道路脇のドウダンツツジがようやく綺麗に色づいてきました。


利用生さん、風邪ひきさんが増えてきました。

今日の昼ごはん。

中華丼
白菜生姜スープ
春雨サラダ
杏仁豆腐

さくらは野菜たっぷりです。
今日も一人150g以上。
でも、野菜の高騰、食材の値上げで、頭を悩ませています。

とっても美味しいさくらの給食。
ご馳走さまでした。
コメント

リラックスという課題

2018年11月28日 11時43分38秒 | おうちごはん
朝早い旦那さんを送り出し、のんびりとした朝を楽しむ休日です。

明るい2階で、冷蔵庫のありもので15品目ごはん。
  

掃除洗濯ごはん作りくらいで、今日は仕事はしません。
それが大事なことが、実は随分前から分かっていました。
胃腸がすこぶる丈夫で快調であるはずの自分でしたが、この数年、休みのない日が2週間も続けば、すぐに不愉快な便秘になることが、認めたくはないけど確実に起こるようになりました。
緊張がほぐれないのです。
それで、こんな本を読んでみたり。
   
年と共に、副交感神経優位で、リラックス状態になるのが難しくなっています。
心を緩めるのが下手になってきています。
それと加えて、「老化」により、消化機能も低下しているのかもしれません。
まったく、とほほだわ~。

それでも働くことは好きですので。
きちんと心と体をゆるめるテクニックを身につけたい。
休日でなにもしないと、後ろめたい気持ちになるのもダメダメね。

さて。
寒くなってきて土鍋が大活躍。
27日はみぞれ鍋。
  
土鍋も皿も小鉢も、すべて大好きな松本芳美さんのものです。

26日は、ミルフィーユ鍋。冬になれば定番ですが、そのシンプルさと美味しさにいつも感動。


     
               

25日は手抜きしてみました。

サンドイッチの残りと、市販のメンチ。

休日は、布団のなか、スマホでFacebookやInstagramやTwitterをついつい長々と見てしまうし、写真整理で、ディスプレイを見続けたり。これもリラックスとはほど遠くなる行為です。

新聞読んで、掃除して、読書して、料理して、日に当たる。
アナログ生活いたしましょう。

コメント

避難訓練と助産院ごはん

2018年11月27日 17時06分21秒 | 助産院のごはん
今日の助産院ごはんはいつもとちょっと趣きを変えました。


・大豆ミートソースとターメリックライス

・ワカメスープ

・温野菜と柿のサラダ

・さつまいもとりんごのサラダ

・牛乳寒天

秋の果実を副菜2つに使いました。
そして、いつも通り野菜はたっぷりです。

午後からは、非常時の避難訓練がありました。
震度7の地震が午前11時に起きたという設定です。
検診もあり、入院中の方、朝方お産が終わったばかりの方がおいでになっているとき、それぞれの持ち場でどのように動くか、丁寧にシュミレーションし、実際に訓練しました。
その後は反省会。
日頃から意識づけしなくてはと思いました。
キッチンは火を使う場所ですので、初動動作もしっかり確認し、何度も訓練で体を動かしたいと思います。

院長床さんがお茶目でした。
コメント