Mrs.ベリーのVeryな一日

☆ミセス・ベリーのSmileダイアリー☆エレガントな女性目指してセルフプロデュース中(^v^)

怒り(下)再読

2016年09月30日 12時26分47秒 | ベリーの感想文(本・映画)
怒り(下) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社

吉田修一 著 : 怒り(下)を
再読した。



房総の漁協に現れた田代。
東京に現れた直人。
沖縄に現れた田中。
それぞれ、近しい人達とほのぼのと暮らしつつ
誰にも立ち入れない謎を持っている。
凶悪犯罪の犯人山神は、一体誰なのか?



再読してみると、全く救いのないラストでもなかった。
ただ、人の心の中は誰にもわからないという
当たり前の事が、よくわかった。
以前読んだときは、この本のテーマは
“信じる”なんじゃないか?という事を書いたけど
今回は、“信じる”というよりは“信じたい”なんじゃないか?と感じた。
見えないものを、100%信じるって簡単な事じゃない。
登場人物の洋平も、最愛の娘を信じきる事が出来ずに苦しんでいる。
愛して止まない娘でさえも信じる事は難しい。
でも、反面なんでもかんでも、ただ信じていればいいってもんでもない
純粋無垢に何もかもを信じて、裏切られた時のダメージは
考えただけで気が狂いそう。
そんな恐怖も感じつつ、それでも信じたい。
再び読み返して感じたのは、そんな思いだった。










この記事をはてなブックマークに追加

マイホームの定期点検

2016年09月29日 19時10分52秒 | きょうのベリー♪ (日記)




あと3ヶ月で築19年を迎える我が家。
ロングライフ住宅が売りなので、築50年までは
メーカーから点検係さんがやって来る。
で、今回は前回の点検から懸案事項だった
外壁のメンテナンスにとうとう踏み切る事に。
強い西日を受け続けた南西側のテラスの外壁は
まるで幽霊屋敷のようにハゲているので致し方ない。


費用は、ちょっとした高級車がが買えるくらいで
メーカーのファイナンスが、超低金利だったので、それを利用する事に。
住宅ローンの終了がようやく見えて来たって思ったら
メンテナンスのローンが開始(;ω;)
きっと、このメンテナンスローンが終わる頃に
現金で貯めていたお金を、リフォームにつぎ込むんだろうな
終わりなき持ち家ローンライフ。


マンションに住んでいる方々は、どうしてるんだろ?
毎月積み立てなんかがあるって聞くけど
建て替えで、数千万円必要になったってのも聞いた事があるし。
持てる者のリスクなんだろうけど
家がなくて年取って、住む場所が不安定なのも怖いし…
世の中、『どーしたもんじゃろおぉー??』って感じだな。







この記事をはてなブックマークに追加

ニトリのチェアパッド

2016年09月28日 17時18分22秒 | きょうのベリー♪ (日記)




インテリアブロガーさんが、オススメしていた
ニトリのチェアパッド。
ちょうど我が家も2年たってへたってきたので
真似っこして、同じものを買ってきた。



今までのIKEAのパッドにも、これといって不平はなかったが
今回のパッドは、モフモフで5センチくらい厚みがあってイイっ!




汚れは寝立つかもしれないけれど
これから少しずつ寒くなって行くから
モフモフの魅力には勝てないな。
そう、魅力はモフモフのみならず。
さすがのお値段以上のニトリ!
このパッド577円!IKEAよりも安いっ!
すげーよニトリ!!






この記事をはてなブックマークに追加

テンプレ変更 〜ビューティフルオータム〜

2016年09月27日 15時16分14秒 | テンプレ





綺麗な秋を並べたテンプレに変更 ☆*.





この記事をはてなブックマークに追加

ゴジベリー(クコの実)

2016年09月26日 22時02分25秒 | きょうのベリー♪ (日記)




先週だったか?起き抜けのあさイチで
ゴジベリーを紹介し始めて、最後まで見終わらずに
速攻、楽天で1kgのゴジベリーを注文して、今日届いた。

この一袋が500gで、iPadくらいの大きさ。
とりあえず、定番??ヨーグルトに入れて食べてみた。
思ったよりもドライの状態では固くて、ポリポリ食べることも可能。
今日の分はもう食べちゃったので
明日以降は、お料理に活用して行こう ☆*.

