サナダ虫 ~解体中~

Go on and fuck yourself

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緑 ~「あっ、ども。おひさしぶりです。」~

2008年07月30日 | 批評 「観」 
J-POPボーカルグループ・GReeeeNの、

DVD 「あっ、ども。おひさしぶりです。」を観た。


「道」 「HIGH G.K LOW ~ハジケロ~」 「愛唄」 「人」

「BE FREE」 「涙空」 「旅立ち」 「キセキ」

この8曲を収録したプロモーションビデオ。


感想。

①・・テリー伊藤だって??(「愛唄」の監督)

②映画の予告が4分以上あったら、正直ダレるなぁ・・。(「BE FREE」より)

③そ、そこで終わりー!?続きがめっちゃ気になるー!!(「旅立ち」より)


歯科医師(歯学生)との両立、ということで、

メンバー4人はメディアを始め、一切出て来ない。(ジャケットもシルエットのみ)

その姿勢は中々好感。頑張って下さい、先生方。


私はあまり、PVをちゃんと観る機会は少ないけれど、

曲やアルバムタイトル、ジャケットのセンスも悪くないというのに、

映像になると、なんだか微妙・・。手抜きっぽく感じて残念。

★★★☆☆


それでも、PVのみでも楽しめるドラマ仕立てな「旅立ち」や「キセキ」は涙を誘うし、

メンバーに見立てた(?)4人の少年少女が口パクで踊る、

「HIGH G.K LOW ~ハジケロ~」は好き。


みんな可愛い~!
Comment

植 ~「ハプニング」~

2008年07月29日 | 批評 「観」 
M・ナイト・シャマラン監督作品、マーク・ウォールバーグ主演の、

映画 「ハプニング」を観た。


人類は滅びたいのか。


感想。

①展開、早ぁーーー!!

②デザート食べただけかよ・・。

③内容を楽しむよりも、夢中で監督を探している自分がいる。


見所。

①雲。

②落下。

③ビニール。


結局、原因が何だったのか判らないで終わったけど、

クローバーフィールド」や「ミスト」と同じ系。(化け物ではなかったが)

時期も似ていたとはいえ、やはりこれら2作品よりは劣ってしまったかな。

ラストも妥当(想像通り)だし。

★★★☆☆


結局、監督を見つけることが出来ず、

エンドロールのキャストで見た、その役名に驚き。


お前かぁーーー!!

つーか、そこまで出たいかぁーーー!!
Comment   Trackbacks (7)

荻 ~きづいてないよ~

2008年07月27日 | 他人 
萩原が大好きな姉に、

からかい半分に「萩原」メールを送ることが多い。


たまに「荻原」メールを入れても、

気付かない。




好きな人の名前くらい、ちゃんと覚えてやれよ。
Comments (6)

跡 ~「迷宮遡行」~

2008年07月27日 | 批評 「読」 
「迷宮遡行」(著:貫井徳郎)を読んだ。


突然失踪した妻の行方を追う、失業中のダメ男・迫水。

しかし、彼の前に立ちふさがる暴力団組員。

妻はどうして姿を消したのか?そもそも妻は何者だったのか・・??


感想。

①コーヒー、高!

②こ、後半からは怒濤の展開だな・・!

③ラストの後味が悪い。


そんなに長い話ではないのに、前半のスローテンポは少々ダレるし、

ハラハラドキドキより、「何でこうなるかな~」とイライラムカムカしてしまった。

30章(文庫本305ページ)の使い方も、何だか微妙。

★★☆☆☆
Comment

嬰 ~子供は嫌いなんだと言っているだろ~

2008年07月23日 | 他人 
友人G&Aちゃんと共に、友人Sくんの家へ遊びに行き、

生後3ヵ月の娘・Rちゃんと初対面をしてきた。


勿論、手土産の他に、

私はまだ渡していなかった出産祝いのプレゼントも持参。

結局一人で買ったよ・・。(別にいーけど)


赤ちゃん用の絵本と、親用の絵本をチョイス。

プレゼントに困ったら本を!という、私のお決まりパターン。(いや、喜んでくれるけど)




赤ちゃんは、まだ一人で動き回れないとはいえ、手足はバタつかせるし、

何よりも表情が豊かになり、笑うようになるので、あやし甲斐があるというもの。


赤ちゃんを見つけるや否や、うっひょ~!と駆け寄り、

「あばばばばばば!」とあやしまくってあげた。


う~ん、かーわいーい♪




そんなあやし振りを見て、

扱いに慣れているように思われたのか、


Sくん 「・・アンタ、子供居たっけ??」




居る訳ねーだろ。




更に、

会話に赤ちゃん知識を盛り込んで喋っていたら、


Sくん 「・・アンタ、何でそんなに詳しいの??」




ひ、必要最低限の知識しか喋ってねーけど!




