YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

YBRの補修パーツ。

2014-06-22 17:54:32 | 日記
娘が乗っているビーノの自賠責の更新にYSPへ行くと言うので、頼んでおいたYBRの部品を買ってきてもらった。

左ミラーASSY 重慶建設・雅馬哈摩托車有限公司 優良品質純正部品w 中華製にしてはえらく立派な箱である。

3D9-F6280-02 后視鏡○成(左)。 ○は漢字変換できなかったw

ステップラバー 左右共通品番 5VL-F7413-00 擱脚套。

袋の外から匂いを嗅いでみたら、何とも古臭いゴムの匂い。 半年後にはまたヒビ割れしそうな感じの品質である。

ミラーが2180円、ステップラバーが一個1400円。

まだバイクに乗れる身体ではないので、パーツを眺めるばかりである。



コメント

入院-手術-退院。

2014-06-21 13:49:02 | 日記
6月3日入院。 翌4日手術。 術式名「左鎖骨骨折観血的整復固定術」。
要するに切開して骨の位置を復元して固定する。
全身麻酔と言えば、マスクから麻酔ガスを吸うイメージだが、今は静脈注射。
点滴ラインから麻酔薬を注入される。
麻酔医が「麻酔入れまーす。」と言ってから10秒後に、意識が無くなった。

意識が回復したら病室のベッド。 点滴や酸素マスクや心電図のセンサやら、いっぱい繋がれて身動きできない。
閉口したのが導尿。 尿道口から膀胱までカテーテルを入れられ、排尿すると激痛が走る。
手術翌日には抜いてもらったが、排尿時の痛みは2-3日続いた。

手術はキルシュナー鋼線と言うモノで鎖骨を貫通して固定した。
画像はネットから拾ってきたもので、私の症例ではない。

一年後くらいに骨が癒合するまで留置するらしい。

手術後の入院生活は、痛みに耐えつつ、ひたすら退屈。
一週間に2回、シャワーに入れてくれるが、左腕が動かせないので、若い看護師さんにパンツを下ろされたw
夜はなかなか寝付けない。 睡眠導入剤と鎮痛剤を服用したが、痛みで未明には眼が覚めてしまう。




病院の食事は不味くも無く美味しくもなかったが、唯一美味しかったのが、

チキンカレーであった。

朝食の食パンとイチゴジャムで遊んでみたり。

若い方には解らないと思うが、故・小渕恵三元首相(当時は官房長官)ネタ。

退院日に、病院の前庭で撮影した紫陽花。


術後の左肩。 グロいのが嫌な方は見ないでください。


今月中は左腕固定。 YBRはおろか、自転車にも乗れない。
おとなしく養生することにする。

19日に退院。 久々にパソコンを立ち上げたら、メールが600通も溜まっていた。












コメント

人生初骨折&手術。

2014-06-02 16:30:19 | 日記
今日も朝から病院へ直行。 検査ばっかり。

問診&バイタル&血液検査

X線撮影(昨日とは別角度)

3D-CT(バーチャル内視鏡らしい)

心電図&心エコー(心臓疾患の有無)

下肢エコー(静脈瘤の検査:血栓が心臓・肺・脳に回る可能性があるらしい)
 若くてかわいい女性技師にズボン脱がされ、薄暗い部屋で足の付け根にゼリー塗られてまさぐられたので、変な気分w

肺活量測定(後述)

で、診断の結果、明日入院、明後日手術。

術式は明日、妻が同席の上、詳しく説明があるらしいが、なんと全身麻酔。 

全麻!? 未体験ゾーンである。 肺活量測定はこのためか、と妙に納得。

いつまで入院しなければならないのかは、手術後に説明があるらしい。

今までの人生で初骨折&本格的な初手術のための入院となった。





















コメント

YBR初転倒 → 立ちゴケがエライことに。

2014-06-01 17:35:40 | 日記
近所に所用でYBRで行った帰り道、コンビニの駐車場でUターン中、少しスロットルを開けたらいきなり転倒した。
左足を出す間もなく転倒。 左足をYBRの下からやっとこさ抜き、車体を起こす。 少しガソリンがリッドから漏れた。
とうとうやっちまったよ、初転倒。 左肩が痛い。
YBR号の損傷は幸いにして軽微。
メーターとヘッドランプリムにカスリ傷。

左ミラー裏面。

左前後ウインカーとシートカウルも小傷で済んだ。 フューエルタンクは無傷。

左ステップラバーは要交換。 元々左右とも前側に亀裂が入っていた。

右ステップラバー前方視。

YSPに寄って左ミラーと左右ステップラバーを注文。
YSPからのYBRパーツ発注は、フレームナンバーによる販売認証が必要とかで、納期は明日にならないとわからない。
転倒時すぐにエンジンストールしたので、店長に尋ねると【傾斜角センサ】が付いていて、転倒と判断したら点火回路を遮断するとのこと。
自動キルスイッチみたいで安全である。 しかしダイアグノーシスはECUに記憶されるので、【転倒前歴1回】が残るはめになった。
ヘルメットにも小傷。

大した衝撃ではないので、ステッカーでも貼って誤魔化すことにするw

だが。
左腰に提げていたポーチの中の携帯画面がクラッシュ・・・

昔の折りたたみ携帯だが、なぜ画面だけがこんなことに? (一応機能は正常。)

さらに!
帰宅後も左肩が痛いので休日だが救急病院へ。
X線画像を見て医師曰く「左鎖骨がパキッと折れてます。」 道理で痛いはずである。
しかも遠位端で折れてるので、手術が必要かもしれないとか。
明日の整形外科の検査待ちで、左腕固定処置だけで帰宅。
下の画像は私自身のものではなく、ネットから拝借してきた症例だが、私の症状とほぼ同じ。

遠位側で完全骨折。 よくもこの状態でYBRで自宅まで帰って来れたもんだ。

という訳で、ブログのツーリングネタは当分の間休止、しばらくは骨折ネタになりそうですw
皆様ごめんなさい。











コメント (2)