スーパーフード紹介されると
どうしても、試してしまうオバちゃんあるある(笑)






この記事をはてなブックマークに追加

アーユルベーダとヨガ哲学をまた

2016年09月25日 20時00分35秒 | きょうのベリー♪ (日記)



3日前にワンデーリトリートで、アーユルベーダとヨガ哲学をお勉強して
今日また、アーユルベーダの講座と、哲学をお勉強。
アーユルベーダは似たよな内容を、今日で4回目で、哲学は3回目。
まるで、アシュタンガみたいに、同じ事を繰り返していると
同じなのに、違う感覚を感じる事が出来る。
同じ本を何度も読んでいる感じかな?
同じ物語なのに、本を開くたびにいろんな発見をすような。


で、いろいろ自分なりに練習との向き合いかたや
指導者としての自分の成長に対して
もう少し変えて行こうと思った。
その変化には、誰も気がつかないかもしれないけど
ワタシがワタシの中で、少しずつ感じて行こう。


終わりなき旅。また新たあなたな分かれ道に来た気がする











この記事をはてなブックマークに追加

想っててくれたんだね

2016年09月24日 15時30分47秒 | きょうのベリー♪ (日記)




先日、FBに愛ネコを看取って埋めた場所から
彼岸花が咲いたので、花言葉を調べたら
『また逢う日まで』
だったから、泣いたってのがあって



我が家も年の初めに、16歳の愛犬を失って
埋葬している場所に、盛大におしろい花が咲いるから
気になって調べてみたら

『あなたを想う』だったので、ワタシも泣いた( i _ i )



この前、思い出の愛犬フォトをスクロールしていて
会いたくなって泣いたからかな?
気難しいけど、優しかったものね。
元気で野性味溢れる花を見せてくれてありがとう。



そういえば、この花。
娘が小学校2年生くらいの時に
学校から持ってきて、植えたのが野生化しているんだけど
タネが飛んだのか?昔は咲いてなかったエリアで
ワッシャワッシャ咲いてる。
娘にも陰ながらエールを送ってくれてるって事で
感謝しておこう(笑)







この記事をはてなブックマークに追加

実践してみた

2016年09月23日 13時27分21秒 | きょうのベリー♪ (日記)




今朝の朝練は、昨日の息の吸う吐くを意識しながらやってみた。
先生がおっしゃった通り、自分の息にしがみ付く思いで
必死に意識した。
2時間半やっていると、いつの間にかどっかに行っていて
その度に、慌てて自分の息に戻った。


そうすると、いつもガチガチに力が入っているカラダが
少しリラックスしながら、練習出来た気がする。
先生は、息に注意して練習して行くと
いろんな事が変わってくるって仰っていた。
元々呼吸も浅いし、心肺機能がそれほど強くないので
この際、この息にしがみ付く事を
これからのテーマにして行こう。
あのポーズ出来るようにがんばろうー!って思いは
しばらく封印してみよう。


元来、気長だし、焦ったところでそれほど変わらないからね。
自分だけの世界に閉じこもるとこにしようっと。練習のときだけ。












この記事をはてなブックマークに追加

アーユルベーダday

2016年09月22日 19時01分09秒 | きょうのベリー♪ (日記)




朝、2時間のレッスンでしっかり汗を搾り出してサトビックなブランチ






そして休憩を挟んで
アーユルベーダクッキングを見学して
出来上がったアーユルベーダデトックスリゾットをお代わりして食べた。




なんと、デザートはリゾットを食べる前。
アーユルベーダの考えでは、消化時間を考えてモノを食べる。
このメニューの場合、アーユルベーダチョコの方が消化時間がかかるらしく
まずは、このチョコを食べて、しばらくしてメインディッシュをいただいた。



リゾットの味付けは塩とほんの少しの胡椒だけ。
具材は、豆と米と人参、ブロッコリーにクローブとクミンとターメリックだけ。
それをギーで少し炒めて、水を加えて、頃合いに煮る。
食べるときに、自分の体調や舌の感覚を観察しながら
必要なだけ、塩を足す。
腸内洗浄力がハンパないという説明通り
こんな緊張した1日だと、便秘薬も全く効かず
数日お腹の働きがストップしてしまうワタシも
家に帰る少し前から、お腹がグルグルし始めた。



ご飯の後は、アーユルベーダの診断を受けて
ワタシは、以前にも診断された通り、
ピッタ+ヴァタの混合で、ピッタ多めという診断が出た。
大雑把なくくりにはなるけど、知らないよりは知ってた方が断然いいと思う。



その後、呼吸にフォーカスしたWS
先生は、あえてなのか?息って言ってた。
そう、呼吸ってカッコいいし、ドラマを感じる言葉だけど
ワタシには、息っていう言葉があってるかもな?とかんじた。
結局同じだけど、感じかたって大切だからな。