そして、

懐いてくる赤ちゃんを見て、


Sくん 「・・アンタ、何だかんだで子供好きなんだねぇ~」




いえ、嫌いですが。(キッパリ)




必ずしも、「好き=虐待しない」とはならないように、

「嫌い=虐待したい」ということにはならないもの。


「可愛い」と思う時だって勿論あるし、その辺は、どうか理解して頂きたい。




ちなみに、犬も2匹ほど室内で飼っていたのだが、(赤ちゃん大丈夫なのか??)

その内の1匹(画像参照)が物凄く可愛くて、

雑種とは思えないほどの立派なお顔と毛並み・・!(人懐っこいし!)


う~ん、かーわいーい♪
Comments (2)

泡 ~「スカイ・イクリプス」~

2008年07月21日 | 批評 「読」 
「スカイ・イクリプス Sky Eclipse」(著:森博嗣)を読んだ。

スカイ・クロラシリーズ第6弾で短編集。

アニメ映画化し、来月公開予定(菊地凛子声の主演)。


綺麗だ。濁ったものはここにはない。

なにもかも、消えてしまったから。

美しい。空しかない。


感想。

①ハ(以下略)。

②短編集だから、主人公がいっぱいだ。

③でも、誰なのかがやっぱり確信持てない・・。


多少は謎が解けるかと思っていたが、本当に多少だった・・。

三度読み返したくなる!(何度読んでも変わらない気もするが・・)

★★★★☆


映画は・・、やはり観に行くべきか。

映像は綺麗そうだしな。
Comment

吐 ~怒り口調バトン~

2008年07月19日 | 「バトン」もの 
謎怪人「misa」さんから、

怒り口調バトンなるモノを頂戴致しました。


誰もがみな、怒ると不機嫌になり、口調が少々乱暴になってしまうものである。

感情的になってしまうからな。

それは、致し方無いと思う。


さて、質問のお答え。↓↓↓(どれもこれも日常的に使ってんぞ!?)




1.「意味がわからない」

  「意味わかんねーよ」


2.「もう1回言って下さい」

  「もう1回言えや」


3.「何ですか?」

  「あ゛?」


4.「だから言いましたよね?」

  「だーかーら、言ったよな?!」


5.「何でそうなるのですか?」

  「何でそーなんのじゃ、ボケ!」


6.「静かにしてください」

  「黙れ」


7.「違います」

  「ちっげーよ」


8.「ふざけないで下さい」

  「ざけんな、コラ」


9.「真面目にやって下さい」

  「真面目にやれや」


10.「うるさいです」

  「るせーぞ、コラ」


11.「貴方に言われたくないです」

  「テメーに言われたかねーよ」


12.「消えて下さい」

  「消えろ」


13.「私ではありません」

  「俺じゃねーから!」




弟との会話中、

彼の話を聞き逃してしまい、


「あ、ごめん。悪いけど、もう1回言ってくれない?」という意味を込めて、

「・・あ゛?」と返答した所、

「スンマセンッ!」と返ってきた。


何でそんなに恐がんのじゃ、ヘタレが。




姉との会話中、


「アレ?!何でこんな所にコレがあんの?!」と彼女が私のブツを咎めるのを聞き、

「あっ、ごめーん!」と軽く謝ったら、

「わっ、謝った!」とかなり驚かれた。


どんだけ非道なヤツなんだよ、私は。




「そんなに恐いか?!」と2人に確認してみると、

「うん!」だとよ。

即答かよ。
Comment

戯 ~「ザ・マジックアワー」~

2008年07月17日 | 批評 「観」 
三谷幸喜監督作品、佐藤浩市主演の、

映画 「ザ・マジックアワー」を観た。


最後に笑うのは誰だ?


