サナダ虫 ~解体中~

Go on and fuck yourself

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「3月のライオン」【漫画】

2011年08月29日 | 批評 「読」 
「3月のライオン」(漫画:羽海野チカ)1~6巻を読んだ。

第4回漫画大賞2011受賞、

第35回講談社漫画賞一般部門受賞作品。


東京の下町に1人で暮らす17歳の少年・桐山零。

彼は幼い頃に事故で家族を失い、心に深い傷を負ったまま、将棋のプロ棋士として孤独な生活を送っていた。

そんな零の前に現れた あかり・ひなた・モモの3姉妹。

彼女たちとの交流を深めていくうち、零は失っていたものを少しずつ取り戻していく・・。


感想。

①「おねいちゃん」って逆に言いづらい。

②対局中におやつタイムなんてあるのか・・。

③作中の猫たちや、作者の愛猫が面白可愛い。


一応「将棋漫画」ではあるのだが、あまり将棋将棋していない。

主人公を始め、登場人物がそれぞれ重いモノを抱えている訳だけど、

支え合い、高め合って、優しい物語となっている。

笑える部分も沢山あってバランスも良い。

★★★★☆


将棋は、ルールを含め何も解らないけれど、勝ち負けや強さは読み取れるので問題無し。

囲碁にも共通するモノが多く、「ヒカルの碁」(漫画:小畑健 原作:ほったゆみ)を思い出す。


この漫画で流れ(?)を学べたのも大きい。
Comments (2)

「ツリー・オブ・ライフ」【映画】

2011年08月26日 | 批評 「観」 
テレンス・マリック監督作品、ブラッド・ピット主演の、

映画 「ツリー・オブ・ライフ」を観た。


父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった・・・


感想。

①ショーン・ペン、殆ど出て来ない。(ブラピもだけど)

②というか、人間がそんなに出て来ない。(特に前半)

③おぉ、神よ!(何)


見所。(聞き所)

①映像。

②音楽。

③一度は強く頭を踏み付けるも、次からはちょっとビビッて(?)軽く踏み付ける恐竜。


うーわーーー・・、コレはまた何というか・・。

すみません、私には無理でした。難しかったです。

予告通りの解らなさ!(笑)

宗教色も強かった感じ。映像と音楽はとにかく美しかった。

期限の切れるタダ券で観れてよかった・・。

いや、「アンダルシア」の方が普通に楽しめた(理解出来た)かも・・。

★☆☆☆☆


観終わった後、何故か気持ちが悪くなった。

映画の所為という訳ではないのかもしれないけれど、頭がぐるぐる回って吐きそうになってさぁ大変。
Comments (2)

「神様のカルテ」【小説】

2011年08月23日 | 批評 「読」 
「神様のカルテ」(著:夏川草介)を読んだ。

第10回小学館文庫小説賞受賞作品。

映画化し、今週末から上映予定。(櫻井翔・宮崎あおい主演)


神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。


感想。

①主人公の語り口調が古風で堅苦しい。

②学部くらいちゃんと調べろ。

③下巻はどうした。(「夜明け前」)


映画を観るにあたり、原作の文庫が出ていたので手に取ってみた。

うん、普通にいい話。

でも、映画だけでも良かったかな。

いい話や感動系は、活字ではあまり乗れない。物足りない。

★★★☆☆
Comment   Trackback (1)

「キラレ×キラレ」【小説】

2011年08月18日 | 批評 「読」 
「キラレ×キラレ CUTTHROAT」(著:森博嗣)を読んだ。

Xシリーズ第2弾。


切り裂き魔は、誰?

身動きできない電車の中、息を潜める変質者。

ぎゅう詰めが怖い、刃物が怖い。


感想。

①「グル」ってよく使うけど。

②水色のコートは派手過ぎるだろ。

③都会の電車は車両が多いなぁ。(こっち一両編成だから)


うーん、パッとしなかったな。読むのにも凄く時間がかかった。

犯人も察しが付くし、事件自体もイマイチ。

実際遭ったら超嫌だけどね! 汽車乗れないわー。

★★★☆☆


今回は出て来ないのかなと思っていたら、やっぱりラストに登場。

しかも、いいとこ全部持っていきやがった。
Comment

「ネコナデ」【映画】

2011年08月15日 | 批評 「観」 
大森美香監督作品、大杉漣主演の、

DVD 「ネコナデ」を観た。


こんな子ねこに出会ったら、人生がちょっとだけ変わるかも。


感想。

①可愛い可愛い可愛い!!

②デカーッ!(ヒラマヤン)

③その後が知りたい・・。(ヒラマヤン)


見所。(聞き所)

①猫。

②ロボ。

③社歌。


とにかく猫が可愛い!(勿論、漣も素敵だ!)

トラ(スコティッシュフォールド)だけでなく、ヒラマヤン(ヒマラヤン)でさえも・・。

・・でも、大して出て来なかったのが残念。映っても、夜や暗い室内ばかりで。何でだ。

DVDには、ドラマ版の第1話も収録されていたのだが(キャスト違う)、全然面白くなかった。何だよ。

★★★☆☆


どうでもいいが、偶然にも一緒に借りた「プール」と監督が一緒。

評価も一緒。
Comment

「プール」【映画】

2011年08月12日 | 批評 「観」 
大森美香監督作品、小林聡美主演の、

DVD 「プール」を観た。


理由なんて、愛ひとつで十分だ。


感想。

①市尾さんの仕事って何??

②「からいの」二つ言いましたが・・。

③プールでは誰も泳がないのか。(いーけど)


見所。(聞き所)

①転倒!

②「いらなーい」

③神出鬼没。(えっ、ホラー?!)


相変わらずのメンバーに、相変わらずのゆるさ。

タイ・・というか、ああいうゲストハウスでのんびり過ごしてみたいよな~。

★★★☆☆
Comment

寺尾聰に助けられる

2011年08月10日 | 自分 
御存知、今仕事が超忙しい私。

クソ暑い中、マッハでキーボードを叩き続ける毎日です。


まぁ「クソ暑い」と言っても、ココは北国・北海道。

室温なんて、たったの34度です。




水は常に摂取していたけれど、休憩する時間も惜しく、仕事をし続けていたら、

席を立った瞬間、視界がグラリと揺れ、

あ、ヤベー、立ちくらみだと思って座るも、変わらず脳味噌ぐるんぐるん。


頭が働かなくなり、ヤベー、今何してるんだっけと必死でパソをかき回していると、

両手がぶるぶると痙攣しているではあーりませんか。


うおぉ~コレはどういうことだどういうことだそうだアイスを食べようと冷蔵庫へ直行。

先日貢いで貰ったパルムを食べたらア~ラ不思議、元に戻りました。




これが所謂熱中症(一歩手前)ってヤツだったのかな??

水分だけではなく、やはり適度な糖分・塩分は必要です。


ありがとう、寺尾聰。(ちょっと違う)
Comments (2)

とりあえず、

2011年08月05日 | 自分 
会社は辞めてません。

まだ。




上司が働かない所為で、先週からずーっと残業残業残残業の毎日です。(現在進行形)

1ヵ月分の仕事を1週間でこなしている感じ。




あー、マジで死にたくなる。




新パソも、ぶっちゃけ先日まで回線繋がってなくて使いモノになりませんでした。

帰ったら飯食って寝る、ということばかりでもあったし。




あー、誰か殺してくれ。

この上司を。




あ、もう“社長”になったんだった。


終わったな、この会社。

こっちから辞めなくても潰れるわ。
Comments (2)