YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

ぷらっとプチツー。

2015-04-26 18:23:42 | 日記
晴天なので行くあてもなしに、ぷらっと出かけた。
R9を北上、いつもの道の駅で卵かけご飯を食べて県道59号戸平峠を兵庫県篠山市へ。
R175-R176を南下、R372で京都亀岡方面へ。

のどかな新緑の山を見つつトコトコ走る。
が、ここかしこで体長数センチの茶色のケムシ君が道路を横断中。 ヒトリガの幼虫みたい。
踏まないように微妙に進路変更して走行w

途中、コンビニでトイレ休憩して出てきたら、デジイチでYBR号をビシバシ撮影中の30歳代とおぼしきCB250氏がいたよ。
YBRがそんなに珍しいのかいな、と声をかけたら、
「いやー、YBRかっこいいですねー。 私も125ccにしようかなと思案中なんです。」と言いながら撮影に夢中。
おっさんも先日の燃費60km/L越え、60-70km/hクルーズ余裕で可能などと、さりげなくアピールしておいたw

いつもの如くほうれん草・ニラ・ミツバなど買って帰った。


コメント

春の琵琶湖ツーリング。

2015-04-22 18:51:10 | 日記
恒例になった琵琶湖ツーリング。 例によってR367-R477で琵琶湖大橋を渡り、湖東側へ。
快晴で気温16度前後、寒くも暑くもなく、爽快な絶好のツーリング日和。
湖畔の木漏れ日の道が実に心地良い。

沖島を望む。

午前11時、道の駅【近江母の郷】。 朝食抜きでお腹が減ったので、軽食堂で肉うどんをすすって出発。

湖北の海津大崎へ。 2週間前なら桜満開の並木道だったのだが、今年は見られなかった。 葉桜の下を走る。

竹生島を望む。

湖西側に回り、道の駅【しんあさひ風車村】まで一気に走り、トイレ休憩。





風車村から県道38号-293号-23号経由で朽木へ、R367で帰京。
オドメータが12,000kmを越えた所で給油。 給油トリップ368.9km 給油量6.11L。
燃費はなんと60.38km/L! ついに60km/Lの壁を突破した。

気象条件と走行条件が良かったのが低燃費につながったのだろう。
帰り際にYSPに寄ってエンジンオイル交換を済ませる。

お土産は山椒(木の芽)・ニラ・こごみ。

木の芽はタケノコの煮物には欠かせない。 こごみは早速天ぷらにして夕食に。 春の香りが清々しい。
 
コメント

桜の季節も終わり。

2015-04-16 16:02:06 | 日記
私事で恐縮だが、親戚の不幸が3月にもあり、4月に義父が旅立った。
YBRに乗る気分でもなく、やっと本日昼過ぎにひと区切りついたので、
気晴らしに妻と妻の妹を誘って京都東山へ。
先日義父を送り出した京都中央斎場のそばを通り過ぎて、
短い東山ドライブウェイの頂上に【将軍塚】がある。
桓武天皇が平安京を造営する際、都の鎮護のため鎧冑姿の将軍の土像を埋めて塚を造った由。
標高220mほどの場所だが、市内が見渡せる。 新潟県・長野県の中学校の修学旅行生も多かった。
南西方面の画像。 奥は西山連峰、右端に地上高さ131mの京都タワー、鉄骨を使わない鋼板モノコック構造。
中央やや右の京都駅ビルの上に京都のシンボル、東寺五重塔がかろうじて見える。 木造塔では日本で一番高い地上高さ55m。
中央左のグレーの建物は日本電産本社。 地上高さ100m、京都市内で一番高いビル。

北西方面。 中央の山頂は標高924mの愛宕山。 京都府最高峰ではないが、京都市内のあらゆる場所から良く見える。

北東方面。
奥は標高848mの滋賀県に属する比叡山。 ちなみにJR京都駅前の標高は27m、海から遠い割りには意外に低い。
その手前が大文字山。 中央右上の稜線の木の無い部分が大文字送り火の「大」の部分。
左下の山麓に見えるのが南禅寺。

塚には天台宗青蓮院門跡があり、桜が残っていた。 境内には風情のある庭園も。

ヘリポートもある。 観光用で、京都市上空をクルーズできるらしい。

付近にはタンポポが群生。

小ぶりなのでふと見ると、何と全部が在来種のニホンタンポポである。
花びらの下の緑色の「花がく」が上向きで花に密着しているのが特徴。

普段見かけるのは繁殖力の強いセイヨウタンポポで、「花がく」が下向きに反り返っているので容易に区別がつく。
ニホンタンポポは今や希少になってしまったらしいが、これだけ群生しているのは初めて見た。
市内に戻り、1月にブログに書いた「大弥食堂」へ足を運んだが・・・