朝から夕方まで、いろいろ詰め込んで
ほとんどが、頭や身体からこぼれ落ちているけど
それでもイイやって、思ってる。
うっすらベールのように薄い何かが
ワタシのどこかに残ったはずだから。







この記事をはてなブックマークに追加

ラスト5イヤーズ

2016年09月21日 19時58分25秒 | ベリーの感想文(本・映画)



ラスト5イヤーズ(オンデマンド)
を、見ました。




可愛らしいお人形のようなキャッシーが
それはそれは美しい声で、悲しい涙をこぼしながら
『ジェイミーは行ってしまった』と歌うシーンから始まる




そのジェイミーと出会った5年前から、時間軸を行き来しつつ物語は進んで行く。
ジェイミーは、キャッシーと出会った矢先、ビッグチャンスをモノにして
夢の階段を駆け上がる。
一方キャッシーは、現実の分厚い壁に阻まれて夢への道は拓けない。


お互いを思い合っているのに、そこには自分のエゴが含まれいる事に
2人は気がついているんだろうか?
歩み寄る気持ちが、双方にあるにもかかわらず
2人が一緒に歩み続ける事が出来なかったのは
そのエゴに気がつかなかったか、あるいは見ないふりをしていたからかも。




哀しい男女のすれ違いの物語だけど
2人の声が秀逸で、美しい哀しげなメロディーも
秋にぴったりな映画だったと思う。






この記事をはてなブックマークに追加

怒り(上)再読

2016年09月20日 16時41分40秒 | ベリーの感想文(本・映画)
怒り(上) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社

吉田修一 著 : 怒り(上)
を、再読しました。



夏の盛りの夕方に、密室で起こった殺人事件。
容疑者はすぐに目星がついたにもかかわらず、
その後の足取りは、杳として掴めないまま時間は過ぎていた
房総、東京、沖縄。それぞれの場所に犯人山神らしき男が現れる。
彼らは、一様に無口で気のいい青年で
出会う人々と、心を通わせて行く。
果たして、彼らのうち誰かが犯人なのか?



映画公開に際して、もう一回読んでみようと本をひらいた。
すっかり忘れていたつもりだったが、さすがに数年前に読んだ本だから
読んでいるうちに、どんどん思い出してきて
結末がわかっているだけに、どんよりと暗い気分になって来た。
再読の本は、始めて読む本とは別の興奮があるなと、始めて気がついた。








この記事をはてなブックマークに追加

君の名は。

2016年09月19日 10時09分16秒 | ベリーの感想文(本・映画)





君の名は。(映画)
を、見ました。




岐阜のど田舎の架空の町に住む、みつはと
大都会東京に住む、瀧がある日を境に、
不定期に入れ替わる事から始まる物語。
全く面識のない、2人の高校生の入れ替わりの
ドタバタ劇の、コミカルで楽しい作品かと思いきや




日本中を騒がせた、彗星接近の天体ショーを機に
物語は、緊迫の度合いが一気に濃くなって行く




オープニングの映像にも登場する
あの彗星接近はなんだったのか?
それにより、物語は何処へ向かうのか?




このストーリー考えた新海監督凄いっ!!
ツイッターで、多くの人が2回見るとツイートしていたのがわかった。
なるほど、上手に作ってある!
三連休の最終日、雨模様の中
アニメ作品とあって、満員の館内。
観客全員が、水を打ったようかのように、しんと静まりかえって
スクリーンに釘づけになっている
その一体感にも感動した。
オンデマンド配信になったら
もう一度見たいなと、思った。


久しぶりに家族3人で映画を見た。
朝起きて、みんなで特製のパンケーキをお腹おいっぱい食べて
まったりした後、映画を見て3人とも大絶賛して
回転寿しを食べて帰宅した。
朝から晩まで3人一緒に過ごした休日。
最近、3人で行動するのが楽しい。
娘が大人になって、大人3人の行動は
スムーズでありながら、どこか頓珍漢なところもあって
ウキウキしてくる。
娘は大学3年生で、学生生活もあと一年半
社会人になったら、また生活も変わってくるだろうから
学生の頃に、こんな時間がまた持てたらいいな。










この記事をはてなブックマークに追加

40代の宿題?!