感想。

①弾、当たらなさ過ぎ!(ヘタクソだなー)

②・・当たったら当たったで凄いけど。(不死身か)

③「THE 有頂天ホテル」と同じキャラがそのまま出てるぞ・・。


見所。(聞き所)

①ナイフ。

②“カット”。

③超豪華出演陣&超大掛かりセット。


相変わらずの三谷ワールド!

勿論、笑える所も多いし、巧妙だと唸る部分もあるのだが、

なんか、もういいかなって感じ。

(少なくとも私の中では)ちょーっと飽きがきちゃったかなって感じ。

★★★☆☆
Comment   Trackbacks (3)

妄 ~「壺中の天国」~

2008年07月15日 | 批評 「読」 
「壺中の天国」(著:倉知淳)を読んだ。

第1回本格ミステリ大賞受賞作品。


静かな地方都市で起きる連続通り魔殺人。

犯行ごとにバラ撒かれる自称「犯人」からの怪文書。果たして犯人の真の目的は?


感想。

①読みづれェーーーッ!!(怪文書&犯人視点)

②占い師、超嘘っぱち!

③「家庭内諧謔小説」というよりも、「オタク万歳小説」だな。


凄く長かった。もう少し短くしても良さげ。

つーか、オタクな部分は共感出来るも、こういう結末だったとは・・。

本当に、「元から全部バカげた話」で「妄想が動機の事件」だったんだな・・!

犯人が全くの無名人物だったのには、やっぱり物足りなさを感じ、ガッカリしたけど、
その代わり、フィギュア製作者で補えたかな・・。
それにしても、ミッシングリンクというか、電波絡みの台詞(誤変換)には驚き!


★★★☆☆
Comment

燦 ~変☆身~

2008年07月13日 | 自分 
同僚Kさんの結婚式へ出席する為、

初めてパーティードレスというモノを購入してみた。


名付けて、“黄ばんだカーテンドレス”!!(え)


薄ベージュのドレス(ボレロ付き)に、

ピンクの靴とバッグ(と髪にはコサージュ)で合わせ、清楚なお嬢様風にキメる。


エビちゃんと呼んで下さい。(誰を)




金欠なので、なるべく安く手に入れようと画策するも、

初めてだから余計に、揃えるモノが多過ぎる・・!


自前のも考慮するとはいえ、

ドレス・バッグ・靴・アクセサリー・コサージュだってバカにならねーし、

会費(御祝儀)だって高ェ・・。

頭と顔は、美容師の友人G(現在無職)に施して貰えたので、物凄く助かったが、

流石に全身脱毛(見える所だけ!)は自分で施さねば・・。


くぁぁぁー、面倒臭ぇーーー!!


・・ヤロウども、

この世に男として生まれ落ちたことを、神に感謝するんだな。


毎回同じスーツだって、別に全然問題ないだろ?!

髪だって顔だって、そんな手間暇掛かんねーしよォ・・。

脱毛の必要がないなんて、嗚呼、何て素晴らしき人生・・!




でも、ま、何だかんだ言ったけど、

この黄ばんだカーテンドレス(言うな)だって、中々可愛いのデス。


在庫切れで、ちょーっと大きめサイズではあるけれど・・。

9号が欲しかったのに、11号しか残っておらず、案の定、


脇の下、ガッバガバ。


左横のファスナーが閉まったままでも脱ぎ着出来ちゃうし、

前屈みになると、胸元ベロリンチョ★(エロース)

ボレロを着て誤魔化さないと、まず無理。


「妊婦みたい」と言われたくらいだし、あと20㎏太っても全然着れそう。

つーか、貧相ボディーなので、7号でも全然着れそう。




ま、安モンだし、どーせ数回しか着られないだろうし、別にいっか。

着られなくなったら、オークションにでも出せばいいんだし。


あ、誰か希望者、いる??

サナダが着た!というプレミア付きなので、5万円くらいでどう?!(逝け)




直前にバッグの飾りが取れたり、(せせせせ接着剤ぃー!)

数日前に突如現れた顔の吹き出物を隠すのにテンパり、(なんでぇー?!)

まさかの生理2日目にガチンコしたりと、(黒ドレスにすれば良かったぁー!)


ドタバタではあったのだが、結婚式は良かったのデス。


300人以上もいて、自分の席が中々見つけられなかったけど。

見つけたら見つけたで、ステージが丁度真後ろな席で、凄く見づらかったけど。


つーか約2時間、ずっと食ってばっかだったなぁー。
Comments (6)