3月に閉店してしまっていた。

またお気に入りの場所が一つ減って寂しい限り。

湿っぽい記事でごめんなさいです。















コメント

桜満開 海野屋さんツーリング。 Vol.2

2015-04-02 21:23:31 | 日記
7時過ぎに起床。 曇りの予報だったが、朝から晴天。 ゆっくり朝食をいただく。

味噌汁はワカメと豆腐てんこもりw ガッツリ食べて9時前に出発進行。

松阪港では砂利運搬船が作業中。

R42-R166へ、道の駅【茶倉】を通過、次の駅【飯高】。



櫛田川沿いを高見峠方面へ。

R166の三重県側は桜の木が多く、今はどこも満開。



橋のトラスと桜がきれい。

高見峠手前のループ橋が見えてきた。 タイトコーナーを4速全開で登っていく。

ループ橋を渡ったところで、高見トンネル三重県側。

長いトンネルを抜け、奈良県側。

下りは快走ワインディングw
このままR166を西進すると桜井に出てしまう。 時刻はまだ11時を回ったところ。
なので、県道31号を東進。 途中一車線の狭い杉林の道。



県道28号を北上、R369へ向かう。

榛原からR369を北上、道の駅【針テラス】。 クルマも多く、人ごった返し。 快晴のツーリング日和となったので、ライダーも多い。

正午過ぎで食事施設は混雑してるので、早々に退散。
柳生から府道4号でR163、途中また府道5号へスイッチ。

茶畑が点在するのどかな道。

R307の信楽手前に合流して西進、府道62号。

府道3号の天ヶ瀬ダムの宇治川ラインを下る。

宇治市平等院近くの桜。

で、帰京。 本日の走行約220km。 2日間で510km、余裕で無給油。

帰宅前に給油。 給油トリップ516.2km 給油量9.15L 56.42km/Lと好燃費だった。
お土産はタラの芽・どんこ椎茸・ブロッコリー。

道の駅で買った記念きっぷ。

雨天走行で汚れたYBR号を掃除して、ブログ更新して、早々に寝たw






コメント

桜満開 海野屋さんツーリング。 Vol.1

2015-04-02 16:56:25 | 日記
4月1-2日は会社の労働組合主催のレクリエーションで連休。
USJ組・山中温泉組・TDL組に分かれて行ったらしいが、団体行動が大嫌いなおっさんは当然パス。
という訳で、当然の如くソロツーに朝6時過ぎに出発。 小雨が降っているのでレインウェアを着込む。 午後には雨は止む予報。
先月の日帰りツーを除いて海野屋さん宿泊は5回目だが、そのうち4回は雨に降られるはめに。 松阪の雨男w
例によってR24-R307-信楽通過、R1を跨いで日野からR477鈴鹿スカイラインで四日市へ抜けようとしたが・・・
スカイライン入口で通行止orz 情報収集不足であった。

周辺は霧雨でけぶっているし、濃霧注意報も出ている。 積雪も残っているかも知れない。

仕方なく県道9号経由でR1方面にエスケープ。

途中、青土ダム湖畔を通過。

R1にルート変更、鈴鹿峠を越えて2月に寄った道の駅【関宿】。



旧宿に寄って見る。 雨足が強くなってきたので、そそくさと撮影を済ませて退散。







関からいつもの県道10号で津市に入り、やっと小雨に。 R23を南下、松阪を通過、伊勢市へ。
12時前に、某牛丼チェーン店でカレーライスを食す。 
特にカレーが好きという訳ではない。 カレーはどこの店でも作り置きなので、ほぼ待ち時間なしで出てくる。
待つのが大嫌いなおっさんにとっては好都合。 15分後には再スタート。
伊勢市から県道32号、通称伊勢道路を南下。2車線の山中の快走路。
2012年5月の金環日食撮影時にクルマで深夜に走った時は、途中で野生の鹿の群れに遭遇した。
R167に合流、道の駅【伊勢志摩】。

駅名から海沿いにあるかと思ったが、展望の効かない山の中の駅。 特筆するものはない。

雲が切れ、空が明るくなったのでレインウェアを脱ぐ。

桜の撮影は難しい。少し露出オーバーだと花の色が飛んでしまうし、アンダーだと色が濁る。

志摩磯部から県道128号パールロードへ。 快適なアップダウン高速ワインディング。

晴れていれば海沿いの景色が素晴らしいのだが、けぶっているので水平線が見えない。
前に走った時は4速に落さなければ登れなかった坂が、5000rpmをキープさえしていれば楽々5速で通過。
エンジンもいたって快調である。

以前に焼き牡蠣を食した中山牡蠣養殖場も、昨日で今シーズンの営業終了。 県道750号-102号-R42-R23で松阪へ。
途中、JR参宮線と併走。戦前は伊勢神宮参拝で複線だったが、戦時中に鉄材供出のため不要不急線で一本むしりとられて単線になった。

R23を北上、松阪に到着。

今日の走行は約290km。 燃料計は1/2弱。

いつもの海野屋さん。

チェックイン。 いつもの雰囲気w



ひと風呂浴びて夕食。

いつも美味しい食事である。

お酒はオプションw

味噌汁はハマグリがたくさん。

食後は地元のローカルTVを見つつ、酒を飲む。 至福の時間ww

TV下には楽しげな怪しげなVHS。 と言うか、今時30分300円出して見る御仁がいるとは思えないが。

YBRはトイレの前でお休みなさいです。

<Vol.2に続く>












 








コメント