2016年09月18日 22時51分32秒 | きょうのベリー♪ (日記)




今年はいろいろな事が起こる年なのか?
この秋も、周囲に変化が起こりそう。
そんな周囲の変化に、キラキラした楽しい雰囲気はなく
重たく切羽詰まった固い雰囲気があって
そいういう雰囲気は、誰しも感じるはずだけど
ワタシの今までの傾向としては
そういう、重たい雰囲気にすぐに影響されて
そこから逃げたいのか?自分を責め始めたり
無理矢理にでも、自分の中に非を見つけたりして
自ら苦しんで、なんでもない事をさらに複雑にして
自爆するようなところがある。
自爆というのは、ひどく体調を壊したり
体調と共に、精神面もかなり病んだり(笑)


で、夏の終わりに行ったパワーストーンの組み換えの時に
言われたアドバイスを思い出してみる。
8月25日から9月25日までの1ヶ月
比較的嫌な事が立て続けに起こる←嫌だーーーー(笑)
でも、そこに思いを止まらせない事
そうすれば、結果的に良いように転がって行くという事だった。
少しずれてはいるけど、高速道路で車のパンクがあったのが
8月19日で、ワタシにしては大事件で凹んだけど
出来るだけそこに止まらせないように頑張って
結果良い方に転じつつある。
この秋は、私の思考の癖を、矯正する為の
試練の秋かもしれないな?


と、客観的に振舞って、自分否定という
無駄で、悲しい思考の転換を変えて行こう!
やっぱりな、なんかこんな気がしていたけど、その通り。
素敵な50代を目指して、40代の宿題は大変だけど
頑張らないと!!!頑張れワタシ(^ ^)








この記事をはてなブックマークに追加

ノルウェイの森(下)

2016年09月17日 17時34分49秒 | ベリーの感想文(本・映画)
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
村上 春樹
講談社


村上春樹 著 : ノルウェイの森(下)
を、読みました。再読


主人公の僕の喪失感は、癒える事はなかった。
死んだ親友の恋人だった直子も
僕との恋に溺れる事なく、病に蝕まれてゆく。
同じ学部の変わった女の子、緑との時間に生気を取り戻しながらも
簡単に癒えることのない心の傷を抱え
僕は大人の階段を、少しづつ登って行く。


30年ぶりの再読。
ぶっちゃけ、ほぼ初めて読んだと言っていい作品だった。
30年の間に、実は加筆しまくっていて、オリジナルからは
全く離れた違う物語になってしまったんじゃね?と訝しむ程に新鮮だった。

30年前の私は、まだまだ幼くて
主人公の僕にイライラしていたのを覚えている。
バリバリ文系のお坊ちゃんで、理屈っぽくって、スカしてて
みんながよく言う、ハルキのスタイリッシュな文体って
こういう、イライラする文系男の物言いの事を言っているんだと思っていた。
そういう目の前にいたらイライラしそうな、自分と同じ年の男の恋の物語なんかに
全く興味が無かったけど、一世を風靡した大ベストセラーだったし
仲のいい友人が大絶賛で貸してくれたので、頑張って読破した。

まだまだ子供で、この本を面白くないよって、沢山の人に言ってゴメンねハルキ。
主人公の僕は相変わらずスカした野郎だったけど、大人になった今では
理屈っぽいのは、どちらかというと理系男子だって知っているし、
彼も幼いだけで、それ程悪い奴でもなかった。
ワタシも僕もまだ子供だったんだね。
30年前から、何も変わってない物語を読んで
自分がこんなに変わった事を知るって、なんだか不思議な気分。
だからやっぱり、本は読み続けた方がいいんだな。
最近読まなくなってて、コレはやっぱりいかんな。
明日読む物語を、散々にこき下ろしても、
77歳のワタシは涙を流して読むかもしれない。
何十年か生きてて、変わらないつもりでいる自分の、
変化のバロメーターにも読書はなり得るのだな。



















この記事をはてなブックマークに追加

ホルモンランチ

2016年09月16日 17時18分46秒 | きょうのベリー♪ (日記)




5年前に、フラ通して知り合った友人と
その友人が紹介してくれて仲良くなった友人と3人で
久々に焼肉なべしまで、ホルモンランチ!
積もる話で、あっという間の3時間
どうして女って、おしゃべりが好きなんだ?
もう、ホント楽しくて仕方が無い。
男の人たちのお喋りとは、何処がどんな風に違うんだろ?
テーマがない。オチもない。方向性もバラバラ。
でも、喋るって女の健康管理には欠かせない。


今朝も、5時に起きて朝練に行って
急いでシャワーと洗濯をして、ランチでお喋りして
心も身体も整った!そんな感じ。
明日も朝から練習頑張れそう ☆*.






この記事をはてなブックマークに追加